ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

このまま練習を続いていいのですか;;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 もう過去のことですが、長年バドミントンをやって来て、骨折、捻挫、アキレス腱の肉離れ、そして腱鞘炎と、かかりつけの病院の整形外科のカルテはドッシリとぶ厚い書類綴り状態・・・・といったわたくしでしたが、心配は要りません、治りますしバドミントンも続けられます。



 もうこれまでのご回答にあるように、まずはしっかり徹底的に完治するまで治療をすることです、そして、その間だけは絶対に無理をしないことです。もちろん練習を続けることなどは考えないでください。ことに、なにか今日は調子が良さそうだからちょっと軽くやってみようかな・・・・というのは絶対にいけません。そうなると、とかく気ばかり焦るものですが、休むのは長い間の一時期と考えて・・・・。

 治療としてはこれまでのご回答にも書かれているような外用薬もありますが、関節部分に消炎剤を直接注射するという方法もあります。これは聞いただけでもちょっと恐い気がするでしょうが、実際にはそれほどでもなく、しかもかなりよく効きます。一時的にとても良くなりますから、ここでついつい練習に行ったりして動いてしまうんですが、これはダメです、ご注意を。

 サポーター類はたしかに有効なものですが、まずはとにかくしっかり腱鞘炎を治してから、それ以降の予防的な補助用具として使うものだとお考えください。
    • good
    • 0

まずは病院へ行き、しっかりと治してください。



治ったら練習できます。
再度腱鞘炎にならないように練習時はサポーターをつけるとある程度は回避できます。

私の場合は仕事で腱鞘炎になってしまったので、サポーターを使用しています。
個人的なお勧めはヨネックスのマッスルパワーサポーター(手首用)です。
http://www.yonex.co.jp/tennis/products/supporter …
    • good
    • 0

腱鞘炎は治る病気ですので、治るまで安静にしていればまた出来ます。


整形外科でインドメタシンの入った湿布薬と塗り薬をもらえます。

腱鞘炎のままずっと練習を続けていれば出来なくなります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバドミントンで手首が・・・

アホな質問ですが教えてください。

昨日バドミントンを始めて競技としてしました。
練習後から手首が動きません。
使いすぎなのはわかっていますが、手首を下に動かすことはできても、自力で上にそらすことができません・・・
手に力も入りません・・・
自力でやろうとすると手がプルプル震えるだけです・・・
無理に自力で手首を上に持ち上げると、指が曲がっていってしまい、伸びません・・・
感覚をたとえるなら、正座をしすぎてひどく麻痺した際に勝手に足首がまっすぐのままで、自力で動かすことができなくなりますよね?
そんな感じです・・・
家事+仕事で物をつかむのにも力が入らず、大変こまっています。

早く直すために、ここをマッサージ!とかここにシップ!サロンパス!とか、ご存知の方いませんか?
ちなみに、手首を回してもどこも痛くなく、筋肉痛もありません。(まだなだけかもしれませんが・・・)

だれか助けてください・・・

Aベストアンサー

ずいぶんがんばったんですね。私も長年バドミントンをしてきましたが、いまだにそういったことによくなります。バドミントンだけでなくて、たとえば重い渡航用のスーツケースなんかを持って歩いた時なんかにも起きますよね。

医師でもない身、正しいかどうが分りませんが、経験だけのことを書いてみますと、こんな時、まるで痛みがないというのであれば、普通はそのままがまんしていれば直るものですが、グリグリ揉むのは絶対よくないと聞いていますので、ヒジから手首にかけてよくこするようなマッサージをします。

これからも痛みは出ないということでしたら、腕の筋肉が疲れているだけですから、これといった薬品やシップがなくても、手の平のマッサージとお風呂で温める、それぐらいで次第に直るとは思いますが。

ただ、若いかただとプレイの翌日に、すこし高年齢ですと翌々日ぐらいに、だるい不快な痛みが出ることが多いものですが、痛みがキリキリとした激しい感じだとか、なんとなく熱く熱を持っている、筋肉が盛り上がっている、などというならまずはシップで冷やしてみます。

ただ、基本的には筋肉のコリで血行が悪くなっているわけですから、本当は暖めたいところです。腫れてはいないなと判断したらすぐ暖めるようにしますが、ここの切り替えのタイミングの判断が難しいんですが。

ついでに、塗り薬やシップ類でいいますと、
なにか腫れて熱を持っているようだと感じたらサロンパスやサロメチール、あるいは冷感シップなど。べつに腫れてはいないと感じたら温感シップということになりますが、私などはしょっちゅうテニスヒジに悩んでいる者ですので、整形外科で筋肉痛に効く軟膏をもらって常備しています。
この軟膏にはジェル状のものと白いクリーム状のものがありますが、痛いところに擦りこむとよく効きますよ。たぶん薬局なんかにもあるんじゃないでしょうか。

