実はずっと疑問に思っていたことがあります。

私はふだん、文書を作成したり、もちろんこの投稿を入力している今も「かな入力」で入力しています。
英語を入力する場合は「英数字入力」をしますが、日本語を「ローマ字入力」で入力することはありません。

しかしまわりを見回すと、ほとんどの人が「ローマ字入力」で、「かな入力」は私くらいなものです。

ある質問で、小学生にキーボード入力を教える場合も「ローマ字入力」が基本とあったのですが、プログラマでもない限り、パソコンに入力する内容は大半が日本語だと思います。それを考えると「かな入力」のほうがよいと思うのですが。

ちなみに私は以前プログラマをしていまして、設計書を書くときは「かな入力」、コーディングするときは「英数字入力」でした。日本語を入力するときは、「ローマ字入力」よりも「かな入力」のほうが数倍速いからです。

現在、「ローマ字入力」が主流なのはなぜなんでしょう? しかもまだ、「ローマ字」を習っていない子供にまで「ローマ字入力」させるのはいったいなぜなんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

>現在、「ローマ字入力」が主流なのはなぜなんでしょう?



ひとつの可能性としては、歴史的経緯があるかもしれません。
現在主流のいわゆるPC/AT互換機ははじめ(1990年代前半ごろ?)、PC98シリーズ全盛の時代にあって日本ではほとんど売られていませんでした。
しかし、PC98パソコンより安価で高いスペックが得られるということで、一部のユーザーがアメリカで販売されているPC/AT互換機を個人輸入などで日本に持ち込み、使っていました。
当然PCキーボードは英語圏で使うことを想定しており、カナ表示はありません。ということで必然的にローマ字入力ということになります(アルファベットだけで世界中の言語を入力できるというアイデア)。
その後、PC/AT互換機が市場を占有するようになって、日本のメーカーがカナ表示のキーボードを販売するようになってもその習慣が残ったということかもしれません。

>日本語を入力するときは、「ローマ字入力」よりも「かな入力」のほうが数倍速いからです。
たしかに、プロとして大量の文字を入力する場合はカナ入力のほうが高速に入力できますね。ただし一般人にはかなキー配列を新たに憶えねばならないのが難点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

歴史的経緯の説明、ありがとうございます。やはりコンピュータは欧米から普及してきたものなので、必然的にローマ字入力が主流になったのですね。

>ただし一般人にはかなキー配列を新たに憶えねばならないのが難点です。

そう思います。しかし、両方できる身としては、ほんの数ヶ月の練習で習得できるものですから、「かな入力」を推奨してしまうんですよね。

お礼日時:2002/10/26 13:09

補足します。



コンピュータ教育といったグローバルスタンダードな分野が入ってくると
ますます、英語の知識を早期に学校で学習させる必要がでてくるのでしょうが、
実情にあってない部分は確かにありますね。

ただアルファベットなんて学校行く前からそこらじゅうにあふれてますから
英語とか日本語とかの区分けではなく、コミュニケーションの道具として
一般かされてるのが実情ですよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足の回答、ありがとうございます。

小学生から英語を学ぶというのはよいことだと思うのですが、日本語をローマ字で入力させるというのには疑問を持ちます。

日本語は「かな入力」、英語は「英数字入力」というのが正しい姿だと思うのですが、他の方がおっしゃるようにこれは大変ですものね。

お礼日時:2002/10/26 14:30

私も「仮名入力」で使用しています。

ワープロ時代からの流れのままです。
>「ローマ字入力人口は98%以上」って本当でしょうか!?
するとpochi523さんや私なんぞは、今や希少価値・絶滅寸前の人種なんですかね(笑)。
まぁ、私なんぞは友人にメールを打ったりこうして「教えて!goo」を利用するぐらいですから、
大量な文書を打ち込まなくてはならない会社の方とは違って別に慌てる必要はないからなんですが。

どちらがいいかは皆様にご回答頂くとして、私は別の観点から少し述べさせて頂きます。
ローマ字入力が便利で速いというのならそれはそれでいいんですが、
何だか日本語がジワリジワリと消されつつあるような危機感を抱いているのは私だけでしょうか?
カタカナ語の氾濫・機械類の使用説明書・そしてパソコンの入力文字・・・
これはアメリカが米語を世界中心言語にしようと目論んでいることの現れではないのか???
日本古来の言葉がどんどん死語となり、代わりに英語が氾濫しています。
このままでは日本はアメリカの第51番目の州になる、と危惧している人がいます。

そういえば北朝鮮の核疑惑問題や拉致問題にも・強硬即応できないわが国。
そのうちにアメリカが理由を付けて軍事介入してくるかもしれません。
そして、あっという間に日本はアメリカの属国(今でもそうですけど)。
日本語は使用してはならない!なんてことになるかも・・・?。
以上は甚だ極端なことですが、取り合えずは日本語を追い出して英語を植え付けさせる。
そういう魂胆が全然ないということもないように感じるのですが・・・。

そんな訳で、そういう危機感に反発する意味においても私は「仮名入力」を続けたいと思います(笑)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私も個人的には、日本語を入力するのにわざわざローマ字を使うというのはおかしなことだと思います。
ただ、英語は世界共通語ですから、アメリカとは関係なく大切だと思います。英語を話しているのはアメリカ人だけではありませんし、英語はイギリスの言葉ですからね。

しかし、稀少な「かな入力」派として、これからもお互いにがんばりましょう(笑)

お礼日時:2002/10/26 14:20

簡単、難しい、で言えば、ローマ字入力の方が簡単です。


私はローマ字入力ですが、仮名の「あ」がどこにあるのか知りません。
逆に仮名入力の人は、「A」がどこにあるか知っているはずです。

ローマ字の人は仮名の位置を知らなくても、すべての用が足りますが、
仮名の人は、アルファベットの位置も知らなくては、入力ができません。
すなわち、ローマ字の場合、26のキーを覚えれば終わりですが、
仮名の人は45+26=71のキーを覚えなければならないのです。
実に3倍近い労力を要します。また、一生ブラインドタッチを習得
することができないでしょう。

入力の速さについても、たとえば「か」の「KA」にしても、右手の
中指(K)と左手の小指(A)を、ほぼ同時に打つことができます。
仮名なら「か」と「な」を同時に打てると言ってしまえばそれまで
ですが、タイピングコンクールでもない限り、ローマ字入力でも
十分な速さを確保できると思います。(そういえば昔、2ストローク
方式という「さる」とうてば「猿」と無変換で入力できる方式があり
ましたね。あらゆる漢字を2音で対応させていて、原理的にはこれが
一番早いということを聞いたことがあります。)

仮名入力は一見簡単そうですが、実はローマ字入力のほうが簡単、
というのが答えなのではないでしょうか?

この回答への補足

>仮名の人は45+26=71のキーを覚えなければならないのです。実に3倍近い労力を要します。また、一生ブラインドタッチを習得することができないでしょう。

うむむ、このように思われている方がいらっしゃるとは正直驚きました。ちなみに私は「かな入力」「英数字入力」ともにブラインドタッチです。そうでなければ仕事になりませんから。

入力の速さについては、「かな」と打つ場合、ローマ字入力は「KANA」で、かな入力の場合は「かな」で済みますから、「かな入力」は「ローマ字入力」の1/2の速さで済みます。促音にしても、「かっぱ」と入力する場合、ローマ字入力は「K」「A」「P」「PA」でかな入力は「か」「つ」「SHIFT」「は」「゜」で文字数的には一緒ですが、「つ」と「SHIFT」キーは同時に打つため実質的にはローマ字入力は5文字、かな入力は4文字の入力数になるんです。

>仮名入力は一見簡単そうですが、実はローマ字入力のほうが簡単、というのが答えなのではないでしょうか?

おっしゃるとおりだと思います。ローマ字入力のほうが習得しやすいからですよね。

補足日時:2002/10/26 13:54
    • good
    • 0

 私もワープロを使用していた時代は、かな入力でしたが、職場でパソコンを扱う場合や、社内検定を受ける場合にローマ字入力は不可欠と聞いて、パソコンを使い始める数ヶ月前から、ワープロをローマ字入力に切り替えました。


 結果は、慣れればローマ字入力のほうがやりやすいと感じました。特に便利と感じたのは、濁音、半濁音も清音と同じ「子音+母音」で入力できる点です。「は」は「HA」、「ば」は「BA」、「ぱ」は「PA」といった具合にです。かな入力だと「は」「濁点キー」または「半濁点キー」という具合になり、結構面倒です。
 ローマ字のほうがやりにくいと感じることもあるにはあります。それは「促音」「拗音」などです。これには、コツが必要ですが、総合的に見るとローマ字のほうが慣れればやりやすく、職場や検定を受けられる際にも、有利です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「かな入力」から「ローマ字入力」に切り替えた方はかなりいらっしゃるみたいですね。私のように両方使っているのは、2%にも満たない少数派なのでしょうか。

>濁音、半濁音も清音と同じ「子音+母音」で入力できる点です。「は」は「HA」、「ば」は「BA」、「ぱ」は「PA」といった具合にです。かな入力だと「は」「濁点キー」または「半濁点キー」という具合になり、結構面倒です。

この部分が良く理解できなかったのですが、「ローマ字入力」の場合、「ぱ」は「p」「a」と入力しますよね。かな入力の場合は「は」「゜」と入力するだけですから、同じことだと思われますが。

「やりやすい」というのと「高速に入力できる」というのは、別物ということですね。職場や検定にしても、求められる能力によって、「ローマ字入力」が良いか「かな入力」が良いか決まってくるのだと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/26 13:50

「ローマ字入力人口は98%以上」という数値が出ています。



私は今まで「かな入力」という人は会ったことがありません。
今でもいるんですね~?
皆さんも言われているように「ローマ字入力」の方が、圧倒的に能率が良いですから、プロの方はほとんどが「ローマ字入力」ですね。
かな入力をする人も、数値や英字も覚えなくてはならず、覚えるキーの数が2倍になるので、記憶効率が悪いのも皆さんの言われる通りです。
それに、シフトキーを使わずに入力できるのも「ローマ字入力」の特徴かと思います。

>日本国内のパソコンで、英語キーボードしかない環境というのはかなり特殊だと思います。

パソコンならネ。
でも、業務で使うのはパソコンばかりではないですからね。
今でもメインフレーム端末や、多くのキーボードにはかな刻印の無いものがあります。
その中はパソコンばかりではないですよ。

この回答への補足

私は、2%の稀少な存在みたいですね。

>皆さんも言われているように「ローマ字入力」の方が、圧倒的に能率が良いですから、プロの方はほとんどが「ローマ字入力」ですね。

他の方が言われている、「ローマ字入力」の圧倒的な能率の良さとはどのようなものなんでしょう?
たとえば、ワープロ検定の上位級の合格者は圧倒的にかな入力です(&親指シフト)。
いったん覚えてしまえば、かな入力のほうが数倍能率的だと思うのですが。3ヶ月もあれば覚えられますからね。

>パソコンならネ。
でも、業務で使うのはパソコンばかりではないですからね。今でもメインフレーム端末や、多くのキーボードにはかな刻印の無いものがあります。

おっしゃるとおりです。UNIX系サーバーなどもその例ですよね。やはり、どちらもできるのが最良だと思います。

補足日時:2002/10/26 12:42
    • good
    • 0

日本語だと親指シフトキーボードのように配列が違うものがあるから、配列の


変わらない英字で教えるのではないでしょうか?

かな表記がないキーボードもありますし。

私もプログラム作成の仕事してますが、お客さんのPCが親指シフトしかない時
日本語入力が効率いいのは分かっていても、他と操作が違うので叩き割りたく
なるぐらいストレスを感じます。

ですから、どんなキーボードでも対応できるローマ字入力を基本にしたほうが
良いと個人的は思います。

かな打ちの方が覚えれば早く入力できるのは承知してます。それに親指シフト
キーボードだとより効率よく日本語入力できるのも承知してます。

それから文節変換はローマ字打ちでも最近の漢字変換は賢いので連文節つかいます。

私も昔は単文節変換でしたが、10年前の辞書はお馬鹿でしたから。
最近は携帯電話でも連文節変換ですし、入社してくる若い社員もものすごい長い文章を連文節で一気に変換してますから、カナ打ち、ローマ字入力である
こととは関係ないと思います。

この回答への補足

またまた、スキップしての補足、他の回答者の皆様申し訳ございません。もうしばらくお待ちください。

実は私、初めて使ったPCが富士通のものだったので、親指シフトでの入力もできるんですよ。

やはり結論としては、仕事で使うのに一番便利な入力方法を習得することが大切だと思います。「ローマ字入力」「日本語入力」にこだわらず、将来的に自分にとって一番向いているというか、仕事をする上で便利な入力方法を身につけることが大切だと思います。

