「教えて!ピックアップ」リリース!

フィルターかかってる部分だけのSUMIFで
集計したいのがあるのですが普通にやるとフィルターかかってない部分まで集計されてしまいます。
何か良い式がありますか?

A 回答 (3件)

★まず、作業列でSUBTOTAL(3)関数を使い、"表示されているか否か"をマークします。



1行目  :見出行
2~1000行:データ
A列   :コード列や氏名列など“必ずデータが入力される、空白セルのない列”
Z列   :作業列
とすると、
Z2セル :=SUBTOTAL(3,A2)
として、(フィルタを解除した状態で)末行までフィル。
フィルタした状態で表示されるセルには1,表示されないセルには0が入ります。
(もちろん見た目では判りませんが)

★次に、「表示されてて、しかも、指定した条件を満たす行」について合計します。

例えば、
SUMIFなら、
任意のセル:=SUMIF(B2:B1000,">300",C2:C1000)
と記述するような場合、

つまり、
検索範囲:B列
検索条件:">300"
合計範囲:C列
であれば、

任意のセル:=SUM(IF(Z2:Z1000=1,IF(B2:B1000>300,C2:C1000,0),0))
として、配列数式として入力(Ctrl+Shift+Enter)します。
「2~1000行目について、IF(Z?=1,IF(B?>300,C?,0),0) の結果を足し上げよ」
という式です。

・AND関数,OR関数は使えませんから注意してください
・SUMIFではなく、SUM(IFです。念のため。

検索条件:D列
とする場合も同様に、
任意のセル:=SUM(IF(Z2:Z1000=1,IF(B2:B1000=D2:D1000,C2:C1000,0),0))
として、配列数式として入力(Ctrl+Shift+Enter)します。
「2~1000行目について、IF(Z?=1,IF(B?=D?,C?,0),0) の結果を足し上げよ」
ですね。

なお、このサイトでは、複数条件での集計は
「配列数式ではなくSUMPRODUCT関数で行う」
「入れ子のIF文ではなく、算術演算子による論理演算を行う」
のが一般的な方法のようです。
SUMPRODUCT、論理演算の例については、過去にたくさん記述がありますので、そちらをご参考ください。
    • good
    • 1

質問は2つの意味に取れて、あいまいです。


(1)フィルターで、絞られて、画面に出ている行全てのある列の数値の合計の場合
=SUBTOTAL(),C1:C6)
(2)フィルターで、絞られて、今画面に出ている行の中で、さらに別列で条件を掛けて、合計を求める場合
2条件(以上)の抜き出し合計の問題になるので、フィルタ解除した状態を頭において、SUMPRODUCT関数で複数条件による抜き出し合計を計算する。SUBTOTALIF的な関数は無い。
SUMPRODUCT関数の利用は過去質問にイヤというほど沢山あり、略。
    • good
    • 1

◆抽出後の合計とついでに件数と連番


     A      B      C
1  番号 ▼  区分 ▼  数量 ▼
2     1      a      1
3     2      a      5
4     3      b      3
5     4      c      8
6     5      c      6
7     6      a      2
8     7      b      7
9     8      c      4
10     9      b      9
11           9      45
    ↓↓  区分を「b」でフィルター後
    A       B      C
1  番号 ▼  区分 ▼  数量 ▼
4     1      b      3
8     2      b      7
10     3      b      9
11           3      19

合計 C11=SUBTOTAL(9,C2:C11)
件数 B11=SUBTOTAL(3,B2:B10)
連番 C2=SUBTOTAL(3,B$1:B1)  ※C10まで下にコピー
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング