人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ご家庭のトイレでたまにブランドネームの便座カバーとかありますよね。
かくいううちもハナエモリの御便座セットなのですが(汗
昔から目に留まるたびにうすうす疑問には感じていたのですが
これってパチもんということでよろしいのでしょうか?
明らかにそうだとは思うのですが友人との会話でブランド品も
不景気でこういうとこで小金かせがないと苦しいんだよとか結論が出ず
さらにそのマークがYva StローランとかHanako moriとかなら判りやすいのですが
スペルはそのままだったりデザインだけ見ると以外と小洒落ててたりで
妙にもしかして感があるんです。

ぜひ真相を教えてください!

A 回答 (1件)

こんばんわ。



おそらくおっしゃっているものは多分「ライセンス商品」
と呼ばれるものだと思います。

契約形態によって違うのですが…。
ロゴだけライセンスするものや(ロゴを付ける商品はチェックしますが)
形状・材質・デザインはデザイナーが参加して
作るところは、例えば「タオル製造業」さんにライセンスを渡すなど…。

自社のデザインをまるっきり全部自社が作るわけではないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは
なるほどおーー そういうこともしてるんですねー
服飾以外にこんなものもと思うのがあるのも納得です。
しかしお歳暮でくるようなほわほわのタオルなら判るのですが
はたして便座カバーをも許可してるのか?という一抹の疑問が
残りますね;

とても面白い情報でした、どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/11/07 14:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング