ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

映画のスタッフロールがこんなにも長いのはなぜなのでしょうか?

最近、古い映画に凝っているのですが、昔の映画はタイトルクレジットが短く、何とも潔くて良いなあと思いました。
出るのも本編終了後ではなく冒頭で、最後は「終」と出るだけの、後腐れなさが好きです。
最近は最後に長い長いスタッフロールが延々と…っていうのが当たり前ですが、字は小さくてスピードが速く読みにくい。
映画の余韻に浸る時間と考えればいいかもしれませんが、ただでさえ長時間観て目も体も疲れてる状態です。
嫌なら席を立ってしまえばいい、ってことになりますが、途中で席を立つのは場合によってはマナー違反っていう声もあります。

制作に関わった全てのスタッフに敬意を、って意味もあるのかもしれませんが、それはあくまで制作側の内輪的感情ですよね。
観てる方には何の関係もないです。
Special Thanks to All the Staff云々みたいに書けばそれで済むのに。
もういっそなくしてしまえばいいのに…と思います。

昔のスタイルの方がいろんな面で合理的だと思うんですが、なぜこういうスタイルになったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>制作側の内輪的感情



というわけではなくって、
ユニオン(労働組合)との契約で関係者全員の名前を出さなくてはならないのだったと思いますよ。
もちろん、インディペンデンス系でないハリウッド映画の場合はスタッフは全員ユニオンの組合員です。

むしろ制作側としては内心で「こんちきしょ~!」と思ってるんじゃないかな(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
はは~、そんな背景があったんですね!
それじゃあしょうがない気もします。
ちなみに日本国内もそうなんですか?

お礼日時:2008/03/03 17:22

見たくないのなら、他の人に迷惑にならないようにでてもいいと思いますよ。


ただ最近はエンドロールの後にどんでん返しとか3年後とかあったりするんで、なかなか勇気いりますよね。

エンドロールを見たい人もいるでしょうね。
例えば、自分の知り合いが出てるとか、衣装は誰がやってたんだろ?
とかあの人どこかでみたんだけど何て名前だったっけ?と
モヤモヤしてる人とか。。。
でも、洋画だと全然読めないのは確かですね。
契約とかの関係もあるかもしれないですね。
    • good
    • 0

下に「スター・ウォーズ」の話が出てきましたが、これは良い例ですね。


あれは昔と違って、その人一人欠けただけでも映画にならないという「事実」とそれに対する「敬意」の表れだと思いますね。

小道具やADさん、ロケのトレーラーの方々、食事を用意する人達まで、現場のスタッフはその作品になくてはならない存在なんですよね。

それこそ色指定一つでもその作品の「価値」を決定づける要素になり得る訳です。

昔の物は上映のスタイルの違いもあるでしょうが、そうした意識が低かったのではないでしょうか?

権威を持っている者しかその名誉を与えられないという風潮ですね。

映画というものは作品ですから、どんな小さな要素でも大きな影響を与えるものなんです。
そうした現場の「名誉」と「敬意」、そしてそれは同時に観客に対しての「責任感」と取れると思いますね。
    • good
    • 0

映画館では、感動の余韻を味わうためにさっさと席を立って、外に出たものです。

例外は「ウエストサイド物語」のように最後までスクリーンに釘付けになってしまう映画です。餓鬼んちょやアベックの騒音に悩まされていたので、ビデオが出始めたら、映画館通いはストップ。ヘッドフォンだよりの深夜劇場の始まりです。
そしてラストシーンに目覚めました。ほとんど、本編で使われた音楽が流れるようになっており、いい曲だらけの映画だと、ラストシーンを聴くためにDVDを探す事があります。「エピソード3」なんかそうですね。愛のテーマなんて素晴らしいです。
 ジョン・ウィリアムスは「ハリー・ポッター」シリーズでも見事なスコアを書いていますね。でも3作目からは別の人に代わったので、なんか親しみにくい映画になってしまいました。もしかして、ご本人、お亡くなりになったんでしょうかね?
ちょっとズレましたがエンドタイトルが長くなってきたのは、70mmの歴史劇大作からかなー? と思います。俳優もスタッフも多いし、ユニットも第二ユニット、第三ユニット、アクションユニットと大掛かりなのをアピールしたかったのかな? と思います。
    • good
    • 0

