プロが教えるわが家の防犯対策術!

たとえば


江沢民はジヤン・ツォミンではなくこうたくみんと読みますね。
洪明甫はこうみょうほではなくホン・ミョンボと読みますね。

韓国も日本人をコイズミ・ジュンイチロウと読みますが、中国は違いますね。なぜでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 相手の国と同じ文字を使っていれば、人名・地名を自国の読み方で読むのが常識です。

韓国は昔は漢字でしたので、日本語読みでしたが、現在は公用文としては漢字を使っていないため、お互いに現地読みするようになっただけです。西欧語圏でも、この原則は生きていて、同じ地名や人名をそれぞれの読み方で呼んでます。
    • good
    • 1

よくこの話題になると,「韓国政府に要請されたから」という説明が出てくるのですが,いつ,どこから,どこに対して,どのような形で要請があったのか,どなたか具体的に詳しく教えていただければと思っています。



仮にそのような要請が韓国政府からあったとして,北朝鮮からはそのような要請がないから,文句を言ってくるまで日本語読みでいいとすると,なんだかちぐはぐな気がします。
現に北朝鮮のマスコミは(韓国もですが)日本人の名前を日本語読みするようになっています。それに合わせるというのは,確かに必要はないかもしれないけれど,一種のマナーじゃないかなあと思ったりします。

ご質問の現象について,日本のマスコミは時々,「相互主義」という言葉で説明しています。
日本と韓国,日本と北朝鮮は,お互いに現地の発音に近く読む。
日本と中国は,お互いに自国式の発音で読む。
という考え方を相互主義と読んでいるようです。

中国では,日本人の氏名を中国語式に読みます。広末涼子→クヮンモ・リャンツ,松たか子→松隆子(と字をあてて)→ソン・ロンツ,といった具合です。
理由として考えられるのが,第1に,中国語では,日本語のかなや韓国語のハングルのような表音文字がないので,音を表しにくいということ。
(もっとも,今年のワールドカップの新聞記事では,名前のあとにカッコでローマ字を付記していました)
第2に,中国国内でもさまざまな方言があるので,同じ漢字でも地域によって読み方がかなり違うこと。
例えば,香港は現地ではホンコンと読みますが,標準語(北京語がベースです)ではシャンカンと読みます。
逆に,北京は現地ではペイチンですが,香港に行くとパクキンになる。
その延長で,韓国や北朝鮮や日本の地名・人名も,標準語では北京式に,また香港の人は広東語式に読むのでしょう。

No.5:
>現在は公用文としては漢字を使っていないため、お互いに現地読みするようになっただけ
韓国が公文書漢字専用政策をとったのはもう40年以上前からだと思いますが,その後もかなりの間,韓国語式の読みが普通でした。
現地読みになったのがいつごろからなのかはハッキリしませんが,ここ十数年ぐらいでしょうか。
別にNo.5にあるような常識とか非常識という問題ではなく,単に,本人が使っている読み方を尊重しようという気運になってきただけの話だと思うんだけれど。
事実,最近では,韓国のマスコミは中国の人名・地名も現地語読みしています。中国側が韓国の人名・地名を自国語読みしているにもかかわらずです。
江沢民も,昔はカンテンミンでしたが,今ではチアン・チォミン(ツォの音はハングルにない)と見出しにも本文にも書かれています。

No.7:
>テニスの「エドバーグ」と「エドベリ」は同一人物なんだけど、彼自身はさすがに国際プレーヤーで「べつにどっちでもいいんだよ」といってました。
ピアニストでMartha Argerichという女性がいますが,「マルタ・アルヘリッチ」(スペイン語読み)か,「マーサ・アルゲリッチ」(英語読み)か,というのを思い出しました。
すみません,ヨタ話でした。
    • good
    • 1

お互いに「現地語読み」するか「母国語読み」するか、きめてあって、


韓国では日本人を日本語よみしていて日本でも韓国よみしよう、という「統一」ですね。
中国は(台湾も)、自分の読み方でお互い様になっている。

日本人同士でも
「浜崎」さんを「はまざき」か「はまさき」か、「釣りバカ」ではこだわっていますね。本人を尊重するのが普通だと思うけど。
「国際会議」にいって「コウタクミンさん」といって通用するのは日本人だけ、というのもまずいと思うんだがなあ・・。

