プロが教えるわが家の防犯対策術!

初めての海外で、今月の11月20日からドイツ(ミュンヘン・フランク)を計画していて防寒対策に悩んでいます。
ドイツはすごく寒いと聞いているのでセーター・カーディガン・コート・帽子にマフラーと考えているのですが、寒い国は逆に室内がとても暖かいと聞いてもしや今の季節これでは着込みすぎかもと悩んでいます。室内外の寒暖の差などふまえてお勧めの服装がありましたら教えてください。
あと、物価などは日本と比べてどうなのでしょうか?1週間の旅行で5万円くらいと考えていたのですが‥カードを持っていなかったので悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

去年の同じ時期にドイツに行きました。
私も防寒対策をどうするか、出発までにとても悩みました。

>寒い国は逆に室内がとても暖かい…着込みすぎかも
はい、その通りでした。着過ぎるとレストランやカフェで茹だって
しまいました。その経験から得た教訓は、「下半分は暖かく、上半
分は脱ぎ着しやすく」です。女性の場合はこんな感じです。

下半分
・足首までの厚手タイツ
・分厚い靴下…遠赤外線、と書いてるのを履いていました
・ブーツ…私は足首までの高さのeccoのブーツにしました
・ふくらはぎにレッグウォーマー
・太もも用貼るカイロ
 …移動など列車内では熱いです。観光の時にオススメです
・夕方以降は、靴の中敷カイロ
 …足元からの冷えに効きます。かなりオススメです。

上半分
・肌着
 …ワコールの「スゴ衣」が◎!!嵩張らない上に翌朝バッチリ乾く
  ので本当に重宝しました
・長袖Tシャツ
・長袖シャツ
 …http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?produc …
  こんな感じのです。
・ひざまであるダウンジャケット
・マフラー
・毛糸の耳までかぶれる帽子
・手袋
という格好でした。

とにかく、上半分は脱ぎ着できるようにしておかれないと、お店で
のぼせてしまいます。下半分はそう簡単に脱ぎ着できませんものね^^;

太ももあたりが意外に寒いんです。膝から下は色々対策できるので
すが。。

靴の中用カイロは絶対オススメですヨ!!足の裏から深々と冷えて来
るので、足の疲れが全然違います!!

ご予算ですが、移動がかなりの部分を占めると思います。
列車移動がメインでしたら、ドイツ鉄道のホームページhttp://www.bahn.de/international/view/en/index.s …
で予め調べておかれた方が良いと思います。意外と交通費って知ら
ず知らずのうちにかかっています。
仮にミュンヘン→フランクフルトで定価は89ユーロ、つまり
12,000円弱です。移動含め、現地7日で5万円では不足すると思いま
す。
多少レートは悪くなると思いますが、日本円からの両替も可能だと
思いますので、日本円を余分に持っておかれるのも手です。

少し似たご質問が以前にありました。参考になるかも。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4435702.html

今はユーロが安くて良いですね!
良いご旅行を!
    • good
    • 5
この回答へのお礼

いろいろ詳しく教えていただいてありがとうございました。
“太もも”すごい盲点です(@□@)”太もも用と靴底用カイロかなり重要アイテムですね☆

交通費甘く見ていました‥
距離なども国内感覚が抜けていなかったので距離なども含めて改めて確認してみます!
教えていただいてありがとうございます☆☆

お礼日時:2008/11/17 23:03

こんにちは。

ドイツ在住です。

ミュンヘンあたりならマイナスになってお天気予報を見ていてもこれからの時期寒いみたいです。フランクフルトは今日(17日)は最高8度最低2度、ミュンヘンは6度と2度です。寒いと言っても温暖化のせいかここ最近は暖冬になってきますが。

以前は私もババシャツに股引を着用し万全にして外出していましたが最近では寒いですが長袖Tシャツと厚めのセーター、コートと冷えたお天気であればマフラー、帽子ぐらいで出掛けてます。たしかにお店に入ると暖房がきいているのであついぐらいになるしご旅行なら結構散策されると思うので歩いているうちにポカポカと暖かくなるかと思います。

物価も観光地はどこでも高いしレストランで食事したりするとさらに高くなりますがディスカウントスーパーなど地元の人達がいくお店であれば日本より安くて容量がある食べ物やお土産が買えます。Lidl,Aldi,Penny,Plus,Nettoなどの看板があるスーパーがディスカウントスーパーです。

ご旅行お気をつけて楽しんできてください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

現地の方の情報すごく嬉しいです。
最高でも二桁にはもういかないんですね‥寒がりなので覚悟して行きます!
あまり高いレストランなどは遠慮したいですし、地元型のスーパー好きなのでぜひ教えていただいたディスカウントスーパーの看板探して行ってみます。ありがとうございます。

お礼日時:2008/11/17 23:46

その時期に北海道に旅行に行く様な装いでいいと思います。


すでに、皆冬用のコートを着ています。その下は長袖のシャツに薄手のセーターとかです。スカーフやマフラーや厚手のソックスがあるといいですよ。
11月は霧が多く天候も不順ですので、重ね着できるような格好をお勧めします。

5万円はお小遣いなのか、宿泊料や交通費も含めてなのか分からないのですが、例えばレストランでビールやワインと一品を注文して、20~30ユーロくらいです。大体1ユーロX125と考えれば円に換算できます。

クリスマス市などでは焼きソーセージの屋台やグリューワインの屋台が出ていますので、それらなどで食事を済ませることもできます。
ソーセージは2.50~3ユーロ、グリューワインは2.50~3ユーロ+カップのファンド2ユーロです。
クリスマス市など人ごみはスリが多いですからご注意ください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。冷え性なので厚手ソックスぜひもって行きます!
旅行ガイドを見て降水量は少ないように見えたので折りたたみ傘くらいで大丈夫かと思っていたのですが、霧はの可能性はまったく考えていませんでした。簡単なハンドタオルを荷物に追加します。

宿泊費は別で、現地での移動や食費、お土産代というつもりでした。ブランドのお店に入るつもりはないので贅沢をしなければという感じでしょうか。
ご意見ありがとうございます。

お礼日時:2008/11/16 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10月~11月にヨーロッパに旅行するならどこがお勧め???

10月~11月からヨーロッパに旅行しようと思っています。イタリア・フランス・スペインで迷っています。
買い物には興味ありません。一カ国で二都市観光したいと思っています。
旅行の時季も考慮して下記の条件を満たす国・都市はご紹介頂けますか?宜しくお願いします。

自然。世界遺産。物価。食事。観光のしやすさ。

Aベストアンサー

それではわたくしはその時期南仏をお薦めします。
いつもとは逆にアビニョン、アルル、エクサンプロヴァンス、そして以西のカルカッソンヌなどはいかがでしょうか。
比較的温暖ですし。

アビニョンは法王庁など歴史地区が世界遺産。
対岸のヴィルヌーヴ・レ・ザビニョンからの眺めも美しいです。
市バスで簡単に行けます。

アルルはゴッホゆかりの地のごとく素朴な感じ。
確かここの円形競技場では闘牛にとどめを刺さなかった、と現地の人から聞いた記憶があります。 何故でしょうね?

エクスは学生の街で、プラタナス並木が美しいです。
蚤の市とか出てとても気さくで感じの良いところです。
特に近辺のリル・シュー・ラ・ソルグのアンティーク蚤の市は、本当に楽しくて飽きません!
ヴィンテージ・リネンやアンティーク・シルバーなどなどざっくざく♪

ニームはポン・デュ・ガールの世界遺産があり、ローマ最大の功績の一つが紛れもなく「建築」だったのか、と驚嘆せざるをえません。

カルカッソンヌは中世の風情がそのまま残る世界遺産で、まさにドラゴンクエストのお城の世界、そのまんまです。素晴らしい!
たぶんドラクエの作者がインスピレーションを得たのでしょう(笑)
私ならナポリよりカルカッソンヌを見てから死ね!です♪

他にも風光明媚な街や町村が近辺にたくさん点在していますよ。
そうそう、いっそのことバルセロナまで足を延ばして一日ガウディ三昧、というのはいかがでしょうか。
カサも全て網羅しましたが(外観のみのもあったけど)、サグラダ・ファミリアは健脚の時に登っておいて良かったです♪

ま、上記全ての行動は私の経験上のお薦めです^^是非どーぞ。

それではわたくしはその時期南仏をお薦めします。
いつもとは逆にアビニョン、アルル、エクサンプロヴァンス、そして以西のカルカッソンヌなどはいかがでしょうか。
比較的温暖ですし。

アビニョンは法王庁など歴史地区が世界遺産。
対岸のヴィルヌーヴ・レ・ザビニョンからの眺めも美しいです。
市バスで簡単に行けます。

アルルはゴッホゆかりの地のごとく素朴な感じ。
確かここの円形競技場では闘牛にとどめを刺さなかった、と現地の人から聞いた記憶があります。 何故でしょうね?

