在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

近々、埼玉県の大宮発-名古屋市内着(東京駅経由新幹線利用)で旅行を
しようと考えています。
そこで質問なのですが、このきっぷで上野駅でいったん下車して観光し
引き続き名古屋まで行けるのでしょうか?

途中下車はしたことがありませんのであまりにも単純な質問になって
しまいますが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

問題なく途中下車できます。



ご質問にある「大宮発-名古屋市内着」の乗車券では、名古屋市内駅を除いて、どの駅でも、何駅でも途中下車できますし、途中下車後の旅行の再開は乗車券の有効期間内であれば何日あいてもかまいません。
名古屋市内駅についてはJR東日本公式サイト内の以下のページをご参照ください。
http://www.jreast.co.jp/kippu/11041.html
お手持ちの乗車券は、上記名古屋市内のどの駅でも降りることができますが、名古屋市内のどこかの駅の改札を出たところで「おしまい」となります。

例えば、赤羽駅からの乗車券を購入しますと、「東京都区内発-名古屋市内着」という乗車券になって、先にご紹介したページの東京都区内でも途中下車できません。
きっぷが「東京都区内」や「山手線内」発または着となっている乗車券では、該当するエリアでは途中下車できませんが、ご質問の「大宮」発のように、発着駅が「東京都区内」や「山手線内」でなければ、「東京都区内」や「山手線内」に該当する駅でも問題なく途中下車できます。
これは、ちょっと勘違いしやすいので、付け加えておきました。

このほか、東京で途中下車して、上野から旅行を再開したい場合は、上野駅での乗車時に上野から東京までの乗車券(上野からの150円きっぷですね)を買って乗車すればよく、このとき東京駅で一旦改札を出る必要もありません。
このように、ちょっと戻ってや、ちょっと経路を外れて利用したい場合、重複する部分や経路を外れる部分のきっぷを買う、あるいは精算すると言うことでOKです。
このような場合は、駅で降りるときや乗るときに駅員さんにきいてみてください。
不正な乗車方法ではありませんから、「いくらかいりますか?」「○○円です」といった感じで普通に応対してくれますので、ご心配はいりません。当然、乗車券を没収されるようなこともありません。

途中下車を理解されると、今後、ご旅行中に駅で乗り換えの時間などが空いた場合に、ちょっと外へ出てみると言ったことが苦もなくできますから、空き時間の楽しみなども増えることでしょう。

途中下車の制限・禁止については、きっぷに必ず書いてあります。
「途中下車はできません」の他に「下車前途無効」と言った表示もあります。
例えば、ご質問の乗車券に「券面記載の都区市内各駅下車前途無効」とあれば、券面に「名古屋市内」とありますから、「名古屋市内の各駅では下車前途無効」すなわち「名古屋市内の各駅では途中下車できません」「名古屋市内の各駅で改札を出たらおしまいです」と言うことです。
切符に書いてある「途中下車」とは、「下車駅で降りて、再度残りの区間を使用する」という意味で用い、「途中の駅で降りること自体」を指しているわけではありません。ある駅で降りたら、その駅から先が残っていても使えなくなるのが「途中下車はできません」「下車前途無効」の意味となります。
補足:
回答No3としてのご回答に「途中下車前途無効」とありますが、これは「下車前途無効」のタイプミスですので、ご指摘をさせていただきます。
用語として、改札を出たときに残りの区間が使用可能な場合を「途中下車」と言いますので、前途無効(その先は無効という意味です)な途中下車はあり得ません。
「ぶらり途中下車のたび」といったような番組からもおわかりになると思いますが、一般にはきっぷがどうなろうと途中で降りれば「途中下車」なのですが、きっぷに使用される用語の「途中下車」は上記のような限定された意味があることをご理解いただくと、今後の理解の一助になるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳細なご回答ありがとうございます。前途と途中とか用語そのものが複雑ですね。
でもこれを知ればおもしろい「途中下車の旅」ができますね。それに今回の回答の
ちょっと経路を外れて・・・というのもとても参考になりました。それも正規乗車
でいけますから安心です。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/01/31 18:24

「途中下車」とは、旅客営業規則第156条で規定されており、「旅行開始後、旅客の所持する乗車券の券面に表示された発着区間内の着駅以外の駅に下車して出場した後、再び列車等に乗り継いで旅行すること」をいいます。

