プロが教えるわが家の防犯対策術!

高校2年生男子です。バドミントン部です。突然ですが、僕の悩みの解決策とバドミントンが上手くなる方法が知りたいです。

自分は高校からバドミントンを始めたのですが、体育館が小さく2コートしか使えません。高1の時は、先輩方がコートを使っていたため筋トレを中心に部活動を行っていました。
高2になり、顧問が変わってしまいました。それにより、自分たちに教えてくれる人が居なくなり外部コーチを呼ぶことになりました。
僕も、友達も、シングルス・ダブルスどちらも練習しているのですが、友達は上手いのでコーチに良く喋りかけられます。今現在、その友達とダブルスを組んでいて、その流れでコーチが主催するバドミントン練習会に誘われて行ってみました。そこには違う高校の2年の人たちがいて、反面のシングルスをしたのですが友達は互角に戦っていました。ですが、自分はボコボコに負けました。

悩み1
自分は練習試合や練習会などで自分より強い人とやるのが苦手です。上手くなるためには、強い人とやるのが早いと自分でも分かっています。でも、ボコボコにされたり、ミスをしたりすると、「これって意味あるのかな」や「上手くなってる?」など落ち込んでしまいます。また、出来ない自分にイライラしてしまいます。どうすれば良いでしょうか?

悩み2
また、悩み1によって相手に「こいつ弱っ、つまんねー」や、「相方は強いのになー」など、「どうせ、そう思っているんだろうなー」と思ってしまい、更に落ち込んでしまいます。何か良い方法はありませんか?

悩み3
また、体力づくりとフットワーク、スマッシュのコツも教えて貰えませんか?

質問者からの補足コメント

  • 友達がコーチに話かけられると羨ましく感じ、その裏面では、「自分は弱すぎるのか」と考えることがあります。

      補足日時:2022/02/03 01:56

A 回答 (2件)

私も、中学時代バドミントン部で同じような悩みを抱えていたのですごく気持ちがわかります。


いくら強い人でも、始めた時から強い人はいないので、やはり練習あるのみだと思います。
私は、コーチにみずから話しかけて練習方法や、コツを教えてもらっていました。すると段々とコーチから話かけてもらえて、熱心に教えてもらえるようになりましたよ。

悩み1:負けることは悪いことだと思わないこと。その試合を振り返って相手の強い部分、自分のダメな部分を分析して次の試合で意識するようにしてみてください。強い人と試合する意味はそこにあると思います。

悩み2:たしかにそう思われていることもあるかもしれません。気にしないこと、見返そうとする気持ちを持つことが大事です。その気持ちが今後の練習にも生きてくると思います。

悩み3:体力づくりは私はとりあえず走っていました。家に帰っても家の周りを走り込んだり。持久力を高められるので試合でも疲れにくくなります。
あと、素振りって本当に大事です。自分で鏡を見ながらや、友だちに見てもらってフォームを整えてみてください。フットワークは、相手が打つ瞬間にその場でトンと軽く跳ねてみてください。私だけかもしれませんがこの方法で足が動きやすくなりました。
スマッシュは、必ず自分の頭より前の位置でシャトルを捉えること、打つ瞬間にぎゅっと力を入れること打つ瞬間以外は力を抜いていても大丈夫です。

私は主さんとはおそらく性別が違うので、参考にならない部分もあると思いますが、このような方法で3年の春にはレギュラーになることができました。
コーチにも見違えるほど強くなったと褒められましたよ。

答えになってない部分もあるかもしれませんが、参考になれば幸いです。
頑張ってください。応援しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく書いていただきありがとうございます!気持ちで負けないように頑張りたいと思います!

お礼日時:2022/02/05 16:47

悩み1悩み2は上手い人の練習を見ないとうまくなれません。

YouTubeや本などを買って分析して下さい。

悩み3も悩み1、悩み2と同じです。私から教えても文章だけでは上手くはなりませんからYouTubeや本などを買って分析してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうごさいます!YouTubeを分析してみたいと思います!ちなみにおすすめのYouTuberさんとかいますか?

お礼日時:2022/02/03 16:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!