最新閲覧日:

「リオ・ブラボー」という映画が大好きで、この中で歌われるディーン・マーチンとリッキー・ネルソンの「ライフルと愛馬」のレコードを以前探しました。けれどディーン・マーチンが歌うシングル盤はありましたが、このサントラ盤というのは見つかりませんでした。このレコードというのは出ているんでしょうか?それとも日本盤が出ていなかったのでしょうか?ご存知のかた教えてください。

A 回答 (1件)

確かに映画後半の保安官事務所で歌われる「ライフルと愛馬」、ディーン・マーチンとギターをつま弾くリッキー・ネルソンがデュエットし、それにウォルター・ブレナンがハーモニカを吹くという、あのヴァージョンはレコード発売されておりません。

サウンドトラックとは別にしても、ディーン・マーチンとリッキー・ネルソンのデュエット録音盤も作られておりません。まずこの映画自体のサウンドトラックLPが作られなかった(単に曲数が少なかったという噂)ということもありますし、最大の理由は、ディーン・マーチンはキャピトル、リッキー・ネルソンはインペリアルとレコード会社が異なることでした。日本では'59年、ディーン・マーチンがソロで歌う「ライフルと愛馬」、ネルソン・リドル楽団の「皆殺しの歌」のシングルがともに人気を集めました。

1954年のパラマウント映画『ホワイト・クリスマス』の主演はビング・クロスビー、ダニー・ケイ、ローズマリー・クルーニーらでしたが、デッカ・レコードから出たサントラ(?)LPでは、ローズマリー・クルーニーのパートが全て、当時デッカの人気歌手だったペギー・リーに差し替えられました。ローズマリー・クルーニーはコロンビア・レコードの人気歌手だったからです。昨今のように、レーベルを越えての人気歌手のデュエットとかレコード発売というのは、当時はまだ夢物語だったのです。

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0053221
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。レコード会社の問題だったんですか。
そういえば確かに「ホワイト・クリスマス」のサントラ(じゃないのかな、正確には)はペギー・リーが入ってますよね。
参考URLを見ても「リオ・ブラボー」のサントラCDはないようですね。
残念です。

お礼日時:2001/02/25 20:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報