以下、旅客営業規則第156条の必要な部分を抜粋してご説明いたします。
~~~~~~~~
第156条 旅客は、旅行開始後、その所持する乗車券によって、その券面に表示された発着区間内の着駅(中略)以外の駅に下車して出場した後、再び列車等に乗り継いで旅行することができる。ただし、次の各号に定める駅を除く。
(1) 全区間の営業キロが片道100キロメートルまでの区間に対する普通乗車券を使用する場合は、その区間内の駅。(後略)
(2)大都市近郊区間内の駅相互発着の普通乗車券を使用する場合は、その区間内の駅
(3)(前略)特定都区市内又は東京山手線内にある駅
(4) 普通回数乗車券を使用する場合は、その券面に表示された区間内の駅
(5) 当社が特に途中下車できる駅を指定した場合は、その指定した駅以外の駅
~~~~~~~~
このように、JRでは「途中下車」は広く一般に認めており、「ただし、次の各号に定める駅を除く。」という形で、ダメな場合を列挙するという考え方をしています。

ご質問のケースでは、ダメな場合に該当するのは(3)だけであり、これは名古屋市内駅のことですので、名古屋市内駅に限り途中下車はできず、名古屋市内駅で下車するとゴールとみなされ乗車券は回収されてしまいます。

よって、「途中下車は無効が原則」ではありませんし、厳密に言うと「100kmを超える乗車券だから途中下車は可能」というわけでもありません。

また、2009年3月14日実施の東京近郊区間拡大の目的は、途中下車対象駅の削減ではなく、Suicaの取扱エリアの拡大に合わせるためです。
http://www.jreast.co.jp/press/2008/20081218.pdf
Suicaは、その特性上、取扱エリア内の最安経路による運賃を引き去ります。大都市近郊区間は「運賃計算の特例」ではなく、必ずしも最安運賃を強制するわけではないのですが、「乗車券の効力」として運賃計算に用いた経路以外の他の経路を乗車することを認めていることから、実務上はSuicaと似たような考え方をしています。そこで、従来の紙の乗車券とSuica乗車券との間で、運賃や有効期間、途中下車の可否等に差異をなくすため、Suicaの取扱エリアの拡大に合わせ、東京近郊区間も拡大するわけです。陰謀ではありません(笑)。

また、「途中下車前途無効」という言い方については明らかに矛盾します。昔に作られた規定や文書などでは散見されますが、JRでは新たな文章では用いていません。

「下車前途無効」又は「途中下車禁止」であれば正しい表現です。「下車前途無効」とは、途中駅で下車すれば(改札口を出れば)、前途未乗車区間があっても当該乗車券は無効とするというものであり、「途中下車禁止」とは、下車はできるが再び乗り継ぐことはできないということで、意図するところは同じです。

ただ、「途中下車禁止」という表現は正しいのですが、問題がないわけではありません。一般用語、生活用語としての「途中下車」とは、単に途中駅で降りることであり、「再び乗車すること」を明確に含んでいるケースは少ないと思われます。それを「禁止」するということは、「前途無効を前提に、急用ができても降りてはいけないのか?」と疑問に思う旅客が出てくることが考えられますので、JRでは「途中下車禁止」という表現についても、「下車前途無効」や「途中駅で下車されると前途は無効となります」という表現に改めていくようにしています。
    • good
    • 0

回答番号No.3の者です。


私の回答の後からも皆さん回答されているので、ご質問の回答はでていると思いますので、補足だけです。
ご質問の大宮発→名古屋市内着の乗車券ですと、「券面表示の都区市内各駅下車前途無効」と表示されていると思います。このうち『都区市内各駅』が名古屋市内のJR駅を指します。さいたま新都心・与野本町~三河安城(東海道線なら笠寺)の駅、つまり上野駅では、有効期間内で途中下車できることになります。再乗車もNo.6さんの書かれたとおりです。

No.4code1134さんが書かれた「JR東日本の陰謀」は、No.3で書いた「東京近郊区間の拡大」のことで、私個人的に途中下車がしにくくなるため歓迎しないのですが、これによって実際の乗車区間より安くなる場合もあるため一般的には改悪とは言いがたいものです。また、大宮→熱海のような切符でも「下車前途無効」の表示の有無で判断できます。
No.6PAPさんから「途中下車前途無効」記述を指摘していただきましたが、先の回答時に昨年買って手元にあった北海道総販発券の切符を見たためです。(違いの説明→http://cdma2000-1x.seesaa.net/article/13321720.h … ) 一般的なJRでは「下車前途無効」でした。JR以外ではバラバラでした。
ご質問の区間の切符では『途中』はつかないので、上記のように正確に「券面~各駅下車前途無効」というように訂正させていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足ありがとうございました。エリアが広がるのはいい面も悪い面もあって
一概にどっちがいいといえないわけですね。途中下車しない人に場合によっ
て有利になることが多そうです。
途中下車前途無効の表記もあるんですね。