エクスは学...続きを読む

Qドイツ クリスマス市に行く際の服と靴

12月半ばにドイツのクリスマス市をメインとしたツアーに行きます。
ニュルンベルク→ローテンブルク→ノイシュバンシュタイン城観光→ミュンヘン→パリのコースです。

服装についてお伺いしたいのですが、
アウターは普通のウールのコートではだめでしょうか?
やはりダウンコートのほうが良いのでしょうか?
ハネムーンなので多少は可愛い格好がしたいのですが・・・(ダウンが似合わなくて・・・)

ボトムは普通のデニムでは寒いでしょうか?
裏側にボア加工等がされているちょっと運動着のようなパンツのほうが良いでしょうか?

また、靴は普通のスニーカーにウールの靴下の重ね履きではだめでしょうか?
普段スニーカーをめったに履かないので、試しにお店に雪でもすべりにくい靴を見に行ったのですが、
底が5cmくらいあり、硬くて重くてびっくりしてしまいました。
確かにとてもしっかりしていて雪でもすべらなそうな感じでしたが、底の返りがまったくないので長時間歩いていて疲れないのか疑問に思いました。
ツアーなので各都市の移動はバスだと思いますが、ノイシュバンシュタイン城の入場観光もありますので、上記のような雪でも大丈夫なしっかりした靴を買うべきでしょうか?
(普通のスニーカーだとしても新たに購入の必要があります)

12月半ばにドイツのクリスマス市をメインとしたツアーに行きます。
ニュルンベルク→ローテンブルク→ノイシュバンシュタイン城観光→ミュンヘン→パリのコースです。

服装についてお伺いしたいのですが、
アウターは普通のウールのコートではだめでしょうか?
やはりダウンコートのほうが良いのでしょうか?
ハネムーンなので多少は可愛い格好がしたいのですが・・・(ダウンが似合わなくて・・・)

ボトムは普通のデニムでは寒いでしょうか?
裏側にボア加工等がされているちょっと運動着のようなパンツ...続きを読む

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます♪

一昨年の12月にドイツのクリスマスマーケットツアーに参加しました。
冬のヨーロッパは何度か旅行経験があったので、だいたいいつもと同じような
服装で行きましたので参考になればと思い、書き出してみます。

アウター : ダウンコート(ロングがオススメ)
トップス : 綿素材、または薄手のウール素材のタートルネックセーター
カーディガンか大判ストール(カシミヤがベスト)
基本的に重ね着できる物をチョイス
インナー : 半袖か長袖のババシャツ(高機能な物がたくさん売られています)
ボトムス : コーデュロイなど厚手のパンツ
      その下にはロング丈のレギンス(伸縮性のあるものがいい)、靴下(ハイソックス)
その他、ウールの帽子と皮手袋、マフラーは必須アイテム。

これがわたしのベストな洋服選びです。

ダウンコートですが、ドレッシーなタイプも最近では売られています。
http://item.rakuten.co.jp/mel/87-53436/
何もフード付きでなくてもかまいません、ファーフードは逆にないほうがわたしは好きですし、おしゃれに見えるからです。
でもダウンコートがお嫌ならウールのコートでも問題ありません。
ツアーだとほとんどの時間がバスの中で観光で外を歩いても1時間弱程度ですから。

冬のヨーロッパが初めてでしたらご存じないかもしれませんが
あちらの冬の室内はとても暖かく、室内では半そでの人もいるくらいです。
セントラルヒーティングが行き届いているので薄着で重ね着のほうが
温度調節がしやすいんです。なのでババシャツと薄手のセーター一枚でも
十分暖かく感じることができるんです、寒がりさんならその上にカーディガンや
ストールを羽織るだけで大丈夫だと思います。