70年代くらいから、組合との関係で、全員載せないといけなくなったみたいですが、その一方で、脚本は非常に多数の人がなんらかの形で関わっているのに(シーンを1つ考えたとか、台詞を少し提供したとか)、代表として1人か数人しか名前が出ません。


ぶっちゃけた話、観客に読んでもらおうとは思ってないと思います。アメリカでは、エンドロールが始まると、みんな帰ってしまうそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
組合が関わっているんですね。
しかし矛盾もあるみたいですね・・・。
下のお礼でも書いたんですが、日本国内でも同じ事情があるんですか?

お礼日時:2008/03/03 17:23

席を立つ人よりも座ったままエンドロールが終わるまでペチャクチャ



しゃべっている中高年齢女性が一番迷惑だと思います。

よっぽど

「出てしゃべってくれませんか?」と言いたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
同感です。

お礼日時:2008/03/03 17:21

うろ覚えながら、スターウォーズが発端だったような。

それまでは、ぺぺっと重要な人たちしか名前を載せていなかったのですが「携わった人たち全員を載せる」スタイルになったんですよね。

アカデミー賞も昔はぺぺっと数分で終わっていたみたいですよ。今は長いですね。スピーチが長いですね。そのスピーチというのも「社長○△さん、ディレクターの○○さん、スタッフの○×さん・・・に感謝」と名前の羅列です。受賞者がスピーチで名前を呼ばないと干されるそう。スピーチで"名前"を呼ばれることは多大なる宣伝なんですよね。

クレジットロールに"名前"が載ることで、一般のスタッフの宣伝・名刺代わりになるのですね。

>観てる方には何の関係もないです。
そうです。だから、映画の一番最後に流すんです。重要なものなら映画の冒頭に流されています。

>途中で席を立つのは場合によってはマナー違反
私のようにエンドロールを楽しみにしている人もいます(日系人や変わった名前を探すのが楽しみ)。なのに「あぁ~終わった~」とノビをしたり画面の前でウロウロして邪魔する人は許せないですね。
コソコソっと退席するなら何もマナー違反ではないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
スターウォーズほどの大作なら影響力は大でしょうね。
アカデミー賞も短かったのですか!
短い方が現代のライフスタイルには合ってる気がします(関係ないですが…)
相撲の取り組み前に懸賞の垂れ幕が延々と流れるのに似たものがありますね。
ほんとに、ぺぺっと終わらせてほしいものです。

お礼日時:2008/03/03 17:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画のエンドローツの構成や用語、決まりを教えて下さい

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレクター、音響さん、制作会社、プロデューサー、衣装提供、スポンサー、配給会社など、あると思うのですが、ハリウッド映画などにでてくるエンドローツのこの項目の全てを知りたいです。

■順番
上記の項目にも、おそらく決められた順番があるのではないかと思うのです。その順番を知りたいです。

■ドルビーデジタルとかについて
映画のエンドロールでドルビーデジタルのロゴとか出てきますが、あれは何の項目に属しているのでしょうか?
更に、エンドロールの最後の方になるとそういったロゴなどがいっぱい出てきますが、何が最後にまとめられているのでしょうか?

目標はハリウッド映画のエンドロールです。
ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレク...続きを読む

Aベストアンサー

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか?

