AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

皆様海に行くと必ずとはいきませんが、日焼けしますよね?(10時~昼5時迄遊ぶ)
人にもよると思いますが、赤くやけたり黒く焼けたりとさまざまです。
ふと思ったのですが庭などでゴザをしいて寝るのと海で寝るのとでは焼け方が違うと思ったのです。自分は海で泳いだあと寝る方が焼けるのが速い(強い)と思います。これは海の塩のせいだと思いますがどうでしょうか?

あと、日焼けでライフセーバーの方々みたいに綺麗でかっこよく黒く焼くのはどうしたらよいでしょうか?海、庭(笑)での焼き方を教えてください。宜しくお願いします。

PS:塩を肌にすりこんで焼いたら焼けますかね?^^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

や砂が紫外線をたくさん反射します


海にいれば上からも下からも焼けてるってことですね^^

銀色の日焼けシート?の上で寝ると下からも焼けます
(ござは反射するのかな?)

でも日焼けは一種のやけどなので
「紫外線の弱い時間帯に少しだけ外に出る」ことから始めた方が
身体・肌をいためずに済みます

肩や鼻筋など紫外線がいっぱい当たって
日焼けしやすい場所には日焼け止めを塗って守り
日焼けしにくいところはサンオイルなどを塗って焼けやすいようにすれば
まんべんなく焼けます

お肉を焼くときと似てますね^^;
強火で一気に焼くと焦げますが生焼けの部分出てきます
弱火だと焦げ目は付かないので
中火程度でじわじわ焼くのが良いと思います^^;

でも火の強さに関係なく肉汁・・・ではなく汗が出ますので
水分の補給はしてくださいね
日焼け後のスキンケアもお忘れなく^^

塩をすりこんで焼いたら・・・
一緒ににんにくをすり込んだほうが
美味しく焼けるかもしれませんね(T_T)

参考URL:http://www.bioweather.net/001/know_4.htm

この回答への補足

そう言われてみれば焼肉と日焼けの理屈は同じですね^^
銀のシートですか。あれってハタからみると熱もって暑そうデすけど^^;

補足日時:2002/08/18 15:12
    • good
    • 0

こんにちは。

キレイに焼く方法ですが、海や庭などで一気に焼いてしまうと痛いし皮もむけるし・・・ですよね。私の経験上ですが、まず最初に日焼けサロンに行って下地を作ってから焼くといいですよ。日焼けサロンはちょっと・・・と言う場合には「日焼け止め」などを塗ってから焼くと結構キレイに焼けますよ。日焼け止めを塗って1日中 寝ていればかなり焼けます。

この回答への補足

結構肌弱いんですよ。南国生まれのくせに。1日外にいたらもう肌が赤くなってますし。今度外出るときは日焼け止め塗ります^^

補足日時:2002/08/18 15:15
    • good
    • 0

海で良く焼けるのは”塩”のせいではありません。


海面に太陽光が乱反射するためです。つまり、極端な話ですが、
自分のいるところとはかけ離れた、沖合いなどに降り注いだ紫外線が
皮膚に当たるので余計に日焼けすると言うわけです。
ですから、しおを刷り込んでも日焼けしやすくなるとは言えません。
庭で焼くなら、紫外線の乱反射が多くなるような場所(コンクリートの照り返しやビルの窓からの照り返し)を選べば良く焼けます。

この回答への補足

照り返しでしたか。そういえば日陰で寝ていても地面や壁で紫外線が照り返しされて日焼けすると聞いたことがあります。たしかに海だとかなりの紫外線が反射しますね。回答有難うございました。

補足日時:2002/08/16 15:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q曇りでも日焼けできますか?

曇りの日でも日焼けはできるんですか?(完全に太陽が雲で隠れている状態)
できるとしても、晴れの日にはかないませんか?

Aベストアンサー

曇りでも暗闇ではないですよね。
つまり日光が届いているという事なので日焼けはします。
もちろん晴れの日にはおよびません。

Q黒くなる日焼けオイル教えてください

今度太陽の下で日焼けします。ちゃんと黒くなるおすすめの日焼けオイルなどを知っていましたら教えてください!結構黒くしたいんです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
勘違いしてそうなのでひとこと。
日焼けオイルというのは日焼けを促進させるものではなくて、肌が真っ赤になって痛くなるのを防ぐものです。

日焼けといっても肌が赤くなって焼けど状態(サンバーン)にする紫外線と、肌のメラニンを増やす紫外線とは別物。
サンバーンを防ぐ紫外線をカットする数値はSPF○○と書かれているもの。逆に肌を黒くする紫外線をカットするのはPA+++などで表されているものです。

一般的には前者の肌が炎症を起こすのを防ぐ目的が優れているものを日焼け止めといい、黒くなるのを防ぐのはむしろ二次的意味合いが強いですね。実際、私はすごく日に焼けやすいたちで、安い日焼け止めなんかだと塗っていてもしっかり黒くなりますもん。

早い話、日焼け止めとあっても例えばSPF15でもPA+表示がないものであればしっかり黒くなります。
サンオイルとあるものであれば基本的にはメラニンを増やす紫外線をカットするものは入っていないのでどれ使っても同じです。

また、サンオイルといわれるものはSPF1~4ぐらいで、サンバーンを起こす紫外線をカットする力が弱いので、あらかじめ肌にメラニンができていて黒いひとならともかく、色の白い人だとメラニンが増えて黒くなる前に肌が焼けど状態になってしまう可能性もあります。

サンバーンを起こしながら焼き続けるとムラやけや肌の皮がむけて汚くなってしまう可能性があります。

男性にありがちなのが一気に焼こうとしてサンバーン=やけど状態になる人が多いこと。

また、肌の白い人は無理にやいてもメラニンができにくい傾向があるので、無理して焼き続けてサンバーンになりがちです。

こういうタイプは肌が真っ赤になって痛いのに、ぜんぜん黒くならない最悪タイプ。こういう人は、どんなオイル使ってもやけにくさはかわりません。むしろサンバーンを起こす紫外線をカットすることが重要になるので、サンオイルなら1時間おき、タオルや汗をかくごとに何度もまめに塗りなおす、もしくはPA値の入っていないSPF15以下の日焼け止めをしっかりぬって焼くようにしましょう。

こんにちは
勘違いしてそうなのでひとこと。
日焼けオイルというのは日焼けを促進させるものではなくて、肌が真っ赤になって痛くなるのを防ぐものです。

日焼けといっても肌が赤くなって焼けど状態(サンバーン)にする紫外線と、肌のメラニンを増やす紫外線とは別物。
サンバーンを防ぐ紫外線をカットする数値はSPF○○と書かれているもの。逆に肌を黒くする紫外線をカットするのはPA+++などで表されているものです。

一般的には前者の肌が炎症を起こすのを防ぐ目的が優れているものを日焼け止めとい...続きを読む

Q色白な男性です。日焼けしたいです。

色白な男性です。日焼けしたいです。
私は日焼けというものをほとんどしたことがありません。しかし外で動いていないわけでもありません。
日に当たっても、肌が赤くなり、脱皮するように剥けて、もとの白い肌に戻ってしまうのです。

女性の方に言ったら羨ましがられたのですが、女性にとっては美白でも、男にとってはただのヒヨワに見える要因です。生白い体は自分で見ていても気持ちが悪い時もあります。

日焼け止めなどを付ければ、少し赤くなって元に戻る。付けなければ、激しく赤くなり、元に戻る。こんなことの繰り返しです。サンオイルは試したことがありませんが、なんとなく、より赤くなって元に戻るだけな気がします。

どなたか同じ悩みを抱えていたり、解決法をご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

Aベストアンサー

日焼けにはひとりひとり個人差があります。
あまり無理をせず、日焼け用ローションなどは使用しない方がいいでしょう。

・年齢により日焼けの度合いが違ってきます。一般的には若い方が効果が大きくなります。
・日焼けを行う時の肌の状態や季節によっても異なります。
・日焼けを始めてすぐに肌は褐色にはなりません。回数を重ねていく上で徐々に褐色に近づいていきます。

日焼けには「サンタンニング」と「サンバーン」の2種類があり、区別される事なく「日焼け」とされていますが、肌に与える影響は全く違います。

サンタンニング(小麦色の肌)
サンタンニングは皮膚が「褐色に色づいた状態」の日焼けをいいます。
褐色の肌はメラニン色素によってもたらされます。
メラニン色素は、紫外線が皮膚の深部に浸透するのを防いで、紫外線のエネルギーから、皮膚の細胞とそのDNA(遺伝子)を保護する役目をします。上手にサンタンニングするには、初めは日差し(紫外線)の弱い時間帯を利用し、日差しの強い時には一回の照射時間を短めにして、間隔をあけながら徐々に肌色を作っていきます。

