なぜ、TV番組とかのエンディングにはスタッフの名前などが流れて、視聴者がそれを知らされなければならないのですか。
(1)それも番組によって出るか出ないかはまちまちであり統一性がない。
(2)そもそも、「原作」「脚本」位は知らされるべき情報とまではわかるが「照明」「タイムキーパー」が誰などは全く視聴者には必要のない(と思われる)情報も流している。そんな情報を流すならば、もっとその時間に有益な情報を流すべきだと思うんですが、いかがでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

これは、もともと映画の世界から来た習慣です。


はじめは、透明なロール紙に出演者の名前を書いて
ゆっくりとスクロールさせていました。
このため、エンディングロールと呼ばれています。

このエンディングロールの意味ですが、
もともとは、この映画は「だれそれ」のスタッフが
作成しました という、関係者名の表示でした。
スタッフにとってはねぎらいになりますし、
見る側からすると、どこをだれがやったのか(演じただけでなく)が
わかるようにするものだったのですが、
現在はもっと複雑で
出演の一部(たとえば、名前を売り出したい場合は省略しないように
事前に交渉する)となっていたり、
バーターの一部(たとえば、協力してもらった自動車会社名を出す)
となっていたりします。

また、このエンディングロールは著作権表示も兼ねています。
著作権者、隣接権者の名前はすべて出すのが通例です。

このエンディングロールが無い場合は、
TV的な作りをされており、さらに、制作著作がシンプルに
集約されているのが普通です。
出演段階でその局に権利を渡している場合ですね。


もうひとつ、台本やコンテ(場面場面を絵であらわしたもの)が
無くても、出演者や演出者、そして、その上下関係がわかるという
関係者にとっての副次的な効果があります。

たとえば、副次利用するときにどこに打診をすればよいかとか
賞に出すときに、だれの名前を列挙すればよいか、
さらには、再放送時にスポンサーのバッティングがあるかどうかを
チェックするのにも役に立ちます。
ただ、これはテープのクレジット(放送では流れません)と同じで
あくまでも副次的なメリットです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいコメントありがとうございます。由来までわかってとてもうれしいです。映画の影響かとは思っていましたが、やはりそうなのですね。「出演の一部」「著作権表示」というのは、なるほど、と感じました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/28 20:18

回答ってわけでもないのですが…。


私はドラマ・映画は必ずスタッフロールを見ます。
コレを作ってるのはどんな人なんだろうな?っていう興味もあるし
演出が面白かったら、この人の次の作品見てみようとか思うし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。確かに、脚本家・演出家は私も見ます。

お礼日時:2001/02/28 20:19

作るほうにしてみれば、やはりエンドロールに自分の名前が出るのってひとつのステータスでしょうね。


これは映画でもゲームでも同じだと思います。ひとつの作品としてこれだけの人が関わって作っていますという主張でもあるでしょう。
イヤなら見なければいいだけのこと。映画ではエンドロール始まるとすぐに立つ客もいます。ゲームだって自分から電源を切ればいい、TVなんかもっと簡単に手元のリモコンでチャンネル返るなり電源切るなり。それは視聴する側が自由に使える権利です。

自分が少しでも製作に関わればぜんぜん気持ちは違うんでしょうけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かにステータスって言うのはあるのでしょうね。前、何かの特別番組でお父さんががんばっているというのを子供に見せるためにひらがなで出している方がいる、っていうのを見たことがあります。

お礼日時:2001/02/28 20:21

制作の者では無いので推測ですが、以下の3点が理由として考えられます。


 ・映画の影響(今でも映画のエンディングに流されている物をテレビ制作でも流用している)
 ・制作に参加している人の努力に報いるため(俺が参加して作ってんだぞ! という自己満足?)
 ・制作者の責任/著作権?を明確にするため

確かに時間的には無駄ですが、エンディング無しにいきなり終わってしまわれても寂しい物で、余韻に浸る時間も有ってもいいかな~と思っています。大したドラマや番組でもないのに長々と続くのは迷惑ですがね。一方、NHKの朝の連続ドラマを見ていると、月~金曜日は本当にその日の話に出演している人だけ(エンディングではなく)タイトルバックに流され、土曜日だけは他の制作関係者も登場しているため長くなっていますね。毎回チェックが大変だと感心していました。

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。みなさんのコメントを見ると、panchoさんが挙げられている3点が理由のようですね。NHKの朝の連続ドラマについては知りませんでした。面白いですね。ただ、そこまでするNHKはなんで紅白歌合戦は出さないのでしょう?あれを出したら何千人もの名前が流れることになるのだと思うのですが。(出たら出たで延々と続いて年が明けてしまうかもしれませんが・・・。)それとも私の気づかないところで出ているのでしょうか?不思議です。

お礼日時:2001/02/28 20:26

>視聴者がそれを知らされなければならないのですか。


知りたく無ければ席を立てば(スイッチを切れば)いいだけの話ではないでしょうか。
一つの作品(番組)をつくりあげるのには、画面の前で見ているだけの人には想像もつかない程の人手と時間が費やされています。表に見えるCAST、台本を生かすも殺すも、実は画面に見えないSTAFFのさじ加減によるものなのです。しっかりした製作会社程、ほんの些細なスタッフまでもテロップにのせていきます。逆にいい加減な(奢った)ところ程少ないと言ってもいいかも知れません。ほんの少しでも出してもらえれば裏方さんだって嬉しいし、次回もいい仕事しよう。という気持ちも生まれます。
これだけの人に携わったいただきました。という謝礼の意味も含めて流しているのでしょう(契約時に含まれているものもあります)。
最近は番組ラストに画面の端に流す例も多く見られます(しかも読めない程速かったりする)。これは視聴者に対してのケアではないかと思われますけど、いかがでしょうか?
裏方のぼやきでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに、見たくなければ見なくても良いのですが、エンディングの曲の時に流れるパターンが多いですし、その後、次回の予告が流れるので、やはり見ることになります。おっしゃる通り、たくさんのスタッフが携わっているというのはそのエンドロールの長さで分かりますし、名前が出ればうれしいし責任を感じる、というのはそのとおりだと思います。
>表に見えるCAST、台本を生かすも殺すも、実は画面に見えないSTAFFのさじ加減によるものなのです。
というのは、なるほど、と思いました。

お礼日時:2001/02/28 20:33

回答ではないので「でしゃばる」べきか一瞬考えましたが、従兄弟が製作会社にいるので(理由になってないけど)。

人によっては映画やテレビ番組を見ようとする時に、どこに重きを置くかサマザマです。
例えば、俳優のファンの方はその方が出演しているだけで、選ぶ人もいるでしょうけど僕なんかは例えば「クエンティン・タランティーノ」のファンですから、彼の「演出」や「脚本」なんかだと見たくなります。撮影監督(カメラ)のファンの人もいるでしょうし、製品の売込みを考えてる人はドコの広告代理店が絡んでいるか、配給会社はどこか、など多岐にわたる情報が必要な人も(あえて)大勢います。番組の進行はそれこそタイムキーパーの手腕に左右(大げさ?)されるでしょう。番組、映画などニュース番組であっても、番組自体を「作品」と見れば、それらに携わる担当者の責任の所在も大切な事でしょう。
見てる方が一般視聴者だけではなく、ビジネスライクに映像を見ている人も「大勢」いるのです。
極端な言い方になりますが、「照明」の技術や、スポンサーが一番気になる人も「かなり」いるのです。だって、「女優さん」の「しわ」を隠す技術は「照明」によるところが大きいし、もし、その撮影技術に「疑問」を感じたらアナタが例えば「資生堂」の広報担当だったら「照明技術」の低い人は起用しないでしょ?。少し、大雑把な表現を使ってしまいましたが・・・。(逆の立場になれば「あの作品の照明はワタシがやりました」というレベルでビジネスに繋がっている人たちもいるんでしょうし、もし、テロップに名前が出なければウソを付いて仕事を取ろうとする人が沢山?でるかもしれません)
番組を見る場合、ストーリーとか以外のところに注目している人が大勢いるのです。
番組制作にかかわる問題としては、ディレクターやプロデューサーだけをエンディング・ロールで流しても逆にニーズを埋められませんよね。
ん~、上手く説明できませんでしたが、要は「必要が」あるのです。無論、視聴者に関係なく、裏方さん(スタッフ)をねぎらう意味もあって、名前を列記している意味も多少はあるでしょうけど。つたない文で失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々とコメントありがとうございました。
>見てる方が一般視聴者だけではなく、ビジネスライクに映像を見ている人も「大勢」いるのです。
というのは、そのとおりだと思いました。

お礼日時:2001/02/28 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画のエンドローツの構成や用語、決まりを教えて下さい

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレクター、音響さん、制作会社、プロデューサー、衣装提供、スポンサー、配給会社など、あると思うのですが、ハリウッド映画などにでてくるエンドローツのこの項目の全てを知りたいです。

■順番
上記の項目にも、おそらく決められた順番があるのではないかと思うのです。その順番を知りたいです。

■ドルビーデジタルとかについて
映画のエンドロールでドルビーデジタルのロゴとか出てきますが、あれは何の項目に属しているのでしょうか?
更に、エンドロールの最後の方になるとそういったロゴなどがいっぱい出てきますが、何が最後にまとめられているのでしょうか?

目標はハリウッド映画のエンドロールです。
ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレク...続きを読む

Aベストアンサー

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか?

・Presents(つくった方や会社名など)
・In Association with(協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名)
・CAST
・Exective Producer
・Producer
・Co-Producer(共同プロデューサー)
・Written by (脚本を担当された方)
・Director of Photography(撮影された方)
・Music by(音楽)
・Production Designer(美術を担当された方)
・Costume Design (衣装デザイン)
・Editor(編集された方)
・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者)
・Visual Effects (特殊効果)

他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。
http://us.imdb.com/

スタッフ名の後には製作に関わった各会社名がきます
・Completion Bond Services Provided(ハリウッド映画は製作完成保険という保険に入るので、その会社名)
・Production Insurance Provided(こちらは撮影時の事故や盗難、機材破損などの保険会社名)
・Title and Opticals (オープニングやエンドロールを作った会社)
他にも現像所とか、機材レンタル会社などなどで、撮影機材(アリフレックスとかパナビジョンとか)や音響システム(大半のハリウッド映画はDolby・DTS・SDDRの三つ)、など関してはロゴマークが並んだりもします。

次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで
Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。
邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。

で、最後に
Directed by (これは質問者さんの名前でしょうか?)

スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こん...続きを読む

Qテレビ番組のスタッフロールが速すぎて読めないのですが…

テレビ番組で最後にスタッフロールが流れますが、
たまにありえない速さで右から左に流れていき、
目が追いつけず全く読めないものがあります。

見えないのに流すって、あれは何のために流しているのでしょうか?
あんな適当でもいいものなのでしょうか?それとも何か意味があるのでしょうか?

気になったのでご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

その筋の者です。
スタッフロールの意味は

(1)制作著作(ロールの最後の局名)
(2)制作協力(ロケ地・衣装・花など)
(3)スタッフロール(スタッフ間の士気向上)

この順ですね。
特に『制作著作』は大事です。
誰(局名)が作ったものかを記すクレジットですから。
それこそ、スポーツ系のCS番組などは
放送中の画面の隅にずっと出続けている場合もありますから。

尚、報道番組は基本的にスタッフロールは出しません
(危険なので)
制作著作のみの場合が多いです。

ロールの速度に関しては
視聴者層を視野には入れています。
深夜枠など若者向けの番組は超高速です(笑)
またお昼時の番組などは
比較的ゆっくりのロールを設定します。

スタッフの名前などは見る人が見て分かればOKなので
流しっぱなしですが
制作著作はセンターで一時停止させる場合が殆どです。

Qエンドロールの名前の順番

ドラマや映画のエンドロールの名前の順番は
どういうふうにきまっているのでしょうか?
1番最初は主役でその後はどうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

5番さんへ。

確かにおっしゃるとおりですね。
主役→脇→その他→脇→準主役(もしくは大物)
簡単に言うと上記のようになると思います。
でも大物ぞろいの場合(この冬のドラマで言えば「拝啓、父上様」など)
主役→脇→その他→大物→脇→準主役
そういう場合もあります。
間に大物をはさむ場合、仲締めみたいなものですね。
最後の人は言葉通り、おおとりみたいな感じです。

そもそもロールというのは技術的にそれほど古いわけではなくて
「渡る世間は鬼ばかり」に代表されるように
カットチェンジするのがオーソドックスなのです。
その場合、一枚の画に何人書かれているかも基準です。
主役や出番が多ければ一枚に一人。
脇になれば脇になるほど一枚にたくさん書かれます。

カットチェンジの場合一枚の画を最低3秒ほどは必要になりますから、
千部処理するのにある程度時間がかかりますが、
ロールの場合は速さなどで時間の調整も出来ます。
今はロールが主要ですが、
NHKの大河や朝ドラもほとんどカットチェンジですね。

上手く説明できたかどうか・・・。
すみません。

5番さんへ。

確かにおっしゃるとおりですね。
主役→脇→その他→脇→準主役(もしくは大物)
簡単に言うと上記のようになると思います。
でも大物ぞろいの場合(この冬のドラマで言えば「拝啓、父上様」など)
主役→脇→その他→大物→脇→準主役
そういう場合もあります。
間に大物をはさむ場合、仲締めみたいなものですね。
最後の人は言葉通り、おおとりみたいな感じです。

そもそもロールというのは技術的にそれほど古いわけではなくて
「渡る世間は鬼ばかり」に代表されるように
カットチェンジする...続きを読む

Q映画スタッフ役職名の英語訳

海外のコンテストに出品する為、自主制作映画のエンドロール(エンドクレジット)をすべて英語で書きたいと思っていますが、ネットで調べたけど、それぞれ微妙に違う呼称があり、確証がありません。
映画スタッフ役職の英訳を教えて下さい。
お願いします。



スタッフ→ Staff
役者→ Cast
脚本・監督・編集→ Script wrìter(?) or Screenwriter(?)/Director/Editor
撮影監督→ DOP
撮影(カメラオペレーター)→ Cinematographer(?)
撮影制作スタッフ→ Best boy(?)
音声→ (?)
照明→ electrician(?) or Gaffer(?)
メイク→ Make(?)
雑用スタッフ→ (?)
かちんこ&記録係→ (?)
音楽→ Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○


※制作スタッフの中心人物は何でもこなしてる撮影スタッフのリーダー的な役職ですが何でも屋なので、
「Best Boy」でしょうかね?

Aベストアンサー

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいますので)
撮影監督→ DOP director of photographyもしくはCinematography(DOPはカメラマンのことを指してはいません。ハリウッドの製作システムでは日本でいうカメラマンの仕事とDOPの仕事とぜんぜん違います)


撮影(カメラオペレーター)→Camera Department  でcamera operator
撮影制作スタッフ→Camera Departmentでcamera assistant
 何人もいる場合にはそれぞれ役割分担がありまして
 focus puller(レンズをかまってピントを合わせる方)
 clapper loader (フィルムの装填をする方)
 などとなります。邦画だと撮影の助手は4人くらいになります。
 

音声→ 現場で録音をしたのか、仕上げの段階で音声を担当したのかで呼称がいくつもあります。Sound Departmentで 
   sound recordingやsound dubbing となります
照明→ Electrical Departmentでelectrician
メイク→ makeup 髪をいじっていればhairdresser
雑用スタッフ→ best boyよりもmiscellaneous crewの方がいいかもしれません。
かちんこ&記録係→scripter
音楽→ Music もしくはOriginal Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○ これだと会社や組織名ぽいかたちです。producer ●●でもいいと思います。


ほかに
衣装 Costume Design もしくはWardrobe Department
美術 Production Design 
製作担当 Production Manager
が抜けてますが、居なかったのでしょうか?

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいます...続きを読む

Q新卒で番組制作会社への就職-給料20万未満?

大学3年生です。
テレビ関係のお仕事がしたくて、番組制作会社への就職を希望しています。大変興味の有る会社を見つけたのですが、東京でのお仕事なのに月収が基本給20万未満で思わず不安になってしまいました。ボーナス・残業代も勿論有りません。努力次第で5年ほどでディレクターになり、給料も上がるという事ですが・・・
テレビ局は現実的に狭き門で、何より面接時期に北欧に留学致しますので目指してはいません。

ADのお仕事は過酷だと聞きますが、やってみたい気持ちが自分の中で勝っています。ただ、新卒でそんな低条件の仕事に就いて、国立を蹴って私大に入った私は親に少し申し訳無い気がします。親は過酷な仕事での私の体調を心配はすれど、反対はしていません。

友人達は、どんな仕事でも20万超えないのはよした方が良いのではないか、とアドバイスをくれます。残念ながら周囲に同じ業種希望の友人がおらず、制作会社の方の経験談を聞く機会が有りません。

転職の多い時代とは言え、一度きりのチャンスである新卒の就職先ですのでじっくり考えたいと思います。
経験者のみなさん、社会人のみなさん、アドバイスお願い致します。

大学3年生です。
テレビ関係のお仕事がしたくて、番組制作会社への就職を希望しています。大変興味の有る会社を見つけたのですが、東京でのお仕事なのに月収が基本給20万未満で思わず不安になってしまいました。ボーナス・残業代も勿論有りません。努力次第で5年ほどでディレクターになり、給料も上がるという事ですが・・・
テレビ局は現実的に狭き門で、何より面接時期に北欧に留学致しますので目指してはいません。

ADのお仕事は過酷だと聞きますが、やってみたい気持ちが自分の中で勝っています。...続きを読む

Aベストアンサー

 製作会社の新卒で20万円出るんだったら、いいほうです。

 質問者の方が、どのような大学におられるのか、成績の善し悪しもわ
かりませんが、ほかにもっと給料の高い仕事に就けるのでしたら、製作
会社はおすすめしません。
 テレビ業界は、斜陽産業です。
 作会社はテレビ局の下請けです。
 斜陽産業の下請けで、給料が上がっていくはずはありません。
 
 もしテレビに関わりたいのでしたら、一般企業に入社し、広告宣伝の
部署を希望するのはどうでしょうか。スポンサー企業として、関わるこ
とができます。お金を出す側なので、偉そうにできますし、それなりに
番組内容に口を出せたりします(うざがられますが)。それに、タレン
トの方もスポンサーには愛想よくしてくれますよ。

Q監督、演出、プロデューサー、ディレクターとかの呼称

例えば、TBS系列で土曜朝に放送されているトーク番組「サワコの朝」のエンドロールには、ディレクター、演出、プロデューサー(表示順)が登場します。
TVドラマの場合の「演出」は、映画の「監督」に相当すると思っていたら、「監督」となっている場合もあるようです。
番組のカテゴリーによって異なるだろうとは思うけど、ディレクター、演出、プロデューサーすべてが表示されるのも珍しいような。

監督、演出、プロデューサー、ディレクターの役割/担当内容の違いは何でしょうか?それらをキチンと説明/定義したものが存在するなら、それをご案内いただきたいものです。監督であれ演出であれ、英語表記では(例えば) Directed by James Cameron と思ってますが、私の誤解でしょうか?

また、プロデューサー、ディレクター等に該当する日本語(漢字)はないのでしょうか?
製作/制作の違いも私にはイマイチ理解できていません。

Aベストアンサー

こんにちは

#1さんの解説が解りやすいと思います。

ただ演出と位置づけするものはトータル的に考えている場合が多いので、ディレクターよりは上に
配置されます。
よく総合演出だったり、チーフディレクターだったりしますが、ドラマよりもVTRの入る個別の番組が多いですね。

キャスティングはアメリカの映画会社にはありますが、日本にはない職業です。
マネージメントが発達しているアメリカでならではの職業です。
日本ではエージェントも少ないですし・・・。

プロデューサーまたは演出、局、スポンサーの人が選定し決めることが多いです。
この時点で演出という立場が明らかになるかと思います。

ロケーション設定、衣装、脚本・・・全ての演出に関わる人を演出家といいます。

ディレクターはこれに対して台本でカット割り(何をどのアングルで撮影するなど)しカメラに収めるまでを
考える人が判りやすいでしょうか?