ありがとうございました。

補足日時:2002/10/26 12:04
    • good
    • 0

以前IT講習会のインストラクターを何度か担当した時に


キーボードが初めての方にはローマ字を「推奨」して
下さいと指導されていました。

理由はキータッチ数は多いにしろ、覚える主要のキーが
かなの半分だと言う事。

ファンクションキーの使用が可能な事。
(半角とか大文字とか変換出来ますよね)

英数とかなのキーの切り替えをしなくて良い。

昔と違い文章を打つだけのものではなく
インターネットやメールを使用するにあたり、
URLやメールアドレスが英数表記が殆どの為
結局英数も覚える事になる可能性も多いので
かなと英数両方覚えなくて済むから…と言う
理由を聞きました。

あくまで「推奨」であり強制指導ではありませんでした。

私もかな入力なので入力するのは、かなの方が断然
キータッチ数も少ないし速いのに…とは思いますが
仕事で大量な文章を打ったりスピード競う訳ではない限り
上記の理由を含めると敢えてかな入力を勧める事も
ないのかと、納得してしまいましたが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>あくまで「推奨」であり強制指導ではありませんでした。

これを聞いて安心しました。
だって、今までみなさんのお礼や補足を書くのに、英数入力をしなければならなかったのは、「hiragana」の部分だけでしたから。(数字はテンキーで打てますし、URLは「なすり」の変換で出ます)

メールアドレスに関しては、以前の補足に書いたとおりです。それほど入力する機会は多くないですよね。URLにしても、雑誌に載っているサイトを見たいときなどはhttp://www.~と手入力になければならないですが、ネット上でしたら検索サイトを利用する場合が多いですし、URLがページに書かれていればクリックしたりコピー&ペーストで済みますよね。

最近はファンクションキーはかな入力でも使用できますよ。

仕事をする上で、文書を入力するのが速いというのは大切なことだと思います。スピードを競うわけではないですが、仕事が速いというのは大切なことだと思います。

プロフェッショナルを自負するならば、やはり両方できるのが最良だと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/26 13:34

では、全くキーボードに触ったことのない人に教えることを想像してみてください。


その人は日本語入力が仮名入力で出来るようになったと仮定しましょう。
メールアドレスはどうします?もちろんアルファベットですね?
仲の良い知人に教えるのなら再度アルファベットを教えても良いでしょう。
職業として教える場合は、再び授業料を取らなければなりませんね?
私には出来ません。それなら初めからローマ字入力で慣れてもらって
何をする場合でも不便無く使えるようになってもらいたいと思います。

さらにいえば、日本語キーボードが必ずあるとは限らないことがあります。
英語キーボードしかない環境で仮名入力は不可能です。

私の友人で、コンピュータには興味がないが仕事で伝票整理をしなければ
ならなくなりシステムを導入しましたが、インストラクタのお姉さんが
仮名入力を教えてしまったため、未だにメールアドレスと
ホームページアドレスを打つのに時間がかかるというのがいます。
コンピュータに興味のない人は今更アルファベットなんか覚えようとは
しません。とても不憫で見ていられません(笑

ということで、私はローマ字入力を教えています。

この回答への補足

順番にお礼を入れようと思ったのですが、少し気になったのでこちらから補足を入れさせていただきます。

>メールアドレスはどうします?もちろんアルファベットですね?

メールアドレスを打つのってそれほど多くないと思うんです。最近は、自動的にメールアドレスに登録されますし、返信する場合は入力する必要がないですから。また、メールアドレスのようにほんの20文字程度ならキーボードを見ながら打っても差しさわりがないと思うのです。それよりも、今私が打っているような文章を日本語で打てるようになったほうがよほど便利だと思うのです。

>さらにいえば、日本語キーボードが必ずあるとは限らないことがあります。英語キーボードしかない環境で仮名入力は不可能です。

日本国内のパソコンで、英語キーボードしかない環境というのはかなり特殊だと思います。たとえばずいぶん昔はUNIX系のサーバーには英語キーボードが付いていましたが、そういった特殊なことはあまり考慮しなくてもよいのでは?

>私の友人で、コンピュータには興味がないが仕事で伝票整理をしなければならなくなりシステムを導入しましたが、インストラクタのお姉さんが仮名入力を教えてしまったため、未だにメールアドレスとホームページアドレスを打つのに時間がかかるというのがいす。

ご友人の状況が良く分からないのですが、一般的なオフィスワークの場合、メールアドレスやURLを入力する頻度とワープロなどで日本語を入力する頻度はどちらが多いでしょうか。ローマ字入力はたったの26文字ですから、お仕事でメールアドレスやURLを入力しているうちにすぐ覚えられると思いますよ。それよりも日本語入力が高速でできるほうが、オフィスワークをするうえでは貴重だと思います。

初心者にはローマ字入力を教えたほうが良いご意見はごもっともだと思います。実は私も社内のパソコンスクールの講師をしていたことがあるので良く分かります。しかし日本語入力をまるきり否定されるような意見には賛同しかねるのです。

補足日時:2002/10/26 11:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/26 14:36

私も20年位前から「かな入力」です。

昔読んだ本にキーボードの型について書いてありましたが,基本的に外国から来たキーボード(もともとはタイプライターの配列で,高速に打ち込んだとき,文字を打つ細い棒のようなものが絡まない配列としたとのことです。)に日本語の割り振りをしたと覚えています。
したがって,「英数字」が基本となり,普及したとのことでした。「ローマ字入力」は文字数が少なく,ブラインド・タッチに向いています。いかし,日本語の場合一文字に2回以上の入力となり,必ずしも早いとは言えないのはご指摘のとおりです。
私は,仕事ではありませんが,町内の方や子供に指導することが時々ありますが,習う人の考えに任せています。
小学校でもコンピュータの時間があるそうですが,「ローマ字入力」を必ず指導しているとは聞いていません。
各自が,それぞれの長所や短所をよく理解して選べばよいことと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり、初心者に教えるのはローマ字入力のほうがよさそうですね。あとは、本人次第ということでしょうか。

両方できる私としては、英語は「英数字入力」、日本語は「かな入力」が便利だと思うのですが、それほどのスキルは万人に必要ではないのでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/10/26 13:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローマ字入力、カナ入力のどちらもできるプロの方に質問です

「ローマ字入力とカナ入力のどちら派ですか?」という質問(アンケート)がよくありますが、「どちらか片方しかできない」「慣れているから」ということで選んでいる人が多いように思います。
そうではなくて、両方を熟知した上でどちらの方がオススメか、理由も添えて教えてください。

ちなみにわたしはどちらもできますが、カナ入力の方が慣れているので今はカナ入力をしています。カナ入力は居眠りしててもできます(笑)
でもローマ字入力の方が利点が多いのならば、訓練して変えようと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

子供の頃はまだ「マイコン」の時代だった世代の者です。
仕事でもプログラマ(いわゆるシステム屋さん)をやっているものです。
そして質問文でも言われている「両方使用可能」な者で、
カナ入力をメインとしている者です。
ついでに、入力形式習得のベースは一太郎Ver3のATOKです。(苦笑)


質問文での前提でも言われているように、
「両方を使用することができる」という人なのであれば、
私は「カナ入力」を薦めます。


理由(個人的視点による)

打鍵速度の点が一般的に注目されていますが、
私の場合は入力内容とその文字列を変換するタイミングの関係もあって、
「入力途中や変換途中に表示されている内容が打鍵内容と一対一で対応する」
点に注目しています。
特に、入力内容に英単語が混在した時にそれが分かります。
仕事の関係で、使用するマシンがローマ字入力しか受け付けない場合に
英単語が混在する日本語文を入力していると、

・入力文字を頭でローマ字に変換する。
・変換したローマ字に対応するキーを打鍵する。
 (頭はカナ状態なのに指は英字打鍵状態なので、
  頭の負荷がここでちょっと上がる。(笑))
・画面に表示された入力内容を認識する。

この時・・・英単語混在した部分の場合、ローマ字入力モードだと

「英単語部分なのに日本語の文字で表示されている」

という部分が発生します。するんです。してるんです。(爆)
するとその時、

「視覚デバイスが認識した文字列がどういう文字列になるべきか」

という処理が頭の中で実行され、また頭の負荷が上がります。
言葉変えましょう。

「入力したのと違う文字(ひらがな、英字)が変換前に表示されている」

という違和感が・・・嫌なんです。はぃ。(笑)
入力(打鍵)しているその時でも常に頭の中の別スレッドで
「全く関係ないことなど」を考えている私には
そういう「余計な処理で負荷をかけたくない」って事ですね。(爆)

Windowsだとショートカットもバリバリに使っている私は、
その操作内容に対して画面の表示内容が追いついていない
(正しくは「目で追えない」)場面も発生するところから
「ブラインドタッチ」の拡張用語(?)として
「フライングタッチ」なんていう造語を使っています。

ちょっと話を戻して、
「入力内容とその最初の表示内容が一致するような入力形式」
をどうしてとるようになったのかをお話しておしまいにします。

一太郎Ver3の頃は、現在のWindowsのようなIMEではなく
FEPと呼ばれるものでした。
その漢字変換処理は現在のモノと比べるとスバラシク時間のかかる処理でした。
そこで「変換受付可能限界」まで一気に入力して変換処理開始。
そして変換処理の間にトイレなど・・・。
そのような状態の中で、文章を考えながら入力するには
思考処理に集中するため「頭に余計な負荷をかけない」方法が必要でした。
その結果、その環境に合わせて頭とシステムの間の最適化を行った結果
導かれた答えが「カナ入力派」なのです。

そんな私がもしローマ字入力に寝返る理由が必要だとするならば、
それはおそらく
「英語キーボードしか世の中に存在しなくなった」
というような物理的制限が発生したような場合でしょう。

子供の頃はまだ「マイコン」の時代だった世代の者です。
仕事でもプログラマ(いわゆるシステム屋さん)をやっているものです。
そして質問文でも言われている「両方使用可能」な者で、
カナ入力をメインとしている者です。
ついでに、入力形式習得のベースは一太郎Ver3のATOKです。(苦笑)


質問文での前提でも言われているように、
「両方を使用することができる」という人なのであれば、
私は「カナ入力」を薦めます。


理由(個人的視点による)

打鍵速度の点が一般的に注目されて...続きを読む

Qかな入力とローマ字入力、どちらが良いのでしょうか?

小2ですと、キーボードを覚えさせるとすれば、どちらの入力方法が
良いのでしょうか?

Aベストアンサー

ウチはローマ字入力を教えました。
iykmさんのオウチと同じ学年です。
その理由として、
・学校がローマ字入力を指導している。
・家族がぜんぶローマ字入力。
・知り合いにも、かな入力の人は皆無。
・リファレンスはやはりローマ字だろうと思う。
・後々、ローマ字を学習するときに楽だろう。
・後々、英語を勉強するとき少しは慣れてるかな?
・文字の場所を覚えるのは、カナの約半分の数。
などがあげられます。

補足として
・私自身が滅茶苦茶な打ち方なので、
 ホームポジションはしっかり指導。
・まず、あいうえおを覚えさせ、
 KSTN~の組み合わせを教えました。
・簡単な(安い)入力上達ソフトを導入。

現在、専用のPCを与えてから約3ヶ月ですが、
8人位のメル友(含む家族)と、
10行くらいのメールを毎日やり取りしています。
(内容はくだらないです、顔文字だらけです!(^^)!)
たまに「Pはどこっ!」などと聞かれます。
うるさいです。

家族全員が狭い部屋に固まって
みんなでカシャカシャやっている姿は、
きっとはたから見ると異様ですが、
子供は大人の仲間入りができたみたいな
この雰囲気をとても気に入っているようです。

ウチはローマ字入力を教えました。
iykmさんのオウチと同じ学年です。
その理由として、
・学校がローマ字入力を指導している。
・家族がぜんぶローマ字入力。
・知り合いにも、かな入力の人は皆無。
・リファレンスはやはりローマ字だろうと思う。
・後々、ローマ字を学習するときに楽だろう。
・後々、英語を勉強するとき少しは慣れてるかな?
・文字の場所を覚えるのは、カナの約半分の数。
などがあげられます。

補足として
・私自身が滅茶苦茶な打ち方なので、
 ホームポジションはしっかり...続きを読む

Qローマ字入力は古い?

