在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

FF10をクリアしたのですがついつい画像や雰囲気に惹かれて楽しかったのですが根本的なストーリーの部分があまりわからなかったです、とても理解力が悪く恥ずかしいのですが教えて頂けたらと思います

1.シンとは結局なんなのか? ティーダの父は何故シンになったのですか?歴代のシンはみんな元々は人間なのでしょうか?

2.ティーダそのものの位置づけが全くわかりませんでした、祈り子のみた夢というのは? この2が特にわかりません

3.物語冒頭でティーダは別世界に飛んだと思いますがあれはなんだったのでしょうか?

4.エボン樹とは?
5.ティーダは別シリーズで復活したのですか??

本当に基本的な事ばかりで恥ずかしいですが宜しく御願い致します

gooドクター

A 回答 (3件)

今から1000年前(ゲームでの世界観で)、二大大国が戦争をして滅んだ。


一つは魔法文明を発展させた『ザナルカンド』、もう一つが機械文明に重点を置いた『ベベル』。
強力な機械の威力で優勢だったベベルに対し、召還術では対抗しきれないと悟ったザナルカンド髄一の召還師、『エボン』は、夢のザナルカンドを召還し、その中に永遠に閉じこもる事を選び、その守護として『シン』を生み出した。

また、エボンは娘の『ユウナレスカ』に、シンを倒す唯一の方法、『究極召還』も伝え、自らは『エボン=ジュ』と呼ばれる存在となった。

この究極召還は、術者の命と引き換えに、術者の仲間を言わばシンのコアとして新しいシンを生み出す為の物であり、その度毎にシンはより強力な存在として復活することになる。シンによる現実世界の破壊や人の死を肯定する思想を持つユウナレスカにより長きに渡って引き継がれてきた。

これを踏まえた上で・・・↓

>1.シンとは結局なんなのか? ティーダの父は何故シンになったのですか?歴代のシンはみんな元々は人間なのでしょうか?

○シンはその時に究極召還によって寄代とされた人物を母体に作られた魔法的存在で、破壊のみを齎す物。また、現世で破壊を行うことにより、夢のザナルカンドへの脅威を一掃する物。
夢のザナルカンドの住人だった『ティーダ』の父、『ジェクト』は、ふとした弾みで現世に移動してしまい、結果として、『アーロン』と共にシンを倒すための旅をする召還師であり『ユウナ』の父でもある『ブラスカ』のガードとなる。
そして、⒑年前に究極召還の寄代となることを決意した為、新たなシンとなった。
最初のシンは、エボンによって生み出された力の弱い存在を強くするためにユウナレスカの究極召還によってその夫、ゼイオンを寄代にした物。
以降、究極召還の度に召還師のガードの一人がシンのコアとなってきた。

>2.ティーダそのものの位置づけが全くわかりませんでした、祈り子のみた夢というのは? この2が特にわかりません
>3.物語冒頭でティーダは別世界に飛んだと思いますがあれはなんだったのでしょうか?

○ティーダは元々夢のザナルカンドの住人。
夢のザナルカンドは、祈り子達が眠り、夢を見続けることで存続することが出来る魔法的存在で、言わば夢のザナルカンドも、その住人も全ては祈り子のみる夢であると言える。
また、現世に落ちたジェクトと旅をしたアーロンは、シンを倒した時に全ての真実を知り、これを不満としてユウナレスカに挑むがあっさり返り討ちにされた。そして、このシンに纏わる悪循環を打開するために自ら死人となって夢のザナルカンドへ赴き、親友だったジェクトの息子、ティーダを本当にシンを倒す目的の為に現実世界へと誘った。
これは推測だが、アーロンが夢のザナルカンドに進入した時に、現世を闊歩する魔物達も一緒に連込んでしまった為に、冒頭の夢のザナルカンドの破壊に及んだと思われる。

>4.エボン樹とは?

○正確にはエボン=呪。
1000年前、召還師エボンがザナルカンドを存続させるためにシンを生み出した為に永遠に呪われた存在としての意味を持つ。
彼はエボン=ジュとなってシンを齎し、また、自らもがそのシンと同化した。
現世では、この1000年前のザナルカンドとベベルの戦争によってベベルの崩壊だけが伝えられたため、機械文明を嫌い、それに反するものの教えとしてエボンが尊ばれた為、現在の信仰となった。つまり、エボンの教えとは、残された手がかりから推測された間違った教えである。
実際にはベベルを滅ぼしたのもシン=エボンであり、現世に災いを齎した張本人である。

>5.ティーダは別シリーズで復活したのですか??

○どうやら二作目のFFーX2ではとあるルートでゲームをクリアすると復活するらしい。
    • good
    • 49
この回答へのお礼

詳しいご回答を頂きありがとうございます! 謎が一気にとけていった感じです、とても詳しくまた分かりやすく説明くださったのですっきりしました。 ユウナレスカの存在については全くスルーしてプレイしてしまったため謎でしたがはっきりしました、べベルとザナルカンドのいきさつもとても分かりかったです、FF本を見ても理解しにくかったですが。ティーダとエボンは本当に核になる部分なのにただ画像等に気を惹かれてしまい考える事をしていませんでしたがずっと気になっていた事が本当に解決されてうれしいです、ありがとうございます!