・Presents(つくった方や会社名など)
・In Association with(協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名)
・CAST
・Exective Producer
・Producer
・Co-Producer(共同プロデューサー)
・Written by (脚本を担当された方)
・Director of Photography(撮影された方)
・Music by(音楽)
・Production Designer(美術を担当された方)
・Costume Design (衣装デザイン)
・Editor(編集された方)
・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者)
・Visual Effects (特殊効果)

他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。
http://us.imdb.com/

スタッフ名の後には製作に関わった各会社名がきます
・Completion Bond Services Provided(ハリウッド映画は製作完成保険という保険に入るので、その会社名)
・Production Insurance Provided(こちらは撮影時の事故や盗難、機材破損などの保険会社名)
・Title and Opticals (オープニングやエンドロールを作った会社)
他にも現像所とか、機材レンタル会社などなどで、撮影機材(アリフレックスとかパナビジョンとか)や音響システム(大半のハリウッド映画はDolby・DTS・SDDRの三つ)、など関してはロゴマークが並んだりもします。

次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで
Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。
邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。

で、最後に
Directed by (これは質問者さんの名前でしょうか?)

スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こん...続きを読む

Q映画館がエンドロールの途中での退出を禁止しない理由は?

こんにちは。

映画のエンドロールの途中で席を立つのは
マナー違反だということですが、
私のよく行く映画館ではエンドロールが終わる前に扉が開きます。
スタッフが立っていて、
出たお客さんに「ありがとうございました」と言って、
ゴミを受け取っています。
映画館側がエンドロールの途中で退出するのを禁止しないのは
どんな理由なのでしょうか?
(私は「大勢のお客さんが一度に出ると混雑して危ないから」かなと
思うのですが・・)
多くの観客が「エンドロールを最後までじっくり観たい」と思い、
出て行く観客に対して「マナー違反だ」と思っているのなら、
映画館側で出るのを禁止すれば
丸く収まるような気がするのですが。
理由をご存知の方いらっしゃいますか?
またエンドロールの途中で出る人は今と昔ではどちらが
多いですか?
(ちなみに私はエンドロールの途中で出ることが多かったのですが、
意外と「マナー違反」と考える人が多いようなので、
これからは最後まで観ようかなと考えています)

Aベストアンサー

 個人的には全てのエンディングが終了し、館内が明るくなってからゆっくりと立ち上がる、派です。

 ただ、そうした嗜好からしても最近のエンドロールは長過ぎます。
 CSなどで放送されている作品について確認すると5分を超えているものすら存在します。
 その間流れているスタッフ表記もほとんどの観客にとって意味のないものですし、最後の最後にどんでん返しが、というものにしたって100本に1本あるものでもありません。
 あまりに情報量が多過ぎるため、ロケ地がどこだったかを知ったり作曲者をチェックしたかったりしても見飛ばしてしまうことすら稀ではなくなってきました。
 エンディングの音楽が面白い、というのもスターウォーズの初期作などではありましたけれど、昨今では適当に繋いであるものばかりでエンディングらしい盛り上がりを感じるにも至りません。

 なので、途中で立つ人を咎める気にはなれません。
 むしろ、立ちはしないものの待ちきれずぺちゃぺちゃしゃべり出すカップルの方がよっぽど癇に障るので、静かに出ていってくれる方が余程納得出来ます。画面を横切っても一瞬のことですし。

 というわけで、エンドロールの途中で席を立つことがマナー違反、とも言い切れないと思います。
 映画制作者への敬意を表する意味でもしっかり見届けてあげたい、という気持ちでずっと我慢していますけれど、そろそろ限界かもしれません。
 何しろ、出演俳優のサブアシスタントマネージャー(勿論適当な表記です)、なんてところまで紹介されても、そこまでリスペクトするに値するレベルか、と思うと疑問の方が強く感じられてしまいますから。

 個人的には全てのエンディングが終了し、館内が明るくなってからゆっくりと立ち上がる、派です。

 ただ、そうした嗜好からしても最近のエンドロールは長過ぎます。
 CSなどで放送されている作品について確認すると5分を超えているものすら存在します。
 その間流れているスタッフ表記もほとんどの観客にとって意味のないものですし、最後の最後にどんでん返しが、というものにしたって100本に1本あるものでもありません。
 あまりに情報量が多過ぎるため、ロケ地がどこだったかを知ったり作曲...続きを読む

QTV番組のエンディングにスタッフの名前が流れるのは何故?

なぜ、TV番組とかのエンディングにはスタッフの名前などが流れて、視聴者がそれを知らされなければならないのですか。
(1)それも番組によって出るか出ないかはまちまちであり統一性がない。
(2)そもそも、「原作」「脚本」位は知らされるべき情報とまではわかるが「照明」「タイムキーパー」が誰などは全く視聴者には必要のない(と思われる)情報も流している。そんな情報を流すならば、もっとその時間に有益な情報を流すべきだと思うんですが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

これは、もともと映画の世界から来た習慣です。
はじめは、透明なロール紙に出演者の名前を書いて
ゆっくりとスクロールさせていました。
このため、エンディングロールと呼ばれています。

このエンディングロールの意味ですが、
もともとは、この映画は「だれそれ」のスタッフが
作成しました という、関係者名の表示でした。
スタッフにとってはねぎらいになりますし、
見る側からすると、どこをだれがやったのか(演じただけでなく)が
わかるようにするものだったのですが、
現在はもっと複雑で
出演の一部(たとえば、名前を売り出したい場合は省略しないように
事前に交渉する)となっていたり、
バーターの一部(たとえば、協力してもらった自動車会社名を出す)
となっていたりします。

また、このエンディングロールは著作権表示も兼ねています。
著作権者、隣接権者の名前はすべて出すのが通例です。

このエンディングロールが無い場合は、
TV的な作りをされており、さらに、制作著作がシンプルに
集約されているのが普通です。
出演段階でその局に権利を渡している場合ですね。


もうひとつ、台本やコンテ(場面場面を絵であらわしたもの)が
無くても、出演者や演出者、そして、その上下関係がわかるという
関係者にとっての副次的な効果があります。

たとえば、副次利用するときにどこに打診をすればよいかとか
賞に出すときに、だれの名前を列挙すればよいか、
さらには、再放送時にスポンサーのバッティングがあるかどうかを
チェックするのにも役に立ちます。
ただ、これはテープのクレジット(放送では流れません)と同じで
あくまでも副次的なメリットです。

これは、もともと映画の世界から来た習慣です。
はじめは、透明なロール紙に出演者の名前を書いて
ゆっくりとスクロールさせていました。
このため、エンディングロールと呼ばれています。

このエンディングロールの意味ですが、
もともとは、この映画は「だれそれ」のスタッフが
作成しました という、関係者名の表示でした。
スタッフにとってはねぎらいになりますし、
見る側からすると、どこをだれがやったのか(演じただけでなく)が
わかるようにするものだったのですが、
現在はもっと複雑で
...続きを読む

Q映画のエンドロールについて(長くないですか?)

いつの頃からか分かりませんが、特に洋画のエンドロールが長いと感じています。
映画の本編が終わり、エンドロールが始まると席を立ち始める人が多く、せっかく場内の灯りが点くまで座っていようと思っても、何だか座ってるのが悪いことをしているような感覚に陥ります。

席を立つ人をとやかく言うつもりはありませんが、本編が終わったら「THE END」だけでいいように思うのは私だけでしょうか? どうせエンドロールなんてロクに観ようともしない人間が結構いるのですから、映画製作側もこれらのことを踏まえてエンドロールをなくしてしまうとか、もっと短くするようにすればこのような状況も改善されると思うのですが…。

本編前にキャストやスタッフのクレジットが入りますが、エンドロールをそこに持って来ると言うのも一つの手段だと思います。

エンドロールが必要か否かと言うのではなく、もう少し何とか短く出来ないものかと常々感じている一映画ファンとして、皆さんはどのように感じていられるかご意見お待ちしております。

Aベストアンサー

こんばんは。
エンドロールが長いというのはご指摘の通りだと思いますが、個人的には最近の長いエンドロールって好きなんですよ。というのは、情報が多いので、その情報をみる楽しみがあるので。
たとえば、古い映画だと洋服は何を着ていたんだろう、あのお酒はなんだったんだろう、録音機材はなんだろうという疑問を持ったときにエンドロールに記されていないので、悩んだまんまになってしまうんでけど、今時の映画だとかなり詳細な情報を入手出来たりするんで、それがけっこう楽しいんです。
もちろん、エンドロールを見ていると、長すぎるんじゃないかって思うこともあるんですけど、それでも、割と楽しめちゃうんです。
なんだか、あんまり回答とはなってませんけど、個人的には好きですよ、今時の長いエンドロール。

ところで、エンドロールがやたらと長くなったのって、70年代からじゃないでしょうか? 60年代までは、確かにおっしゃるとおり、THE ENDで終わってた映画が多かったような気がしますが、あの延々と流れるエンドロールって、スピルバーグやルーカスあたりが登場してからのような気がするんです。明確なデータがあるわけじゃないので何とも言えませんが。この質問をたてていただいたおかげで、エンドロールが長くなっていく課程か何かを調査してみたくなりました。
面白い質問ありがとうございます。では。

こんばんは。
エンドロールが長いというのはご指摘の通りだと思いますが、個人的には最近の長いエンドロールって好きなんですよ。というのは、情報が多いので、その情報をみる楽しみがあるので。
たとえば、古い映画だと洋服は何を着ていたんだろう、あのお酒はなんだったんだろう、録音機材はなんだろうという疑問を持ったときにエンドロールに記されていないので、悩んだまんまになってしまうんでけど、今時の映画だとかなり詳細な情報を入手出来たりするんで、それがけっこう楽しいんです。
もちろん、エン...続きを読む

Q映画スタッフ役職名の英語訳

海外のコンテストに出品する為、自主制作映画のエンドロール(エンドクレジット)をすべて英語で書きたいと思っていますが、ネットで調べたけど、それぞれ微妙に違う呼称があり、確証がありません。
映画スタッフ役職の英訳を教えて下さい。
お願いします。



スタッフ→ Staff
役者→ Cast
脚本・監督・編集→ Script wrìter(?) or Screenwriter(?)/Director/Editor
撮影監督→ DOP
撮影(カメラオペレーター)→ Cinematographer(?)
撮影制作スタッフ→ Best boy(?)
音声→ (?)
照明→ electrician(?) or Gaffer(?)
メイク→ Make(?)
雑用スタッフ→ (?)
かちんこ&記録係→ (?)
音楽→ Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○


※制作スタッフの中心人物は何でもこなしてる撮影スタッフのリーダー的な役職ですが何でも屋なので、
「Best Boy」でしょうかね?

Aベストアンサー

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいますので)
撮影監督→ DOP director of photographyもしくはCinematography(DOPはカメラマンのことを指してはいません。ハリウッドの製作システムでは日本でいうカメラマンの仕事とDOPの仕事とぜんぜん違います)


撮影(カメラオペレーター)→Camera Department  でcamera operator
撮影制作スタッフ→Camera Departmentでcamera assistant
 何人もいる場合にはそれぞれ役割分担がありまして
 focus puller(レンズをかまってピントを合わせる方)
 clapper loader (フィルムの装填をする方)
 などとなります。邦画だと撮影の助手は4人くらいになります。
 

音声→ 現場で録音をしたのか、仕上げの段階で音声を担当したのかで呼称がいくつもあります。Sound Departmentで 
   sound recordingやsound dubbing となります
照明→ Electrical Departmentでelectrician
メイク→ makeup 髪をいじっていればhairdresser
雑用スタッフ→ best boyよりもmiscellaneous crewの方がいいかもしれません。
かちんこ&記録係→scripter
音楽→ Music もしくはOriginal Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○ これだと会社や組織名ぽいかたちです。producer ●●でもいいと思います。


ほかに
衣装 Costume Design もしくはWardrobe Department
美術 Production Design 
製作担当 Production Manager
が抜けてますが、居なかったのでしょうか?

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいます...続きを読む


人気Q&Aランキング