1月16日のNHK「その時歴史が動いた 大奥 華にも意地あり~江戸城無血開城 天璋院篤姫~」の再現ドラマ中、天璋院篤姫を演じている方はどなたでしょうか?

和宮は吉井怜さんだと思うのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

NHKのホームページでは岩崎ひろみさんに


なっていますね。
あの、ふたりっ子の「香車のお香」でしょうか。
ちょっと感じが違うようですが


http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area= …

この回答への補足

でも、天璋院はキリッとしたところが凄いですよね。宮崎あおいにあの役が演じられるかどうか不安なのですが…。

補足日時:2008/01/16 22:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLを拝見しました。
間違いないですよね。NHKのHPですし…。
確かにYahoo!のプロフィールの写真だと似てるようにも思えます。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/16 22:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大河ドラマ、篤姫と本寿院、和宮の立場について

こんばんは。
今放送されている大河ドラマ「篤姫」で、
その時の将軍のお母上である本寿院よりも御台所である篤姫が上座に座っている場面がありましたが、
江戸時代は嫁より姑の立場がとても強い時代だったはずなのにどうして本寿院が上座ではないのでしょう?
本寿院が側室あがりだからですか?

また後に天皇の娘である和宮が大奥にお嫁入りして次の将軍の御台所になった時に篤姫より下座の席を与えられて・・・・みたいなエピソードがあると思うのですが、
そうすると
現在の将軍の御台所>現在の将軍のご生母(側室上がり)で
先の将軍の御台所>現在の将軍の御台所という席次になるのでしょうか?
詳しい方がいらしたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大奥の主人は御台所であり、御台所の姑は先代の御台所であり、将軍の生母だからといって側室であれば姑の立場ではなく、一般の多くのものよりは丁重には扱われてもあくまでも使用人の立場にしかすぎませんので、御台所と将軍の生母では御台所のほうが上位です。
ですから、和宮の場合は、先代の御台所がいますから、先代の御台所>当代の御台所>将軍の生母>その他の側室(これらは大奥の職員にすぎません)となります。

Q日本史サスペンス劇場 篤姫

6月11日放送分の「篤姫」なんですが
慶福が将軍になって天璋院を「おかあさま」と呼んだとこで
終わりだったのですか?
私の聞き違いだったのか「続きは次週」ってことで
その後加藤茶の秀吉がはじまったと思います。
でも18日放送分では続きはありませんでした。
もしかして、秀吉の次にあったのでしょうか?
聞き間違いで完結だったのか?
別の日に放送なのか?
わかる方お願いします。

Aベストアンサー

7月9日に放送予定の

日本史サスペンス劇場 スペシャル

で放送されます。

Q天璋院と和宮

和宮の旦那は篤姫が産んだ訳ではないのに、この二人は何故、姑と嫁になるのですか?

Aベストアンサー

>和宮の旦那は篤姫が産んだ訳ではないのに、

養子です。

Q大奥ではなぜ覆面を被って母乳をあげていた?

1月3日に放送されたタモリのヒストリーXで、安めぐみが発表していた、赤ちゃんに母乳をあげる時に昔、大奥?では覆面を被っておっぱいをあげていた。という発表でそれはなぜかを聞き逃してしまいました…
どなたかご覧になった方や知っている方教えてください。
お願いします

Aベストアンサー

昔の高貴な女性は、自分の子どもに母乳を飲ませるようなことはしていませんでした。
同じ頃に子どもを産んで、母乳の出る女性を乳母として、その人のお乳を与えていたのです。ですから、乳母の子どもは乳兄弟という関係になります。

乳母の顔を見ながらお乳を飲んでいて、特別な感情が生まれ、乳母が権力を持つようになった前例があったため、覆面をして授乳する措置がとられました。

QNHK篤姫 嫁姑の座席?について

篤姫と和宮の初対面の座席の位置についてですが、お年寄りの滝山は「たとえ身分が上でも嫁である以上は姑の下座につくのは当然」というようなことを言っていました。

しかし、篤姫が姑である本寿院と対面した時は嫁である篤姫が上座に座っていました。
これって身分が上でも嫁ならば下座、という位置づけに反しませんか?

それともたとえ将軍の生母と言えど側室の場合は、姑とは見なされないのでしょうか?
ご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

側室は将軍生母であっても側室です。将軍家の一族扱いにするという将軍の命令があったとしても女中のトップになるだけです。
御台所は生まれながらの身分が高いので、生母が御台所の「姑」として上座に座ることはできません。あくまでも女中です。

ドラマでは江戸時代武家の常識である「儒教の教え」として(そんな話はでてきませんが)生母の本寿院を上座にしたのだと思います。

だた、本来の儒教の教えなら「孝」よりも「忠」で身分が優先されます。そのため将軍の娘が各大名に降嫁した際、大名の母親である先代殿様の奥方「姑」との座席や取り扱いでもめます。「姑」の立場よりも「将軍の娘」の立場が上になります。もし夫大名の生母が側室なら立場は断然「嫁」のほうが上です。夫よりも立場は上になります。

なので、和宮と篤姫の場合「嫁姑」の立場で言えば篤姫が上ですが、身分で言えば和宮が圧勝です。ただ、そこへ武家と公家の面子。幕末という特別な時代に幕府の屋台骨が揺らぎ始め、いささか朝廷の立場が上になりかけているため力関係がぐらぐらしてもめるのです。

Qテレ朝「華の都!裏パリ完全攻略」のお店

どなたかご存知でしたらば、ぜひ教えてください。

3月13日(土)の13:55から、テレビ朝日で放送されていた番組「(スペシャルな午後)華の都!裏パリ完全攻略」の中で、中山秀征と中村江里子が入ったパリの店(時計・ジュエリー)の名前を知りたいのですが、わかりません...。