お礼日時:2007/09/30 15:48

FF10は5~6回ほど最初からやったほど面白い作品でしたね♪


すこし語ろうかと思ったのですが、すでに回答している方がほぼ完璧な回答をなさっているので、足りないところ(5)だけ捕捉させていたできます。
FFーX2でティーダは夢ではなく一応現実の人間となりました(ザナルカンドで多分もう消えないといっているが、インターナショナルを見なければ(しかもラストミッションの方を)確証は得られません)
slv.3スフィア上映会を見て異界の指笛で指笛を4回聞く
slv.5シューイン撃破後、異界の深淵で○を押し指笛を聞く
バハムーとの祈り子の質問で一緒に歩きたいと選択
の手順でティーダ復活イベントが見れます。
ちなみにコンプリート率100%でティーダ復活イベントを起こすと+要素としてザナルカンドに行きじゃれ合うという姿が見れます。
またFFーX2インターナショナル+ラストミッションでクリアデータをロードしてからラストミッションを始めるとユウナののろけ話が聞けます。(ゲームを進め中断ポイントに入ると)
余談ですがティーダ復活イベントはFF10のエンディングの続きの形となっているのですが、ティーダが飛空挺から飛び降りて一応存在は消滅しており、またこの2年間はティーダ的には無いものと考えられる発言をしているのでユウナよりティーダ年下となっていると考えられます。もしかしたら祈り子も気を利かしてティーダに2年分の成長を与えてくれてるかもしれませんがそれならば水中で伸びをしたとき分かるでしょうから。ティーダ復活は実はこうかもしれないよというパロディとしてみると良いと思いますよ。個人的にはFF10の何処か分からないがティーダは生きているというエンディングのほうが好みでした
参考になっていればうれしいです。
    • good
    • 31
この回答へのお礼

御返事ありがとうございます! 6回もプレイされたんですか!?
確かにすごい壮大な感じの作品ですよね、それだけに内容の理解がちゃんとできなかったことが残念です。 ティーダ復活はやはりあったんですね、これを出現させる条件は攻略本やサイトを見ないととても実現できない感じですね。復活を見たい気もしますが僕も出来れば謎のまま終わらせる、多少悲哀のあるエンディングもいいなと思います。

お礼日時:2007/09/30 15:50

あまり詳しくは覚えていないので間違っていたらすみません。



>1.シンとは結局なんなのか? ティーダの父は何故シンになったのですか?歴代のシンはみんな元々は人間なのでしょうか?

まず、シンとはエボン=ジュの鎧みたいなものです。
シンを倒すためには究極召喚が必要ですが、そのための祈り子には召喚士と強い絆で結ばれた者がなります。
その絆の力でシン(鎧)を倒せるわけですが、鎧を失ったエボン=ジュは究極召喚獣に乗り移り、何年かかけて新たなシンを生み出します。
(この時はシンに力がなく現れないので、ナギ節と呼ばれる平和な時期です)
究極召喚獣自体は人間ではないので、シンも元は人間とは言えないと思います。

>2.ティーダそのものの位置づけが全くわかりませんでした、祈り子のみた夢というのは? この2が特にわかりません

エボン=ジュは1000年前のザナルカンドに実在した人物です。
ザナルカンドはべベルとの戦争で滅びる運命になったのですが、エボン=ジュは自らが祈り子となり、ザナルカンドの夢を見続けるわけです。
その夢のザナルカンドで1000年後(現在)に存在していたのがティーダです。
ちなみに召喚獣の祈り子も夢を見ていて、その夢を召喚士が具現化したものが召喚獣として現れます。

>3.物語冒頭でティーダは別世界に飛んだと思いますがあれはなんだったのでしょうか?

上記のようにティーダが元々いたのは「夢のザナルカンド」であり、現実世界ではありません。
シンは体を休めるために「夢のザナルカンド」に行く事があったのですが、ちょうどその時にティーダがシンに吸い込まれ現実世界に連れて行かれます。

>4.エボン樹とは?

簡単に説明すると上記のようになります。

>5.ティーダは別シリーズで復活したのですか??

X-2でハッピーエンドになると復活しますが、何故復活したのかは忘れました。

こんな感じでいかがでしょうか?
    • good
    • 10
この回答へのお礼

御返事ありがとうございます!! やはり僕は全く内容を理解していなかったみたいです、シンというのは昔に突如現れてその後定期的に出現する災いと考えていました、エボンジュというのがどうも分からなかったのですっきりしました、この際、これを伺った上でクリアしたらよかったとも思いますが、分からなかった部分が知れてよかったです。

お礼日時:2007/09/30 15:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング