出産前後の痔にはご注意!

ACOS4からAS/400にデータを送受信するのですが、ACOSをさわったことがありません。ACOS4のRDBにRDBサーバとして、RIQSIIというものがありますが、このデータベースのデータをFTPで相互送受信できるのでしょうか。
ファイル転送ツールの選定でここがネックになっています。
知っていらっしゃるかたがいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ACOS4・・・NEC製汎用機(IBM互換機ではありません。


エディターメニューに、RPGプログラムコンパイルメニューが
存在します。コンパイラーが導入されていればRPGも可能です。
コード形態は、AS/400同様EBCDICコードです。

以前、残念ながらACOS4→AS/400ではないのですが、ファイル転送は行ったことがあります。
ファイル転送は、rejunetというソフトウエアを使用して
ACOS4からUNIXサーバ(sun)上のSAP R/3 のOracleDBへデータを送信していました。

データを、テキストファイルに出力し送受信後、データをインポートしていました。
そのソフトウエアの説明書には、相手先にAS/400の記載も確かありました。・・・・・・得る覚えですが。

PCからのFTPの送受信は、ACOS4もAS/400もどちらも問題なく出来てましたよ(FTPサーバのサービスがどちらも起動しているのが条件ですが)。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。現在、二社のファイル転送ツールにしぼったのですが、RIQSとVSASのDBで頭をいためています。
ACOS4にさわった経験がないので、いまひとつ説明をきいてもピンとこない状況です。rejunetというソフトですか。
探してみます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/22 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QACOSってどんなOSですか?

ホームページで汎用機を検索するとACOSはNECが開発したOSと書いてありましたが、どんなOSでしょうか?
オフコンなので仕様が公開されていない?かもしれませんが、Windowsで動作するエミュレータは有るのでしょうか?

現役、退役の方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

ACOS2を仕事で使っています。

ACOSはTSS(TimeSharingSystem)を使用したマルチタスクOSです。
COBOLベースの事務処理汎用コンピュータ用のOSで、専用端末を使用し、SIFケーブルという物で端末と接続します。最近はWindowsPCの普及から、TCP/IPでの接続がメインです。

端末は専用端末やWindows用のETOSという専用クライアントソフトを使用してCOBOLの開発や運用、TQF、RIQS等のデータベース、FORM EXという帳票システムを使用します。

有名なところでは、BIGLOBEの前身PC-VANがACOS4を使用していました。

最新のACOSはExpress5800シリーズを利用したWindowsベースのACOSがあります(IPXシリーズ)。
Windowsで動作するエミュレータはありません。ハードからソフトまで全てNECから購入することになり、数千万円規模になります。

Q汎用系とオープン系の違いって?

ソフトウェア業界について勉強しています。
本によると、『業務システム開発は、汎用系システム開発とオープン系システム開発に分かれる』とあるのですが、違いがよく分かりません。

知り合いからは、「例えば人事給与システムはオープン系で、銀行などの基幹システムは汎用系だよ」と言われました。
それって、つまり規模の差ってことでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

おおまかに言えば汎用系とオープン系は高速性、信頼性が違います。汎用系のほうがどちらも優れています。
データ量だけならオープン系をSAN環境で使用すればどちらもあまり変わりません。

汎用系は高速性を要求される為、そのプログラミングはハードウェアに特化(ハードウェアやシステムの特性を考慮した)ものになります。よってマシン語に近い言語を使用することも多く、システム専用に構築される場合が多いので、システム変更や他に応用することが容易には出来ません。(昔銀行の統合でこれに失敗して大事件になったことがありますよね。)

オープン系は主にWindows等のアプリケーション(例えば会計ソフト)が動作する環境に用います。ハードウェアに特化しないので、その変更が汎用系に比べ容易です。

汎用系は集中処理型システムであるがゆえ、信頼性も高いものが要求されます。極端にいえば1台システムがダウンすると全滅してしまいます。ですからそのようなことがないように障害発生時の対処についてもオープン系よりもシビアなものとなります。

とはいえオープン系も信頼性が高くなってきており、さらにSAN環境等でリスク分散することでさらに信頼性を高めることができます。

汎用系とオープン系は互いに一長一短ですので使用するシステムの特性にて使い分けます。
極端な例でいえば銀行ATMなど大勢の人が同時に使用するようなシステムの場合は汎用系でないと対応できないでしょうし、質問者様自身が何かのアプリケーションを使用する為に自分のPCにディスクを増設されてもそれはオープン系システムと言えます。

つまり汎用系システムは、高速性などそれでないと対応できない場合に用い、オープン系はその名の通りオープンですのでいろいろな用途のシステムに用いるのが一般的です。

こんにちは。

おおまかに言えば汎用系とオープン系は高速性、信頼性が違います。汎用系のほうがどちらも優れています。
データ量だけならオープン系をSAN環境で使用すればどちらもあまり変わりません。

汎用系は高速性を要求される為、そのプログラミングはハードウェアに特化(ハードウェアやシステムの特性を考慮した)ものになります。よってマシン語に近い言語を使用することも多く、システム専用に構築される場合が多いので、システム変更や他に応用することが容易には出来ません。(昔銀行の統合でこ...続きを読む


人気Q&Aランキング