こんばんは。
タイトルの通り、恩田陸がすきな者なのですが、
ほとんど恩田陸の本を制してしまったため、読む本が見つかりません。
似たような…といいますか、あんな雰囲気(神秘的といいますか)の
小説を求めています。
下記を参考に、教えてください。

恩田陸ですきな本
*麦の海に沈む果実
*黒と茶の幻想
*三月は深き紅の淵を

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

このジャンルでは、恩田陸さんは第一人者だろうと思いますー。


No.3の方がおすすめされている恒川光太郎さんの作品は私もおすすめです。
他には、辻村深月さんがおすすめです。少し怖めの話であれば「冷たい校舎の時は止まる」(上中下)(講談社ノベルス)、すこしぬるめな方向であれば「凍りのくじら」(講談社ノベルス)がおすすめです。恩田陸さんの、特に青春ぽい話に近い雰囲気の話を書く方だなあと最近思っています。落ちをきっちりつけるところも似ているなと思います。
また、ライトノベルレーベルでもOKであれば「侵略する少女と嘘の庭」(清水マリ子・MF文庫J)がおすすめです。「嘘」という言葉で定義されることの面白さにはまりました。ちょっと不思議な要素あり、でも不思議な世界にいきっぱなしではない、この世界で生きていくやり方を探している、というような意味で似通っているかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うー、やっぱり恩田陸に適う者はいない(その分野で)というわけですね。
ちょっぴり淋しいですが、仕方がない、ですね。笑
辻村深月さんは、図書館検索では見つかったのですが、
どうにも本屋さんでは見つからない!
早く読んでみたいです。

ライトノベルもイける口なので紹介してくださって嬉しいです。
ライトノベルでは西尾維新・・・がすきですが。
嘘、などという言葉に惹かれる者なので、
早く読みたいです。有難うございました。

お礼日時:2007/08/31 11:34

No3です。

訂正です。

恒川光太郎さんの「雷の季節の終わりに」
     ↓
恒川光太郎さんの「夜市」

でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夜市、読ませてもらいました。
とても幻想的で良かったです。
短編(?)というのが長編すきとしては物足りなかったですが、
2つ目の話もなかなか好みでした。
(ありきたり、といえばありきたりな展開ですが)

また何かありましたら、お願いします!

お礼日時:2007/08/31 11:31

三崎亜紀さんの「失われた町」はなんとなく恩田ワールドに近いかな?と思いました。


他には、少しホラー系ファンタジーに傾きますが、恒川光太郎さんの「雷の季節の終わりに」
などいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。三崎亜紀さんの「失われた町」は文庫が家にあるのですが、途中までしか読んだことがなくて…これを機会に、読み直したいと思います。
恒川光太郎さんの「夜市」の方も、初めて聞いた作者なのですが、ぜひ読ませてもらいますね!
有難うございました!

お礼日時:2007/08/18 09:44

小川洋子さんはどうでしょう。


恩田陸さんとは多少方向性は違いますが、幻想的な話が多いです。
「密やかな結晶」「薬指の標本」などが素敵です。

また、恩田陸さんの著作中で触れられていた本を読むというのも面白いのではないでしょうか。
「麦の海に沈む果実」で出てきた「鏡のない宮殿」が、確かベアトリ・ベック著の「ガラスびんの中のお話」に収録されていたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小川洋子さん、「博士の愛した数式」を書かれた方ですよね?
私は「博士~」しか読んだことがないので、試してみます。
「博士~」は私にとってイマイチだったので、
他の本が素敵だったら嬉しいです。


恩田陸さんの著作中で触れられていた本を読む、
ええ、とても面白そうです。
前からしてみたいと思っていたことでした。
ぜひ読ませてもらいます。
他のそのような作品中の作品がありましたら、
教えてくださいね。

有難うございました。

お礼日時:2007/08/18 09:41

「浅田次郎」


「宮部みゆき」
「東野圭吾」

といった作家さん達はどうですか?
書店で そのお店の店員さんの手書き紹介POPの付いた本は 結構オイシイ本が多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございました。
浅田次郎の作品はまだ手付かず、なのですが、
前から1度読んでみたいと思っていたので、
この機会に挑戦したいと思います。

宮部みゆき&東野圭吾のお2人は、既に読んだことがありました。

また何かありましたら、宜しくお願いします。

お礼日時:2007/08/17 09:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの本(よしもとばなな、恩田陸の本が好き)

秋といえば読書!
ということで、最近読書にはまっているのですが、みなさんのおすすめの本も読んでみたいと思い質問します。

私が最近よく読むのは、よしもとばななさん、恩田陸さんの本です。
特に「王国」(よしもとばなな)、「上と外」「夜のピクニック」(恩田陸)が好きで、
ファンタジーというか、ちょっと自分がトリップしたような、読んだ後に不思議な感じになるような、余韻にひたれるような本を探しています。
あと、青春!って感じのも好きです^^

もしこんな感じでおすすめの本があれば教えてください。
もちろんそれ以外でも嬉しいです。

Aベストアンサー

私も恩田陸さん、よしもとばななさんは好きで
それぞれ何冊か読みました。
『読んだ後に不思議な感じになるような』←これスゴクわかります!

質問者さんと好みが似てるであろう私のオススメは、
森絵都さんの本です。
(1)「カラフル」これは『読んだ後不思議な感じ』になる本です。
ファンタジーっぽいけど現実的な要素もあって、優しく背中を押してくれる感じの本です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AB-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%82-20-1-%E7%B5%B5%E9%83%BD/dp/4167741016/ref=sr_1_4/249-3527145-2681140?ie=UTF8&s=books&qid=1191493848&sr=1-4

(2)「DIVE!!」これは『青春!』って感じの本。飛び込みでオリンピックを目指す少年達の話です。私はまったくスポーツに興味がなく、飛び込みなんてTVですら見ないのに、一気に読めました。
10代の男の子が数人出てくるのですが、それぞれが違った魅力を持った少年で、だけど一人一人悩みもあったり、自分が憧れてる相手も
実は自分の事を羨ましく思ってたり・・読んでいて
あぁ~・・わかるなぁ・・って感じる部分が多かったです。
読んだ後はかなり爽やかで、オススメです。
http://www.amazon.co.jp/DIVE-%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%A3%AE-%E7%B5%B5%E9%83%BD/dp/4043791038/ref=sr_1_11/249-3527145-2681140?ie=UTF8&s=books&qid=1191493848&sr=1-11

私も恩田陸さん、よしもとばななさんは好きで
それぞれ何冊か読みました。
『読んだ後に不思議な感じになるような』←これスゴクわかります!

質問者さんと好みが似てるであろう私のオススメは、
森絵都さんの本です。
(1)「カラフル」これは『読んだ後不思議な感じ』になる本です。
ファンタジーっぽいけど現実的な要素もあって、優しく背中を押してくれる感じの本です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AB-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%82-20-1-%E7%B5%B5%...続きを読む

Q若桑みどりさんの本でおすすめを教えてください。西洋絵画に興味があって、中野京子さんの本はほとんど読

若桑みどりさんの本でおすすめを教えてください。
西洋絵画に興味があって、中野京子さんの本はほとんど読んでいます。
何だか難しそうで敬遠していた若桑さんの本に興味が湧いてきました。(「クアトロ・ラガッツィ」しか読んだことがありません。)
わかりやすい本を教えてください。

Aベストアンサー

若桑みどりの著書で、入門的なのは前掲の図書。なかでも、人間大学テキスト、放送大学テキストは、講義用のものとしてまとまっている。

Q乙一、恩田陸のオススメ本は?

最近、乙一&恩田陸の本を読み面白いなと思いました。そこで順々に読んでいこうと思ったんですが、なんせ冊数が多い。どれから読むか迷ってしまったので、この二人の本の中でも特にオススメの本を教えてもらえないでしょうか?ちなみに乙一さんは「GOTH、天帝妖狐」恩田陸さんのは「MAZE、ネバーランド」はすでに読んでます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

恩田陸さんのみですが・・・

まずは”六番目の小夜子”は読んでみてください。デビュー作ですね。
あとオススメなのは”ドミノ”です。登場人物が非常に多いですが、
一気に読める面白さだと思いますよ。

Q好きなタイトル、素敵なタイトル教えてください。

本でもいいし、映画でもいいし、マンガでもドラマでも
とにかくジャンルは何でもいいです。
こんな素敵なタイトルがあったよ!っていうの、教えてもらえますか?
あくまで内容とかじゃなくて「タイトル」そのものがいい!!というやつです。

個人的にはSF小説とか、いいタイトル多いと思いますが。
いちおう、日本語のタイトル限定でお願いします。
サブタイトルとか、ある作品の中の短編のタイトルとかそういうのでも
かまいません!

Aベストアンサー

手を取り合って
ゲームのサブタイトル

僕の地球を守って
漫画

太陽は夜も輝く
映画

禁じられた遊び
映画

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド
小説

Q恩田陸さんのQ&Aのような本を教えて下さい。

恩田陸さんのQ&Aのような、といっても質問形式という意味でなく、何か不気味でリアルで読後感に微妙なものが残る本があれば教えて下さい。安倍公房とかも好きです。

Aベストアンサー

不気味でリアルで…というのでありましたら、
恩田陸さんの『六番目の小夜子』はいかがでしょうか?

以前NHKでドラマ化していた作品なのですが、若干テレビと小説で設定が異なります。

この本の場合、ある高校に伝わる「サヨコ」をめぐる話です。(テレビでは中学校になっています)

学校という巨大な空間が異質なものに感じられ、また登場人物の心理描写が時々怖く感じます。

ドラマもたまに再放送されたりしているので、本とあわせて見て頂くと面白いと思います。

Qおすすめの本を教えてください。 私は伊坂幸太郎の本が好きでそればっかり読んでいるんですが、たまには

おすすめの本を教えてください。

私は伊坂幸太郎の本が好きでそればっかり読んでいるんですが、たまには冒険もしたいなと思って質問しました。ただ、全てがリアリティな本ではなくて、ファンタジックな要素がある本だと嬉しいです。

Aベストアンサー

野崎まど はどうでしょう。ライトノベルから出てきた作者ですけど、ファンタジックでありながらミステリだったりします。
ライトノベルであってもライトノベル感はそれほどでもないです。

米澤穂信 はどうでしょう。独特なスタイルの作風です。「氷菓」シリーズはアニメ化されましたが、基本は渋い青春ものです。
他に単品の小説が多いです。

ところでSFに関心はないですか。SFはファンタジーの変種でもあります。
冲方丁(うぶかた とう) はどうでしょう。かなり有名な作家の方です。「マルドゥックスクランブル」のシリーズが良かったです。

小川一水はどうでしょう。「時砂の王」「コロロギ岳から木星トロヤへ」他、短編集を読みました。

伊坂幸太郎先生の作品と、似ているのをなるだけ選んでみました。ふわっとした感じがあると良いんですよね。

Q恩田陸がすきな私に

こんばんは。
タイトルの通り、恩田陸がすきな者なのですが、
ほとんど恩田陸の本を制してしまったため、読む本が見つかりません。
似たような…といいますか、あんな雰囲気(神秘的といいますか)の
小説を求めています。
下記を参考に、教えてください。

恩田陸ですきな本
*麦の海に沈む果実
*黒と茶の幻想
*三月は深き紅の淵を

Aベストアンサー

このジャンルでは、恩田陸さんは第一人者だろうと思いますー。
No.3の方がおすすめされている恒川光太郎さんの作品は私もおすすめです。
他には、辻村深月さんがおすすめです。少し怖めの話であれば「冷たい校舎の時は止まる」(上中下)(講談社ノベルス)、すこしぬるめな方向であれば「凍りのくじら」(講談社ノベルス)がおすすめです。恩田陸さんの、特に青春ぽい話に近い雰囲気の話を書く方だなあと最近思っています。落ちをきっちりつけるところも似ているなと思います。
また、ライトノベルレーベルでもOKであれば「侵略する少女と嘘の庭」(清水マリ子・MF文庫J)がおすすめです。「嘘」という言葉で定義されることの面白さにはまりました。ちょっと不思議な要素あり、でも不思議な世界にいきっぱなしではない、この世界で生きていくやり方を探している、というような意味で似通っているかと思います。

Qタイトルがわからなくて続きが読めない本

1984年前後に読んだ本のタイトルが知りたいです。

内容は、
兄弟がいて、これから冒険が始まりそうな感じでした。それで兄が「しゅっぱーつ!」と言うと弟が真似をして言うのですが幼いから「うっぱーちゅ!」みたいにきっちり言えてない感じで書かれていました。そんなコトバのやり取りが何行か続いてたんですが。。。(実際、「出発」とお話で使われていたかは憶えていません、例えです。)

その部分はこの本のほんの最初の部分です。私が読んだのが幼い頃だったのでその初めの気にいった部分を何度も読んでいたのですが今頃になって続きが読みたくなりました。

たぶん絵本ではなく割と字が並んでいて挿し絵程度はあったような気もしますが記憶があやふやで実は弟じゃなく妹だったかもしれません。。。

こんないい加減な記憶ですがわかる方お願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
多分「もりのへなそうる」という本ではないでしょうか。
兄弟が森へ冒険にいって、へんな生き物(恐竜?)と友達になるというストーリーです。
兄弟の弟がまだ言葉をうまくいえなくて、ピストルを「ショッピル」、たまごを「たがも」といったりしていました。

参考URL:http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.jsp?goods_id=772

Q恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方、他に好きな作家さんは?

恩田陸さんと宮部みゆきさんの小説が好きで近頃よく読んでいたのですが、違う作家さんの本も読みたくなりました。

恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方は、他に同じくらい好きな作家
さんでお薦めのものがあれば教えてください。

ちなみに恩田陸さんの作品で好きなものを上から三つあげるなら、〔麦の海に沈む果実〕、〔ネバーランド〕〔夜のピクニック〕で
宮部みゆきさんだと、〔蒲生邸事件〕〔クロスファイア〕〔模倣犯〕です。

貴志 祐介さんのクリムゾンの迷宮を読んでみようかとも思ったのですが、ゲームが特に好きというわけでもないので迷っています。

宮部みゆきさんと恩田陸さんの作品は、まだ読んでいない物もあります
が時間がかかっても読破するつもりですので、他の作家さんでお薦めな作品の紹介お願いします。

Aベストアンサー

私は野沢尚なんかも好きです。
とりあえず、「呼人」「殺し屋シュウ」あたりから始めると入りやすいかもしれません。

ちょっとほのぼの系ミステリなら加納朋子なんかも良いです。
どちらかと言うと女性向かも知れません。
「ななつのこ」「魔法飛行」「ささらさや」なんかがお勧めです。

他には、真保裕一なんかも面白い作品がたくさんありますし、
他の作家も...。
ちょっと紹介しきれないですね。

Q小学生の女の子が主人公で美味しそうな食べ物が沢山出てくる本のタイトルを探しています

昔(1990年代)に読んで、再読したい本のタイトルを探しています。

内容は部分的に覚えているのはこんな点です:
1. 小学生の女の子が主人公で、日常の出来事を通じて成長していく様子を描いた小説。
2. 各章毎にその子の周りの日常的なストーリーが展開され、その中心にいつも美味しそうな食べ物が絡んでくる。
3. 主人公は4人家族で、確か共働きの両親と姉がいる。
4. ドラマチックな物語ではなく、素朴なエピソードの寄せ集めというイメージ(母が早く仕事が終わる日には銭湯に一緒に行くのが楽しみだったり、甘い卵焼きがご馳走だったり、叔父さんとどじょうを釣ってどじょう鍋にしたり、優秀な姉にヤキモチを妬いたり。。。等。)
5. これは自信が無いのですが、確か舞台は北海道で、夏休みのお話だったような?

単語で検索したり、連想検索のサイトを使ってみたりしたのですがどうしてもヒットせず、どなたか「これではないか?」というサジェスチョンを頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

氷室冴子さんの「いもうと物語」じゃないですか?


人気Q&Aランキング