ネットが遅くてイライラしてない!?

ずっと疑問に思っていた事を質問させていただきます。
MUSEの演奏レベルについてです。
私自身楽器については全く詳しくなく、こんな質問をしていいのかも不安ですが、最強のライブバンドと言われる彼らですが
それぞれの演奏レベルがどの程度のものなのか、どなたかさらっと説明していただけないでしょうか?
ネットで探してみても具体的にどの程度上手なのかを知ることが出来ず…。
UKのあるラジオ番組では「マシューはオアシスのノエルを越えた」という評価していたそうですし、最近ですとUKのギター雑誌Total Guitarで「21世紀最初の天才ギタリスト」という記述があったそうです。そういった記事を見ると、マシューのギターってやっぱ凄いんだろうなあって思います。
マシュー以外の二人についても、素人目の上にMUSEが好きだからだと思うのですが、ドムのドラムの激しい叩きっぷりにも、クリスのリズム楽器の枠を超えたベースのメロディアスな弾きっぷりにもズンと聴き入ってしまいます。

本当にお暇な時で結構ですので教えていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

ポップスしか聴かない方ですか?


ポップバンドの演奏力、表現力はクラシックやメタル、スパニッシュギタリストなどと比べると幼稚園児のお遊戯レベルですよ。
ポップバンドで演奏レベルが高いのはもう解散しちゃったんですがMr.BIGってバンドがいました(もともとハードロック系ミュージシャンの集まりでしたけど)

ギタリストの総合力ではDREAM THEATERのJohn PetrucciかFREAK KITCHENのMattias Eklundh辺り
感情表現力ならZakk Wylde,SKID ROWのScott Hill
もちろん挙げればきりないですが。

ドラムならDREAM THEATERのMike Portnoy,Terry Bozzio(ドラムキット多すぎてどっかから入るか不明な人)かな

MUSEはPVがユニークだし曲の印象とは逆にライブでは激しくいいバンドだと思います。
ただ残念ながら演奏力は上記の方々の足元にも及びません。

この回答への補足

あれからDREAM THEATERを聴いてみましたが、やはり私にメタルは向いてないようで…。正直良く分かりませんでした。
ちなみにマシューはスパニッシュギタリストやクラシックピアニストからの影響も強く受けているそうですので、そちらもこれから挑戦してみようかと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。

補足日時:2007/09/02 22:51
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…
メタルは全く聴いてません。
やっぱり難しいってのがありまして。勉強不足です。
DREAM THEATERはぜひぜひ聴いてみたいです。

お礼日時:2007/08/26 21:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレディオヘッドを聴いて・・・

曲を評価するサイトで「レディオヘッド」の評価をみてみたのですがどのアルバムもみんな声をそろえて「良い!!」と絶賛していたのですが、実は私、なぜそんなに絶賛されているのかわからなかったのです。まだ「OK COMPUTER」一枚だけしか聞いてないのですが、一番最初に全部通して聴いたときは全くピンと来なかったけれど、何回かくり返し聞くうちに「ちょっといいかも」と思うようになっていきました。でもみんなが「衝撃的だった」とか「芸術だ」という意味がわからないのです。これは洋楽を聴くようになってからまだ日が浅いからか、それとも自分の趣味ではなかったのか、あるいは芸術がわからない凡人だからか・・・。私もレディオヘッド聴いて「いや~あれは衝撃的だったね。」とかさらりと言ってしまえる洋楽オタクになりたい!!!そんな日が来るのでしょうか・・・???レディオヘッドを聴いて「衝撃的」とか「芸術的」と感じた方はどのへんにそれらを感じたのでしょうか?

Aベストアンサー

他人の意見に無理矢理、付和雷同する事はないと思います。
 他人が作った自分の個性が好きなら、他人の評価にフラフラしててもいいですが。
 音楽なんて、自分が好きなの聞けばいいです。私の周りには、洋楽に詳しい人が多いですが、「レディオヘッド」が嫌いな人もいます。これは、個人の自由ですからね。

 私は「レディオヘッド」が好きです。4thの『KID A』が出た時は、ビックリしました。あの音のコラージュがたくさん詰まったアルバムは、傑作だと思います。
 でも、一番すきなのは2ndの『ザ・ベンド』です。このアルバムは、ギターと声の魅力がバンドらしく表現されていると思います。
 初期のほうが、生っぽい演奏をして、ポップロックよりの音なので、聞きやすいと思います。機会があれば、初期の音源も聞いてみてください。

 「レディオヘッド」の魅力は一言で言えば、明るく楽しいロックを徹底して否定しているところにあると思います。
 歌詞は人間の暗部に焦点をあて、音にも独特のけだるさと浮遊感があります。
 コード進行も普通は、サビに使わないようなコードを持ってきたりして、本当に独特です。
 ロックのセオリーを脱却しようと試みるバンドは世界中にたくさんいますが、「レディオヘッド」のような方法論で脱却に成功しているバンドは数少ないと思います。
 ロックのセオリーの外し方が、絶妙なので「衝撃的」とか「芸術的」という評価を持つ人が多いのでしょう。

 babe-babeさんは、洋楽に触れて日が浅いようなので、これからたくさん洋楽に触れ、エンターテイメント性の高い明るく楽しいロックに聞き飽きた頃に「レディオヘッド」を聞けば、今よりは彼らの魅力が理解できるかもしれませんね。

 ただ、最初に言ったように、世の中には自分の趣味に合わない音楽もあるので、無理して聞く必要はないと思います。
 他人が絶賛しようが、自分が駄作だと思えば、それは駄作ですからね。
 あっ、決して「レディオヘッド」が駄作だと言ってるわけではないですよ。

他人の意見に無理矢理、付和雷同する事はないと思います。
 他人が作った自分の個性が好きなら、他人の評価にフラフラしててもいいですが。
 音楽なんて、自分が好きなの聞けばいいです。私の周りには、洋楽に詳しい人が多いですが、「レディオヘッド」が嫌いな人もいます。これは、個人の自由ですからね。

 私は「レディオヘッド」が好きです。4thの『KID A』が出た時は、ビックリしました。あの音のコラージュがたくさん詰まったアルバムは、傑作だと思います。
 でも、一番すきなのは2ndの『...続きを読む


人気Q&Aランキング