パンツはジーンズだと余計に冷えますので、わたしは人には勧めていません。
長時間の飛行機でもジーンズだととても窮屈だし、冬は特に膝が冷えるので
ウール素材やコーデュロイ(内側にボアがあるのはいいですね)などの
パンツやスカートをオススメしています。
膝が冷えてくるのは若い、若くないは関係ないです。
わたしがはじめて冬のイギリスへ行った時にジーンズを履いて行っていて
靴下も普通、レギンスも履いてない状態で毎日何時間も外を歩いていた結果
膝が冷えて痛めてしまいました。(向こうのホテルでバスタブがなかったのも原因)
以来冬になると足を冷やすと時々膝が痛むようになってしまったんです。
なので膝が冷えないようにコートはロング、パンツは厚手で下にはレギンスをはいて
下半身を冷やさないようにしたほうがいいです、これから出産もなさるでしょうしね(^^)

しないほうがいいのはタイツや靴下の重ね履きです。
足先の末梢血管の血流が悪くなり、いくら暖かい靴下を履いていても冷えてしまうので
タイツではなくロングのレギンスをはいて、ハイソックス靴下がいいと思います。

靴ですが、ノイシュバンシュタイン城の為だけに履きなれないスニーカーに
しなくてもいいと思います、わたしもほぼ同じルートで観光したので
このお城にも行きましたが、スニーカーのほうがすべりがひどいし
雪の上は登山用(山登り用)の靴でない限り、やはり少しは滑ります。
あのお城は冬になると雪が積もり、下からお城までの道は車が通行できなくなりますので
徒歩で登ることになるのですが20分くらいかかるんですよ、これがすごくしんどい^^;
ツアーだと歩いて登ってくださいと言われるでしょうけれど、実はご自分で
お金を出せば馬車に乗って登ることもできるんです。
1回いくらなのかはわたしは乗らなかったので知りませんが、他のツアー客は
乗って行かれている方もいらっしゃいました。乗り合いの馬車ですが
たくさんの観光客が来ているのですぐに人は集まりますから、待ち時間もほとんどなく乗れると思います。
ハネムーンならこの馬車を利用してみてもいいのではないでしょうか?
そうすれば靴のことは気にならなくなりますしね。

南ドイツはさほど雪も積もりませんので後の都市では普通の靴でかまわないと思います。
実際、わたしが行ったのが20日~25日までのツアーだったんですが
その間、雪が積もっていたのはノイシュバンシュタイン城のあるロマンティック街道の一部と
シュツットガルトだけでした。ニュルンベルク、ローテンブルク、ミュンヘンは降っていませんでした。

もしブーツを履いて行きたいと考えているなら、ショートブーツ程度にしておいたほうがいいかも。
http://item.rakuten.co.jp/riv-shoes/003-21003cf/
上記URLにあるような歩きやすく疲れにくいタイプがオススメです。
ヒールのある靴は避けたほうが無難です、旅先では自分の思っている以上に
足が疲れたりするものなので普段はいているから大丈夫と思って
ヒールのある靴を選んでいくと後悔することもありますから。

クリスマスマーケット、ローテンブルクは最高にかわいい街でしたので
楽しんできてくださいね☆

ご結婚おめでとうございます♪

一昨年の12月にドイツのクリスマスマーケットツアーに参加しました。
冬のヨーロッパは何度か旅行経験があったので、だいたいいつもと同じような
服装で行きましたので参考になればと思い、書き出してみます。

アウター : ダウンコート(ロングがオススメ)
トップス : 綿素材、または薄手のウール素材のタートルネックセーター
カーディガンか大判ストール(カシミヤがベスト)
基本的に重ね着できる物をチョイス
インナー : 半袖か長袖のババシャツ(高機能な物...続きを読む

Q10月上旬のドイツ・フランス旅行の服装について

10月9日から8日間、初めてヨーロッパ(独・仏)に行きます。
大体1ヶ月先の気候だと言いますが、服装や持ち物が決まらず困っています。。

今考えているのは
【上着】 ショートコート1着 又は+革ジャケット
【トップス】 Tシャツ2枚にニット1枚
【パンツ】 柄物を2着
【靴】 ショートブーツ1足+赤のパンプス(ヒール以外の靴はもっていません)

これだと少し暑かったりするのでしょうか? 
また私服が派手な方と言われるので、豹柄やチェック柄のパンツでお城や協会観光だと失礼でしょうか....(お寺へ参拝に行くのと比べても違う気もしますし...)
靴も(服に合わないので)歩きやすい靴(ヒール5cm程)を選んでいますが、ツアーだと辛いものか気になります。

下着は現地で洗えれば少なく済むと考えていますが、毎日ホテルが変わる様なので乾くのかも心配です。

どなたか参考までにご回答いただければと思います。

Aベストアンサー

けっこう寒いと考えていたほうがよいと思いますよ。トップスが足りないんじゃないかと心配です。

それからお城はどういうお城か分かりませんが、ドイツの中世のお城なら5cmヒールはつらいのではないかと思います。
その昔、敵が侵入しづらいように作られたところをそのまま観ることになると思うので、とにかく歩きづらい石畳になっていたり、もちろんエレベーターもありませんから石段や石の坂を延々歩くことになると思います。パリのノートルダム大聖堂やモンサンミッシェルもそうですよ。
見晴らしが良いところまで登りましょう、となったら「私は遠慮します」と言わなければならないことになるかもしれません。

また、観光地にはどんな服装の人もいますが、お城や教会へ入るならそれなりの服装というのがやっぱりあると思います。目に刺さるようなものではなく、地味めなものが無難かと。自己主張は別の場所でなさったほうがよろしいと思います。

毎日ホテルが変わるなら、下着は洗っても乾かないと思います。もともと乾くかもと思っていたぐらいの下着なら、重くもかさばりもしないでしょうから、ここは日数分持参した方がよいと思います。
ご参考まで。

けっこう寒いと考えていたほうがよいと思いますよ。トップスが足りないんじゃないかと心配です。

それからお城はどういうお城か分かりませんが、ドイツの中世のお城なら5cmヒールはつらいのではないかと思います。
その昔、敵が侵入しづらいように作られたところをそのまま観ることになると思うので、とにかく歩きづらい石畳になっていたり、もちろんエレベーターもありませんから石段や石の坂を延々歩くことになると思います。パリのノートルダム大聖堂やモンサンミッシェルもそうですよ。
見晴らしが良いところ...続きを読む

Q冬のドイツへ行ったことありますか?

12月にドイツ(またはヨーロッパのほかの国)に行きたいんです。寒いと思いますが、すごい寒いですか?雪とかふるんでしょうか。
または、<冬でも大丈夫だった>というその他のヨーロッパの場所も知りたいです。

Aベストアンサー

寒いし暗いんですけど、クリスマス前の2週間の間は、
1年で一番美しいドイツの町が楽しめるんですよ!
大きな町の中央広場ではこの時期いっぱい店がならんで
とくに日没語はイルミネーションがきれいだし、
なによりドイツの人達がクリスマスを思いっきり楽しんでる感じがして…

Qスイスのおすすめ観光地と気候(11月)

こんにちは。
11月13日ぐらいから、新婚旅行に行きます。
スイスとフランスに2カ国で、合わせて10日間の予定です。

スイスに3日ぐらい費やしたいと思っています。(本当はベストシーズンの夏に行きたかったですがやむを得ず。)

とにかくきれいな風景を見たいと思っていますが、11月のスイスでしたら、どんなところに行くのがオススメでしょうか?
一応、グリンデルワルトとツェルマットなどに行きたいと考えています。

またどれぐらいの寒さでしょうか?静岡県の人間なので
寒さがあんまり想像つかないのですが、ものすごく雪山行くような
格好のほうが良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、海外旅行は、32ヶ国に行きました。
タイには、20回以上は行っています。

スイスにももちろん行きました。
お勧めは、ベルンで 酢(●^o^●)

石畳で街中が中世そのままに残してあります。
日本の木の文化と石の文化さらには、欧米人の精神までもが
理解できるようになります。

ルッェンもカッペ橋とその水辺の小町が雰囲気がいいですね。
あと列車からみるアルプスの景色もたまらん!(●^o^●)

いろんな経験をしているからこそ分かるのですよ♪
また、なにか分からない事があればなんでもご質問してくださいね♪誠実にお答えしますので、ご遠慮せずにどうぞ(●^o^●)

Q11月末にドイツ、スイス、フランス周遊~色々教えてください!!

11月末~12月にかけてドイツ、スイス、フランスを旅するツアーに申し込みました。
今から、とても楽しみにしているのですが、どうしたら良いのか分からない事や、ちょっとした疑問があるので、アドバイスをいただけると嬉しいです。

1.往復共に乗り継ぎのある移動(フィンランド航空)になるのですが、ヨーロッパは、乗り継ぎ時の荷物の紛失が多い…と聞きました。
 1泊分くらいの着替えなどは、手荷物で持っておくべきでしょうか!?