制作、製作については、最後の部分を見ると判りますが、製作は費用を出して権利を保有する、制作については
予算を貰って作成する立場にあり、全ての権利は[製作]側が強いものを持っています。

ご参考になれば幸いです。

こんにちは

#1さんの解説が解りやすいと思います。

ただ演出と位置づけするものはトータル的に考えている場合が多いので、ディレクターよりは上に
配置されます。
よく総合演出だったり、チーフディレクターだったりしますが、ドラマよりもVTRの入る個別の番組が多いですね。

キャスティングはアメリカの映画会社にはありますが、日本にはない職業です。
マネージメントが発達しているアメリカでならではの職業です。
日本ではエージェントも少ないですし・・・。

プロデューサーまたは演出、局、スポン...続きを読む

Q突然指にほくろが出来ました

突然手の薬指の側面に1mm程のほくろが出来ました。
何か悪いところがあるのか心配です。
原因の分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

色素の沈着などにより加齢にしたがい今まで無かった新しいほくろが出きる事はあり得る事です。私も身体のあちこちにそういった事が起きていますが何も問題ありません。

ただ例外的にほくろに見た目がよく似たガンがあるそうです。メラノーマまたは悪性黒色腫と呼ばれ特徴としてはそれが急に大きくなったり、膿が出たりするそうです。ガンの中でもかなり悪質で危険な物だそうです。

普通のほくろは同じ大きさのシミが段々濃くなってくるのに対し、ガンは大きく盛り上がって育つという違いがあるそうです。それがほくろであれば誰にでも普通に起きる事なので全く心配いりませんが、もしどうしても気になるようでしたら皮膚科で見てもらえば精神的にも安心できる事でしょう。

Qペナントはどこへいったの?

 最近、見かけなくなったものにお土産屋でよく売っていたペナントがあります。子供のころに集めている子がいました。
 このごろはどこにも売っていないような気がします。あれっていつごろからなくなってしまったのでしょうか。それともまだ売っているところがありますか。

Aベストアンサー

昭和40年代ごろがピークだったそうです。なくなってしまったのは注文がなくなったからだそうです。子ども部屋に貼って「ここに行った」と旅の思い出にひたる楽しさがあった時代ですね。写真も今ほど手軽にとれなかったし。
個人的な解釈ですが、最近のきれいでモダンな子ども部屋にはベタベタとペナントを貼るというデザインセンスがあわなくなってきたのではないかと思います。壁の場所もとりますし、汚れたり日焼けしても捨てるにも捨てられない。
外国では観光地の地名とマークをいれたスプーンがよく売っていて、ケースなども売っています。こっちのほうがコレクションとしてはミニサイズで使わないけど実用できそうな錯覚があって保存しやすいかもしれません。
スポーツ関係ではまだ作っているようです。「ペナント」で検索するとコレクションの店などもあるようなので、探してみると掘り出し物があるかもしれません。

参考URL:http://www.twin.ne.jp/~mszaki2/new_page_100.htm

Q「御中」の使い方

「御中」の使い方について教えてください。

送り先に「○○係」までと書いてある場合、「御中」に直しますよね?この場合の「御中」の使い方は、
1.「○○係 御中」
2.「○○ 御中」
のどちらなんでしょう?こんな質問をするのは恥ずかしいのですが、いつも迷って困っているので教えてください。

Aベストアンサー

○○係 御中  です。
御中とは、会社など、直接誰宛かわからないが、「その中のどなたか」に出すときに使います。

だから、その係の誰に出すかがわかっている場合は、
「○○係 △△様」となるのです。

Q「プロデューサー」と「ディレクター」の違いについて

 テリー伊藤氏の或る本を読んでいたら、次の一節が出てきました。
  「テレビ業界にも、ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀だという人たちが少なからずいる」
 これってどういう意味なんでしょうか?
 プロデューサーは「企画する人」、ディレクターは「指示を出す人」だというのはわかるんですが、プロデューサーは自分の頭の中に企画のイメージやアイデアがあるということで、ディレクターの代わりにディレクションをすることはないんでしょうか?
 また、「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)、その逆ってどうも今ひとつイメージできません。
 テレビ業界に限らず、映画・アニメ・音楽などの業界での話として、どなたか説明してくださる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、

>「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)

という認識が、理解を妨げている気がします^^;

ディレクターとは、No.3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。
演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

一方、「プロデューサー」が行なう事は、制作全般の運営・管理です。
企画立案、資金調達(企画売り込み営業等)、スタッフや出演者のキャスティング、スケジュール管理、予算管理、作品のクオリティー管理などなど。
従って、プロデューサーはこれら制作管理の立場から、場合によってはディレクションに口を出すこともあり、ポジションとしては紛れも無くディレクターの上司に当たります。

即ち、ディレクターは演出力のみ発揮すれば良いですが、
プロデューサーは制作の全責任を負う職務な訳です。
従って、これまで投稿された回答がプロデューサーを軽んじてるように思えるのが少し気になるところです。
とりわけ、企画を通す、とか予算を引っ張って来る、なんて事はどんな業務より困難なのは明らかですよね。

しかしながら、以上は理想であり建前です。
現状は演出力のないディレクターや何もやらないプロデューサーを大勢見てきました。
ですから、『プロデューサーは「企画する人」』というのは、本来は間違いではありませんが、自分で企画を起さない人も多数いますから、むしろプロデューサーに絶対必要な資質というわけではないのでしょう。
現にテリー氏の会社には構成作家を何人も抱えていて、プロデューサーが企画を立てたい時は彼等を自由に使える仕組みになっています。

「営業」も然りで、テレビ局等との関係によっては勝手に仕事が舞い込む場合もあったりして、自らの営業力を発揮しないプロデューサーも少なくありません。

では、テリー氏の言う優秀なプロデューサーとは何を指すのかと言うと、
『企画を“然るべき”作家に立てさせる』
『その企画を“然るべき”スポンサーやテレビ局に通して資金を調達する』
『企画を遂行できる“然るべき”スタッフや出演者をブッキングする』といった、
当該企画に必要な“然るべき”人物達を見極められるだけの十分な【人脈】と、
それらと折衝を行ない使いこなす【コミュニケーション能力】ではないでしょうか。

私が業界に入った当初、私の師匠から「ディレクターになれなくてもプロデューサーにはなれる」と教わりました。
その意図するところは、ADや制作進行、助監督など(現場によって呼び名や職務は様々ですが)下積み業務をこなしているうちに自ずと制作管理全般の知識は身に付き、加えて、多くの人々に出会い人脈も構築できる。だから仮に演出能力がない場合に備えて人望を磨いとけ、というものでした。
ちなみに、テリー氏と私の師匠は元同僚なので同じ教育を受けて同じ考えを持っていても不思議ではありませんし。

加えて、
他の方々も指摘してらっしゃる通り、ディレクター達は往々にしてコスト意識が薄く、
それに対してプロデューサーは「金がかかり過ぎ!」などと怒ったりぼやいたりするのが常ですが、ディレクターのアイデアが実現できるように立ち回りつつも、同等の効果が得られしかも安く上がるような提案を積極的に行なうようなアグレッシブな予算管理を行なう事なども良いプロデューサーの資質だと思います。
また、それをしないと商業映画のプロデューサーなら即失格でしょう。

それから、

>ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀

ご承知かも知れませんが、
プロデューサーになるには必ずディレクターを経るというわけではなく、ディレクターを目指して業界入りしても修行半ばでプロデューサーに目標を変える人や、最初からプロデューサーを目指して業界入りする人も大勢います。
要するに、ディレクターはプロデューサーへの通過点ではなく、
プロデューサーはディレクターの成り損ないでもないという事をご理解下さい。

こんばんは。

まず、

>「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)

という認識が、理解を妨げている気がします^^;

ディレクターとは、No.3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。
演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

一...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング