着物と帯の素材について、合わせるのにNGな素材というのはありますか?
(正装ではなく、普段着の場合)

例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。

色々なサイトをめぐり、季節・柄・着用の場面でのルールは書かれていたのですが、
特に素材の合わせについて言及されていないという事は、夏物なら夏物、
冬物なら冬物であれば、着物や帯の素材は問わないという事でよいのでしょうか?

また、こういう素材の組み合わせは良くない、というものがあったら教えて下さい。
初心者なので、質問として適切でなかったらすみません。

A 回答 (2件)

最近の和装は実に多彩になり、ルールにとらわれない楽しみ方が増えていますね。


でも素材の相性というのは大切ですから、良いところに着目されたと思います。
<例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。
問題ないですよ。
木綿の帯というのは実は普段着の万能選手です。柄に季節感がない場合四季を通して使って頂いてかまいません。
絹の着物と言っても紬であれば完全な普段着。これに木綿の帯は好相性です。
厚手でないものなら夏の普段着や浴衣にも締められます。
もちろん色や柄ゆきや質感の調和は考えてくださいね。
小紋の着物となると紬よりも一段よそ行きになりますが、縞や格子柄などごく普段着向きの物なら木綿の帯も合うでしょう。
型染めの帯など趣味的でよいと思います。

また、麻の帯は夏専用と思われがちですが、平織りでとくに夏用に織られたものでなければ4月くらいから9月いっぱいくらい着用できます。
もちろん夏用の柄ゆきでないものに限られますが。

年中締められる万能帯としては絹芭蕉があります。
絹の帯ですが芭蕉布に似せて織られたもので、軽い質感です。
これも季節を問わない柄であれば袷にも単衣にも、夏でも締められるものも多いです。
ただ芯を入れてあると盛夏には少々暑いかも知れませんが。
これに対して櫛織りという透けのある織りの帯がありますが、夏用に見えるのにそうではないんですね。
単衣に最適とされていますが袷の着物にも締めます。

難しく考えないで見た目の印象で決めればたいてい大丈夫です。
木綿の着物に絹の帯でもいいし、絹の着物に麻の帯でもいいわけです。
たっぷりとシボの立ったちりめんの帯はやはり冬場に向きますし、つるりとした塩瀬なら初秋から晩春まで長く締められます。
絽目の入ったものや透け感のある素材ならやはり夏用です。

フォーマルな帯を普段着に締めるというような事をしなければ、とくに取り決めはないのですが相性というのはあります。
自分の目と感性をたよりに、着物との相性や季節、着て行く場所等を考えて決めてください。ポイントは色柄と質感になると思います。

また、どんな場合でもポリエステルの帯だけはおすすめできません。
合わないとかおかしいとかの問題でなく、ゆるんできて使いにくいからです。
それと木綿は絹より重いです。長時間の着用になるとずいぶん違いますからその点もお気をつけください。
すり切れやすいのもシワになるのも木綿のほうですね。
というわけで結局、正絹の帯が最も重宝はしますよ。
そうそう、変わったところでは紙布の帯というのがあります。
和紙を撚って糸にして織った八寸帯で、これも年中使える素材です。とても軽くて締めやすく麻や木綿同様に水に強いので重宝です。
ちょっととりとめなくなりましたが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい解説をどうもありがとうございました。
帯の素材と着用時期も、大変参考になりました。

現在は絹の小紋、木綿の単衣、ポリの袷を持っているのですが、
今後購入する帯の幅が広がりそうです。
やはり着用の場面や季節、柄が重要で、あとは見た目の質感で
決めて良いものなのですね。これからの楽しみが増えました。

お時間を取っていただいてありがとうございました。

お礼日時:2008/08/14 02:45

現代では自由に組み合わせてるのもありますが普段着でも大島紬などは絹織物でやはり帯は絹がいいと思います。



参考にしてください。
http://www.sakamoto-g.com/course.no1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL拝見しました。
こちらでも見た目の質感が大切とあり、やはり同じ素材の方が見た目にも
なじみやすいのですね。
それとは別に帯の種類など参考になりました。

回答をいただきありがとうございました。

お礼日時:2008/08/14 02:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紗の着物に、夏物以外の名古屋帯を合わせたらおかしいですか?

紗の着物に、夏物以外の名古屋帯を合わせたらおかしいですか?

最近やっと自分で着物が着られるようになった初心者です。

少し古い着物雑誌を見ていたら大人の浴衣の着方の特集をしていて、
紗や絽ではなさそうな献上博多帯が紹介されていました。

浴衣には麻素材や博多帯を選べば間違いがないが、
絽や紗の帯の場合は金糸の入っているものは合わせないように、
との事です。

これを見ると、浴衣には夏物以外の博多帯はOKということですよね?
そう考えると、普段着の紗の着物にも夏物以外の博多帯もOKということでしょうか?
段々わからなくなってきてしまいました。

そして、もしOKなら、帯揚げや帯締めは夏物にしたほうがいいでしょうか?

あまりに変な質問で申し訳ありませんが、初心者のためよろしくお願いします。

Aベストアンサー

博多の単衣帯ならOKですよ。年中締められる帯です。
ただ紗の着物と言ってもいろいろですので調和は考える必要があります。
博多はカジュアルな帯なのでドレッシィな雰囲気の着物には合わないと思います。

博多にも紗献上と言って盛夏専用の帯もあります。
単衣帯より季節感が出てオシャレになります。

帯揚げや帯締めは夏物にしてください。半襟も長襦袢もですね。
着物が紗ですから、やはり盛夏仕様に。

<絽や紗の帯の場合は金糸の入っているものは合わせないように、

これは少し正確ではなくて、絽や紗のフォーマル以外の着物に金糸の帯を合わせない、という意味になります。
絽や紗というのは、縮緬や紬といった素材自体の名称です。
絽の普段着もあれば絽のフォーマル着物もあります。それに合わせる夏用のフォーマル帯には金糸使いのものもあります。
紗のフォーマルというのはあまりないですね。

Q帯の夏物って?浴衣帯と普通の帯の違いって?

こんにちわ。
今年から着物を着てみようと思って、いろいろと小物を買い足しています。

先日着物屋さんに帯を見にいってかわいいものがあるな、と思って手に取った帯があるのですが、「それは浴衣用ですけど、着物にも使えますよ~」といわれたのですが、見た目には違いがわからず。。

先日自分で購入した半幅帯(おそらく木綿)ももしかしたら夏向け、冬向けなどがあったのかしら?と思って不安になってきました。

どう見分けるのか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本来浴衣には半幅(巾)帯を合わせます。半幅帯というのは単の4寸帯です。
今殆どの呉服屋さんに半幅帯として出回っているのは、正しくは小袋帯(4寸の合わせ帯)です。
本当は小袋帯と半幅帯は別物なのですが、この辺り既にごっちゃになっていて、呉服屋さんでもただの店員は違いが判っていません(たぶん薦めてくれた人もこのレベル)
着る人も売る人も違いが判らないのですから、色と素材のレベルさえ合えば何でも良いのです(絽や紗のような透ける素材は明らかに夏帯ですが)

まあ夏に合わせの厚い木綿帯を締めるのは辛いので、薄手の物を選んだ方が良いと思います。
わたしは有色の浴衣にはポリの小袋帯、白地には紺の吉弥帯(半幅で合わせの薄い木綿帯)を締めてます。

Q冬物ウールに合わせる帯

先日、アンティーク着物を取り扱うお店にて、冬物ウールの着物を購入しました。
着物は以前から好きで愛用しておりまして、すでに手元にも何点か持ち合わせております。
が、冬物のウールを購入したのは今回が初めてです。

これまで、「絹には絹」「木綿には木綿」と、同質素材の着物と帯の組み合わせをしていた為か、ウールの着物に絹素材の帯を合わせてみた際の、着物と帯との色味は合うものの、見た目の素材感がしっくりしない点に、違和感を感じてしまいます。
(手持ちの帯がいずれも華やかな文様があるものばかりですから、その違和感であるのかも知れませんが)。

購入した着物に合うようにと、今度は同質のウール素材の帯を購入しようか…とも考えていますが、普段、お着物を愛用されている方は、冬物ウールの着物にどのような帯の合わせ方をされているのでしょうか?
ふと、気になりましたので、今回こちらに質問致します。

今後の組み合わせの際の参考に致したいと思いますので、さまざまな方からご意見・アドバイス等、賜りたいと思います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。
ウールに合わせる帯…と言うと最もラフでカジュアルな装いになりますので光沢のある織りの帯は合わないかと思いますね。
紬の着物と同様に考えればいい事です。
種類としては半幅帯、名古屋帯、洒落袋帯、兵児帯などが対象で、つまりは袋帯以外ですね。
しかしいろんな趣の帯があるので種類だけでは特定できません。

ポイントとしては金糸銀糸や箔使いのないごく普段着らしい帯。
家の中や羽織の下に締めるぶんには浴衣に合わせる博多の半幅などもいいです。
お出かけには少しよそ行きの半幅や名古屋帯で。
私は紬地の名古屋帯をよく締めます。
ウールと一口に行っても結構雰囲気に開きがありますので着物に合ってる物を締めるのがいいですね。
それさえ合っていれば絹でも木綿でも素材に決まりはありません。

一番合うのは民芸調の物や手仕事の温かみが感じられる工芸的な帯です。
中にはお値段の張るものもあります。
例えるなら
裂き織り、ミンサー、イカット、櫛織りなど。
染め帯なら型絵染めや素朴な筆致で描いた手描きの帯が合ってきます。

たまたまウールに向きそうな帯が集まったページを見つけましたのでご覧ください。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/sendaiya/439559/

こんにちわ。
ウールに合わせる帯…と言うと最もラフでカジュアルな装いになりますので光沢のある織りの帯は合わないかと思いますね。
紬の着物と同様に考えればいい事です。
種類としては半幅帯、名古屋帯、洒落袋帯、兵児帯などが対象で、つまりは袋帯以外ですね。
しかしいろんな趣の帯があるので種類だけでは特定できません。

ポイントとしては金糸銀糸や箔使いのないごく普段着らしい帯。
家の中や羽織の下に締めるぶんには浴衣に合わせる博多の半幅などもいいです。
お出かけには少しよそ行きの半幅...続きを読む

Q夏物の着物にあわせる帯について

初歩的な質問になります。

夏物の着物として、絽(小紋)とサマーウール単衣を持っています。
この2つの着物に、正絹紬地の名古屋帯を合わせるのは、おかしいでしょうか?

また一言で夏物といっても、いつからいつまで着用できるんでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

絽は7月~9月上旬までになります。
合わせる帯は夏物(絽、紗、夏用の織り帯など)になります。
袷用の紬地名古屋帯ですと時期が違ってしまいます。

サマーウールは透けない素材ですね?
透けない単衣は6月と9月に着ます。
温暖化ゆえもう少し長く春先から着てもよいし、秋は10月上旬くらいまで着ても良いです。
盛夏(7.8月)は除きます。
紬地名古屋帯を合わせても結構ですが6月中旬以降は夏帯に切り替える傾向が強いです。

決め手は透けるか透けないかです。
透けない単衣は盛夏は着ません。
透ける物は薄物と言って盛夏のものです。
半襟、帯揚げも盛夏は絽などの夏物を、単衣には塩瀬など袷用の物を合わせてもかまいません。

Q絞りの名古屋帯に合わせる着物

総絞りや絞りの柄の入った帯の場合、どの着物にあわせればよいでしょうか?
小紋で良いのでしょうか?
また、袷・単どちらの季節に使うものなのでしょうか?

帯結びは、普通のお太鼓で良いのでしょうか?

帯締めも、絞りのものを使用したほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

絞りの加工は様々に使われていますので言葉では判断しきれないのですが、全体的に入った匹田や鹿の子絞りと判断して回答させて頂きます。
いずれにしても染め帯ですので正装、礼装には向きません。
小紋や紬などの普段着着物に締めます。
普通は袷の着物に合わせます。
単衣に合わせてはダメというわけではありませんが、6月や9月の蒸し暑い季節に絞りのふっくらした風合いが合わないかと思います。
ただし柄として部分的に絞り加工がされた物はこの範疇にない物もあります。
http://blog.kimono-maruya.com/?eid=423388
絞りだから特別という事ではなく普通に染めの名古屋帯として扱ってください。
名古屋帯ですからお太鼓系の結びしかできない物が多いと思います。
特別に柔らかい芯を使用したポイント柄でない物なら文庫結びなどもできます。
<帯締めも、絞りのものを使用したほうが良いのでしょうか?
帯揚げの事をおっしゃっているのですね?
別に絞りでなくて結構です。むしろボリュームがケンカしてしまうので絞りでない帯揚げの方がいいと思います。
実際の着物との調和をよく見て締めるようにしてください。
たとえば匹田の総絞りの名古屋帯なら大島紬や結城紬に合わせるとお手本的です。
染めの着物なら無地場の多い飛び柄小紋などが合うでしょう。
柄ゆきなどでかなり合わせる着物のバリエーションがあります。

絞りの加工は様々に使われていますので言葉では判断しきれないのですが、全体的に入った匹田や鹿の子絞りと判断して回答させて頂きます。
いずれにしても染め帯ですので正装、礼装には向きません。
小紋や紬などの普段着着物に締めます。
普通は袷の着物に合わせます。
単衣に合わせてはダメというわけではありませんが、6月や9月の蒸し暑い季節に絞りのふっくらした風合いが合わないかと思います。
ただし柄として部分的に絞り加工がされた物はこの範疇にない物もあります。
http://blog.kimono-maruya.c...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報