私はラケットはサウスポーで普通の細かい作業は右効きと両刀使いですからあまり困りませんが、右利きのかただとお仕事やお食事にさぞお困りになるでしょうね。お大切になさってください。

ずいぶんがんばったんですね。私も長年バドミントンをしてきましたが、いまだにそういったことによくなります。バドミントンだけでなくて、たとえば重い渡航用のスーツケースなんかを持って歩いた時なんかにも起きますよね。

医師でもない身、正しいかどうが分りませんが、経験だけのことを書いてみますと、こんな時、まるで痛みがないというのであれば、普通はそのままがまんしていれば直るものですが、グリグリ揉むのは絶対よくないと聞いていますので、ヒジから手首にかけてよくこするようなマッサージをし...続きを読む

Qシングルス強化

シングルスが強くなりたいです。
低身長(153cm)を生かせるようにしたいのですが・・。
どう練習すれば強くなれますか??

前に質問したときに、ドライブがいいですよと教えてもらったのですが、なかなかシングルスでドライブを使うことができません・・・。

どうしたらいいでしょうか??

Aベストアンサー

#1さんのおっしゃる通り「フットワーク」は絶対です。
それと、コントロールも重要です。
参考にそれぞれのポイントを・・・
・フットワーク
 足のバネと、持久力が必要です。
 毎日最低2~3kmは走った方が良いと思います。
 ダッシュもいろいろなスタートパターンで20~30本。これは、距離は必要ありませんので、15m程。但し、全力疾走です。そして、1本1本の間は、30秒未満で。(←まずは、目標で)

・サーブ(ロング)
 毎回バックライン付近に落ちるまで練習あるのみ。
 狙うは、両コーナーです。
 できるだけ高くあげる事も忘れずに。

・クリヤー
 ハイクリヤーとドリブンクリヤーをマスターしましょう。
 クリヤーは、立派な攻めの武器です。相手をバックラインまで追い込みましょう。
 ハイクリヤーは、ロングサーブ同様バックライン・両コーナー狙いで、できるだけ高く。
 ドリブンはスピードが大事になってきます。ハイクリヤーより低く、スピードをつけ、そして、狙い通りのところに落ちるように。
 但し、低すぎると中途半端になり、叩かれるので、要注意です。

・スマッシュ
 スピードと角度が勝負です。
 ただ、スピードが速いだけでは、簡単に跳ね返されて、レシーブに成功されてしまいます。
 少し、重みがあって、「返しにくい」と思わせるスマッシュが打てるといいですね。
 あと、シングルでは、簡単にスマッシュは打たないことです。(←今は。強くなったら、スマッシュで攻めまくりましょう。)

・ドライブ
 1.ネットすれすれを通る。
 2.ネット通過後に、シャトルが浮かない。(ネット通過時が最高点)
 実際の試合で、ドライブのラリーになることは余り無いと思います。 でも、#1さんがドライブがいいと言われたのは、賛成です。
 レシーブの際、上記の2点を生かすのです。

・ヘアピン
 シャトルがネットに触っておちるのを目標に。
 そして、ヘアピンの練習時にフットワークの強化を。
 毎回ホームポジションに確実に戻り、ヘアピンを返す。
 ネットぎりぎりで、ヘアピンのラリーをしていれば、かなりの運動量にります。
 腰をしっかりと落とし、重心を低くしていないと、追いつかないはずです。重心を低くする癖をここで、つけましょう。

まずは、上記の強化を。他は、その後です。

但し、基礎体力は必要なので、筋トレも毎日欠かさずに。
腕立て伏せもできればやった方がよいですが、腕立て伏せができないような肩の状態であれば、バドミントンをすること自体が、肩に負担をかけ、故障の原因になりかねないので、病院で見てもらった方がよいかと思います。
肩に異常が無いのであれば、腕立て伏せをする姿勢の問題かもです。

とにかく、故障・怪我には十分注意して頑張ってください。

#1さんのおっしゃる通り「フットワーク」は絶対です。
それと、コントロールも重要です。
参考にそれぞれのポイントを・・・
・フットワーク
 足のバネと、持久力が必要です。
 毎日最低2~3kmは走った方が良いと思います。
 ダッシュもいろいろなスタートパターンで20~30本。これは、距離は必要ありませんので、15m程。但し、全力疾走です。そして、1本1本の間は、30秒未満で。(←まずは、目標で)

・サーブ(ロング)
 毎回バックライン付近に落ちるまで練習あるのみ。
 狙うは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報