昔、大相撲が中国にいって、当時の横綱・北の富士が「ぺプゥシ」と呼ばれたそうな。(N○KのY川S夫アナが「コマーシャルはまずいんですが・・」~いわなきゃ誰も思わないよ)

テストで「杜甫」(変換できるのがすごいが)の字が思い出せずに「とほ」と書くのはいかがなもんでしょうね。私の高校ではアウトでしたが。

テニスの「エドバーグ」と「エドベリ」は同一人物なんだけど、彼自身はさすがに国際プレーヤーで「べつにどっちでもいいんだよ」といってました。
    • good
    • 0

#4で書かれている事、特に『ちゃんと発音してほしいと申し入れがあったのです。

』・・・つまり韓国からの要請があったのです。


従って[北朝鮮]関連の名前は、今のところ日本人が読みやすいように[キンニッセイ]、[キンショウニチ]でよい訳です。
    • good
    • 0

マスメディアにおける人名の読み方は、「相手の国と対等にする」というのが慣例なっています。


中国では、今でも日本人名は中国語読みです。したがって日本では中国人名を日本語読みしているのです。

かつて、韓国人名も日本語読みしていましたが、ちゃんと発音してほしいと申し入れがあったのです。
例えば「キムデジュン」を「きんだいちゅー」と読むのはやめてほしい。原語に近い発音で読んでほしい。“交換条件”として、韓国でも日本人の名前を正しく読むから、というものでした。
それまで韓国では、日本人の名前は韓国語読みされていました。
    • good
    • 1

皆さんのおっしゃるとおり、言語の違いによる、読み方の違いですね。


漢字だけではなく、Georgeという名前は英語ではジョージと読みますが、フランス語ではジョルジュと読みます。
Caesar 英語ではシーザー ローマ語(?)ではカエサルなどなど…
    • good
    • 0

TVのニュースとかの扱い・言い方をおっしゃってるんでしょうけど、あれは相手国で日本の地名・人名をどう呼んでいるかによるみたいです。


現地で現地読みしている国に対しては、こちらも同じように日本語読みで発音・表記しているようです。(ならば、こちらが変われば相手も変わるのか…?)
報道機関は各社それぞれの基準を持っているようですから、特に「国の決まり」という訳ではないでしょうけど。
    • good
    • 0

これは国と国との関係ですよ。



金大中も昔は日本では「きんだいちゅう」と呼び
ましたからね。
金日成も「きんにっせい」だったし。

日本風の読み方は植民地統治時代云々と
言うのであちらの発音風に読むようになったんですよ。

中国の方は全然問題ないんですけどね。
(中国の方が日本風に発音するのが面倒なん
 ですかね・・・)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国人の名前をどうして現地読みにしないのですか?

いつも思うのですが、どうしてもわからないので。

昔は公共放送でも朝鮮人・韓国人の名前も「金日成(きむいるそん)」→=キンニッセイとか漢字音読みにしていたように記憶しますが・・・

だいぶ前から、交流が進んだせいか?韓国のJリ-ガーや芸能人は漢字名でも普通に現地読みになっています。
が、どうして中国人や中国の地名はそのまま漢字日本語音読みのままなのでしょうか???

人の名前ですから、個人の尊厳からも本人の現地読みでなけれな気分が悪いと思いますが。
自分だって外国の変な読み方で呼ばれたら違和感だと思うのですが。
ましてみな一国独立国、地名まで、昔日本が覇権を持っていた頃の呼び名?で、日本の公共放送はじめメディア一般で使っているのに不快感は示されないのだろか???
不思議に思います???