ローマ字入力が古いと聞きました。
今は、ローマ字入力よりかな入力がよいと言われているのでしょうか。
ちなみに、ローマ字入力が古いと言った人は、ローマ字が判らないようです。

Aベストアンサー

こんにちは。

私もカナ入力もローマ字入力も使うんですが、たしかに使わない方の方式は煩雑に見えますね。
カナ入力はキーを覚えるのが大変だし、ローマ字入力は滅多に使わない音(「とぅ」とか)の打ち方を覚えないとならないし。
カナ入力もローマ字入力も一長一短あります。

全体的にローマ字入力のほうが有利かな、と思ってましたが、変換ソフトの進化で、カナ入力での英単語変換(プリンタ→printer)が容易にできるようになってきたので、カナ入力も便利になってきたようです。
今は、どちらかというと#16さんのように、ローマ字入力時に英単語をカタカナ記載するときのほうが指が英語のスペルになって不便に感じますね。

で、どちらが、古臭い入力方法かというと、現状では「カナ入力」でしょう。
上述したようにカナ入力も便利になってきたものの、
現状では、カナ入力時の「英単語でないアルファベット入力」には、アルファベットのキー配列も覚えないとならないので、これからもローマ字入力の傾向が強くなると思います。

Q小学生にはかな入力?ローマ字入力?

小学校でパソコンを教えています。

これからパソコンを触るという子に、かな入力とローマ字入力の
どちらがよいのか考えあぐねています。
ローマ字は4年生から習うようです。

インターネットで探してみたのですが
 ※ローマ字入力はローマ字と考えずに、小さいうちから覚えたほうがよい。
 ※4年生になるまでは、キーボード入力は行わずに画面に出る
  文字をクリックして入力する方法をとったほうがよい。
 ※かな入力でもローマ字入力でも、本人の好きでかまわない。
など、考え方は様々です。

近いうちに先生方に提案書を出すつもりなので、その中に入れたいと思っています。
ローマ字入力・かな入力の利点や問題点、またよい方法がありましたら
提案いただけませんでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ローマ字を 習っていたら どちらでも かまいませんが ローマ字入力・かな入力の利点や問題点としては
 ローマ字入力の利点は キーの位置を26文字分 覚えれば いいという反面 「か」というのを打つのに「K」「A」と2回 打たないと いけないということです。

 逆に かな入力の利点は 一文字が 一つのキー に対応しているけど 48文字分の キーの場所を 覚えないといけないということです

 でも 最初 覚える時間が 多少 かな入力のほうが かかったとしても そのあと 一生 使用するときに 常に キーを 打つ回数が 半分ですむのですから かな入力を お勧めします

Qぶつけてないのにあざが出来る

どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。
2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい
また今回手首に一つ出来ています。

これは十年程前に初めて出ました。(ぶつけてないのに青あざ)
当時肝臓の数値が急上昇したり(結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると
熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。
その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ
よく分からないけどアレルギー性の皮下出血ではないかという事でした。
おじいちゃん先生だったので正確な診断だったかは分かりませんが、
あざが出ても押して痛い訳でなく、色だけの症状だったので今まで特に気にしていませんでした。

ただ現在私には家庭もあり、変な病気になっても困るので今さら心配しています。

ちなみに私は基本的には抵抗力が弱く、数年前までは毎年絶対声が出ないほどの風邪を引いてました。
現在は過敏性腸症候群で、ストレスや睡眠不足が続くと慢性的な胃や腸の
痛みに襲われます。(下痢タイプではないです)
また、今年の5月から爪の甘皮がなくなり爪がでこぼこするという症状が出ています。
(これは5月の診察では貧血気味じゃないかと医師に言われました。
血液検査はしていません。
先日は甘皮が無いため細菌感染し膿が溜まったので、別の医師に診てもらったところ
乾燥が原因だと言われました)

青あざは一年に数回出ることもあれば一回しか出ないこともあります。
昨年10月に出産したのですが、妊娠中から先日までも出たことは無かったはずだと思います。
あ、それと先日献血に行ったのですが、後日検査表みたいなのが送られてきましたが
特に数値が異常な項目はありませんでした。

どんな事でもいいので何か教えてください。

どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。
2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい
また今回手首に一つ出来ています。

これは十年程前に初めて出ました。(ぶつけてないのに青あざ)
当時肝臓の数値が急上昇したり(結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると
熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。
その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ
よく分からないけどアレルギー性の...続きを読む

Aベストアンサー

医師です。

青あざは皮下出血です。
通常はいわゆる打撲によるものがほとんどですが、血液凝固能(血を固まらせる機能)が低下すると、皮下出血などしやすい状況になります。いわゆる紫斑病といわれる疾患群などがその代表ですが、紫斑病の特徴は全身性であることが多いので、ある部分だけできやすい、ということはあまり考えられません。また、他にも歯肉出血(歯茎から血が出やすくなる)なども合併します。

検査所見上は、血液凝固時間の亢進がみられたり、血小板の減少がみられたりします。血液凝固能についてはPTなどの検査値を見ますが、これが正常であればまず紫斑病は否定されます。

全身に複数の青あざができるようでしたら、内科の受診をお勧めしますが、症状を拝見する限りは、まず経過観察でよろしいかと存じます。貧血が強く出たりするようであれば、すぐに内科を受診してくださいね。

Qかな入力とローマ字入力の両方できる方

現在、少しでも早いタイピングがしたいと思い、かな入力練習をしています。
しかし、ローマ字入力に慣れてしまっているせいか、練習になかなか苦労しています。
そこで両方使いができる方へお聞きしたく、質問させていただきます。

質問1>
普段は、かなとローマ字のどちらの入力がメインですか?

質問2>
一般的にかな入力の方がローマ字入力より入力スピードが速いといいますが、どれくらいの速さの差があると実感されますか?

質問3>
かなとローマ字入力のそれぞれ良い点・悪い点があれば教えてください。

質問4>
かな入力を習得するのに、どれくらいの時間がかかりましたか?

質問5>
オススメのタイピングソフトなどあれば教えてください。


新下駄配列というタイピング方式もあるようですが、こちらはなんだか難しそうで早々に諦めました。
もし、新下駄配列についてもご存知であれば是非教えていただければ幸いです。
回答は一部だけの答えでも構いませんので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。ホームポジションはご存知のようですね。失礼しました。
実を言うと、私も学生時代の癖が抜け切れず半分我流ですが(他の方の書き込みのように、当時は日本語変換はできなかったが、私は英字もカタカナも片手で打っていた)、最近になって指を大きく動かすこと自体が億劫になってきたし、我流だと手首から先の動きも大きくなるので、キーボードが変わったときなど特に打ち間違いも多くなります。
しかしホームポジションを意識すると、手首の動きも指の動きも少なくなって、結局は入力が楽になるので、基本の大事さを再認識しているところです。

理想的には、手首または掌の付け根の部分を、机またはパームレストに軽く固定し、指だけを動かして全てのキーを打つことですが、私は指が短いこともあって、JISキーボードでは全てのキーを、手首を固定したままで打つことは不可能です。
なので手首は軽く浮かせ、「へ」や「ぬ」などホームポジションから遠い位置のキーを叩くときには、手のひら全体を軽く平行移動するようにして打つようにしています。
「ホームポジション」はあくまで指が「帰る」位置であり、固定する位置ではありません。
慣れるまでは、例えば人差し指を支点として手首を少し回転させるようにすれば、遠くのキーからも元の位置にも戻りやすいでしょう。
各指が確実に目的地に飛び、確実に家に帰れるように練習することをお勧めします。
基本ができれば、後は好きな文章をガンガン打ち込んで練習するだけです。

尚、ご存知かもしれませんが、腕を完全に浮かせた状態で長時間のタイピングを続けると肩を痛めますので、肘から手首までのどこかは、机に軽く当ててタイプすることを強くお勧めします。
また姿勢が悪いと腰や目も痛めますのでご注意を!

とはいうものの、私も少し「親指シフト」に興味が沸いたので調べてみましたが、テンキーなしのキーボードで1万5千円くらい、テンキーつきなら3万円くらいと、結構高いですね。
また定番だったエミュレーションフリーソフトも今は配布されていないようだし、気軽に試してみるという訳にはいかないようなので、私はあきらめました。

No.2です。ホームポジションはご存知のようですね。失礼しました。
実を言うと、私も学生時代の癖が抜け切れず半分我流ですが(他の方の書き込みのように、当時は日本語変換はできなかったが、私は英字もカタカナも片手で打っていた)、最近になって指を大きく動かすこと自体が億劫になってきたし、我流だと手首から先の動きも大きくなるので、キーボードが変わったときなど特に打ち間違いも多くなります。
しかしホームポジションを意識すると、手首の動きも指の動きも少なくなって、結局は入力が楽になるので、基...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む


人気Q&Aランキング