「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

来年のこと(予定)になりますが、留学を兼ねた個人の旅行をする予定なのですが、今現在やり始めたFX(為替証拠金取引)を留学している間も続けたいとおもっています。
そこで、今使用しているデスクトップPCを行き先国に持ち込んで
使いたいのですが、デスクトップPCは持ち込み禁止のケースが多々あるみたいで、制約があると聞きます。
ノートパソコンに関しては問題なく持ち込めるみたいです。

行き先と言うのは次の国です。(候補も含め)
「イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、タイ
 マレーシア、シンガポール、ベトナム、香港、ドイツ、ブラジル」

(1) 上記の国へ、日本で使用しているデスクトップPCを持ち込むことは可能か?どんな条件があるのか?
在住の方いましたら回答お願いします。

(2) 海外で株取引やFXをするにあたって、日本ではノートパソコンよりもデスクトップのほうが安定性があると感じています。
ですので、なるべくデスクトップを行き先国へ輸送したい希望があります。
海外でじっさいに取引をしている&経験があるかたで、ノートパソコンを使用してネット取引した時に速度や安定性など苦になりませんでしたか?問題がないのであればノートパソコンを持ち込もうとも思っています。

★現在、ビジネス、留学、旅行で海外へ出かけている、または海外在住の方からの回答は非常にありがたいです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ドイツ、イギリスであれば、関税も払うことなく(基本的には)デスクトップを持ち込んでいます。

電源も最近のデスクトップは220Vや240V対応の電源の物が多いので、苦労はしません。
ただ、私の場合は、そこに置いてきていますから、デスクトップを持って移動ということはしていません。なぜかというと、デスクトップを利用するには、モニター、キーボードなど、周辺機器をすべてつながないと利用が出来ません。また、下宿やホテルにうまく有線のLAN環境がついていればいいのですが、無線LANのみ、あるいはモデムしかないときも、その環境に沿った機器を別途手配することになることが多いので・・・。
ですので、私もノートでの作業をお進めします。当方、開発やシステムのメンテナンスで普通の人よりはコンピューターやネットワーク環境を過酷につかいますが、ノートパソコンで問題を感じたことをありません。
ネットトレードの細かい規約の事は存じませんが、日本でも少なからずノートパソコンを利用して取引をしていると聞きますので、問題はないのではないですか。
もちろん、モニターをいくつもつなげて、画面を大きくして、という要望に対してはデスクトップの利用をお進めしますが、海外を移り歩きながら、複数のモニターをつなげて、ということはあまりされないでしょうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにデスクトップは備え付け同然で作業しますね。
僕の場合、長期間海外に居住するわけじゃないので
冷静に考えるとデスクトップに拘る必要はないとおもいます。
アメリカなど株取引などが一般的で、それに熱く打ち込んでいる方などは、デスクトップの安定性と高スペックが重要みたいで
それに有線(無線は不安定)でネットをやるのが常識みたいです。
モニターを2-3台使うとなると、デスクトップに拘る必要があるとおもいます。そこが難しいです。
ノートを購入して、デスクトップを海外で使うかどうかはあとで決めます。

お礼日時:2008/12/18 19:04

海外ではすきゃるは難しいエリアがあるでしょ。


電気が無い(停電)頻発。
ウイルス、SPYWARE,大量。
外国語でメンテ?できる・
突然、DSL切れる。時には何日も。
無断サーバーメンテ、おいおい。。。

海外在住者デス
    • good
    • 0

No1の方の回答の通り、海外ではデスクトップPCを使うには


過酷な環境です。

持ち込みは可能でしょうが、関税がかかることは覚悟してください。
何カ国も行けば、それだけ支払い増えるわけです。

最後に、そもそも論ですが、海外でオンライントレードはできません。
海外の証券会社の口座なら可能かもしれませんが、日本の会社の
口座であれば、全て解約しなければなりません。
それを無視してやっていれば何らかのペナルティが日本・現地で
発生するでしょう。

あきらめましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>海外でオンライントレードは無理!
あまり深く考えていませんでした。
おそらく僕が使っている証券会社では無理とおもいます。
会社の約款を見ても、手続きがめんどくさいみたいです。
諦めます。

お礼日時:2008/12/18 18:59

入国時の持込の可不可は分かりませんが、別の視点で、、



デスクトップパソコン、特に日本で使用しているパソコンを持ち込むときの最大のネックは、電圧です。
ご存知のように日本では100Vですが、カナダでは120Vマレーシア240V、シンガポール230V、その他が220Vです。
また、コンセントの形式も結構違います。

ですので電源が安定して供給されるかどうか、コンセントが外れやすくないかを常に心配しなくてはなりません。

ノートパソコンならコンセントアダプターだけあれば、電圧は関係ありません(変換器が100V~240V対応です)、また電圧が落ちたり、コンセントが抜けてもノートなら大丈夫です。

ノートパソコンのほうがお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どーも。
ノートパソコンのほうがよさそうですね。
購入を考えてみます。

お礼日時:2008/12/18 18:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本からアメリカへデスクトップのPCを持ち込みたい

今日本にいます。
来年の2月にアメリカに帰国する予定です。

今回日本に来てから、デスクトップのPCを購入し、使っています。
とてもいい機種なので、出来たらアメリカに持って帰りたいのです。

購入したときの箱と、PCを箱の中で固定するために入っていた
発砲スチロールは取ってあります。

それでも、空港で預けたら、投げられたり乱暴に扱われれば、壊れたりする可能性大なのでしょうか・・・・。

あと、クロネコヤマトとかその他の会社で輸送してくれる会社ってあるんでしょうか?
あってもかなり料金が・・・とは思うのですが。

どなたかご存知でしたら、教えてください!

Aベストアンサー

 EMS便で送れます。知り合いがまさに日本→アメリカ でデスクトップを送るのですが、
10kg以下で8000円程度と言ってました。

QデスクトップPCを持って海外から帰国するには?

海外在住です。
ATXサイズのデスクトップPCを持って帰国予定です。
- 手荷物として、自分で持って、機内に持ち込む。
- 預け荷物として、スーツケースの中に入れる。
など、どうやって安全に持って帰ればいいでしょうか。
ちなみ22インチ液晶モニターもできれば持って帰りたいです。
経験者、PC関係者の方々、助言をお願いします。

参考:
ケース:10kg弱(購入時の箱&発泡スチロールあり)
ケース内:マザボ(CPU、メモリ×2)、電源、DVDドライブ、HDD×3、TVチューナー、グラボ
モニター:LGのW2252TQ(22インチ、購入時の箱&発泡スチロールあり)
飛行時間:4~5時間
現地空港まで:タクシーで20分
成田空港から実家:電車で2時間強

Aベストアンサー

#4です。Q9650ですか。#3さんと同じ意見になりますが。
ケースを捨て、残りは、バラで持ち帰るのはいかがかな。
マザボには、CPUとメモリーを載せたままでね。
あとの荷物は少ないようですから、スーツケースに入れまして。
ディスプレイも、画面側を段ボールで保護し、スーツケースに入れましょう。もちろんバラです。

Qデスクトップのパソコンを海外で使いたい

いつもお世話になっております。詳しい方に教えていただきたく、質問させていただきます。

今、海外に引っ越してきて、電圧が220Vの地域で生活しています。事情があり、少し古い型のデスクトップパソコンを持ってきました。しかし、変圧器の容量の関係で、パソコン本体とディスプレィの両方を100V電源につなぐことは難しい状態です。

ディスプレィは100V限定なんです。そしてディスプレィだけですと変圧器の容量内に収まります。しかしパソコン本体を加えると、容量を超えます。

パソコン本体の外部には、入力電源が100V,4.0Aと記載されています。しかし故障を疑って中を開けたときに、電源ユニットの入力部分の表示が100-240V(あるいは100-120V,220-240Vなど、220Vを含む表示)になっていました。わたしなりの理解では、メーカーはディスプレィと合わせて100V限定としていますが、実際にパソコン本体だけは海外の高い電圧にも対応できるようになっている、と予想しています。素人なので詳しい方に教えていただきたいのです。

電源ユニットが220Vに対応していれば、220Vにつないでも大丈夫でしょうか?それともどこかに不具合が生じうるでしょうか?