サンバーン(ヤケド日焼け)(皮膚が赤く炎症を起こす症状)
サンバーンは皮膚が「ヤケド」した日焼けをいい、皮膚にマイナスな日焼けです。
肌色が白く、角質の薄い人は、紫外線に対する皮膚の防衛能力が低いために、急に日焼けすると肌がヤケドして炎症を起こします。ヤケドで死んだ皮膚細胞は、やがて剥がれ落ちますが、サンバーンはシミの原因にもなります。また炎症を起こしたままで、強い日差しを繰り返して浴びると、皮膚ガンのリスクが生じる恐れがあります。


以下の特徴がある場合は、1日の日焼け時間を4分~10分にし、色がつき始めたら、週に1、2回にしてください。
特徴
・日焼けしていない時の肌の色は、白色
・強い太陽の下での日焼けでは、サンバーン/皮がむけてしまう
・普通に日焼けをした肌の色は、赤くなる/色が着かない

日焼けにはひとりひとり個人差があります。
あまり無理をせず、日焼け用ローションなどは使用しない方がいいでしょう。

・年齢により日焼けの度合いが違ってきます。一般的には若い方が効果が大きくなります。
・日焼けを行う時の肌の状態や季節によっても異なります。
・日焼けを始めてすぐに肌は褐色にはなりません。回数を重ねていく上で徐々に褐色に近づいていきます。

日焼けには「サンタンニング」と「サンバーン」の2種類があり、区別される事なく「日焼け」とされていますが、肌に与える影響は全く違い...続きを読む

Q銀マットの銀面が熱を反射するのか?

よろしくお願いします

キャンプ用品に銀マットと呼ばれるものがあります
硬質のスポンジのようなマットで片側に銀色のシートのようなものが貼り付けてあります
この銀マットの能力として、その銀色が熱を反射する、となっているようです
そしてよくネット上ではこの銀マットの銀色面を上にするのか下にするのかが話題になることがあり、多くのキャンパーは地面からの冷気を反射させる、という理由で銀色側を下にするという意見が大勢です

そんななか私は二点について疑問を感じました

1,銀色が本当に熱を反射するのか?
赤外線(熱放射)は反射する感じもしますが、熱伝導を反射?することはありうるのか?
よく防災用品の中でペラペラな銀色で防寒対策として体に巻き付ける大きなシートを売っていますが、あれも同様に能力に疑問を感じます

2,そもそも地面からの冷気は熱?なのか?
温度が低い方を「反射するべき熱」の用な感じで「熱」と捉えるのはおかしいのではないでしょうか
もし銀色が熱を反射するのであれば、反射すべきは体温、室温だと思うし、そうなれば当然キャンプに使う銀マットは上側が銀面となると思います

銀マットの銀面を上に使うか下に使うかも疑問ですが、そのこと以前の問題が疑問に感じています
人体が発する赤外線は暖かさを感じるには足りないほど微弱だと思うのですが
ささやかな疑問ではありますが、なにとぞよろしくお願いします

よろしくお願いします

キャンプ用品に銀マットと呼ばれるものがあります
硬質のスポンジのようなマットで片側に銀色のシートのようなものが貼り付けてあります
この銀マットの能力として、その銀色が熱を反射する、となっているようです
そしてよくネット上ではこの銀マットの銀色面を上にするのか下にするのかが話題になることがあり、多くのキャンパーは地面からの冷気を反射させる、という理由で銀色側を下にするという意見が大勢です

そんななか私は二点について疑問を感じました

1,銀色が本当に熱を反射...続きを読む

Aベストアンサー

まず、熱ですが伝わり方には
・熱放射
・熱伝導
・対流
 の3種類の伝わり方があります。そして、必ず高温のものから低温のものに移動します。
 発泡材にアルミを蒸着したマットは、このすべてに対して断熱を期待しています。(熱伝導の良いアルミシートも発泡材につけることで熱伝導による熱の移動を防げます。)また、忘れがちなのですが、ポリエチレンシートなどにアルミが蒸着してあってそのシートが水を通さないという効果も大きいのです。
   反射・防水
__\(右上矢印)_____________アルミ蒸着プラスチックシート(反射と防水)
░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░発泡材
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 アルミなど金属は表面が平滑だと電磁波を反射します。表面面積が大きいと黒く見えますが、これは光や熱(同じものですが)を吸収します。これは地面に向いていても同じことですよ。
1,銀色が本当に熱を反射するのか?
 反射します。熱はエネルギーの移動形態です。ストーブが黒いのは熱を吸収もするし放射もしやすいからです。言い換えれば、もっとも明るい色が黒なのですよ。
>「赤外線(熱放射)は反射する感じもしますが、熱伝導を反射?することはありうるのか?」
 そうではなく、光沢のある金属面は(熱の移動形態である)赤外線を「放射」も「吸収」もしないのです。
>よく防災用品の中でペラペラな銀色で防寒対策として体に巻き付ける大きなシートを売っていますが、あれも同様に能力に疑問を感じます」
 ストーブ(特に遠赤外線ストーブ)の表面が黒いのは熱を放射するからです。銀色だと暖かくない---外に熱が移動しません。

