ネットが遅くてイライラしてない!?

はじめまして。
ドラマや映画の俳優の演技力について教えてください。

よく評論家とかが「あの子はかわいいけど演技力に欠ける」とか
「演技力もついて女優として成長しましたねぇ」とか言います。
でも正直言って私は俳優の演技力の違いなんてわからないんです。
たまに世間で下手といわれる俳優が出演しているドラマも見ますが、
ドラマの内容に集中して演技力の違いに気づきません。
・・・というか鈍感なだけなんですかね(汗)

でも、俳優の演技力については何も評論家だけでなく一般の方々も評価してますよね!?
家族や友人までもが「アイツは下手だ」なんて言ってます。

でも下手な俳優といえどプロですよね。
プロの領域での上手い下手なんて素人にわかるもんなんですか?

例えばフィギュアスケートで例えるとトリプルサルコーとトリプルルッツの
違いがわかる人なんてどれくらいいるのでしょうか?私もわかりません。
あと私は学生時代に器械体操をしていたのですが、
オリンピックを見てても技の難度、加点・減点、基礎点・・・など
いろんな要素を考えながら見ることができますが、
素人だったらクルクル回って着地が動いたかどうかくらいしかわからないのでは?

とまぁいろいろ例えましたが、
演技力の違いについてわからない自分の鈍感な感性がイヤで仕方ありません。
ということで以下のことも含めて回答いただけたらと思います。

下手な俳優が下手な演技をしていると気づくものですか?
下手な演技をされると気になって内容に集中できなくなってしまいますか?
若手俳優・女優のなかでトップ3とワースト3をあげるとしたら?
すべての俳優・女優のなかでトップ3とワースト3をあげるとしたら?
演技力を見極めるためのおさえるべきポイントは?


ちなみに自分が知ってる知識は
長澤まさみは下手(私はわからないんですけど 汗)
上野樹里はのだめ・ラストフレンズで評価急上昇
キムタクはいつも一本調子(これはわかります)
高倉健と渥美清は人気はあるが実は演技力はない(らしい・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>プロの領域での上手い下手なんて素人にわかるもんなんですか?



金をもらっているから、つまり仕事で演じているからプロなのであって、上手だからプロになったかどうかは別問題です。
映画もドラマも、その「素人」に見てもらうためのものですから、見ている素人に共感や感動を与えられれば「巧い」となりますし、伝わってくるものがないとなると「下手」という評価になります。

>下手な俳優が下手な演技をしていると気づくものですか?

気付くものだと思います。

>下手な演技をされると気になって内容に集中できなくなってしまいますか?

それはありませんが、例えば連続ドラマでその下手な役者の出演時間が長いようなら次回見なくなる可能性が高くなりますね。

ただし勘違いしていはいけないのは、その役者の演技の傾向や雰囲気がその役柄やドラマの内容に合っているか、つまりそもそもキャスティングが正しいかどうかと、上手下手は区別しなければいけないということです。
つまり例えばスマップのメンバーのように、この人にはこういう演技しかできない、と判っている役者をキャスティングしてしまっている場合は、下手だけど本人だけのせいとも言えない、となります。

役にマッチしているかどうかは外見も重要ですね。まあ、キムタクなどの場合は役に応じて髪形を変えたりやせたり肥ったりというようなことは「イメージを損ねる」からさせない、という事務所の方針もあるでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お金をもらっているからプロであるわけですが、お金をもらっているからこそ上手くなければならない(見る人に共感してもらえる演技ができなくてはならない)という裏付けにはなりませんかね?
下手な演技でOAされたらスポンサーは大激怒ですし、監督としての質も問われてしまいますからね。

>キャスティングが正しいかどうかと、上手下手は区別しなければいけないということです。

なるほど、それはそうかもしれませんね。
ミスマッチな役柄をやらされたら役者さんもかわいそうです。
そう考えると幅のある役者ってほんとすごいなって思います。
また、ひとつの役柄を極めるという点ではキムタクも上手い部類に入ってくるのでは!?と思いました。

お礼日時:2008/06/21 16:35

私が「これはいくらなんでもひどい」と感じたのは、石川亜沙美ですね。



演技のうまい下手は、単純に感情移入できるかでわかると思いますよ。評価あまり良くないですが、私は長澤まさみは天然でいやらしい性格を演じるのがうまいと思います。いわゆる『女子に反感買いそうな部分』です。

例としてフィギュアを挙げられていますが、普段の生活では滑ることないのでそりゃあ知識がなければわからないでしょう。でもドラマは基本的に、人間の生活や感情を演じているのですから、素人からしてもおかしいと思える部分は出てくると思います。素人だろうとプロだろうと、持っている感情というのは同じですから。

もしドラマでフィギュアをやるシーンがあったら、代役だとしてもうまさがわからないかもしれません。


蒼井優がNHKのインタビューで言っていました。

「映画を観終わったときに、『蒼井優良かったね』ではなくて、『○○(役名)良かったね』と言われたい。」

これに尽きると思います。


そういう意味で最近の女優さんで言えば、私は堀北真希。

『三丁目の夕日』を観れば六ちゃん、『花盛りの~』を観れば瑞稀(ちゃんと男のコのフリをする女のコに観えました)、シーブリーズのCMでは『好きな先輩を追いかける普通の女のコ』、ロッテのCMでは『堀北真希』を。

彼女は幅広いと思いますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼遅れて申し訳ありません。

>「映画を観終わったときに、『蒼井優良かったね』ではなくて、『○○(役名)良かったね』と言われたい。」
おお・・・なんとすばらしい。
彼女ほんとに若手なんですかね!?って思わされますね。
若手のプロ意識に感銘を受けてしまいました。

私も掘北真希はいいと思いますよ!
三丁目の夕日は観ましたし、いまやテレビに映画に大活躍ですよね!なんと言ってもかわいい(´ー`)
今後の彼女に注目ですね!

ベテラン俳優が亡くなったかと思えばまた新しい芽が出てくる。
日本のテレビ・映画界もまだまだいけるって感じですね。

お礼日時:2008/06/26 00:49

#7です。



>お金をもらっているからこそ上手くなければならない

そうです。が、誰でもがうまくなってからドラマに出てくるとは限りませんから、当然視聴者は下手な演技を見るハメになりますし、テレビ局のキャスティングが、上手い下手よりも視聴率が取れる役者かどうかや話題性があるかどうかを優先している現状では、そういう傾向はなくならないでしょう。
私は海外ドラマもよく見ますが、あちらではほとんどの場合、演技の勉強をし、いくつもの端役で経験を積んだ役者達がオーディションを受けてレギュラー役をもらいます。この方法では下手な役者はオーディションに通りませんから、見ていて「下手」と感じる事もあまりないのだと思います。日本も本当はそうならないといけないはずですが、役者の所属事務所やスポンサーなど色々な意向が絡むのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございます。

んん。確かに日本の場合は演技力・キャスティングと同じくらいのウェイトで人気やルックスも重要視されてる感じはしますね!
そういうところが日本人らしさであり日本のダメなところでもあります。
最近はテレビも視聴率視聴率ばっかりで、それこそ1パターンな番組しかやってなくて面白くないですよね!
NHKまで視聴率とかほざき始めたころにはぶん殴ってやろうかと思いました。
スポンサーも利益重視に走らず良い番組制作の協賛に貢献するという感覚を持って欲しいです。

お礼日時:2008/06/21 17:28

こんにちは。



皆さんが言うように「作品に集中出来ない状態の人」で思い当たるのは、
「タレントとしては好きなんだけど・・」と前置きして・・
コンドウマサヒコさんとエビハラユリさん・・悪い方は興味が無いのでこれくらいしか分からないです。

ワンパターンしか出来ないから下手と言う方がいますが、
どの役者もパターンを使分けているかって言うと・・どうでしょうか?
そのパターンを求められているところもありますし・・・。
平泉成さん何か、そのパターンに安定感を感じますしね。

でも、性格を演じ分けている役者さんで両方に違和感を感じない人は素直に凄さを感じますね。

最近では上野樹里さん。性同一性障害の前は「のだめ」だからね。

私が一番これを感じるのは的場浩二さんですね。
「情けない小市民」と「眼力だけで圧倒するほどの武闘派ヤクザ」。
これが出来るのはこの人くらいでしょうね。
 小市民を演じる役者さんは、大概はヤクザがチンピラ程度にしかならないんですよね。
 
でも最近的場さんの「情けない小市民」が見れなくて残念です。的場さんのコメディーみたいなあ。今度、映画「就職前線異常なし」をDVDで見てみようかな。

それと・・・否定のほうが多いかもしれませんが、キムタク・・良いです。

映画「武士の一分」良かったですし、HERO・華麗なる一族・そして今やっている「チェンジ」。

今回は究極の「揺るぎない絶対の誠実さ」がポイントで、これで大物政治家・官僚の心を動かして行く・・これ凄く難しい役柄だと思いますよ。
人を引き付ける力に説得力が必要ですから、カリスマ性が問われますしね。

私、キムタクよりかなり年上なのですが、正直・・ちょっと恥ずかしいのですが・・スピーチのシーンで、感動して涙してしまいました。

キムタクが総理大臣?っ事で「話題性が売りか」と思われる方も多いでしょうが、素直に見るときっと感動出来ますよ。

お答えになっていない感じになってしまいましたが・・・いかがでしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マッチとエビちゃん・・あんまり見たことないですけど、機会があったら見てみますね!
1パターンでもそれを追求し、完成度の高い演技ができればある意味上手いと言えますよね!

>的場さんの「情けない小市民」

私なんか見たこともないかも!?ぜひ見てみたいです。

1パターンですけど、私もキムタクは好きですよ!HIRO・ラブジェネ・GOOD LOCK・プライドそして武士の一分も映画館で見ちゃいました。
実はチェンジ見てないんですけど、なんだか相当評価高いみたいなんで
DVD出たら全部見てみようかと(^ ^)

確かに演技力の評価ウンヌンもいいですけど、素直な心で作品を見るのが一番重要ですよね!

お礼日時:2008/06/21 17:10

「演技力」という言葉にどうやら惑わされているようですね。

「演技」と「競技」を比べていらっしゃることからも、そのように感じます。
まず、「演技」と「競技」の違いをクリアにしてみましょう
端的に言うと「評価基準が違う」と言うことでしょう。
 
 質問者さんが例示されたフィギュアや器械体操などの「競技」には明確な評価基準があります。その技は何点、失敗したからマイナス何点という様に、その競技に精通した者が採点することで1位2位と決めていきます。言ってみれば「数値化できる」ということです

 一方、「俳優の演技」というのは明確な評価基準がなく、「観る人、個々人によって評価される」という曖昧な評価基準となるわけです。ポイント制ではないのです。評論家が「あいつは下手だ」と言っていても、Aさんは「あの人の演技は味があっていい」と思っているかもしれません。まったく逆の評価ですよね。こちらは「数値化できない」ということになります

以上の様に評価基準が異なるので、質問者さんが何も感じなくてもそれはそれであなたの感性なのです。人と同じに感じることが感性ではありません。

そうはいっても、質問者さんはそれが嫌なのですよね?

 私の提案としては、テレビドラマなり映画なりのワンシーンでよいので、上手いと言われている人の役をやってみてください。そして、それを録画か録音して、自分で確認してみてください。

恐らく、絶望的になると思います。「その役らしく演じることの難しさ」が分かると思います。それが、確認できたら今度は本編の同じシーンを確認してください。
「どう、感じますか?」自分で演じた方が「その役らしく見えましたか?」それとも「その役らしく見えませんでしたか?」
 
 その違いが「演技の巧拙」と思います。巧拙を考慮に入れなくても、自分との違いがきっと感じられるはずです。

 もし、自分の演技との違いが分からないということになると、「感受性」が乏しいかもしれませんね

 最後に、「演技の巧拙」とは別に、「演じる人そのものの魅力」というものがあります。高倉健さんと渥美清さんは、私も飛び抜けて演技が上手いとは思いませんが、でも両者にしかだせない魅力的な雰囲気があります。それは、本人にしか出せない、存在感みたいなものです。

 高倉健さんの役を志村けんさんが演じてみたらどう感じますか?
 渥美清さんの役を高橋英樹さんが演じてみたらどう感じますか?

そういう「違い」に敏感になることが、重要かと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「演技」と「競技」

あ、そのくらいは一応区別できていますよ。
ただ、素人目線でプロの技(状況の表現や感情の入れ方)を細かく評価できるものなのか、ということを例として挙げただけですので。

ちなみに「上手いと言われている人」じゃなくてもプロの俳優の演技のマネなんて素人にはできませんし、
そんなもの学生の演劇部かサークルが作成した個人撮影の映画を見れば
プロとアマにはどれだけ差があるかくらい一瞬でわかります。

お礼日時:2008/06/21 16:23

こんにちは



コツというと
同じような役しかやらない
役を作る時は想像と経験で役を膨らませていきますが
それができない人は薄っぺらいです

ただし、台詞のない時にも
芝居ができない人はもっと大根です
高倉健さんと渥美清さん
黙っているときも歩いていても芝居できますよね
うつむいても芝居できているはずです
私は下手だと思いませんよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、薄っぺらいという表現はいいかもですね。
長澤まさみ・キムタクは薄っぺらくて、上野樹里は今回のドラマで演技力の厚みを見せつけたって感じでしょうか。
演技の上手い下手は別として、幅の広い俳優って実は少ないようですね。

あ、ひとつ誤解しないで頂きたいのは
高倉健さんと渥美清さんの演技力が無いというのは私の意見ではなく
テレビで誰かさんが言ってたことを書いてみただけですので一応ご理解を。
ちなみに誰かさんとは某コラムニストの勝谷○彦ですけど(笑)
私自身はこの2人は役者としてすばらしいと思ってますよ!

お礼日時:2008/06/21 16:08

こんにちは。


私の判断材料は、「台詞の言い方」。
感情がこもっていない、棒読みな言い方だと気になります。
あとは無表情だったり。

ちなみに、なるほどと思ったのは、作家・柳美里が劇団員に話していたことなんですけど、
台本があるものは、次に何が起こるかが決まっていて、例えば、突然びっくりするようなことが起きる場面だとしても、
その出来事が起こることは台本上、わかってるわけですよね?
でも、私たちが普段生活している時は、いつどんなことが起こるかなんてわかりませんから、
いかに、初めて知ったかのようにびっくりする演技ができるかどうかが大事だ、というようなことを語っていました。

やっぱり私のような素人では、そこまで見極めることができませんが、でも確かになぁ、と納得できる話でした。
あんまり答えになってなくてスミマセン(汗)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>棒読みな言い方・無表情

ええぇ・・プロしてあるまじき行為・・じゃないですか!?
でもそんな演技にすら気づいたこと無い自分って・・・
運がいいのか感性が鈍いのか(滝汗)

確かに台本通りとはいえ臨場感あふれる演技ってのは難しいですよね。
いつかのめちゃイケで江頭2:50が佐藤浩市さんにヒップアタックしたときに
あたかもマジギレしたようなリアクションをしたのにはびっくりしました。
ああ。。こりゃNGでしょ。。と思わされるほどの演技力はスゲー・・・というか役者こえぇぇって思いました。

お礼日時:2008/06/21 15:58

下手な演技をしていると「気になって、ドラマの内容に集中できません」。


その時が、「気づいた時」です。

見極めるポイントも、そこ(気になるかならないか)です。

自分の中でのワースト1俳優は「永島敏行」
映画「事件」の時に、超ダイコンだと思うくらい、一本調子の言い回しだったのが、今でも忘れられない。
彼のせいで、集中できなかった。

同じく、ワースト1女優は「沢口靖子」
デビュー当時は、「ひどすぎた」。かわいそうなくらい・・・。

ベストは、「気にならない人全員」です。

健さんの、映画「幸せの黄色いハンカチ」での、「出所して、食堂でうまそうにビールを飲むシーン」は、「演技力ある」と思いましたよ。
健さんは、「何もしゃべらないほうがいい」のかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>下手な演技をしていると「気になって、ドラマの内容に集中できません」。
その時が、「気づいた時」です。

なるほど、確かに感性の鈍い私でもそういう人は過去に1、2人いたかもしれませんね!
といことは作品の良し悪しは出演者よりも原作が98%を握っているのですかね。

確かに健さんはしゃべらないほうがいいのかも!?自分・・不器用ですから!
でもしゃべらずして魅了するっていうのはやっぱり超一流ってことなんですね。

お礼日時:2008/06/21 15:51

脚本を見ながらとか、副音声による解説を聞きながらとかだと、凄く良く判りますよ。


「悲しそうにxxを見つめる○○」なんていうのがあるとします。演技のほうを見てみると、「このしぐさ、この表情のどこが悲しそうなんだ?!」と突っ込みを入れたくなるような俳優さんもいれば、目だけでも背中だけでも、感情や状況を見事に表現できている俳優さんもいます。

原作者の意図しているところが判らないと演技の良し悪しは判り難いかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、今度副音声を試してみますね!
原作者の意図を正確に表現できるかどうかも俳優としての技量ですかぁ。
なおさら素人にはわからないですね。

お礼日時:2008/06/21 15:41

心配しなくても、ほとんどの人が、


好き嫌いで批評してると思いますよ。
ドラマや映画の話をする時、
俳優さんを批評する人って確かにいますが、
いつも何様?って思っちゃいます。
純粋に面白い、面白くないだけでいいんじゃないですか?
素人の私たちが批評したところで、
その人がたくさん出たり、出なくなったりってことも無いでしょうし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

自分だけじゃなくて良かったです。
純粋にストーリーを楽しめれば十分ですよね!
上手い俳優が出るから、視聴率が高いから・・・
なんて理由で見るドラマ・映画を決めるのはナンセンスですからね。

お礼日時:2008/06/21 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q演技がうまい人と下手な人の違いは

演技がうまい人と下手な人の違いは、
どこにあるのでしょうか。

Aベストアンサー

舞台とテレビと映画の演技があります。

それの使い分けができていない感じがする人を見かけます。
私が実際にやったことがあるのは舞台しかないので舞台ベースで話します。

舞台では生で行うものなのでアドリブや「その場にいる人に伝える能力」が求められます。一般的によく言われるのはリアクション。舞台では日常では絶対にしないだろうという動作は結構多いですよね?それをそのままドラマや映画でやることはあまりないでしょうが、感覚として残ったり、それをやらないがあまり不自然になったりします。

テレビや映画の現場の方のお話ですと、テレビではテンポが大事です。
黙って突っ立てるのが長かったりしたらその間にチャンネルを変えられてしまいます。脚本も関係あると思いますが、ずっと飽きずに見ていること。映画では大きなスクリーンで見るのですからそれだけの迫力を求められます。最近では変わってきていますが、しばらく前だと「黙ってたっていても絵になる人」が求められました。高倉健、小林念待、勝新太郎・・・映画スターといわれる人に寡黙な人が多いのもそういうことが関係するようです。

そういう映画の世界で育ってきた人がテレビの世界で演技をすると不自然にオーバーになってしまって演技が下手になることがあります。具体的に名前を挙げるのはやめておきますが、映画スターと呼ばれる人がテレビドラマに出て演技を酷評されていることもありました。

一般レベルでいえば自分を客観的に見ることができる人や思ったことを表現する表現力が求められると思います。

頭の中で思い描いていてもそのとおりにできるかどうかは別のことで、それができるか、ということにかかってくると思います。音痴な人(私ですが・・・)は音楽が聞えていないとか音が理解できないのではなく、聞いた音を再生することができなかったりします。

そういうことが演技にも言えるのではないかと思います。

舞台とテレビと映画の演技があります。

それの使い分けができていない感じがする人を見かけます。
私が実際にやったことがあるのは舞台しかないので舞台ベースで話します。

舞台では生で行うものなのでアドリブや「その場にいる人に伝える能力」が求められます。一般的によく言われるのはリアクション。舞台では日常では絶対にしないだろうという動作は結構多いですよね?それをそのままドラマや映画でやることはあまりないでしょうが、感覚として残ったり、それをやらないがあまり不自然になったりします...続きを読む

Q演技力が良い悪いってどういう事ですか?

よくこの俳優は演技の才能があるとか無いとか言いますが
どうやって見分けるのでしょうか。
よくジャニーズアイドルは演技が下手だと言われますが
自分には大して違いがわかりません。
結局、説得力のあるキャラクターを演じられるかどうかは
脚本、監督の決める演出と本人の声質、容姿などではないでしょうか。
そういった先天的資質も才能かもしれませんが、
演技の才能ってどういう事を指すんですか?
この人が演じると全然違う。みたいなことってあるんでしょうか?
もしそういえる俳優がいるなら
端的に現れていると言える作品を教えてください 
ただ、私は二十台で、あまりに年齢が違うと上手い下手がわからないので
20~30代の俳優で更に西洋の俳優は皆上手く見えてしまうので
出来れば日本かアジアの俳優でお願いします。
演技というものについて知りたいだけなのでジャンルは問いません
よろしくお願いします

Aベストアンサー

#3です。

>何を演じてもその俳優になってしまう、という批判?もよく聞きますね
しかしそれも本人の努力や才能ではなく
私生活のイメージと容姿(顔、体格、声質等)がほぼ全てではないでしょうか?
本人の努力で払拭できたりするんですか?

え? まさか、大根役者は一生大根で、上手い人は最初から上手いとか?? トム・ハンクスは払拭したと私は思っていますね。なんでもそうですが、とかく演技の勉強というものは大変だと聞きますが、俳優は発声練習や運動で体型や声を整え、さまざまな人生経験を積むよう努力したり、人を惹きつける魅力で出会いを増やすなどして、俳優として成長していくのではないでしょうか。

もうひとり、阿部寛もモデルから俳優に転進した頃は、さんざん叩かれたそうですが、努力して今に至ったと聞いています。実際、『アットホーム・ダッド』でのパパぶりは、とても実生活でも“結婚できない男”、あ、失礼、結婚しない男、とは思えないくらいに堂に入っていましたからね。

ちなみに、私生活と画面・舞台でのイメージが正反対という有名人は少なくないと思いますよ。マザコンおたく演技で有名な佐野史郎さんのご趣味は「スキューバダイビング」だそうですから。

#3です。

>何を演じてもその俳優になってしまう、という批判?もよく聞きますね
しかしそれも本人の努力や才能ではなく
私生活のイメージと容姿(顔、体格、声質等)がほぼ全てではないでしょうか?
本人の努力で払拭できたりするんですか?

え? まさか、大根役者は一生大根で、上手い人は最初から上手いとか?? トム・ハンクスは払拭したと私は思っていますね。なんでもそうですが、とかく演技の勉強というものは大変だと聞きますが、俳優は発声練習や運動で体型や声を整え、さまざまな人生経験...続きを読む

Q映画とドラマの違いについて

なんとなくすっきりしない思いを抱えておりますので、
ずばり質問しました。

自分的には、
「映画はフィルムカメラで撮り、テレビドラマはテレビカメラで撮る」
とか
「映画はテーマがあるけどドラマはそれが弱い(ドラマに失礼?)」
とか
「映画は2時間1本勝負だけどドラマは連続」
とか
「映画は映画館で見るけどドラマはテレビで見る」
などという理解をしております。

でもこれらも、
「じゃあ映画をテレビでやるいわゆるテレビ映画はどうなの?」
とか、
「ドラマだって2時間ドラマとかがあるから、映画と時間での区別は出来ない」
という反論もできそうです。

いったい映画とドラマ(とくにテレビドラマ)の違いはなんなのでしょうか? 明確な定義があれば、それもいただきたいですが、みなさんが「私はこう理解している」と言うものでも結構ですので、ぜひお聞かせくださいね。

Aベストアンサー

そもそも映画はテレビが出来る以前に大衆娯楽、または芸術として始まりました。それからいくらか時が経ち、テレビ時代の到来に伴ってテレビドラマが製作され始めました。当初は今のように収録テープに録画して放送する技術がなく、舞台中継のように生放送が当たり前でした。生ドラマと呼ばれて今でもごくたまにイベント的に作られたりしますが。新しい分野なので予算も少なく、時間も限られているために映画に比べると安っぽいのが当たり前で、いわゆる「映画の仕事が減ったから、しょうがない、テレビドラマでもやるか」てな感じであくまでもランク下のジャンルでした。なので今でもその辺の事情が所詮テレビだ・・・といわれる。・・・と。
 そして現在、一番映画とテレビドラマの違いとして制作側が留意しなければならない事は、「映画はその時間はその作品を見に来てくれたお客さんが期待を持って観てくれる。最後まで。」と言う事です。つまり一例を挙げるとその作品の手法として前半を地味なストーリーで流し、ある事件から急に展開する等の方法が取れます。最後まで集中して観て初めて様々な複線が判り、納得!というテクニックも使えます。しかしこれをテレビでやると…固定ファンがついている連続ドラマ等では良いでしょうが、ぱっと見てつまらなかったらチャンネルが変えられる!来客や電話が来たら途中の重要なシーンは観損ねる!家で何かをしながら見てたら映像だけで表現した物は見逃される!と。残念ながらそれが予算や時間、技術等以外にも、内容での違いが如実に出る理由です。勿論それらを克服した名作も有りますが。それからもう一つ。テレビの場合、その作品を観たい人ではなく、不特定多数の人々が観ます。内容をちゃんと観ればなんら問題がないような表現でもそこだけ見たらある人(や団体等)を攻撃している様に見えるシーンは御法度です。放送禁止用語の規定もそこから来ています。一概にはいえませんがこのためにテレビドラマは映画程面白い物が作れないと考える人の理由です。勿論例外はありますが。必ずしも高視聴率イコール作品の良し悪しではないテレビと、高興行収入イコール面白い作品という映画の違いです。長々書きましたが本質的な違いだと思われるものを書きました。御参考になれば幸いです。

そもそも映画はテレビが出来る以前に大衆娯楽、または芸術として始まりました。それからいくらか時が経ち、テレビ時代の到来に伴ってテレビドラマが製作され始めました。当初は今のように収録テープに録画して放送する技術がなく、舞台中継のように生放送が当たり前でした。生ドラマと呼ばれて今でもごくたまにイベント的に作られたりしますが。新しい分野なので予算も少なく、時間も限られているために映画に比べると安っぽいのが当たり前で、いわゆる「映画の仕事が減ったから、しょうがない、テレビドラマでも...続きを読む

Q俳優・役者さんの「演技が上手い・下手」って、どういうことだと思いますか?

よく、あの俳優・役者さんは演技が上手いとか、下手だとか、言いますよね?

皆さん、どういったところで「上手い・下手」と考えるんでしょうか。
これって、意外と難しい判断のようにも思うのですが・・・

出来れば、具体的な俳優・役者さんを例にして「この人のここが上手い・下手」というご回答をいただくと、ありがたいですが、一般的な判断基準でも結構です。

勿論、別に日本人には限りません。外国の俳優も、大いに歓迎します。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

演技が上手いというのは、見る人に何らかの感動が伝わってくるような演技と思います。
 それが伝わってこないような演技は、下手と思います。
 具体的な例では、1970年に制作され、日本では翌年公開され大ヒットした映画「小さな恋のメロディ」
 この映画に出演の、当時12~3歳くらいだったと思われる、マーク・レスター、トレーシー・ハイド、
ジャック・ワイルドといった少年少女の役者たちは、
年齢的には「子供」でも、みな立派に「大人」の演技をしていたと思います。
 以前にも回答しましたが、こんな甘ったるい邦題を付けられたことは大いに不満で、もっと高く評価されていい作品です。
 反対に、具体的な作品名は控えますが、いわゆる「アメリカン・ニュー・シネマ」に出演の役者たち、
これらの役者の演技は、はっきり言って「下手」です
 見ていても、何の感動も伝わってこないからです。
 以前、該当する作品が深夜に放送され、話題になっていたため録画していましたが、目が覚めたときにちょっと見ていて、あまりに演技の下手さに呆れてしまい、録画を中断したことがありました。

演技が上手いというのは、見る人に何らかの感動が伝わってくるような演技と思います。
 それが伝わってこないような演技は、下手と思います。
 具体的な例では、1970年に制作され、日本では翌年公開され大ヒットした映画「小さな恋のメロディ」
 この映画に出演の、当時12~3歳くらいだったと思われる、マーク・レスター、トレーシー・ハイド、
ジャック・ワイルドといった少年少女の役者たちは、
年齢的には「子供」でも、みな立派に「大人」の演技をしていたと思います。
 以前にも回答しまし...続きを読む

Q演技が上達するには?

演技が上達するには?

はじめまして。ちょっとわからなくて悩んでいるので質問をします。
今私は、劇団の研究生として演技の勉強をしています。

でも、いまいち上達しているかどうかがわかりません。
何か表面的になってしまって、求める演技ができていないような気がします。


そこで質問ですが、演技が上達するにはどんなことをしたら良いでしょうか?

人の観察とかはやっていますが、いまいちよくわかりません。
発声練習や早口言葉、日舞なども稽古でやっていますが、ほんとうにこれで上達するのかが疑問です。


演技って何?というところまできて悩んでます。

演技の先生に聞くと、「自分で考えなさい」と言われます。
でも考えてもわかりません。


こんな八方塞の状態の私ですが、
オススメの本とか練習法とかがあったら教えてくれますでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

はじめまして。
今、実際に舞台俳優をやっているものです。

実は僕も昔、同じ事で悩んでいました。
あまりに似すぎていてなんか親近感を覚えたので回答してみました。


まず、演技が表面的になってしまうとうのは、役のシチュエーションに入っていないからだと思うんですね。アイディアや頭で演じてしまっている。
頭で演じてしまうと、どうしても浅くなってしまったり、ぎこちなくなってしまうものです。


やはり、心で演じられるようになりたいですよね?
では、そうするためにはどうするか。

練習法ですよね。
発声練習や早口言葉、日舞なども稽古しているということで、非常に頑張っていると思います。


ただ、それは演技以前の基礎訓練にすぎないんですよ。
多くの俳優達はそれこそが演技の基礎訓練だと思ってやっている人が多いですが、実は違うんです。


まずは、人前でも楽にいられる練習。 リラックスですよね。
それから想像したものが表に表れやすくなるような体作り、集中力の訓練がどうしても必要だと思います。

僕は実戦をたくさんやっていて、つくづくそれらは必要だと思います。
人の観察等も必要ですが、まずは、俳優としての演技訓練が必要だと思います。

その後に、役にどうアプローチしていくかを研究していくと良いと思います。


台本って、多くの人は、台本に書かれたことしか理解しようとしないし、そこだけを表現しようとしてしまうと思うんですが、実は違うんですよね?


台本に書かれたものは、役の長い人生の中の一部分でしかないわけです。
なので、劇が始まる前にもずっと人生は続いてきたはずですし、劇が終わった後も人生は続いていきます。

ですから、より演技に深みを与えたかったら、からだの訓練と共に、台本に書かれた役の人生は、台本に書かれる前はどんな人生でどんな思いですごしてきて、何が目的なのかをはっきりさせる事が非常に大切だと思います。 ただし、頭やアイディアにはならないで、心が動くレベルで深めていく事が大事です。


演技の本質の話になると本当に長くなってしまうので、
僕が今までで一番影響をうけたものを紹介します。


演技力向上プログラムというDVDがネットで売られていて買ったんですけど、それは本当によかったです。
演技に対する考え方が明確になって、海外の俳優達が実際に行っている演技訓練法を映像で知ることができます。 すごく良心的なDVDプログラムでしたのでオススメです。

【演技力向上プログラム】
http://butaijin.com/


あとは、本でいったら

「演技者へ」
「メソードへの道」
「メソード演技」
「演技エクササイズ306」
「俳優修業」

あたりの本が非常に勉強になると思います。
これらの本はすごく有名で、アマゾンとかで検索すると出てくるので調べてみると良いと思います。


今は昔と違って、いろいろな演技のDVDや本が出ているので、積極的に見たり読んだりすることで、演技に対する認識が高まって、自分は何をすれば良いのかが明確になっていきます。


是非頑張ってください。

楽しむことを忘れない事も大事ですよ。

参考URL:http://butaijin.com/

はじめまして。
今、実際に舞台俳優をやっているものです。

実は僕も昔、同じ事で悩んでいました。
あまりに似すぎていてなんか親近感を覚えたので回答してみました。


まず、演技が表面的になってしまうとうのは、役のシチュエーションに入っていないからだと思うんですね。アイディアや頭で演じてしまっている。
頭で演じてしまうと、どうしても浅くなってしまったり、ぎこちなくなってしまうものです。


やはり、心で演じられるようになりたいですよね?
では、そうするためにはどうするか。

練習法ですよ...続きを読む

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q全48作。男はつらいよシリーズ、ベスト&ワースト

わたしは『男はつらいよ』の大ファンです。

みなさんの中にも大勢いると思います。

そこで、みなさんの「男はつらいよ」のシリーズ中ベスト
&ワーストと思われる作品を教えて下さい。

何本でも構いませんし、基準も問いません。

で、なんでそれが好きなのか?或いはキライなのか?
簡単にその理由を書き添えていただければなおうれしいです。

ちなみにわたしの場合。

自分で質問しといて非常に難しいのですが。

ベスト(3)は

望郷編
寅次郎紙風船
口笛を吹く寅次郎

ワーストは
監督が山田洋次でない作品&マドンナが都はるみのもの。

お暇な折りにどうぞ。

Aベストアンサー

私は、第14作の「男はつらいよ・寅次郎子守歌」編です(S49.12)。

ボサボサ頭で女気のない上條恒彦さんの、純情な青年振りが良かったです
(あの低音の声、好きです)。
最後にはお決まりの?、寅さんだけが知らずに、美人な女性と「結婚することになりました」
で締め括られるのですが、寅さんの驚き方が面白かったです。
歌声教室や、一人暮らしの汚い部屋の感じも好きです。

あとは、八千草薫さんがマドンナの「寅次郎夢枕」。
もう少しで寅さんが結婚できる所だったのに、本当にそうすれば
良かったのになぁと思ってしまいました。

あと、名前は忘れてしまいましたが(すみません)、喫茶店を勤める、
息子と二人で借金を抱えて暮らしている女性が出てくる作品が好きです。

やっぱり、その風景や店の雰囲気が気に入ったというものも、その映画の
好きの対象になってしまいます(^^;

嫌いな作品はそんなに思いつきませんが、あえて言うならば、
その作品のゲストばかりが際立って、寅さんがゲストを迎え入れるみたいな作品は嫌いです。
やはり寅さんが主役で、何年経ってもひとつの物語として成り立っているものが好きです。

私は、第14作の「男はつらいよ・寅次郎子守歌」編です(S49.12)。

ボサボサ頭で女気のない上條恒彦さんの、純情な青年振りが良かったです
(あの低音の声、好きです)。
最後にはお決まりの?、寅さんだけが知らずに、美人な女性と「結婚することになりました」
で締め括られるのですが、寅さんの驚き方が面白かったです。
歌声教室や、一人暮らしの汚い部屋の感じも好きです。

あとは、八千草薫さんがマドンナの「寅次郎夢枕」。
もう少しで寅さんが結婚できる所だったのに、本当にそうすれば
良かっ...続きを読む

Qタレントのハードスケジュールってどんな感じ?

 ふと思ったんですが、売れっ子芸能人って超ハードスケジュールですよね?。
 SMAPの中居正広や元モー娘の辻希美・加護愛やらは一応高校生なわけで、単位面で芸能活動憂慮をされているんでしょうが、それでもかなり忙しいですよね。

 そういう人達の平均的な一週間のスケジュールってどういう感じなんでしょうか?。一日の労働時間も気になります。
  
 キンキキッズは全盛期の休みは一ケ月で2日しか無かったらしいですが、そのくらいなんでしょうか?。

Aベストアンサー

タレント以外にも超多忙な人もいますよ。

私も4年ほど前までは、朝は新幹線の駅までタクシーで行き、帰りは午前3時頃にタクシーで帰宅、お風呂とビールを飲んで4時頃就寝し7時に起床してタクシーで・・・。
こんな生活を8年続けました。
ある時期には2年間で2日しか休日は無かったです。勿論土日祝祭日正月を含めてです。休んだので各年の元旦だけでした。それでもよく飲んだし一番遊んだ頃です。飲みに行くのは必ず日付が変わってからだし、たった1時間しか時間の余裕が無くても六本木に繰り出したものです。
土日が休めるようになっても、土曜日の深夜3時頃に帰ってお風呂&ビール&新聞で朝を迎えます。そうすると一人娘が起きてくるので、そのまま家族と一緒に散歩したり車で海の方までドライブに繰り出したりと、徹夜で家族サービスをしたものです。

今振り返ると、一番心身ともに充実し楽しかった時期です。

「超ハードスケジュール」な時ほど、何とか遊んでやろうと画策するし、パワーが必要になるんです。

人って、パワーを失ったらお終いです。そのパワーの源は「遊び」だと思います。


ご質問者様の意図された内容でなくて恐縮です。申し訳ありません。

タレント以外にも超多忙な人もいますよ。

私も4年ほど前までは、朝は新幹線の駅までタクシーで行き、帰りは午前3時頃にタクシーで帰宅、お風呂とビールを飲んで4時頃就寝し7時に起床してタクシーで・・・。
こんな生活を8年続けました。
ある時期には2年間で2日しか休日は無かったです。勿論土日祝祭日正月を含めてです。休んだので各年の元旦だけでした。それでもよく飲んだし一番遊んだ頃です。飲みに行くのは必ず日付が変わってからだし、たった1時間しか時間の余裕が無くても六本木に繰り出したも...続きを読む

Q普通の人は何オクターブ出るの?

マライア・キャリーは7オクターブ(実際は5オクターブ?)とか、MISIAは5オクターブと聞いたことがあるのですが、普通の人は何オクターブくらいなんでしょうか。

先日、初めて自分の声域をチェックしたところ「2オクターブ+3音」という結果でした。
普通は3オクターブくらいかな?と思っていたので、自分の声域は狭いのかとちょっとがっかりです(;_;)。

Aベストアンサー

専門的なトレーニングを受けない人であれば、2オクターブ前後が普通です。音域は生まれながらのものもありますが、発声方法を専門家について習得することによってある程度は広げることができます。
私も音楽家の端くれですが、一般人で2オクターブ+3音であれば立派な方ではないでしょうか。3オクターブもあったらそれだけでプロの入り口に到達です(笑)。
プロのオペラ歌手も高音になると発声法を巧みに(素人や聴衆には殆どわかりませんが)変えるのですよ。

Q「世界の中心で、愛をさけぶ」ドラマと映画どっちがいい??

せかちゅーの再放送で質問している方がいる中、私も質問しちゃいます。

ドラマの方は再放送で今のところ全話見ています。ドラマを見ていたら映画の方が見たくなって見てみました。正直私にはがっくしでした。(好きな方ごめんなさい。)映画は2時間で完結させなくちゃいけないから、あの展開の早さはわかるんですが。純愛っていうのがなんとも伝わりにくかったです。
その点ドラマは出会いから付き合いだして病気になっていく様がとてもゆっくりで丁寧に描かれているように感じます。なんでも無いところで泣いてしまうほどドラマの方にはまってます。
あと、綾瀬はるかちゃんが坊主になっちゃうシーンは特殊メイク??それとも本当に刈っちゃったんですか??

ってなわけで私はドラマ派なんですが、皆さんはどうですか??

Aベストアンサー

ドラマ派です♪DVDも買いました。

映画もDVDを買いましたが、失くしてしまいました(笑)家のどこかにはあると思います^^;

私がドラマ派な理由は、キャストが良い事と内容が濃いと思うからです。2時間の映画と10何話とは話の進むスピードが全然違いますが、それだけでなくドラマの方がキャストが豪華な気がします^^。

>綾瀬はるかちゃんが坊主になっちゃうシーンは特殊メイク??それとも本当に刈っちゃったんですか??
⇒本当です。JUNON2月号の128ページ~綾瀬はるかさんのインタビューがあります。そこに「カツラが取れて嬉しい!」と書いてありました。


人気Q&Aランキング