希望は、ディスプレィは100Vで、パソコン本体は220Vでつなぎたいと思います。安全に使用できるでしょうか。

ちなみにパソコンはPrius Air M AR331Y、 windowsXPです。

よろしくお願いいたします。

いつもお世話になっております。詳しい方に教えていただきたく、質問させていただきます。

今、海外に引っ越してきて、電圧が220Vの地域で生活しています。事情があり、少し古い型のデスクトップパソコンを持ってきました。しかし、変圧器の容量の関係で、パソコン本体とディスプレィの両方を100V電源につなぐことは難しい状態です。

ディスプレィは100V限定なんです。そしてディスプレィだけですと変圧器の容量内に収まります。しかしパソコン本体を加えると、容量を超えます。

パソコン本体の外部に...続きを読む

Aベストアンサー

日立自身がスイッチング電源を作る事などあり得ないので、海外の電圧を含めて全ての電圧に対応している海外の電源メーカー製のスイッチング電源を積んでいると思います。
100V専用とか、220V専用などの電源を作る方がよっぽどコストが掛かりますから。
(電源モジュール自身の型番をネットで調べれば、製造メーカーの情報が出てくると思われます)

入力電圧に220Vを含む電圧が書かれているなら、ほぼ220Vを入力出来ると考えて差し支えありません。
ケーブルもそのままで問題無いと思います。

ただ、現状100Vに設定されているであろう事は他のご回答者様が書かれているとおりかと思いますので、まず電圧切り替えのスイッチ(たぶん、マイナスドライバを突っ込んで横にずらすような、赤いスライドスイッチ)があるかどうかを確認してみてください。
それがあれば、200V側に切り替えれば大丈夫です。スイッチが無い場合は、内部で完全に100Vに固定されてしまっているのか、それともノートPCのACアダプタのように切り替え無しで接続しても全く問題無いのかは判別が出来ませんので、冒険はしない方がいいかと思います。
ちなみに降圧トランスは何ワットまで利用出来る物ですか? PCなど、実際100Wも喰いませんから、よっぽど小さいもので無い限りモニタと一緒に使っても大丈夫かも知れません。

日立自身がスイッチング電源を作る事などあり得ないので、海外の電圧を含めて全ての電圧に対応している海外の電源メーカー製のスイッチング電源を積んでいると思います。
100V専用とか、220V専用などの電源を作る方がよっぽどコストが掛かりますから。
(電源モジュール自身の型番をネットで調べれば、製造メーカーの情報が出てくると思われます)

入力電圧に220Vを含む電圧が書かれているなら、ほぼ220Vを入力出来ると考えて差し支えありません。
ケーブルもそのままで問題無いと思います。

ただ、現状100Vに設...続きを読む

Q海外にパソコンの持ち出しについて

春に職場の同僚(女4人)とハワイに行きます。そこで、ノート型のパソコンを持っていきたいのですが、以前同僚から持ち出しは許可が必要と聞いた事があります。もし、許可が必要ならどこでもらうのでしょうか?海外旅行は全員初めてなので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

国際物流業界で働いています。

個人的な旅行の時にノートパソコンを持って行き程度であれば「許可」は不要ですからご安心を。
旅行や短期の出張の時に個人使用のために海外に持ちだして、その後持ち帰ってくる場合で、且つ指定されている一部の国へ行くのでなければ輸出許可はいりませんよ。
例えば、
富士通
http://jp.fujitsu.com/support/export/
東芝
http://dynabook.com/assistpc/export/index_j.htm
などで確認できます。
どうしても心配であればお持ちのノートパソコンのメーカーのウェブサイトやサポートセンターで確認されてはいかがでしょうか?

「パソコンの持ち出しには許可が必要」とおっしゃっている同僚の方がおっしゃっているのは「輸出貿易管理令」という法律の一種に基づいた話だと思いますよ。
ノート型・デスクトップ型などを問わず、パソコンを「輸出」する場合には輸出通関の時に「該非判定書(非該当証明書やパラメータシートとも言います)」の提出を税関(実務的には通関業者)から求められることがあります。その上で「輸出許可」を得なければ輸出できないんです。これはパソコンやその技術が大量破壊兵器の製造や利用のために、あるいはテロ組織などに使用されないように規制するためですが、これはあくまで商業輸出として輸出する場合が対象になるものです。
ちなみに、輸出貿易管理令に基づいてパソコンの輸出許可を出すかどうか?の判断をするのは経済産業省なので、税関はただ窓口として審査しているに過ぎません。だから、「このパソコンは持ちだしても大丈夫ですか?」と税関の職員(ましてや空港の旅客ターミナルの出国審査場にいる職員)に聞いても的確な答えは得られないと思いますよ。質問しても、呆気無く「(詳しくわからないけど)大丈夫ですよ」と言われるんじゃないでしょうかね・・・・

厳密には、無線LANの規格などはその相手国(質問者さんの場合であればアメリカ)で認められているかどうか?も判断して持ち込まなければいけませんが、実際にはそこまで厳格な運用はされていません。僕は今はアメリカに住んでいますが、僕も含めてまわりには日本から持ってきたパソコンを使っている人はいくらでもいます。これは、あくまで「個人用途」だから問題になっていないんです。

とにかく、旅行に持っていくパソコンは持ち出しとか輸出許可はいりません。
そうそう、ノートパソコンは機内持ち込みです。スーツケースに入れて預けてはダメです。スーツケースに入れておいて万が一故障したり盗難にあっても誰も補償してくれません。それと、搭乗前のセキュリティチェックの時には機内持ち込みのカバンからパソコンを出して、パソコンだけを検査機に通しますからね。これが結構面倒なんです・・・・


長文、失礼しました。

国際物流業界で働いています。

個人的な旅行の時にノートパソコンを持って行き程度であれば「許可」は不要ですからご安心を。
旅行や短期の出張の時に個人使用のために海外に持ちだして、その後持ち帰ってくる場合で、且つ指定されている一部の国へ行くのでなければ輸出許可はいりませんよ。
例えば、
富士通
http://jp.fujitsu.com/support/export/
東芝
http://dynabook.com/assistpc/export/index_j.htm
などで確認できます。
どうしても心配であればお持ちのノートパソコンのメーカーのウェブサイトやサポー...続きを読む

Q海外赴任者として税関を通過する際の審査内容

はじめまして。よろしくお願いします。

この度中国に赴任することになりました。

そもそも海外に行ったのは出張で2回だけで、長期滞在は今回が初めてです。そこで、最近いろいろ調べてわかったのですが、出張者と長期滞在者とでは、税関のチェックの仕方が違うということ。長期滞在者の方が厳しいチェックを受けるということを初めて知りました。

そこで下記の荷物は普通に持込めるのか、それとも該非証明書が必要なのか教えて下さい。

(1)インスタント・レトルト食品(米、味噌汁、スープ)
(2)調味料(塩、こしょう、しょうゆなど)
(3)包丁、まな板などの調理器具
(4)書籍5~6冊(実は将来転職も考えてまして、資格の勉強をしています。渡航の際は上司、同僚と同じ便で行くので、この本の所持がバレるかなりマズイことになります。)
(5)衣類、スーツなど
(6)シャンプー、リンス、シェービング(容器はガス缶のような容器です)などの美容品、トイレットペーパー、ティッシュペーパー
以上すべて新品を持込む予定です。

日本の経済産業省、駐日の中国大使館に聞けばよいのかもしれませんが、ちょっと信用できません。というのは、プライベートで使用するパソコンを持込む際に該非証明書が必要かどうか訪ねた際、

経済産業省は「一般に市販されているパソコンなら問題ありません。」
中国大使館は「中のソフトが暗号化されていなければ大丈夫です。」(※暗号化とは、恐らく中国国内で中国側からインターネットの検閲ができないような細工をしていることだと思います。)

と説明を受けました。念のためパソコンのメーカー(富士通)に問い合わせたところ、「該非証明書」が必要とのことでした。

正直、上記の荷物を一点一点メーカーに問い合わせるのも難しいので、海外赴任者(できれば中国)の方からアドバイス頂きたく思っております。

また、税関のチェックはどこで(個室で渡航者1名の前で税関の人間数名がチェックするのですか?)、どうやってするのか?も教えて下さい。

渡航先が中国っていうだけでかなりビビってます。

ご協力お願いします。

はじめまして。よろしくお願いします。

この度中国に赴任することになりました。

そもそも海外に行ったのは出張で2回だけで、長期滞在は今回が初めてです。そこで、最近いろいろ調べてわかったのですが、出張者と長期滞在者とでは、税関のチェックの仕方が違うということ。長期滞在者の方が厳しいチェックを受けるということを初めて知りました。

そこで下記の荷物は普通に持込めるのか、それとも該非証明書が必要なのか教えて下さい。

(1)インスタント・レトルト食品(米、味噌汁、スープ)
(2)調味...続きを読む

Aベストアンサー

No.1で回答した者です。

変な文章を書いてしまいました。書き直します。

>タクシーは危ないから、一人では乗らないように会社から指示があります。

というのはどういうことでしょう?
天津は行ったことがありませんが、タクシーに乗るよりも、とぼとぼと歩いたり、なれない土地でバスに乗ったりするほうがよっぽど危ないと思うのですが…。
公共交通機関が危ないというなら、社用車を休日の買い物に使ったりできないのでしょうか?

>シェービングですが、出張の際は持ち込めましたが、長期赴任となると持ち込めないのですか?

そういうことではなく、ガス封入式のものだと航空機内に持ち込んだり、預ける荷物の中に入れられない、というのが本来の規則です。何かの拍子で破裂する可能性があるので危険だということでしょう。安全上の理由から飛行機内に持ち込んだり、預けたりできないものの例は航空会社のページに出ていますので、見てください。たとえば以下。
https://www.ana.co.jp/sitehelp/int/yakkan/popup.html

以前持ち込めたというのは、たまたま見逃されただけかもしれません。よく規定を調べて危険なものを持ち込まないように気をつけてくださいね。

No.1で回答した者です。

変な文章を書いてしまいました。書き直します。

>タクシーは危ないから、一人では乗らないように会社から指示があります。

というのはどういうことでしょう?
天津は行ったことがありませんが、タクシーに乗るよりも、とぼとぼと歩いたり、なれない土地でバスに乗ったりするほうがよっぽど危ないと思うのですが…。
公共交通機関が危ないというなら、社用車を休日の買い物に使ったりできないのでしょうか?

>シェービングですが、出張の際は持ち込めましたが、長期赴任となると持ち込めな...続きを読む

Q海外へ引越し・・・デスクトップパソコンを運びたい!

こんにちは。
事情でカナダへ引っ越す予定で準備をしています。大体のものは処分や誰かに引き取ってもらうなどするのですが、今までのたくさんのデータが詰まったパソコン(デスクトップ)は是非持って行きたいのです(パソコンは「パソコン工房」で作ってもらった半分自作のようなものです)。そこで海外にこのような精密機械を持って行きたい時に信用できる運送会社と代金の相場を教えて下さい。また壊れる可能性はどれくらいあるでしょうか?いろいろな経験談などもありがたいです。また自分で(手荷物・又は預かり荷物として)運ぶ事も出来ますか?その場合梱包など不安ですが、これについてもアドバイスお願いします。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

半自作パソコンとのことなので、破損の可能性のあるハードディスクは取り外して手荷物で運ぶことをお勧めします。フロッピーディスクは壊れても安いですからそのままで結構でしょう。

あと梱包はもちろん厳重にする必要があります。

精密機器の海外輸送を手がける専門業者はいますが、普通は個人を相手にしているものではありませんので、やってくれても高額です。
個人であればEMSで送るのでも十分だと思いますよ。

現地で再度ハードディスクを組み込むときには、各コネクターがしっかり刺さっているか確認してください。
事前にどのコネクターがどれに刺さっているか確認して、しるしをつけておくとよいでしょう。

数回の経験では以上の方法で問題になったことはありません。

Q海外駐在でもインターネット取引ができますか?

インターネットでの株式売買をはじめようと思っていたら、海外駐在の辞令が出てしまいました。 税金の問題とかありますが、インターネット取引はできないのでしょうか? いい方法があれば教えてください。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

>ありがとうございます。
>駐在で行く前に口座を開設すればいいのでしょうか

ご紹介したHPでは、”グレーゾーン”という表現をしています。実際、証券会社は、口座開設時には住所確認をしますが、それ以降は取引報告書などの郵便物が顧客に郵送されていれば問題がないわけで、改めて住所をチェックするわけではありません。大手証券は電話連絡を重視する傾向にありますが、ネット専業ではほとんど電話を使いません。

売買にともなう税金関係が、最も問題ですが、これも#1さんがおっしゃるように、特定口座の源泉ありにしておけば、源泉徴収によって基本的に課税関係が終了しますので証券会社にとって困ることはないのではないでしょうか。

以上から、1)オンライン専業証券会社に源泉ありの特定口座を開設する。2)申し込み時の住所宛て郵便物(配当金、取引報告書、契約変更)を誰かが受け取れる状態を維持すれば問題は生じないのでは、と思います。

2)ができないと証券会社が困るでしょうね。後は個々の証券会社の対応如何になります。

海外からのネット接続はたいてい大丈夫だと思います。

以上「グレー」な話でした。

アメリカの証券会社では日本株のADRが取引できますよ。

#2です。

>ありがとうございます。
>駐在で行く前に口座を開設すればいいのでしょうか

ご紹介したHPでは、”グレーゾーン”という表現をしています。実際、証券会社は、口座開設時には住所確認をしますが、それ以降は取引報告書などの郵便物が顧客に郵送されていれば問題がないわけで、改めて住所をチェックするわけではありません。大手証券は電話連絡を重視する傾向にありますが、ネット専業ではほとんど電話を使いません。

売買にともなう税金関係が、最も問題ですが、これも#1さんがおっしゃ...続きを読む

Q海外赴任の際の日本の銀行口座とクレジットカード

海外赴任の際の日本の銀行口座とクレジットカード
海外赴任が決まり、数年間国外に住むことになったのですが、日本の銀行口座や
クレジットカードが使えるかが心配です。ネットバンクですと日本に住んでいることが
利用の条件となっていますが、都市銀行の場合どうなのでしょう?
もしダメだとしても口座を閉めないまま海外で生活をしても問題ないのでしょうか?
海外赴任の方や経験者の方のアドバイスを頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ネットバンクですと日本に住んでいることが利用の条件となっています
これはもう法規制が現実に追いついていないだけのことですので気に
することはありません。ただ大人の約束事として銀行には日本の住所を
届けておく必要があります。自宅を処分されてしまうのであればご実家や
ご兄弟に頼んで連絡先になってもらって口座を維持してください。
都銀でも事情は同じです。給与の振込み先、クレジットカードの引き落とし先
として日本国内の口座は残していかなければならないのです。
クレジットカードはVISAやMASTERが付帯しているカードであれば海外でも
そのまま使えます。ただし不正利用された時の対応が遅くなるので
赴任先国の銀行口座をお作りになり、他の方も言われているように
赴任先国のクレジットカードを作るほうがいいと思います。

Q入国時にハードディスクやCDRはチェックされる?

オーストラリアに行くつもりです。その際にデスクトップ内蔵用のハードディスクや、ソフトをバックアップしたCDRを持って行きたいのですが、こういうものは中身をチェックされますか?

ノートパソコンはどうでしょうか?普段から持ち歩いている人も多いのでノートパソコンは大丈夫だとは思うのですが…。

実際にハードディスクやパソコン(デスクトップも)持ち込んだことのある方も教えてください。団体入国なら意外と怪しまれないとは思うのですが自分は個人入国なので。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も過去、オーストラリア、パプアニュウーギニア、シンガポール、韓国といった国へ、ノートPCを持って入国したことがあります。
しかしながら、税関でのチェックはありませんでした。
しかし、昨年、友人のオーストラリア人の友人が日本での長期滞在(日本で英語の教師をしていた)した後、帰国直前にT社製のノートPCを購入し、税関を通過しようとした際、本人のものかどうかで一悶着あり、約2ケ月、留置扱いとなったと聞きました。
おそらく、輸入しそのノートPCを国内で売却すると思われたみたいです。
日本人の場合、そのチェックは甘いと思われます。
入国カードでの訪問目的が観光であれば、ほぼ大丈夫だと思いますが、商用であれば、その滞在先次第で運命が分けれるかもしれません。
参考になりましたか?

Q往復航空券の復路放棄について

今度、海外に赴任することになりました。
航空券の手配をするのですが、片道航空券の
取り扱いが少なく、割高なので航空会社の
正規割引航空券を購入して、復路を放棄しようと
思っています。

聞いた話なのですが、旅行代理店などで購入した
往復航空券で復路を放棄することは禁止されている
そうなのですが、航空会社が発売している往復航空券
に関しては復路を放棄しても問題がないと聞きました。

本当のところはどうなのでしょうか?

やはり旅行代理店ではなく、航空会社のチケットを
購入すれば復路を放棄しても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

航空会社で売っている
正規割引航空券はもちろん復路を捨てるのは自由です。(予約のキャンセルはきちんとしてください)

しかし、旅行代理店で売っている、俗に言う、格安航空券はあくまでもツアーという扱いなので、復路放棄できません。
復路放棄した場合、正規運賃との差額を請求されるとなってます。

ただ実際に請求された人の話は聞いたことはないですし、こっちが突っぱねたら回収しようがないですね。また、病気で、乗り遅れる人なんかもいますので、取りようがないと思います。

ただ、赴任だったら、ノーマル航空券のお金が出ないのですか???


人気Q&Aランキング