確か、その店のイメージキャラクター(?)が、英国プレミアリーグの「アーセナル(Arsenal)」の監督「アーセン・ヴェンゲル(Arsene Wenger)」だったと思います。

ご存知の方がいらっしゃいましたらば、教えてください。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

この番組をたまたまみていました。
ヴェンゲル監督も愛用する時計を売るお店ということなので、イメージキャラクターではありません。
お店はプランタンの中にあるBAUME & MERCIER (ボーム&メルシエ)です。
出てきた時計は多分LINEAかと思われます。
日本でも有名なスイスの時計会社なので、詳細は調べてみてください。
パリのプランタンはオペラ座の近くにありますが、日本の高島屋と提携しています。日本語のサイトもありますので、問い合わせることが可能です。

参考URL:http://www.takashimaya.fr/

Q「その時歴史が動いた」で天璋院篤姫を演じている人は?

1月16日のNHK「その時歴史が動いた 大奥 華にも意地あり~江戸城無血開城 天璋院篤姫~」の再現ドラマ中、天璋院篤姫を演じている方はどなたでしょうか?

和宮は吉井怜さんだと思うのですが…。

Aベストアンサー

NHKのホームページでは岩崎ひろみさんに
なっていますね。
あの、ふたりっ子の「香車のお香」でしょうか。
ちょっと感じが違うようですが


http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-01-16&ch=21&eid=10052&p=1

Qもののけ姫の聞えなかったセリフ

アシタカが、女のボスみたいな人と初めて出会った頃の会話で、
アシタカが女の人に石みたいなものを見せた後に、女の人に
言ったセリフを教えて下さい。

曇りなきまなこで…見…

…の部分を教えて下さい。

Aベストアンサー

「曇りなきまなこで、見定め、決める。」
ですよ♪

Q皇女和宮が乗った御輿は?

皇女和宮の降嫁に興味があり、ネット上ですが色々と調べています。
ただ、和宮降嫁の際の行列姿や、乗ったと思われる御輿(駕籠?)
についての資料があまりありません。

ご存知の方皇女和宮が乗ったであろう御輿や
行列の絵等がありましたら教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
NO1.です。
まず、女「輿」に関して言えば、
まず、一番上は、屋根ですが、
http://www.deaihaku.com/haru/27.htm
この写真のように、和の宮もかなり、しっかりした、権威のある造りだったとおもわれます。何せ、天皇の妹君ですから。
次に、上部から「御簾(みす)」と呼ばれる、竹で編んだ、多少隙間の空いた「暖簾?」みたいなものが、ぶら下がります。
天皇に拝謁すると、麻布(あさぬの)であんだ「蚊帳(かや)」のようなもので、直接には天皇の顔が見えないようにしますが、それと同じ考えで、皇族や公家は、やたらに民衆に顔をみせることを極端に避けました。それもこれも、権威付けの一種とかんがえます。
そして、中山道という「狭い道」をあえて通りましたので、山あり谷ありで、台車などは無用の長物で、すべて、人力で運びました。
輿の中央が「台座」で、ここに和宮は、終始、正座をして座っていた、と考えられます。ただし、和宮が京都を出立したのは、文久元年(1861)10月2日(現代の太陽暦よなおすと11月の下旬)です。従って、暖をとるために、小型な箱型火鉢なとが手元に置かれたと考えます。炭は、箱の下に入れられおり、火種を絶やさないように炭を継ぎ足していきました。
「台座」には、畳がひかれ、約2畳弱くらいだったと思われます。
その下に、「担ぎ棒」が前に2本、後ろに2本突き出しており、和宮の輿の重さから考えると、1本の「担ぎ棒」を5~6人で担いだと思われます。従って、担ぎ手は、常に6×4=24人前後で慎重に運ばれました。
和宮の一向は、京都方(京都周辺の諸藩から集められた者)1万人、江戸よりの応援部隊1万6000人、そこに、輿入れ道具を担ぐ人足等を入れると、実に30000人以上もなり、行列は12里にもたっし、一つの宿場などを通過するのに4日もかかった、と言われています。

ざんねんながら、Webサイトでも、輿に注目した部分は少なく、次の新しい「画像むといわれても、中々、見つかりません。

先の回答の写真で思いを巡らせてください。

こんにちは。
NO1.です。
まず、女「輿」に関して言えば、
まず、一番上は、屋根ですが、
http://www.deaihaku.com/haru/27.htm
この写真のように、和の宮もかなり、しっかりした、権威のある造りだったとおもわれます。何せ、天皇の妹君ですから。
次に、上部から「御簾(みす)」と呼ばれる、竹で編んだ、多少隙間の空いた「暖簾?」みたいなものが、ぶら下がります。
天皇に拝謁すると、麻布(あさぬの)であんだ「蚊帳(かや)」のようなもので、直接には天皇の顔が見えないようにしますが、それと...続きを読む

Qネタ祭り!2007夏の陣 東西対抗お笑いGP 【博多華丸・大吉のネタ】

博多華丸・大吉のネタの中で、
眠れない子供に話す物語が三つほどあったと思いますが、それが思い出せません。

二番目が「ジャックと豆の木」だったと思うのですが、そのインパクトが強すぎて他を忘れてしまいました。

残り二つのネタを教えてください

Aベストアンサー

1つはアリとキリギリスでもうひとつは裸の王様でした
アリとキリギリスは↓の回答に有るので飛ばしますが、裸の王様は透明の服を渡された王様が風呂上りのおっさんの様にズボンを履く真似をして「何でおっさんみたいに履いとんじゃ!」みたいなツッコミがはいり、「だって博多の王様だもん(王様だったはず…)」で落ちだったと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報