「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

日本で公開される外国映画は、なぜアメリカ映画が圧倒的に多いのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1.映画産業の中心がアメリカだから。


2.日本はアメリカ文化の影響が最も強い国だから。
3.いわゆるハリウッド映画があるから。
4.アメリカ映画は分かりやすいし、日本人も慣れてるから。
5.配給会社同士が密接に繋がってるから。
6.日本で外国語と言えば英語だから。

とはいえ、規模の大小はありますが、日本(特に大都市部)は世界各国の作品をかなり多く輸入している方だと思いますけどね。
翻訳するのも大変だろうに、と感心します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/05 17:19

戦前の日本人も、アメリカ映画大好きでした。

UFA、パテといった独仏の映画も入っており、特にUFAはハリウッドに並ぶシステムと撮影所をもっており、アメリカ映画と張るほどにヒットが多かったのですが、ナチス政権になって国策映画臭いのが出てくると、娯楽作品としてのアメリカ映画が、ますます盛り上がります。太平洋戦争開戦の日、当日午後4時でアメリカ映画の上映は禁止になるのですが、その時上映されていたのが、スミス都へ行く、でした。
戦後、UFAは壊滅、フランス映画もしばらくダメ、となるとやはりアメリカ映画が入ってきます。海の向こうのお金持ちたちの姿は、それだけでファンタジーであり、娯楽が少ないこともあって人々は映画館に殺到しました。また、日本は世界一古い映画についての定期刊行雑誌を持つ国なので(キネマ旬報)、とにかく、映画にたいする興味はつきない民族なのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/05 17:17

映画はフランス生まれですが、第一次世界大戦によって


ヨーロッパが戦場となり、映画産業の主流がUSAの
西海岸へ移行していきました。
ヨーロッパ映画は、日本には74年頃から目だって
入ってくる量が減りました。
フランスはスターも殆どいなくなったし、日本は非常に
米国寄り(文化含む。やたらと英語をカタカナにして使い
たがる国民性ですし)という事もあって、娯楽産業も米国
よりになっていると思われます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/05 17:18

【アメリカの占領政策】


アメリカは、日本を米国の言うがままの国家にする為、
教育、文化、政党をコントロールできるように、
かなり細かい指示をして、親米的な国民にしようとしました。
その一つが映画です。
スクリーンで親米的な国民を作ろうとしたわけですね。
軍国主義を排除して自由主義の方に持ってしても、
社会主義になっても困るから、映画で親米自由主義に移行させようと
映画を怒涛のごとく供給したわけです。

【セックス、スピード、サウンド】
映画が当たる要素は、セックス、スピード、サウンドなど、
3Sといわれるものですが、映画の持つ魅力に日本国民がはまって、
洋画といえばUSAというになったワケですね。
時として、サスペンスが3Sに入る場合がありますが、
これは脚本の話で映画をサスペンスを重視した時ですね。
それゆえ、米国の映画を見た日本人は、頭脳も服装を良い所、
悪い所全て、USA的になっていくのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/05 17:18

観客がたくさん入るような映画を公開するからです。


他の国の映画は一部マニア向けなのでよっぽど話題作じゃないと全国ロードショーとかしないし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/05 17:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカは何故超大国になれたのか

 アメリカは何故今世界一の国になったのか、その原因が知りたいです。

・私の推測では、建国してからまだ歴史が浅く、古い体制にとらわれず、政策がとれる点。

・様々な人種が存在するので、それぞれが納得できる合理的で、効率的な制度が整っている。

・色んな資源が豊富にあるから。例えば移民などの人的資源や広大な土地資源、石油など。

・19世紀の世界ナンバーワンの国であったイギリスと、言語が同種のため、容易に色々な事を学ぶことができたから。

などが理由として挙げられるのではないかと思っています。


この他にも何か、理由が分かる人が居たら教えていただけないでしょうか。

また、今後の世界経済がどう進展していくのか、予想できる方がいたら、その意見も聞いてみたいです。

因みに私は21世紀はアメリカの一人勝ちとは行かないと思います。

かと言って中国もなんだか危うい。

一体、どこの国が覇権をにぎるのでしょうね。

Aベストアンサー

>アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。

いえいえ。
アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。
日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。
この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。
新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほど多くなかったわけです。ですから、南米では金銀の採掘と砂糖などの生産だけを行いアメリカで食べる食糧は欧州から輸入していたほどです。欧州でも出来る事はアメリカでやる余裕はなかったわけです。

英仏が北米に進出したのはもう少し後です。
だいたい、徳川家光が徳川幕府の足場を固めた辺りです。
この頃欧州はアメリカからの富でかなり力をつけてきました。さらに、100年以上も海を行き来していたので航海技術もかなり上達しています。大量の物資を安全に欧州に運ぶ事が出来るようになったわけです。つまり、海を横断するコストが下がったわけです。
またアメリカ大陸が発見されて100年以上経っていたので、アメリカ大陸で生まれアメリカ大陸で育った人も増え始め、見知らぬ大陸が身近になり大陸へ進出する事への抵抗感が和らいだというのもあると思います。当初は出稼ぎの場だった新大陸が第二の故郷になり始めていたわけです。
そうすると、今まで見向きもされていなかった北米でも儲けられるようになったわけですし、アメリカ大陸でも食糧が生産されるようになったのです。

初期の北米の植民地もヨーロッパの為の植民地だったことには変わり有りません。しかし、スペインが中南米でやった事は、略奪に近かったのに対して、英国が北米でやった事は普通の産業に近かったわけです。
普通の産業に近い事をやれば、その植民地が普通の国に近くなるのも当然でしょう。かくして北米は普通の国に近づき、普通の国のように他国の支配を受け入れる事に反発して、独立したわけです。


>給料が良かったから欧州から様々な人がやってきたとは、まるで高度成長期の日本のようですね。
>東京に職を求めて地方から集団就職するみたいな感じですね。

正しくその通り、基本的には全く同じです。
経済では、ヒトでもモノでもカネでも、余っているところから足りないところへ流れるのが基本です。
何故なら、ヒトが余っているならば給料が安くなり、ヒトが足りなければ給料が高くなるからです。同じようにモノならば価格が、カネならば金利が、上下に動きます。
今で言えば中国はヒトが余っているので、人件費が安く。日本はカネ(貯蓄)が余っているので、金利が低いのです。

>産業革命が生まれたのはイギリスだが、それを育てたのはアメリカ…まさにそうですね。自動車や電気・電話など画期的なものばかりですよね。

その通りです。
ぶっちゃけ1860~1950年くらいまでのアメリカは、本当に『神』です。アメリカは、良くも悪くも20世紀のありとあらゆる事に大幅に関わっています。

電気が一般化したのはエジソンが電球の商品化に成功し、普及させたからです。
石油を大々的に利用し始めたのもアメリカが最初です。元々は灯油を光源として用いられていましたが、灯油ランプが電球に駆逐された後は、内燃機関(エンジン)が開発されコレが後のガソリン車に繋がりました。
また、WW1を契機に石油科学が発展し、天然ゴムに変わる石油ゴムが開発され、その後石油繊維も開発されました。WW2ではプラスチックが開発されました。
電話も、ベルがアメリカで開発しました。
コンピューターも殆どアメリカが発展させたようなものです。戦後、電話ネットワークの維持に真空管大量に必要になり、真空管より長持ちして高性能なトランジスタが開発され、これがコンピューター産業発展の起爆剤になりました。

科学技術だけでは有りません。
前述のフォードがはじめた大量生産方式もアメリカ発ですし、何万人という従業員を管理する為の『大企業』という組織形態もアメリカが開発した物です。松下幸之助が考案しその後の日本企業のモデルになった事業部制も、GMのアルフレッド・スローンが考えた組織形態を日本流にアレンジしただけです。
日本の品質管理方法もアメリカのエドワーズ・デミングが研究した物を日本が発展させたものですし、テイラーの科学的管理法がなければ日本の労働者の技能がここまで急速に進歩する事はなかったでしょう。

日本の戦後復興の要因一つは、アメリカで開発された最新の技術をパクリまくったからというのもあります(トヨタの自動車も、ソニーのトランジスタも、シャープの液晶など、戦後の日本の技術の大部分は元を辿ればアメリカ由来のものです)。

当時の日本の技術者たちはアメリカの学会に参加しまくって、発表内容を写真で取り捲ったそうです。当時は『ジャップがなんかやってるぞ』とか笑われていたようですが、必死に研究しまくって一時は追い抜いちゃったわけです。
(当然現実では、このようなやり方よりも本などで勉強したり、特許契約をした事の方が多かったです)

昔の人がアメリカを特別視するのも当然の事だと思います。

・オマケ日本の果たした役割
ただし、新技術開発が得意なアメリカに対し日本が得意だったのは『既存のモノを安く作る』ことでした。良い例が電卓で、当初十万→数千円にしてしまいました。安い→普及という事ですので、日本の果たした役割は小さくないです。
つまり、コンピューターを開発したのはアメリカですが、それを安くして電卓を作ったり、炊飯器や掃除機に搭載させたのは日本で、これが世界のコンピューター市場を飛躍的に拡大させたわけです。

>アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。

いえいえ。
アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。
日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。
この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。
新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほ...続きを読む


人気Q&Aランキング