ご回答いただいた皆さんの知識をいただいて楽しい旅行ができそうです。
また切符についてわかったことがたくさんできました。
ありがとうございます。
これにて締め切りにさせていただきます。個人的にはこのままずーっとおもしろい
ネタが続いてもらってもうれしいのですが(笑)

お礼日時:2009/01/31 18:34

 #4様のご回答だと、何か誤解をされそうなので、念のため補足します。



 特殊な割引切符などをご利用の場合を除き、大宮-名古屋の乗車券をお持ちなら、#2様・#3様の回答の通り上野で途中下車可能です。

 #4様の回答の前段は、
 「大宮~熱海の乗車券だと100kmを超えているにもかかわらず途中下車できない(大都市近郊区間の特例があるため)」
 「大宮~函南以西の乗車券だと途中下車できる」
というものです。質問者様の場合、大宮~名古屋の乗車券をお持ちなので、#4様の回答の前段は関係ありません。

 また、#4様の回答の後段は、「乗車券の分割買い」により値段を安くするためのテクニックで、これも、ご質問の趣旨には直接関係はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足ありがとうございました。#4様のお話も興味深く読ませていただきました。
分割や周遊券やいろいろ安くするテクニックが存在するのですね。
以前に東京だと思うのですが、隣の駅までの切符を買って、ぐるーと遠回りする
乗り方を見ました。今回の目的とは違いますが、おもしろい使い方ができること
乗り方?もあるものだと思いました。
一度そういうことも勉強してみたいと思いました。

お礼日時:2009/01/22 09:59

No3さんの1行目の指摘原則として間違ってはいませんが、大宮発の場合熱海駅迄はこの条件を満たしているのに、JR東日本の陰謀で(笑)、途中下車が出来ず、函南以遠でやっと途中下車が可となるのです。



一方、大宮~名古屋間(=30.3+366=30.3+229.3+1367)kmに着目する時、全区間1枚の乗車券の形で、購入すると\6300(大人1人)

処が(熱海以遠の)掛川で分割すると大宮からなら259.6(=30.3+259.6)kmで\4310(上野駅での途中下車は当然の事ながら可です)
残る掛川~名古屋間(136.7(=366-136.7)km)は\2210
で1人当たりの片道の支払総額は\80(=6300-4310-2210)安上りとなる計算が成立する訳です。

尚、額等のミスはないとは思っていますが、念の為次のURLを用いて確認をなさって見て下さい。 ご参考迄に
http://www.calc.eki-net.com/Asp/CalcWeb_main.asp
http://railway.jr-central.co.jp/timetable/nr_doc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほどこういった切符の買い方も
あるのですね。分割した方が安くなるなんてびっくりです。
今後の参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/01/22 09:55

普通の乗車券で100kmを超える乗車券は途中下車は可能です。


上野駅にあるJR東日本の自動改札機は、(複雑なルートでなければ)ちゃんと途中下車に対応しますので、定期券のように戻ってきますので、忘れずに受け取ってください。
万一、出てこない回収された場合は、すぐ有人改札口の人に連絡してください。
複雑なルートというのは、乗車券に記載されていないが規則で通れるルートのような場合ですから、大宮-名古屋の乗車券で上野は大丈夫です。
(つい、今週も名古屋→大宮の乗車券で新橋の自動改札でちゃんと戻ってきました。)
JR東海の改札機はわかりません。
JR西日本はだめだったと思います。(いつも有人改札を通るため自信なし)
普通途中下車できるから、途中下車できない切符にわざわざ「途中下車前途無効」と表示されるのです。
最近東京近郊区間が拡大されて、かなり長距離の切符でも、途中下車ができない乗車券や区間が拡大しているので、できないのが普通と間違える方もいますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変ていねいなご回答ありがとうございます。
知りたいことがすべて書かれています。これで改札も通れるし
心配事はなくなりました。

お礼日時:2009/01/22 09:53

普通の乗車券なら 100kmを超える乗車券ですから途中下車は可能です



新幹線の特急券は途中下車すると前途無効になりますので、お手持ちの特急券が大宮から東京とあっても 上野で降りたら特急券は回収されますから 上野から東京駅までは山手線もしくは京浜東北線をご利用ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大宮-東京間は在来線で行きます。
これで安心しました。
ところで自動改札機でも定期券のようにもどってくるんでしょうか。

お礼日時:2009/01/22 00:29

切符の内容がわからないのですが、普通の切符なら途中下車は無効が原則です。

この回答への補足

説明不足ですみません。
埼玉県の大宮-名古屋市内の乗車券と、東京-名古屋の新幹線特急券です。

補足日時:2009/01/22 00:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京駅での新幹線乗換時に一旦改札を出たいときは?

 東京都区内発で片道100km超の乗車券で都区内の駅から乗車後、東京駅で新幹線乗換えの時間待ちの間に、一旦改札を出て駅周辺で買い物をしたいと思うことが時々あるのですが、このときの適切な対処の仕方はどうすれば良いのでしょうか?

 また、ネット上に次のような書き込みを見つけましたが、これが実態なのでしょうか?
1)大丸はこの改札(八重洲地下中央口)の外にあるのですが、何と!この改札は新幹線の切符を見せると自由に外に出ることができるんです。「大丸に行って来ます」というと全く問題なく通してくれるんです。駅員さんのいる非自動改札を通りましょう。
2)新幹線の切符を持っていれば、皆当たり前のように外に出ていきます。駅員さんもほとんど切符なんて見ちゃいなくて、フリーパス状態。
 ただし、他の駅ですでに改札を終えた切符の場合、再入場の際に自動改札から入るとはねられますので、また、駅員さんに切符を見せて入ることになります。

Aベストアンサー

【東京都区内】発の乗車券であれば、東京駅での一時出場が可能となっています。
途中下車というと規則上不可となってしまうのですが、一時出場という形で便宜上改札外へ出ることを認めています。
このような措置は上野駅でも行っていますが、いわばローカルルールという範疇です。

そもそもは、長距離客が列車の始発駅である東京や上野で発車待ちの時間を有効に使うための措置として認められたもので、
当初は当該駅発の特急券(急行券)を所持していることが条件でしたが、現在はそこまで細かな規定はないです。

したがって、大丸側だけでなく東京駅全ての改札にて一時出場が可能となっています。
【東京都区内】着となる乗車券では無理ですが、発となる場合は問題なく改札外へ出ることができます。
もちろん、自動改札は通れませんの有人改札扱いとなります。

Q東京都区内での途中下車(東京を通過する乗車券所持)

例えば、京都~水戸(東京経由)の往復乗車券を持っているとします。
東海道新幹線を東京まで利用し、まず東京駅で途中下車します。
それ以降、東京都区内での途中下車はどのようなルール・範囲で可能になるのでしょうか?

(1)経路が重複しない一筆書きなら可能ですか?
   [例1]→東京→秋葉原→代々木→新宿→上野の順に、それぞれ途中下車。
(2)品川~東京間を1度目は新幹線で(品川→東京)、2度目は山手線(東京→品川)で通って、時計回りに山手線を使い上野まで行くことは可能ですか?
   [例2]→東京→品川→上野の順に、それぞれ途中下車。
(3)もしくは、東京都区内は、上記のような経路の重複に拘らず、自由に途中下車可能なのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #1です。
 補足を拝見いたしました。
 
 東京・品川で途中下車されたいとのことですね。
 そうしますと、東京⇒品川だけではなく、品川⇒東京も必要となります。
 と言いますのは、東海道新幹線で東京まで来た時点で、京都市内⇒水戸の乗車券は東京駅まで利用済みとなるからです。
 よって、東京から品川までの移動、及び品川から上野(東京)までの移動とも乗車券が必要になるということになります。なお、別途品川⇒東京の乗車券をお求めになった場合には、品川から山手線・京浜東北線で上野まで直接移動(新橋・秋葉原経由)することが可能です。

Q東京都区内での途中下車

東北新幹線の特急券と乗車券が一枚になった切符を持っていて、一度使用した路線を戻ったりすることなく、東京都区内で途中下車をする予定がありますが、これはできるのでしょうか。

例えば、
(1)仙台(市内)→東京(都区内)の切符で東京駅で途中下車をし、品川駅まで向かう
(2)東京(都区内)→仙台(市内)の切符で品川駅から乗車し、東京駅で途中下車をし、仙台まで向かう
ことはできるのでしょうか。

これが、古川駅(宮城県)から有効な切符の場合、
(3)古川→東京(都区内)の切符で東京駅で途中下車をし、品川駅まで向かう
(4)東京(都区内)→古川の切符で品川駅から乗車し、東京駅で途中下車をし、古川まで向かう
ことはできるのでしょうか。

過去の質問を見ると、(3)(4)はできそうなのですが、(1)(2)のケースは特例があるようで、できるかが分かりませんでした。

JRの切符について詳しい方、(1)~(4)の方法が可能かご回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