昔、カナダに渡った頃、現地高校生と話してた時、チャイナのマオ・ツェトンがどうのこうので、マオって?って誰って聞き返したら・・・チャイナのグレートリーダーだった人物も知らないのか?!とかなりバカにされました。
毛沢東のことかとピンと来て・・・日本じゃ通常読み名が違うんで、今の今まで世界で通用する読みを知らんかった(汗・・と言い訳しましたが(笑
・・・その頃からずっと疑問のままで。

今の中国関連ニュースを聴くたびも思い出します。
今の隣国の指導層の実の名前を知らないんだなぁ・・・と(^^;汗

いつも思うのですが、どうしてもわからないので。

昔は公共放送でも朝鮮人・韓国人の名前も「金日成(きむいるそん)」→=キンニッセイとか漢字音読みにしていたように記憶しますが・・・

だいぶ前から、交流が進んだせいか?韓国のJリ-ガーや芸能人は漢字名でも普通に現地読みになっています。
が、どうして中国人や中国の地名はそのまま漢字日本語音読みのままなのでしょうか???

人の名前ですから、個人の尊厳からも本人の現地読みでなけれな気分が悪いと思いますが。
自分だって外国の変な読み方で呼ば...続きを読む

Aベストアンサー

以下の通りです。

*****************

1)日中間の人名の読み

1972年(昭和47年)9月、当時の田中角栄首相が中国を訪問し周恩来首相との日中国交回復の会談の際に、日中両国の人名は、互いに、読む人の国の読み方(日本では、周恩来はシュウオンライとの如くに)を従来通りに継続することで合意した。

2)日韓間の人名の読み

1984(昭和59年)韓国の全斗換大統領が来日し、日本の政府高官たちとの会談の席上、両国の要人の名前を、お互いに現地読みすることで合意した。

その結果、金大中氏が、「キンダイチュウ」から「キム・テジュン」に変わった訳です。

北朝鮮との関係もそれに倣っている。

******************


上記(2)の日韓間交渉の政府高官とは、当時の安倍晋太郎外相(安倍晋三元首相の父)です。
今アラフォーの人で、1984年は14歳なので、当時ニュースなどで、全斗換、金大中、金泳三を「ぜんとかん」「きんだいちゅう」「きんえいさん」と呼ばれていた記憶があるでしょう。
それより若い世代の人は、「チョンドファン」「キムデジュン」「キムヨンサム」としか認識ないでしょう。

以下の通りです。

*****************

1)日中間の人名の読み

1972年(昭和47年)9月、当時の田中角栄首相が中国を訪問し周恩来首相との日中国交回復の会談の際に、日中両国の人名は、互いに、読む人の国の読み方(日本では、周恩来はシュウオンライとの如くに)を従来通りに継続することで合意した。

2)日韓間の人名の読み

1984(昭和59年)韓国の全斗換大統領が来日し、日本の政府高官たちとの会談の席上、両国の要人の名前を、お互いに現地読みすることで合意した。

その結果、金大中...続きを読む

Q中国人・韓国人の氏名の読み方について

ニュースなどを聴く時、
なぜ中国・台湾の指導者は名前を日本語読みして、
韓国の指導者は現地の読み方をするのでしょうか?
(でも、中国の指導者でも温家宝や毛沢東は日本読みですよね)
中国国内の地名でも、北京・上海などは現地読みだけど、成都などを日本語読みするのは何故でしょうか?
一般に左傾向が強いと言われている某新聞に氏名の読みも一緒に表記してあったので、どう言う読み分けがあるのかなと思いました。

よろしければどなたか御教示くださいm(__)m

Aベストアンサー

余計なことかもしれませんが・・・。
北京の「ペキン」は、現地読みではありません。「ペイチン」が近いようです。英語表記のPekingが定着したもののようですが、昨今はアメリカの文献でも、Beijing表記が目立っています。「香港」の漢字を「ホンコン」と読むなんぞ、理屈っぽく言えば、コッケイです。
中国の地名や人名は、地域によって(北京語、広東語などと通称あるいは俗称されるように)発音が異なるので、カタカナでの表記は統一化できない、といった識者の話を耳にしたことがあります。
「李」姓も、南北朝鮮では発音が異なります。南ではイ(またはイー)、北ではリです。

Q中国人の名前がいまだに日本語読みなのはなぜ?