2.寒い時期なので、着替えがかさばるのが悩みです。
 ホテルにコインランドリーか、クリーニングのサービスがあれば…とも考えたのですが、そういうものはありますか?
 その場合、料金はいくら位でしょうか?

3.ドイツはノイシュバンシュタイン城、スイスは天候が良ければマッターホルンを眺められる展望台などに行きます。
 私は北海道に住んでいますが、車で移動することが多い為、普段、冬でもスニーカーで過ごしているのですが、もっとしっかりしたトレッキングシューズなどの方が良いのでしょうか?
 足がとてもむくみやすいので、履きやすい物が良いのですが…トレッキングシューズなどはむくんだ足にも優しいでしょうか?

4.有名なブランド品などは、ヨーロッパで買うと安い…と言われたのですが、日本と比べるとどれくらい安いものでしょうか?

5.ルーブル美術館に行く時間は、開館直後が良いでしょうか?
 少し落ち着いた入りやすい時間があるのでしょうか?

6.パリの凱旋門の近くにバイクのショップが並んでいる…とガイドブックに載っていたのですが、ジャケットやグローブなど装備品?は豊富にあるのでしょうか?


6は重要ではありませんが、できれば他のものはアドバイスいただけると助かります(^_^;)

よろしくお願いいたします。

11月末~12月にかけてドイツ、スイス、フランスを旅するツアーに申し込みました。
今から、とても楽しみにしているのですが、どうしたら良いのか分からない事や、ちょっとした疑問があるので、アドバイスをいただけると嬉しいです。

1.往復共に乗り継ぎのある移動(フィンランド航空)になるのですが、ヨーロッパは、乗り継ぎ時の荷物の紛失が多い…と聞きました。
 1泊分くらいの着替えなどは、手荷物で持っておくべきでしょうか!?

2.寒い時期なので、着替えがかさばるのが悩みです。
 ホテルにコイ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。ご旅行楽しみですね!

1. 他の方も仰っていますが、空港によると思います。
ヨーロッパで10回以上乗継経験がありますが、荷物が遅れて来たことはありません。
私は乗継で荷物が多くなるのが嫌なので着替えは持ちません。
但し、以下のものは必ず持ち込みます。
・現金、クレジットカード、、トラベラーズチェック、旅行保険の証書、パスポートのコピー
・デイリーのコンタクトレンズ(旅行期間中すべての日数分+数日分)
・ハブラシセット
つまり、「荷物ごと無くなった場合」「遅れた場合」に我慢or対処できないものは
持ち込んでいます。ganba_7359さんが一泊の着替えくらい我慢できるのであれば、
着替えは不要だと思います。

2. ツアーでこの3カ国なら、ほぼ毎日移動なさるのではないでしょうか。
それぞれのサービスの有無は申し込みされた旅行会社に尋ねれば分かると思います。
ただ、クリーニングは翌日の受取と考えると不可能では…。
また、コインランドリーはホテルには無さそう。
仮にあるとしても一日の行程(けっこうハードだと思います)を終えてホテルに戻ってから、
また部屋を出て1時間そこら掛かるのはしんどいです。
私なら乾きやすい下着を持って行き、部屋で洗濯します。

3. トレッキングシューズまでは要らないと思いますよ。
石畳が多いので歩きやすい靴がいいと思います。スニーカーでも良いと思いますが、
寒さが心配です。私は足首までの高さのeccoのブーツにしました。

4. ブランド品は詳しくないのですが、欲しいものの値段を日本で見ておいて、
現地でレートとにらめっこして考えれば良いと思います。

5. すみません、分かりません。
旅行会社に尋ねてみられるのが良いかもしれません。

6. すみません、バイクに関しては全く分からないです…。
が、お店のサイトがあればな~と調べてみました。

googleで「凱旋門 バイク」で検索
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/6431/paris/d.htm
グランダルメ通りにあるようですね。綴りが分からない...
 ↓
googleで「パリ グランダルメ通り」で検索、Anenue Grande Arméeかぁ・・。
「オートバイ」を翻訳サイトで調べると「motocyclette」だそうです。
 ↓
googleで「Anenue Grande Armée motocyclette」で検索。
 ↓
http://www.moto-station.com/article1664-team-axxe-nouveau-geant-de-la-grande-armee.html
(いくつか出て来たうちの一つです。このお店がグランダルメ通りのお店かどうかは?ですが)

参考その1
googleで「Anenue Grande Armée motocyclette」"画像"検索でお店の写真が出てきます。

参考その2
googleで「Anenue Grande Armée paris」"地図"検索で通りの場所が分かります。

---------------------

1.2.3.の補足として、去年11月末に1週間程ドイツ旅行に行った時のことです。
・肌着は「スゴ衣」がオススメです。嵩張らない上に翌朝バッチリ乾くので本当に重宝しました。
・下半身の寒さ対策は「足首までのタイツ+ハイソックス+レッグウォーマー(ふくらはぎ)+カイロ(ふとももかポケット)+夕方からは靴底カイロ」でした。
・膝まであるダウンジャケット ※太もものあたりが以外に冷えるので。
・上述のeccoのブーツ。歩きやすく疲れにくかったです。

洗濯後は必ずバスタオルで海苔巻きみたいにグルグル巻いて水分を取って下さい。
とっても面倒だけど、翌日乾く率が格段にUPします。

あと、ホテルのハンガーは外せない場合があるのでハンガー1本と洗濯バサミは持って行ったほうが良いです。
雨や雪で塗れたコートを掛けて乾かす場合にも使えます。

長くなってすみません。よいご旅行を!

こんにちは。ご旅行楽しみですね!

1. 他の方も仰っていますが、空港によると思います。
ヨーロッパで10回以上乗継経験がありますが、荷物が遅れて来たことはありません。
私は乗継で荷物が多くなるのが嫌なので着替えは持ちません。
但し、以下のものは必ず持ち込みます。
・現金、クレジットカード、、トラベラーズチェック、旅行保険の証書、パスポートのコピー
・デイリーのコンタクトレンズ(旅行期間中すべての日数分+数日分)
・ハブラシセット
つまり、「荷物ごと無くなった場合」「遅れた場合」...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qフランスは5、6月と11月ではどちらがお勧めですか?

新婚旅行でパリとニースかバルセロナに行きたいと思っているのですが、5月と6月と11月ではいつがお勧めですか?
彼は挙式が今年の11月なので、終わったらすぐに行きたいみたいなのですが、私は天気やすごしやすさを考えて、来年の5月か6月に行きたいと思っています。
ガイドブックを見ても、初夏だと日照時間が長いので、夜まで楽しめるかなって思います。

私の趣味は写真を撮ることなので、青空をバックにモンサンミッシェルやパリ、ニースの風景を撮りたいなって思います。
バルセロナも初夏のほうが天気が安定していますよね・・・

ニースとバルセロナはどちらがお勧めですか?
バルセロナではガウディの建造物を見たいです。
今まで行った国とは違った雰囲気のほうに行きたいです。

今まで行った国です↓
イタリア(ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノ)、アメリカ(ニューヨーク、ハワイ)、オーストラリア(ケアンズ)、メキシコ(カンクン)、カナダ(バンクーバー、カナディアンロッキー)、トルコ、タイ、韓国

11月だとすぐに予約しないといけないので、回答宜しくお願いします。

新婚旅行でパリとニースかバルセロナに行きたいと思っているのですが、5月と6月と11月ではいつがお勧めですか?
彼は挙式が今年の11月なので、終わったらすぐに行きたいみたいなのですが、私は天気やすごしやすさを考えて、来年の5月か6月に行きたいと思っています。
ガイドブックを見ても、初夏だと日照時間が長いので、夜まで楽しめるかなって思います。

私の趣味は写真を撮ることなので、青空をバックにモンサンミッシェルやパリ、ニースの風景を撮りたいなって思います。
バルセロナも初夏のほ...続きを読む

Aベストアンサー

ヨーロッパは、初夏の方がダンゼン気持ちいいですよ!

今は3月末に夏時間になって以来、ぐんぐん日が伸びて朝日と共に目覚められるし、20時までまだ日が高いぐらいですけど、10月末に冬時間になると、朝7時はまだ薄暗くて、夜になるのも早くなります。

ただニースにいかれるなら、5月はフランスでも飛び石連休続きなのでヴァカンスをとる人も少なくないし、カンヌの映画祭もあるので、航空券や宿泊先予約も厳しくなります。

ところで、ニースとバルセロナは国も違うので全く別の印象の街なのでなんともいえませんけど、イタリアをずいぶん廻られているなら、ニースはイタリアの色濃い町ですから、今までと違う雰囲気を求められるのなら、バルセロナの方がいいかも。

Q9月のドイツの服装について

9月2日から、9日までドイツに行く予定です。
場所は、フランクフルト(ライン川クルーズ)→ローデンブルグ→ミュンヘンです。

平均気温を見ると、10度~20度となっており、急な雨も降りやすい時期と書かれています。
また、日中は長袖一枚でもよいと書いている方もいらっしゃり、ちょっと迷ってしまいました。

私は、長袖のシャツとブラウス、トレーナー、パーカー、パンツ、ニットのワンピースを持っていこうかと思っているのですが、こんな感じで大丈夫でしょうか?

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

フランクフルト在住です。
今朝はスプリングコート着ました。
いまはノースリーブのワンピにサンダルです。
昨日は夕方から薄手ダウン着ている人がいました。

朝と昼でかなり気温差があるので、長袖シャツ(袖まくり可能)にユニクロなどのライトダウン、もしくはノースフェイスなどアウトドアブランドの防水ジャケットがあれば不便ないと思います。

火曜日から1週間ほど、サハラ砂漠からの熱気が来るらしいので、来週は気温30度くらいまで上がるらしいです。

9月上旬はだいたい体感気温も最高20度前後の予報です。
今年はまだあんまり寒くならないみたいなので、重装備はいらないと思います。
http://m.accuweather.com/de/de/frankfurt/60311/extended-weather-forecast/168720

Q中欧旅行 11月と12月、どちらがおすすめ?

今年の冬、ウィーン・プラハ・ブダペストの三都市を
8日間程度で旅行する予定です。
現在11月か12月で迷っています(どちらの月も第一週に出発する予定です)。

クリスマス市がある12月が第一候補なのですが、寒さのことを考えると少しでも早い11月のほうがいいのかなぁと考えてしまいます。

どうか、旅行経験もしくは居住経験のある方のアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウィーンにだけ、しかも旅行経験だけです。

どっちも第一週ならば断然12月です!
私は数年前の12月初旬に行きました。
どうやらこの時季はオフシーズンらしく、6泊8日のウィーンのみ滞在で、航空機+宿泊費(4つ星ホテル・朝食つき)のフリープランの旅費が10万円を割っていました。
11月は、同じホテルの宿泊費が倍以上だったんですよ~。

ご存知とは思いますが、ウィーンのクリスマス市、今年は11月18日~12月26日だそうです。
・市庁舎前 http://www.christkindlmarkt.at/
・シェーンブルン宮殿の前庭 http://www.weihnachtsmarkt.co.at/
などでやっています。
もちろんグリューワインは欠かせません。温まります。
もっとあま~いプンシュもありますよ(キンダープンシュはノンアルコール)。
もちろんカップはお持ち帰り。お土産にもなります。
昼食は、屋台で売っているブラートカルトッフェルンやヴルストで済ませることもできますし。

> ウィーンですとオペラ座から大聖堂に向かう街並み
ケルントナーシュトラーセといいますが、オペラ座の横で、樅ノ木を売っていたりします。

ブダの温泉も行ってみたいんですよね~。
うらやましいです。

寒いというより、ウィーンは石畳なので「冷える」というカンジはしますが、風通しの悪い服装と、ホカロンで充分大丈夫だと思います。
あ、ホテルは乾燥注意です。
暖房設備の関係だと思いますが、夜お風呂で洗濯をして、部屋干しをすると翌朝には乾いていたり…(便利なんですけれどね)。
お風呂にはお湯を張って、お風呂の扉を開けて休まれた方がいいですよ。

ウィーンにだけ、しかも旅行経験だけです。

どっちも第一週ならば断然12月です!
私は数年前の12月初旬に行きました。
どうやらこの時季はオフシーズンらしく、6泊8日のウィーンのみ滞在で、航空機+宿泊費(4つ星ホテル・朝食つき)のフリープランの旅費が10万円を割っていました。
11月は、同じホテルの宿泊費が倍以上だったんですよ~。

ご存知とは思いますが、ウィーンのクリスマス市、今年は11月18日~12月26日だそうです。
・市庁舎前 http://www.christkindlmarkt.at/
・シェーンブルン宮殿...続きを読む


人気Q&Aランキング