はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

全くの趣味のブログをFC2ブログでやっています。

ブログ自体で販売などはしていません。

雑貨に関するブログですが、
ブランドの歴史などを調べて載せています。

そこで例えば「お問い合わせ:***株式会社03-****」または
公式ホームページURL(リンクについても)などを載せることは違法でしょうか?

写真などの掲載については調べてわかったんですが、
この部分の似た回答が探せないでいます。

わかる方教えて下さい。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ANo.3です



>引用先の件

・商品の仕様に関して
さまざまなケースが考えられますが、商品仕様は基本的にやはりメーカーサイドが公表しているものを参照か引用するのが好ましいと想います。
理由としては、商品の仕様は、商品のイメージに直接関りを持つ場合が殆どだと思われます。
商品イメージはメーカーが大事にしているものですから下手に触ると怪我します…。

・時計のブランドの歴史を本や雑誌、ネットサイトから勉強して、コピペとかではなく自分の言葉にして…
こちらの方は、使う言葉(の意味)には気をつけて斜め目線での意見でもなく批判中傷でもなければ問題はないでしょう。
ただ私なら信憑性や情報源として参照リンクは張りますね。
あとネット上には沢山の情報がありますが間違った情報も少なくはないので気をつけて下さい。

リンクの質問に関して
はい、その通りです問題ありませんよ。
みずから行った公開情報(公開サイトも含む)であれば、リンクする行為は法律上なにも問題はありません。
無論リンクされる側にもそのリンクが嫌なら拒否可能ですし、Googleなどの殆どの検索エンジンなどがいい例です。
例えば、自分からテレビ番組に出演したのにその番組を見ている人達に「姿を見るな!」といっているのと同じ事ですからね(笑

あと横からの意見で申し訳ありませんが…
リンク許可などの連絡は、ある程度サイトを作成した後でサイトurlとサイトの趣旨を入れた内容で連絡を取ったほうが良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごくわかりやすいご回答をありがとうございました。

かなり色々わかりました。本当にありがとうございます!

好きなものについて載せるのみなので、全てが
好意的な書き方になりますのできっと大丈夫ですね。

ご回答重ねてお礼申し上げます^^

お礼日時:2008/10/17 18:41

> 一般企業の会社名などを無断でブログに書いてもよいのでしょうか?



株式会社オウケイウェイヴ

書いちゃいました (笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。沢山の方にアドバイスしていただき感謝しています。

書いちゃいましたか(笑)。

株式会社オウケイウェイヴさんなら問題はなさそうですよね。

実体験のご返答、ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/17 09:35

企業側の意見ですが、批判中傷でないのならリンクフリーで大歓迎です。


特に販売に絡む商品など。 問題にする企業が見当たらない。

電話番号や住所は、#2・3さんの意見に同意です。

リンク形式は、
----------------------------
○○○の取り扱い ××ショップ名××
<a href="サイトURL"><strong>○○○ ×××</strong></a> www.example.com
↑ ↑ クリックで移動します。
----------------------------
などの様に主要商品名などでリンクされると嬉しいのです。
更に、商品に関して良いコメントがあれば最高です。


普通は、宣伝費を掛けて企業側が宣伝するのですが
これを無料でやってくれるのですから不審感もありますが嬉しいのです。
但し、そのブログが商品イメージを損なう場合には歓迎出来ません。
ブランドでしたらやはり綺麗で豪華なイメージも必要かと。ご注意下さい。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。沢山の方に色々アドバイス頂けて本当に助かります。

リンクする場合はやっぱり毎度毎度許可を頂くようにした方が
いいでしょうか?

また、そんなに大手の販売会社さまではない場合、
確かにショップ名や商品名とリンクを喜んで頂ける
場合も多いかと思いますが、ご連絡はメールで唐突に
リンク貼らせて頂きたいのですが、と
連絡してもご迷惑でないですか?

もしよろしければお返事いただけたらうれしいです。

よろしくお願いします。

補足日時:2008/10/17 09:28
    • good
    • 0

>企業名


正式に市販されている商品や企業自らの公開情報を紹介するのに正式な屋号で表記するのなら企業名を出しても問題はないです。

>電話番号
これを表記するさいには最注意が必要です。
番号間違いは見知らぬ人に迷惑がかかり、同企業内でも部署などを間違うと相手に迷惑がかかります。
電話番号まで表記するのなら、出来れば対象企業の広報担当等に確認した方がいいですね。

あとサイトの商品紹介文や公開情報など他人の文章にはさまざまな権利が発生するので転載問題には充分に気をつけて下さい。

それと文章の内容には責任をもつ事。
・ネット上の行動は、個人情報をさらさなくとも法的処置をとれば必ず誰か判明しますので注意
・その内容は全世界の人々が閲覧する可能性がある事を肝に銘じてup
・内容如何では訴訟問題(批判や誤情報など)も起こりうる事を納得の上で。

また、公式サイトや公式な公開情報などから引用する場合は必ず引用先をリンクするのが鉄則です。

リンク時の注意点

・ネット上に公開されているサイト(情報も含む)に外部からリンクする事じたいは違法ではありません。
例え国の機密情報であれ「自らネット上に公開した場合」はその時点で外部から呼び出されても文句は言えません。
日本国内には時たまある、テキストファイルなのにリンク禁止とされているサイトがありますが、常識を超えるアクセスでサーバーに負担をかけなければ一応問題はありません。
ただし、対象サイトマスターから了承されている時以外はTop以外にはリンクしないのがネット上の良識・マナーとされてます。

・テキストファイル以外は直リンクしない。
画像や音声データ等は無許可で直リンクした場合は訴訟問題にまで成りかねませんので絶対にやらない事。

・引用先のテキストファイルを直リンクする方が閲覧者には親切ですが、情報元にとっては迷惑な場合も…
Top以外リンク禁止とされているサイトや動的サイトの場合です。
こんな場合はTopにリンクを張って辿り方を表記する方がベターかもしれません。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。沢山の方に貴重なアドバイスを頂けて感謝しています。

電話番号はやめておきます(笑)。

>公式サイトや公式な公開情報などから引用する場合は必ず引用先をリンクするのが鉄則です。

とアドバイス頂きましたが、例えば1つのあるバッグについて、
仕様(サイズ、素材、色使いや発売年度など)に関しても

また、例えば時計のブランドの歴史を本や雑誌、ネットサイトから勉強して、コピペとかではなく自分の言葉にして書き込みする時も
引用先をリンクすることは必要でしょうか?

そのリンクには許可は要らないですか?
>ネット上に公開されているサイト(情報も含む)に外部からリンクする事じたいは違法ではありません。

こちらがその答えにあたると思って良いのでしょうか?

しつこくて申し訳ないですが、
やる以上はどなたにもご迷惑をおかけしたくないので
もしよろしければ再度ご返答お待ちしています。

よろしくお願いします。

補足日時:2008/10/17 09:18
    • good
    • 0

公開されているWEBページのURLとか,公開されている(たとえば お客様○○係)の電話番号は知的財産ではありませんので,掲載して法に触れることはありません.



ただし,電話番号が変わったときに,古い(今は間違った)電話番号を掲載したままにすると相手に迷惑が掛かります.相手企業のWEBページへのリンクにとどめておくのが無難だと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。沢山の方に貴重なアドバイスを頂けて感謝しています。公式WEBページのURLだけなら問題はなさそうですね。心配だったら連絡を取り、許可を頂いてからにしようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/17 09:16

企業のHPには禁止事項として無断転載禁止と標記しているところもありますのでよく注意してください。

既得権はその会社にありますからブログに掲載していいかはメールや電話で確認した方がいいと思います。権利・権限が発生することなのでここで確実な回答を得るのは危険です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。沢山の方に貴重なアドバイスを頂けて感謝しています。

お礼日時:2008/10/17 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブログの記事のタイトルに、ズバリ会社名や商品名を使うのは禁止なのですか

ブログの記事のタイトルに、ズバリ会社名や商品名を使うのは禁止なのですか?

記事のタイトルに、会社名や商品名を書いている人を見かけますが、
それはECサイトが定める規則に反することではないのですか?

アフィリエイトをする場合、どこまで書いていのかわからなくて、
記事のタイトルを決めかねています。

またブログライターの場合と、成果報酬型の場合とでは、考え方が違うのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

法律的な という意味なら 不正競争防止法などいくつかありますが、競合するのではなくその商品そのものの販売を目的とするなら、基本的には問題ないですよ。
商品名には著作権はないので載せるだけなら法には触れません。
載せたことでどの様な実害が生じるかでしか訴えられませんから。

Qブログに会社名を出して 実態を書くのは違法ですか?

実名は出しませんが、会社名を出して

日々の事を記録するのは、犯罪ですか?

自分の勤め先の内部を暴露したいのです

ウソは何一つ書きません

真実でも ダメですか?

例えば 料理の飾りに使っている菊は使いまわしだとか、

社長の愛人が 自分の嫌いな子はすぐ辞めさせる(不当解雇)とか

もちろん 私は首になる覚悟なので 立場上は問題ありません

よく来てくれる常連にも はっきり ねずみやごきぶりがいるって教えたいけど

ダメですか?

Aベストアンサー

ブログの利用規約に「個人または企業を誹謗・中傷する記述は禁止」って書いてあったら、例え事実だとしても、書いてはいけません。

一部を伏せ字にしても、個人または会社が容易に特定出来る伏せ字の場合は、伏せ字と認められません。

また「仮名」と明記してあっても、容易に個人または会社が特定出来る場合は、実名を書いたのと同じと扱われます。

誹謗:他を悪くいうこと。そしること。事実かどうかは無関係。
中傷:ありもしないことを言いたてて、他の名誉を傷つけること。

もし企業を相手に喧嘩するなら、企業から「事実無根。名誉毀損」と訴えられる覚悟で喧嘩しましょう。

この喧嘩、負けるとクビだけでは済まず、損害賠償請求されます。

名誉毀損の損害賠償裁判では、
(1)公益性
(2)公共性
(3)真実性
のうちのどれか1つでも欠ければ、被告が敗訴します。

ご質問の件では「公益性」「公共性」に乏しく、被告になった場合は敗訴が濃厚と思われます。

「公益性」「公共性」を認めさせるには、例えば
・「ゴキブリやネズミで健康被害が数百人以上出ています。これが全患者のリストと全員の診断書です」などと証拠を添えて立証する。
・「不当解雇が数十人に及び、公益を害している。これが解雇された人のリストです」などと証拠を添えて立証する。
・「使い回しされた飾りの菊で、経口感染の伝染病で健康被害が数百人(以下略)
など、かなり高いハードルがあります。

これらの証拠をガッチリ固め、関係者に証言をして貰える確証があるなら、ブログで告発して良いでしょう。出来ないならブログで告発するのは控えた方が良いかと。

ゴキとネズミと菊の件なら、匿名で保健所に投書した方が話が早いと思いますよ。

ブログの利用規約に「個人または企業を誹謗・中傷する記述は禁止」って書いてあったら、例え事実だとしても、書いてはいけません。

一部を伏せ字にしても、個人または会社が容易に特定出来る伏せ字の場合は、伏せ字と認められません。

また「仮名」と明記してあっても、容易に個人または会社が特定出来る場合は、実名を書いたのと同じと扱われます。

誹謗:他を悪くいうこと。そしること。事実かどうかは無関係。
中傷:ありもしないことを言いたてて、他の名誉を傷つけること。

もし企業を相手に喧...続きを読む

Qブログに会社名を出すのは法律違反?

自身が書いているブログに会社の実名を出すのは法律違反になりますか?
担当者の名前などは書きません。

例えば、引越しにてある不動産やを使いましたが入居する前に部屋のダメージの具合など、本当は立会いで確認するべきなのに、きっちりした確認をしないまま契約書にサインを求められました。

画鋲などの傷はあとで修理費(清掃費)として請求される事があると言われ、よーく壁や床を見ると画鋲の後、黒ずみなどたくさんありました。私が出るときにそれを私のせいにされるのが嫌だったので隅々まで写真を撮り、黒ずみ、画鋲の後まで細かく図面に表示し、「入居する前からあったので私の責任ではありません」と明確に表記し、不動産屋へ送って、受け取ったのを確認してからサインをしました。他の物件でも良かったのですがその部屋がとても気に入ったのと交渉の上家賃をまけてくれたのでその部屋に決めました。

正直、こういういい加減な会社は実名で「この会社には気をつけろ!」と書きたいのです。

担当者の名前を書くつもりはありませんが会社名を書いて、実際経験した事を書くのは法律で罰せられる可能性ってあるのでしょうか?

自身が書いているブログに会社の実名を出すのは法律違反になりますか?
担当者の名前などは書きません。

例えば、引越しにてある不動産やを使いましたが入居する前に部屋のダメージの具合など、本当は立会いで確認するべきなのに、きっちりした確認をしないまま契約書にサインを求められました。

画鋲などの傷はあとで修理費(清掃費)として請求される事があると言われ、よーく壁や床を見ると画鋲の後、黒ずみなどたくさんありました。私が出るときにそれを私のせいにされるのが嫌だったので隅々まで写真を撮り...続きを読む

Aベストアンサー

以前、弁護士に同じような質問をしたら、

「名誉毀損で訴えられる可能性は高いですよ。
普通の人間(市井の人間という意味)は損得勘定で動きますから、利益と支出を比較して、一円でも支出が多ければ行動に移しません。
しかし 企業は、面子、法的根拠で動きます。
会社の対面を傷つけられた、と感じたら弁護士を雇って名誉毀損で訴えることはごく普通です。
そのために多少の持ち出しがあったとしても企業としての面子を保つ方が重要、と考えるのが企業、です。
他には、取引先に売掛金を踏み倒された場合、たとえ数万円程度の売掛金で、かつ、相手が夜逃げしてしまって明らかにどうしても取り戻し様がない、という場合も、何度も内容証明郵便を出して督促し、企業調査会社に相手の逃亡先を調査させたりして、
ここまで回収作業を尽くしたがどうしても回収できなかった、
という努力の証拠を残します。たとえその費用が踏み倒された売掛金を上回る金額になったとしても。
これなどは税務署には売掛金未回収の理由をきちんと提示して、企業の資金が不正に流出したのではないか?という疑問をもたれないようにするためです。企業というのはそういうところにはきちんとお金をかけるのです。
というわけで、名誉毀損で訴える可能生を覚悟の上ならば、やりたいようにやればいいんじゃないですか?自己責任ですがね。」

という事でした。

ご参考までに。

以前、弁護士に同じような質問をしたら、

「名誉毀損で訴えられる可能性は高いですよ。
普通の人間(市井の人間という意味)は損得勘定で動きますから、利益と支出を比較して、一円でも支出が多ければ行動に移しません。
しかし 企業は、面子、法的根拠で動きます。
会社の対面を傷つけられた、と感じたら弁護士を雇って名誉毀損で訴えることはごく普通です。
そのために多少の持ち出しがあったとしても企業としての面子を保つ方が重要、と考えるのが企業、です。
他には、取引先に売掛金を踏み倒された場合、たと...続きを読む


人気Q&Aランキング