これからの季節に親子でハイキング! >>

表題どおりです。

あなたが今まで見たテレビ番組の中で一番腹をかかえて
笑った番組を教えてください。

私が一番面白いと思ったのは、めちゃイケで
ナイナイの岡村がスマップのコンサートに
飛び入りで参加したやつです。大爆笑でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

たけし・さんまの世界超偉人伝説での,


「アジアコーヒ」です.
店主のおばちゃんと,客のおじちゃんが「置き物」みたいだったんで笑いが止まりませんでした.
「ネーポン」という不思議なジュースがあり,二回目の放送で人気が出たからなのか,番組の二回目の放送のときに,ちゃっかり値上がりしていたのは笑えました.

Google「アジアコーヒ」検索結果
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%A2 …
    • good
    • 0

ダウンタウン系列はたいてい笑ってしまいます。


前やってた24時間耐久鬼ごっこも好きでした。

すべらない話、ガキ使、雨トークが私の中ではウハウハです。

ナイナイも好きです。
山本が居た時の騒音おばさんのパロディーは最高でした。
オカザエル、スマップ乱入(中居君、総被害)も笑いまくりました。
    • good
    • 0

最近では「報道特捜プロジェクト」で、詐欺師との電話のやり取りで、イマイさんが詐欺師をオチョクッていた場面。

    • good
    • 2

8時ダヨ、全員集合!


毎週楽しみに見ていました。そしてTVの前でひっくり返っていました。
明石家マンション物語
関根勉の「クレイマークレイマー」が大好きでした。もう一度みたい!
    • good
    • 0

自分が高校時代に放送されていたウゴウゴルーガでしょうか?


と、言っても番組でなくオープニングでした。
ちょうど登校時間の7時半にオープニングが始まっていたので・・・。
飲み屋街でおじさんがガラガラを鳴らすシーンを見て毎朝爆笑していました。
そのたびに母に登校前に「あんた、毎日同じの見てよくそんなに笑えるな~」と毎朝突っ込まれていました。
単純におかしいのではなく、製作者が何を考えどんな気持ちでこんなOPを製作したかを考えるとおかしくてたまりませんでした。
そのほかでは、北朝鮮のニュース放送の様子を見て爆笑したことがあります。
もの凄い剣幕でニュースを読むキャスターを見て「なんでこんな必死の剣幕でニュースを伝えるんだ?」との理由でした。
    • good
    • 1

昔のですがバク天のぱらぱら漫画と、


行列のできる相談事務所、ヘキサゴンですかね~。
しんすけさんが司会やってる番組は面白いです。
    • good
    • 2

ボキャブラ天国。

    • good
    • 0

一番笑えた番組といったら、「内村プロデュース」かなぁ~。

お笑いガマン道場、濱口スタイル、玉職人etc・・・。最近の番組の中じゃ一番ではないだろうか。
    • good
    • 2

97~00年頃限定の、さんまのからくりTVでやってた「ご長寿早押しクイズ」ですね。

芸人がわざとボケるのとは一風変わった、予想も付かない突拍子もない珍回答には死にそうになるくらい笑かせてもらいました。

例のめちゃイケも確か99年頃にあったな…中居君をいじめ抜いて最後には「もうこんな番組出ねぇからな~!!」とか言っていた気がします。ヘリコプターで10mの距離を移動、「スーパーモデルの仕事」と称して訳のわからん地方のスーパーの衣服モデルをやってた中居君…これも笑ったなぁ。。
    • good
    • 0

「朝まで生討論」にオウムの麻原が出演し、政治学者とかみ合わない議論をしているのを見たときです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今まで腹を抱えて笑った番組はありますか?

私としては
『探偵!ナイトスクープ』の『爆発たまご』
です。

後にも先にもあんな大笑いをしたことはありませんでした。

皆様は何を見て大笑いしましたか?

Aベストアンサー

30代後半♂です。

コント55号の「なんでこうなるの?」
→欽ちゃんにあれこれ難題を吹っかけられて、汗だくになっていく次郎さんの姿は、幼心に哀れを感じながらもあのスピード感はたまらなかった。

欽ちゃんの「ど~んとやってみよう!」など
→次郎さんが素人に代わっただけだけど・・・。

吉本新喜劇の「あっちこっち丁稚」
→大爆笑とまで行かなくとも、コンスタントに笑えた

漫才ブームの時の「ザ・漫才」
→良識派の私は当時はツービートよりもB&Bやぼんちの方が素直に笑えた

「俺たちひょうきん族」
→たけちゃんマンでのたけし、さんま、新助のコントは絶妙だった

たけしの「オールナイトニッポン」ラジオ
→毎回、録音して次の週まで何回も聞いた。高田文夫という最高(?)のお客さんを相手にたけしのトークはとても新鮮だった。布団の中で一人笑っていた。

その他、チャップリンなどの映画なども含めると沢山有るけど、アニメでは「トムとジェリー」のスピード感あるドタバタが最高だったと思う。アニメならではの痛みまでもデフォルメして表現したことが新鮮だった。

漫画でも色々あるが、
鴨川つばめの「マカロニほうれん荘」が印象深い。

30代後半♂です。

コント55号の「なんでこうなるの?」
→欽ちゃんにあれこれ難題を吹っかけられて、汗だくになっていく次郎さんの姿は、幼心に哀れを感じながらもあのスピード感はたまらなかった。

欽ちゃんの「ど~んとやってみよう!」など
→次郎さんが素人に代わっただけだけど・・・。

吉本新喜劇の「あっちこっち丁稚」
→大爆笑とまで行かなくとも、コンスタントに笑えた

漫才ブームの時の「ザ・漫才」
→良識派の私は当時はツービートよりもB&Bやぼんちの方が素直に笑えた

「俺たちひ...続きを読む


人気Q&Aランキング