根本的な勘違いをされているようですが、発駅または着駅が「東京都区内」と表示されている場合、東京・品川など都区内の駅では一切途中下車できません。その駅で改札を出るときに切符は回収され、続きを使うことができなくなります。つまり1から4すべて途中下車はできません。
東京都区内の駅で途中下車できるのは、途中下車のできる切符を持っていて東京都区内の駅が発駅でも着駅でもない途中駅になるケースのみです。その場合でも当然ながら経路上の駅に限りますし、乗車済みの区間を何度も乗り降りすることもできません。

>(1)(2)のケースは特例があるようで、できるかが分かりませんでした。
上述のように規則上は一切できません。ただ、東京駅では、東京都区内発の切符で入場した人が指定券を持っていて、その時刻までかなり時間があるので、大丸など駅近くで買い物等をする場合、状況によっては改札外に出ることを大目に見てくれることがあります。(規則上列車の待ち時間が長いときに改札外で列車を待つことを認める特例があり、その準用です)
しかし、あくまでもケースバイケースの特例であり、誰でも必ず認められるといった状況でないので、我々外部の者が(2)(4)は改札外に出られると保証することはできません。(駅ナカが充実してからはこの運用をしてもらったというネット上の報告をあまり見かけません。また、近年こういった特例がネット上で紹介されるのをきっかけに、決まりをちゃんと守ろうとした人と不公平になるなどの苦情が増え、こういった特例的な運用は認められないケースが増えています))

根本的な勘違いをされているようですが、発駅または着駅が「東京都区内」と表示されている場合、東京・品川など都区内の駅では一切途中下車できません。その駅で改札を出るときに切符は回収され、続きを使うことができなくなります。つまり1から4すべて途中下車はできません。
東京都区内の駅で途中下車できるのは、途中下車のできる切符を持っていて東京都区内の駅が発駅でも着駅でもない途中駅になるケースのみです。その場合でも当然ながら経路上の駅に限りますし、乗車済みの区間を何度も乗り降りすることも...続きを読む

Q東京から名古屋の乗車券で横浜で途中下車できますか?

調べてもわからなかったので教えてください。

今度、名古屋東京を往復します。
往路は名古屋→東京を新幹線で行きます。

復路で東京→横浜で途中下車で横浜を観光。
その後、新横浜→名古屋の新幹線で帰宅しようと思います。
ここで横浜から新横浜までの移動手段として、
東京→名古屋の乗車券を使用してJR横浜線で行くことはできるのでしょうか?
この計画だともしかして、横浜と東神奈川間を後戻りしているので乗車できないのかと心配しています。

また、素直に横浜と東神奈川間の切符を別に購入したら、無事に新横浜から新幹線に乗車できるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#3ですが、選択乗車で区間外になるところは別途購入すればどういうルートでも構いません。

#3の前者適用の場合は、横浜から新横浜までどういう経路をたどろうが、
別途購入する限り問題ありません。
桜木町に行くなら、横浜~桜木町、桜木町~新横浜を別途購入すればいいです。

#3の後者適用なら、東神奈川から同駅まで戻ってくるまでどういう経路をたどろうが、
別途購入する限り問題ありません。
桜木町に行くなら、東神奈川~桜木町の往復を別途購入すればいいです。

東京(都区内)→名古屋(市内)の乗車券でそのまま乗れるのは、
(1)東京~新横浜~名古屋 または 東京~横浜~名古屋
(2)東京~横浜・・・新横浜~名古屋 または 東京~横浜・・・新横浜~名古屋
(3)東京~東神奈川~新横浜~名古屋
のいずれかであり、桜木町だろうが関内だろうが区間外を別途購入すれば、
また元のルートを乗車することができます。(2)の解釈はちょっと難しいですが。
(新)川崎とか鶴見なら経路上なので追加運賃はいりません。

どちらの特例を適用させるのが安くすむかはケースバイケースです。

#3ですが、選択乗車で区間外になるところは別途購入すればどういうルートでも構いません。

#3の前者適用の場合は、横浜から新横浜までどういう経路をたどろうが、
別途購入する限り問題ありません。
桜木町に行くなら、横浜~桜木町、桜木町~新横浜を別途購入すればいいです。

#3の後者適用なら、東神奈川から同駅まで戻ってくるまでどういう経路をたどろうが、
別途購入する限り問題ありません。
桜木町に行くなら、東神奈川~桜木町の往復を別途購入すればいいです。

東京(都区内)→名古屋...続きを読む


人気Q&Aランキング