2,そもそも地面からの冷気は熱?なのか?
 熱はエネルギーの移動形態を表すもので、高温のものから低温のものに移動しますから、物理的には地面が冷たいと熱が地面に移動すると考えるべきです。--そうしないと判断を間違えますよ。
 冷たい地面に物を置くと
★接していれば、熱放射と熱伝導で地面が温められて地表の温度が上昇します。
  1) このとき地表が乾燥していると土の熱伝導が少ないため表面が暖まり、
   地面からの熱放射や伝導とつりあっうまで熱移動が続きます。
  2) 地表がぬれていると、熱伝導で地表の温度が上昇しないため、一方的に
   熱が奪われます。
★離れていれば、熱放射と対流で考えてください。

>「温度が低い方を「反射するべき熱」の用な感じで「熱」と捉えるのはおかしいのではないでしょうか」
 間違いです。しかし、反射するということは放射もしないことを忘れないように!!

>もし銀色が熱を反射するのであれば、反射すべきは体温、室温だと思うし、そうなれば当然キャンプに使う銀マットは上側が銀面となると思います」
 その結論にはなりません。
 銀色が熱を反射するということは、放射もしないということです。地面が乾燥していて地面に対して放射で熱が移動するなら、地面側を銀色にしなければなりませんね。

>人体が発する赤外線は暖かさを感じるには足りないほど微弱だと思うのですが
 とんでもありません。人体からはその温度に見合った電磁波--赤外線が放射されています。それを防ぐために皮膚表面の血流を減らして体表温度を下げて放射を減らすのです。

 以上から、マットは必ず外側を地面にしなければなりません。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
★理由
 地面からの防水
 地面への放射による熱移動を防止する。
  「地面への熱放射を防ぐために銀色を下にする」
 発泡材で空気層を保持して人体側に暖気を保つ
  汗などの水蒸気を吸収する。そうしないと金属面で結露してしまう。

「よく防災用品の中でペラペラな銀色で防寒対策として体に巻き付ける大きなシートを売っていますが、あれも同様に能力に疑問を感じます」
 使って見られると分かりますが、効果絶大です。寒暖両方に使用できますよ。

(注)
 マットの上に厚めの寝袋や毛布などを使用するときは、銀色面を上にする場合がありますが、通常は下にするよう説明書に書いてあります。

まず、熱ですが伝わり方には
・熱放射
・熱伝導
・対流
 の3種類の伝わり方があります。そして、必ず高温のものから低温のものに移動します。
 発泡材にアルミを蒸着したマットは、このすべてに対して断熱を期待しています。(熱伝導の良いアルミシートも発泡材につけることで熱伝導による熱の移動を防げます。)また、忘れがちなのですが、ポリエチレンシートなどにアルミが蒸着してあってそのシートが水を通さないという効果も大きいのです。
   反射・防水
__\(右上矢印)_____________アル...続きを読む

Q日焼けしたい!!

明日からちょっと暇になるので、家のすぐそこの海岸で日焼けしたいと思っているんですが、手早く日焼けする方法ってないですか??
友達にサンオイル使うときれいに焼けるけど、時間がかかると聞きましたがホントですか??
あと、待っている時間をつぶす方法って何かありませんか??何分飽きっぽい性格なんで・・・この間寝てようと思ったのですが、まぶしくてちょっとムリでした。
質問だらけですがよろしくおねがいします。
あ、日サロとか特別に金がかかるのは考えてません。

Aベストアンサー

きれいに焼くには時間をかけないとだめです。いそいで急に焼くとムラができたり、焼き過ぎで水ぶくれなどができたり、とにかく肌もいためます。
それにやっぱりサンオイルが一番きれいに焼けますよ。ベビーオイルとかも焼けますがやっぱり専門のサンオイルには負けます。さらにコーラとかいろんな説もありますが、何も無いよりは焼けるようですがやっぱりサンオイルが1番です。
下地のないひと(肌の白い人)は焼きはじめに注意しましょう。焼けて黒くなる前に紫外線が皮膚の奥深くまで届くために肌を大きく傷めます。しわやシミを作らないためにも最初はすこしずついくことをオススメしますよ!

Q効率よく日焼けしたい

日焼けしたいんですが、今忙しくて海に行く時間がありません。
仕方なく庭で寝ころぼうかと思うのですが、そんなに時間もありません。効率よく短時間で小麦色になるアイデアとかありませんでしょうか?
水風呂に入って焼いてまた入ってとか、試行錯誤してみたのですが、やはりサンオイルを塗るのが一番でしょうか?

あと疑問に思うのですが、気のせいか足って体の部分でも焼きにくいことありませんか?

Aベストアンサー

似たような以前の答えもありました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=324575

僕もよくベランダで日焼けしてます。
サンオイルのSPF2を使用しています。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=324575

Q日焼け後で、皮がボロボロ取れている最中ですが、早く皮が全部とれるには?

非常に日焼けをしたのですが、やっとほてりも収まったところで、顔の皮がボロボロ取れ始めてきました。
「これは皮が顔のほとんどがむけるな」とは分かっていたのですが、顔が水虫みたいな皮がまだらに細かくむけ、その無数の細かくむけた皮が全体的にみると顔が白く見えてします。
ローションを塗ると、その白く見えるの直るのですが、すぐに乾燥してまた、白くなります。
要するに早く全部の皮がむければいいのですが、
お風呂で、体を洗うヤツでゴシゴシやれば全部取れそうですが、なんかヒリヒリしそうで、かつ、真っ赤になりそうで恐いです。
何かいい方法ありますか?
それともやはり、我慢して自然にボロボロ取れるのを待つしかないですか?
3日後には何とか見れる顔になっていたいのですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは、

皮がむけるというのは日焼けで皮膚の表面の細胞が死んでしまったカスということですから、新しい皮膚の細胞が再生しないことには話しになりません。

むりやり皮をはがすと、皮膚が再生しきっていないので、赤くなったりひりつくのは仕方ないです。
なので無理やりはがすのは厳禁。
できることは少しでも皮膚の再生が早まるようにケアすることくらいかなあ。

私なら、できるだけ刺激のない敏感肌用や無香料の乳液や美容液、クリームでしっかり保湿をこころがけます。とりあえずメーカーブランドといません。男性であれば、ドラッグストアなんかにあるニベアなんかでもいいともいます。

やけた肌は極端に乾燥していますから、ローションだけだと水分だけなのですぐに蒸発してしまします。
ローションの水分を閉じ込めるためにも、そのあと乳液やクリームでふたをするようにすると効果も違います。

乳液タイプのほうがのびがよいので使いやすいかもしれませんね。乾燥を感じたらマメにぬるようにしてやると、新しい肌の保護もかねるので古い皮がはがれるのが早まると思います。

もちろん、お風呂あがりは肌がやわらかく特に敏感になっていますので、乾燥を感じる前にローション、乳液でのお手入れは忘れないようにするといいと思います。
もし、ごしごししたくなったら、乳液をたっぷりつけてマッサージするように手でやってみてください。もちろん、体洗うタオルなんか使わないで下さいね。
皮膚が乾燥しているはずなんで、一回たっぷりやっておくと粉ふき状態が改善されると思います。

こんにちは、

皮がむけるというのは日焼けで皮膚の表面の細胞が死んでしまったカスということですから、新しい皮膚の細胞が再生しないことには話しになりません。

むりやり皮をはがすと、皮膚が再生しきっていないので、赤くなったりひりつくのは仕方ないです。
なので無理やりはがすのは厳禁。
できることは少しでも皮膚の再生が早まるようにケアすることくらいかなあ。

私なら、できるだけ刺激のない敏感肌用や無香料の乳液や美容液、クリームでしっかり保湿をこころがけます。とりあえずメーカーブ...続きを読む

Qプールと海どとらが日焼けする?

ふと疑問に思ったのですがプール(水)と海(海水)とではどちらのほうが日焼けしやすいのでしょうか?
詳しい理由などありましたらありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

理由はわからないのですが、どちらも経験している私としては海の方がひどかったように思えます。

勝手に塩分のせいではないかと思っているのですが、海の方は皮膚の芯まで焼けたという感じがします。皮膚の剥け方もすごかったし。。。

塩水の浸透圧というのも関係あるのでしょうか。
海水の方が乾燥しやすいとか。。。
すごく勝手な想像ばかりでごめんなさい。

たぶん、違っていると思いますので他の方の回答を私も参考にさせていただきます。

Q黒くなるにはSPFの低い日焼け止めかサンオイルか?

もともと色白な男なのですが、去年海に行って2~3時間ほど日焼け止めを塗り忘れて遊んでいました。
そこそこ赤くヒリヒリになりつつも、二日もすれば落ち着いて多少黒っぽくなってきました。

キレイにしっかり黒くなりたいのでオイルとかを塗ってみようと思うのですが
SPF15~20程度の数値が低めの日焼け止めと
例えばコパトーンのゴールデンタンオイルのようなSPF2~4のオイルではどちらがオススメですか?

色白は日焼け止めを使うべきという話を聞いたような気がしますし
友人には「しっかり黒くなりたいのにサンオイルじゃないの?」と言われたりもして
下地を作って少しずつ焼く方が長持ちでいいにたいですが、一気にやきやいのでどっちがいいですか^^;

Aベストアンサー

基本的にはサンオイルも、日焼け止めもサンバーンを防ぐと言う意味でいうと同じものです。ただ、紫外線をカットする効果の違いだけです。

よく勘違いしている人がいるのですが、サンオイルはあくまでも肌をサンバーン(やけど状態)から守るもので、日焼けを促進させるものではまったくありません。また、日焼け止めといってもPA値が低ければ、いくら塗っても日焼けします。

日焼けを引き起こす紫外線には2種類あります。肌を赤くいわゆるやけど状態にするUVBと、肌を黒くする紫外線のUVAの二つです。一般にSPF値で示されるのは前者のUVB紫外線を防ぐもの。逆に肌を黒くするUVAを防ぐ効果はSPF値のうしろについているPA値+++などであらわされます。先にあげたPA値というのがサンタンを防ぐ効果を表したものなんです。一般的にSPF値が高いものほどPA値も高い傾向があります。

なので、日焼け止めでもPA値がついていないものであれば、色が黒くなる(サンタン)に関して言えばサンオイルも変わらないということです。逆に、肌が赤くなって炎症をおこすサンバーンを防ぐ効果が高い分、日焼け止めを使って焼いたほうが、サンバーンのリスクなくきれいに焼ける可能性が高いです。ましてや一気に焼こうとしているならなおさら。


肌がすでにメラニンをしっかりこしらえて黒い状態なら、紫外線に対する抵抗力ができているのでサンオイルでもいいですが、そうでないなら、日焼け止めである程度肌を守ってやらないとサンバーンをおこします。ちなみに私は焼きたいときはいつも15SPFの日焼け止めをまめに塗ってやきます。ムラやけせずきれいにやけますよ。

基本的にはサンオイルも、日焼け止めもサンバーンを防ぐと言う意味でいうと同じものです。ただ、紫外線をカットする効果の違いだけです。

よく勘違いしている人がいるのですが、サンオイルはあくまでも肌をサンバーン(やけど状態)から守るもので、日焼けを促進させるものではまったくありません。また、日焼け止めといってもPA値が低ければ、いくら塗っても日焼けします。

日焼けを引き起こす紫外線には2種類あります。肌を赤くいわゆるやけど状態にするUVBと、肌を黒くする紫外線のUVAの二つです...続きを読む

Q一人で日焼け

海水浴場とかに一人で行って日焼けするのって変ですか?
そうゆう人って自分以外にもいますか?

Aベストアンサー

日焼けしたいんなら、日焼けしていいんじゃないの?いけないって言われるほうがびっくり!!だけどなー そりゃーまあ、人様が見たくないモノを、むりむり見せちゃうようなヤツは、『変態』と呼ばれてもしかたがないけど、日焼けだしょ? 水着はつけての日焼けだしょ? なんら、問題は無いと、おいらは思うぞ。おいらは、わざわざ日焼けするために寝そべることは無いけど、泳ぎたきゃ、1人でも泳ぎに行くし、カニ釣りもする。それって、変なことじゃないっしょ????  綺麗に日焼けするといいねー。一日にたくさん焼くと、後がつらいから、気をつけてね。


人気Q&Aランキング