俗に言う村上三部作
「風の歌を聞け」
「1973年のピンボール」
「羊を巡る冒険㊤㊦」
の中に出てくる主人公「僕」の故郷は何処なのでしょうか?(いわゆるジェイズバーなどがあるところ)
東京から西の方だというのは物語の中にあったのですが具体的な記述が無いので気になっています。
ご存じの方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

様々な村上春樹の研究書が出ていますが、


芦屋であろうということで、コンセンサスが得られています。
作中に「芦屋」という単語が出てくる訳ではありませんが、作中に表現されている場所が、現実の芦屋に存在しています。 しかしながら、いわゆる阪神間と呼ばれるエリアに住む人間にとっては、西宮市・芦屋市・神戸市の一部は一つのブロックとして意識されますので、細かい違いはあまり気にならないのが正直なところですが。

ただ、村上の作品世界と現実の世界は、あくまでも近似的に存在するというだけであって、必ずしもイコールではありません。 せいぜい、「阪神間をモデルとして意識している」と考えるのが正しいでしょうね。 北海道に十二滝村が無いように・・・
    • good
    • 0

映画版の「風の歌を聴け」では神戸になってますね。


村上さん自身の故郷も神戸なので、神戸なんでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹「羊をめぐる冒険」

こんにちは、akiha2です。

村上春樹著の「羊をめぐる冒険」は
現在、一番多くの国で翻訳出版されているそうですが、
何故デビュー作である「風の歌を聞け」や「ノルウェイの森」ではなく
3作目の「羊をめぐる冒険」なのでしょうか。
何か理由があるのでしょうか。

はっきりした答えでなくても構いませんので、
ご意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

私個人の感覚ですが、村上春樹さんが好きで読んでおりますけれど
「羊をめぐる冒険」「ねじまき鳥クロニクル」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」など、
ちょっと特異なキャラクターが出てきたり、
不条理で不可思議な世界観の設定のほうが
村上氏の本を読んだという満足感につながります。
カート・ヴォネガットやカフカなど、不思議な雰囲気を
もつ作家から影響を受けているとご本人が言っているのを
聞いたことがあるので、どちらかというと恋愛もので
ヒットはしたものの、そちらがメインというのでは
ないと思うのです。
いちおう「ノルェイ」「風の...」も読んでいますが、
そういう作品のファンと、ねじまき鳥などのファンとは
ちょっとすみわけが出来ているのではと思っていたりします。
海外で文学の研究をされるとすると、
恋愛ものよりはもうひとつの世界観のほうが
興味深い気がしますし...
あと、童話的にも(ちょっとダークですが)読めたりすると思います。
個人的にはですが、エッセイも大好きです。
最近のエッセイほど、より楽しんで読むことが出来ます。


とても個人的な意見ですが...

私個人の感覚ですが、村上春樹さんが好きで読んでおりますけれど
「羊をめぐる冒険」「ねじまき鳥クロニクル」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」など、
ちょっと特異なキャラクターが出てきたり、
不条理で不可思議な世界観の設定のほうが
村上氏の本を読んだという満足感につながります。
カート・ヴォネガットやカフカなど、不思議な雰囲気を
もつ作家から影響を受けているとご本人が言っているのを
聞いたことがあるので、どちらかというと恋愛もので
ヒットはしたものの、そちらがメイ...続きを読む

Q村上春樹の「羊をめぐる冒険」について質問です。

村上春樹の「羊をめぐる冒険」について質問です。

村上春樹さんの作品「羊をめぐる冒険(下)」にある、『そうなればあの黒服の男は彼のいわゆる「神々の黄昏」の中に確実に引きずりこんでいくだろう。』の「神々の黄昏」とはどういう意味なのでしょうか。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その場面は覚えていませんが、「神々の黄昏」と言えば、通常は北欧神話やそれを基にしたワーグナーの楽劇「ニーベルングの指輪」の中の一部を指します(4部作の4作目だそうです)。

あの~、マンガの『聖闘士星矢』のTVアニメオリジナル版のアスガルド編というのがあったんですが、あれも北欧神話を下敷きにしていました。

といいつつ私もワルキューレとかヴァルハラとかいう単語を知っているぐらいで内容を詳しく知りませんが、イメージとしては世の終わりだとか混乱だと思います。名前からしてそうですよね、「神々の黄昏」ですから。黄昏って終わっちゃう感じでしょう。

北欧神話の神々の黄昏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%AD%E3%82%AF

その「羊」の中の場面に合っているかどうかわかりませんが。
黒服の男って、お屋敷に仕えている日焼けしたプロフェッショナルな感じの人ですか??

Q村上龍、村上春樹

 ふたりとも今の日本を代表する作家さんですが、作品は何冊か読みましたが、どちらもいまいちピンときませんでした。

 おもしろいだけの作家さんなら他にもたくさんいると思いますが、この二人はがとりわけ高く評価されているポイントはどのあたりにあるのでしょうか?

 「だったら読まなければいい」などの回答はなしでお願いしまます。
 主観的な感想でかまいませんのでおねがいします。

Aベストアンサー

 村上春樹さんについてはあまり読まないので答えられませんが、村上龍は割と読むので村上龍が評価されている理由について私の考えを書きます。
 村上龍の書いた小説はほとんど読んでいますが、読んでいるときに面白いと感じたことはあまりありません。質問者さんもおっしゃるように面白さでいうならば、村上龍より面白い人は他にもたくさんいると思います。ただ村上龍の本を読み終わった後は、人生において何を最重要とするべきなのかなどをよく考えます。自分だけではあまり思いつかないこと、他の人が言わないことを言うから評価を受けているのかもしれません。
 他には描写がうまいからということがあるのかもしれません。「インザミソスープ」という小説で人を次々と殺していく場面があります。書いてある文字を読んでいるだけなのにまるで目の前で人が殺されているような感覚になり、本を読んでいて初めて気持ち悪くなったことを覚えています。
以上二つの点で評価されているのではないかと私は思っています。もの凄く個人的な意見なので参考程度でお願いします。

 

Q村上春樹の本

自分は村上春樹の本が大好きで結構集めて読んでるんですが一つ質問です。例えば自分は最近「海辺のカフカ」を読んでとても面白かったんですがいまいちこの話がどのような事を訴えているのか分かりませんでした。「海辺のカフカ」に限らず「ノルウェイの森」なども読んでとても面白かったんですがそこがいまいち分かりませんでした。それは自分の国語力が足りないからでしょうか?また今後もっと村上春樹の本を楽しむにはそういったところも理解できた方がいいんでしょうか?なかなか意味分からん質問ですが誰か御回答願います。

Aベストアンサー

えーと。僕は 春さん は「トレンディドラマ」だと割り切っているので。春さんの恋愛モノとか読んだ後に、何か刺激を受けたり考える材料にしたりはしない。

読書にも色々棲み分けがあるし、読んでる瞬間だけを楽しむ本もあれば、読んだ後考えさせられる本もあれば、目的を持って知識のために読む本もある。一つの読書でこれら三要素が全て詰まってるのは、あまりない。

だから春さん の恋愛小説に限っては、メッセージ性を期待していない。ただ春さん の●『アンダーグラウンド』文春とか●『約束された場所で』だけは例外。この本は、本当に色々と考えさせられたし。この作家の、懐の深さを感じたのは認める。

春さん の恋愛小説は、雰囲気とか情景を楽しむ事に特化した小説だと、僕は捉えている。なんかアルバムを見返す様なノスタルジックな気分に浸りたい時とか。一方、社会派ドキュメンタリー風味の小説を望むなら 村上龍 だな。龍さん の小説には、これから考えるべき問題がたくさん詰まってる。

Q村上春樹のノルウェイの森について

本書ノルウェイの森の主人公が愛読するグレイトギャツビィ
という本は実在するのでしょうか?gooで検索かけても出ません。
もし読んだことのあるかたは出版社とその購入法をおしえていただきたいです。

Aベストアンサー

フィッツジェラルドの「華麗なるギャツビー」で検索してみてください。
Yahooのショッピングサイトでも販売されています。
ロバート・レッドフォードが主演した映画も素敵ですよ。

参考URL:http://search.shopping.yahoo.co.jp/books_search?p=%B2%DA%CE%EF%A4%CA%A4%EB%A5%AE%A5%E3%A5%C4%A5%D3%A1%BC&f=0


人気Q&Aランキング

おすすめ情報