人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

クレーム分析を行なうために良い事例がないものかと調査しております。
一般的に知られているジョングッドマンの法則では「不満足顧客の4%だけが、クレーム顧客として不満を口に出して言う」とありますが、商品の性質や値段によってその割合も変わってくると思います。
商品の値段によって変化する潜在クレームの割合について、統計的なデータや事例などがありましたら教えてください。
ちなみに弊社では日用雑貨品を扱っております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

潜在クレームというより サイレントクレームという事も出来るのでは


と 思いますけどね 
お客は嫌なら他の店で買えば良いだけですよね他の店でしゃべられる方が影響有ると思いますけど 普段からお客様と世間話をどれだけしてるかで わざわざ聞かなくても教えてくれると思いますけどね
今は全然しなくなりましたよね  衰退の1つの原因でしょうかね
多分ネットでは難しいのでは
参考に
    • good
    • 0

探してみましたが、よい情報がありませんでした。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご協力有難う御座います。
(ネット上ではありますが)自分でもいろいろと探してはみましたが、中々しっくりとくる答えを得られていない状態なんです。

お礼日時:2008/04/15 09:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q課税移出数量について

酒類関係の資料を見ていたら、課税移出数量という言葉がありましたので
どういった意味の数値なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

酒税法第6条1項に「酒類の製造者は、その製造場から移出した酒類につき、酒税を納める義務がある。」とあり、また、第2条1項に「この法律において「酒類」とは、アルコール分1度以上の飲料を言う。」と、ありますので、
以上の文を解りやすく説明すると、お酒(1パーセント以上含有)は、工場を出荷する時点で酒税を課し、移出数量とは、税率の異なる酒類単位の課税標準の合計であると言えます。
例えば、ビールとウイスキー等は、税率が異なるため、全部合計して、酒税が算出できないため。

参照 六法全書


人気Q&Aランキング