タイトルのとおりです。
というのも韓国人や北朝鮮人はちゃんと自国語の発音になってますよね?
(例えば「キム・ジョンイル」とか「キム・ヨンサム」など)
ところが中国人はいまだに日本語読みが通用しています。(コ・ヨウホウ,コ・キントウなど)
これには理由があるんでしょうか?

それと一番の疑問なのですが,人の名前とは唯一無二であり,世界中どこへいってもその読み方(呼び方)であると思うんです。
芸能人が海外へ行って「私の名前は○○語でこう発音します。」とか言ってるのを聞くと「あんたの名前はどこへ行っても○○だろうが!」って思ってしまいます。
これについてもどう思われますか?

Aベストアンサー

No5です。

> もし件の訴えがなければいまでも「キム・イルソン」ではなく「キン・ニチセイ」と呼んでいたと思いますか?

いいえ、1984年に、当事の全斗煥(チョン・ドファン)大統領が来日したときに、韓国政府から朝鮮語で読んで欲しいと要請があったからねえ。

ところが朝鮮人は中国人を中国式に発音するのに、中国では今でも朝鮮人を中国語読みするから相互主義なんて嘘っぱちよ。

Q中国系の人の名前は音読み、朝鮮系の人はそのまま発音、何故?

野球のWBCというのをやっています。

中国、台湾、韓国及び日本でリーグ戦をやっていますが、名前の読み方がバラバラです。

中国、台湾のチームの選手は無理に音読みし、韓国の選手は母国語で呼んでいます。

また週刊ベースボールでは中国、台湾のチームの選手を母国語読みしていて誰がどの選手か分かりません。

更に違うところでは台湾出身で西武でやっているチャン・ズージャ、シュウ・ミンチェは母国語読みです。

自分が選手なら「母国語読みで呼んでくれ!」と思いますけど・・・。

何故、こんなにバラバラの読み方をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

今、過渡期なのだと思います。
世界的には現地語読みを尊重する呼び方が主流になっています。完全に同じ発音などできようはずはありませんが、なるべく近い読み方に統一する動きですね。それが私のまわり時代の流れです。

すでに社会科の教科書でも(中国や韓国についてだけではなく)"そこそこの"現地音尊重主義になっています。

水上交通で有名なイタリアの都市はヴェネツィアであってベニスではありません。シェークスピアの本から考えると"昔のイギリス人は、彼の地を「ベニス」と呼んだのだなぁ"というのが、ものの考え方の順番というものではないでしょうか。

このことは中国についても例外ではありません。すでに地図帳では、中国の都市名はすべてカタカナ表記です。漢字表記は括弧内にルビのように小文字になっています。カタカナ表記というのは、もちろんチントーチェン(景徳鎮)であってケイトクチンではありません。

また、中国人名もマオツェートン(毛沢東)であって"モウタクトウ"ではありません。ルーシュン(魯迅)もまたロジンとは書かれていませんね。

しかし、おっしゃるとおりテレビはそうなっていませんね。それは#1さんが言及されているとおり相互主義という守旧的な思想に基づいているからです。これにはまだ賛否両論があることから現地音主義に踏み切れないためです。

賛否については字数もありませんので言及を差し控えますが、相互主義には明確かつ大きな欠点が一つあります。

胡錦涛(Hu Jintao)をコキントーと読んでいる限り、日本人は、中国について英語(おそらくフランス語でも同様)で書かれた記事・文章は絶対に読めないだろうということです。英語に堪能な周囲の人に、中国の政治情勢やオリンピック選手一覧などが書かれているTIME誌を見せても、皆"さっぱりわからん"と口を揃えます。日本語音読みを記憶していても何の役にも立たないからです。

オリンピックのTV中継などで、皆薄々感じはじめてはいると思いますけどね。おそらく中国人もARAKAWA Shizukaを見てそう感じていることでしょう。
近い将来、60~80%くらいは現地音読みになると思いますよ、お互いに。

ま、西洋人にも、バーグマンと発音するのかベルイマンと発音するのか、というような同種の悩みはあるようです。

今、過渡期なのだと思います。
世界的には現地語読みを尊重する呼び方が主流になっています。完全に同じ発音などできようはずはありませんが、なるべく近い読み方に統一する動きですね。それが私のまわり時代の流れです。

すでに社会科の教科書でも(中国や韓国についてだけではなく)"そこそこの"現地音尊重主義になっています。

水上交通で有名なイタリアの都市はヴェネツィアであってベニスではありません。シェークスピアの本から考えると"昔のイギリス人は、彼の地を「ベニス」と呼んだのだなぁ"とい...続きを読む

Q外国の地名や人名の読み(カナ)は誰が決めてるの?

ネットでニュースを見てると外国の人の名前や、企業名等に読みが横に小さく送られていますが、それをみて思ったのですが。

外国人の名前の読みって誰が決めてるんですか?
アメリカ人(英語)にしても中国語などにしても日本語にない発音とかあると思いますが、「シー」や「シィ」など細かいところに対して何か規定があるのでしょうか?

また、中国人(中国語)のように漢字名が最初からある場合は、漢字を日本語読みで見るのか、母国語(中国語)の発音で読みをとるのか。
最近のニュースだと、中国の首相の温家宝を「おんかほう」「ウェンチアバオ」etc..と色んな表記が新聞などメディアで出されていますがどれが正しいとかってあるんですか?
報道するだけなら報道側が選べるのかな?
じゃあ、日本の政治家が実際に中国首相と対談したらどう読んでいるのか・・・と。

色々と外国人の名前の扱いに関する事で思いました。
変なジャンルの質問なので、「~だと思う」でも結構ですので皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

No.4の方のおっしゃるとおりだと思います。

それで・・・・関連した過去の発言を、自分が覚えている話だけですが、拾ってみました。

★使い方編★

欧州人は別の言語圏の人をどのように呼ぶ?
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2572804.html

中国人・韓国人の氏名の読み方について
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa675066.html
中国人と韓国人の名前の漢字読みの違いについて
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa401665.html


★発音編★

韓国・朝鮮語の釜山の最初の音は我々日本語話者の耳には?
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2032699.html
回答が21件付いているので覚悟してお読みください(笑)

paellaの発音は?
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2171358.html


私が知っている例では、
画家のJoan Miroの表記変更。
もとはスペイン語読みで「ホアン・ミロ」とされていたのですが、来日した際に詩人の瀧口修造によって「ホアンでなくジョアン」であることが確認された・・・と本で読んだことがあります。
それ以降、今も「ジョアン・ミロ」が主流です。
ミロはカタルーニャ地方の出身でして、スペイン語と別にカタルーニャ語というのがあるんです。カタランでは「ジョアン」が本当。

『地球の歩き方』ガイドブックの地図などには、バルセロナの地名がカタラン読みでカナ書きされています。
スペイン語なら「ハイメ」1世通りと言うところが、「ジャウマ」1世通りであったり。
でも相変わらずGaudiはカタラン名前の「アントニ・ガウディ」でなくスペイン語名前の「アントニオ・ガウディ」だったりします。
一般に通用度が高いほうをそのまま使っていると思われます。
(スペイン語とカタランと混ざって使うと本当は変かもしれないけれど、どちらでも現地で通じるので旅行する上では困ることはない)

歴史上の人物や有名人の名前は日本語ではだいたい原音に近いカタカナ表記にしてあることが多そうですけれど、場合によっては英語からそのまま流れて来たのをカタカナにしていることもあるし、バラバラです。

No.4の方のおっしゃるとおりだと思います。

それで・・・・関連した過去の発言を、自分が覚えている話だけですが、拾ってみました。

★使い方編★

欧州人は別の言語圏の人をどのように呼ぶ?
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2572804.html

中国人・韓国人の氏名の読み方について
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa675066.html
中国人と韓国人の名前の漢字読みの違いについて
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa401665.html


★発音編★

韓国・朝鮮語の釜山の最初の音は我々日本語話者の耳には?
http://os...続きを読む


人気Q&Aランキング