蛍光管の寿命についてお尋ねします。
蛍光管は1年ほどで暗くなるので、切れなくても交換するもの、と言われますが、これは本当なのでしょうか?
うちではやはりそれほど頻繁に交換はしておらず、3年位で交換するようにしていますが、これは非常識なのでしょうか?
それから、インバーター式の蛍光器具でも、やはり蛍光管の交換時期は一緒なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

3年も持たないというのは、それ前に点灯しなくなります。



補足ですが、蛍光灯の寿命は6000~12000時間で、蛍光灯の
種類によって異なります。
また、ここでいう寿命とは、2.75時間点灯・0.25時間消灯を
繰返した場合に、試験対象ランプの50%が残存している時間を
指します。

又、光束減退特性のグラフを参照したところ、大抵の蛍光灯は
だいたい2000時間点灯までは、急激に光束(明るさ)が減少して
それ以降はゆっくりと暗くなって行き、点灯後100時間の明るさを
100%とした場合、上記で言うところの寿命時間で80~70%の
明るさになるようです。

ps.当店ホームページでもランプに関することを、取り上げたいと
 思いますが、なにぶん通常業務が優先でページの更新が出来ません。
 いずれ、詳しく掲載しようと思いますが・・・
 期待せずに待っていてください。

参考URL:http://www.pana-shop.com
    • good
    • 2
この回答へのお礼

具体的な数値をお教えいただき、大変参考になりました。
有難うございました。
(お礼が遅くなり、申し訳ございませんでした)

お礼日時:2001/05/17 17:14

標準的な家庭と言うのが、どのあたりかが難しいところですね。


夜間の活動時間や、日照などによって昼間もつけている場合
がありますし・・・
取り敢えず、当店の家庭で使用しているお客様では、3年ももたないです。
(3年交換は非常識ではなく『非・常識』です)
事務所などでは、だいたい3年をめどに事前に見積書を出しています。
(その間所々替えています)

3年使用してみてどうですか?フィラメント付近に黒ずみは発生して
いませんか?
もし黒ずみが顕著なら、替え置きをしておいた方が良いですし、
そうでないなら、管面を拭いてもう少し使ってみるのも良いでしょう。

管面を拭く場合の注意
1、脚立を使用する場合は、最上段に乗らない。1m以上(足が)の高さ
  で作業する場合は保護装具を必ず付けましょう。
  そうでないと、各種保険の適用外になる場合があります。
  (ショムニのようなことはしないこと、労災の範囲外になります)
2、脚立に登った際、急激な温度変化で体に不調をきたす場合があります
  ので、高齢者は特に注意が必要です。
3、取り外す際はフィラメント付近は高温になっていますので注意して
  ください。
4、拭く場合は管を十分冷やしてから、マジックリンなどの洗剤を薄めて
  ぬらした雑巾を固く絞って拭いてください。
5、取付ける場合は、出来るだけ手の油をつけないようにした方が良いかも
  知れません。(おまじない程度ですが)

又、明るさに付いては蛍光灯の場合、点灯後5分程度の間明るさが変化します
ので付け替えた当初、明るくなったと判断できるのであれば、かなり明るく
なっているはずです。

又、全数交換についてですが、ご自分で交換して労力を惜しまないのであれば、
そんな必要はあまりありません。私達電気屋が全数交換を行うのは、
1、交換時期をはっきりと覚えていてもらう為。
2、交換料込みで交換するので、その方が労力が少ない=安く出来る
  (実際に安くなるのは数十本以上ですが)
3、2灯用安定器などの場合は、つられて交換したばかりの蛍光灯が悪くなる
  ことがある。(ラピッド式は特に)
  (インバーターで全数交換するのはあまり効果が薄いと思います。)

それと個数(費用?)についてですが、最近まで暗くなったものを使用して、
気にならないようであれば、今流行りの3波長域発光型(パルックなど)では
なくて、白色のタイプを使うと金額が安いです。
(消費効率からいくと無駄ですが)
又、購入金額を安くする方法として、箱単位で買う、1年前?から予約をする
等が効果的です。(計画発注商品ですから)

それと重要なこと?ですが、あなたが交換していないと思っても、家族の誰かが
交換しているってことも結構あるようです。ここで全数交換の理由1が役に立つ
訳です。
(全部交換してあれば、必然的に家族に周知できます)

蛍光管を廃棄する場合は、割らずに出しましょう。水銀蒸気を含んでいますので、
割るとあまり体に良いとは思えません。

消費光効率に関して言うと、安定器やインバーター式よりも効率の良い松下電工の
ツインPaなんていうのもありますので、買い替えをしても良いかもしれません。
ツインPa 100.0~83.8lm/W
インバータ丸型 96.0~79.1lm/W
安定器丸型 68.8~65.6lm/W
電球型蛍光灯 62.3~54.8lm/W
白熱電球 15.8~14.2lm/W
器具代は高いですが他の蛍光灯タイプと比較すると5~8年で、元が取れると
思います。地域専門店でも3割は値引きしてくれるはず?です。
(営業している訳ではありませんよ。自称営業不熱心な電気屋です。『笑』)

PS.サークラインは商品名ですよ、確か東芝だったかな?

この回答への補足

丁寧なご回答、有難うございました。
おっしゃっている「3年ももたない」というのは、切れてしまうという事でしょうか?それとも暗くなるという事でしょうか?
3年も経つと、当初の明るさは覚えておりませんので、最初からこんなものだったのか、3年経って徐々に暗くなっているのかの判断ができません。

ところで、当方は一般家庭ですので、いくら多いといっても箱単位で買うほどの量はありません。

PS:すみません。丸型蛍光管の代表名と勘違いしていました。

補足日時:2001/04/17 18:30
    • good
    • 2

多分tokyoringoさんはまめにON/OFFをしないのではないですか?


蛍光灯は1回のON/OFFで1時間寿命が短くなると言われています。
(確かNationalランプカタログにそう書いてありました。)

私の経験則から言うと、通常事務所等では3年、一般家庭で1~2年
が替え時だと思います。

又、インバーターや電子点灯管を使用することで、寿命を延ばすことも
可能ですが、やはり点滅回数を減らすことで、かなりの延命効果が
あります。

一説によると、20分以内に再度点灯させる場合は、電源を切らない方が、
電気代とランプ代を勘案するとお得だそうです。

よって、廊下や便所に蛍光灯や電球型蛍光灯を付ける事はナンセンスです。

こう言った事は、地域専門店であれば大抵の方が知っています。
又、白熱灯に関しても、結構損している方がいらっしゃるようですので・・・

この回答への補足

ご回答、有難うございました。

短時間以内に再度点灯させる場合は、電源を切らない方が、 電気代とランプ代を勘案するとお得という話は、中学時代に聞いた覚えがあります。

専門家でいらっしゃるとの事ですが、出来ましたらもう少しお教えいただけないでしょうか?
標準的な家庭の場合で結構なのですが、インバーター式で3年ほど使うと、光量は何%位、落ちるのでしょうか?
うちのサークライン(インバータ)は、全て3年ほど交換していないのですが、どうも最近、暗い気がしています。最初からそうだったのか、交換で明るくなるのかを知りたいのです。インバーターですので、勿論ちらつきは有りません。全て交換しようとすると、結構な量なので……。
また、普通の蛍光灯(直管)も結構あるのですが、今まで、ちらつき始めた蛍光管が3本ほどあり、それだけは交換しました。これも本来は全取替えした方が良いのでしょうか?

補足日時:2001/04/17 14:39
    • good
    • 0

蛍光管の寿命は、あまり確かな記憶では有りませんが7000時間と決められて居ますが(JISだったか日本工業規格だったか?)これは点灯しなくなる迄の時間では無く光量が始めの何%か迄に落ちる迄の時間を言って居ます。

そこで本題ですが1年程度の時間では普通の家庭では気に成らない限り交換の必要性は有りません。では何故1年程度で一斉交換との話になったかと言いますと、デパートとか大型の事務室等では1日の点灯時間も長く製品のバラツキに因って明るい所 暗い所と1年も経つと目に付くようになって来ます。それではデパート等の客商売では困りますのでバラツキの比較的に目立たない約1年位で一斉に交換と言う事になって行った訳です。(ちなみに昨年危機説を噂された某デパートではその一斉交換をする費用が高いとの事で個別交換に切り替えた結果倒産間近しの噂が広まり 結局は噂通りの結末に)
2.インバーター方式と従来の方式は最初の点灯方法が違い管その物の寿命は変わりませんがその点灯方式の違いに拠ってインバーター方式で使った方が長持ちすると思われます。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございました。
1年程度で明るさのばらつきが分かるまで光量が落ちるということは、結構暗くなるのですね。
蛍光灯のばらつきで、店の経営状況が分かるとは、興味深いお話でした。

お礼日時:2001/04/17 14:37

蛍光管のフィラメントから電子というものが出て管の中の水銀蒸気に当たり、出た紫外線が、管の裏面に縫ってある白い粉(蛍光物質)に当たって普通の光になるというのが蛍光灯の原理です。



この中で、フィラメントからの電子放出と蛍光物質は寿命があり、使うに従ってほんのわずかずつですけど減少します。だから、一年使えばその分暗くはなります。でもちゃんとついてる分には実用上生活に差し支えるようなことはないと思うけど。
むしろ問題なのは、スイッチを入れてもついたり消えたりを繰り返す場合です。この場合は、電力消費が非常に大きくなるのと、他の部品も痛めますので、早く変えましょう。また、そういう明るさの変化は目にも悪いので、そうなったらすぐ交換すべきです。

ちゃんと持続的についてるように見えても管のすぐそばでよくみると、結構早いスピードでちらちらしてることがあります。これは以外ときづかないけど、同じ現象ですから、これが目立つようならやっぱり変えましょう。
大体その目安が一年位ということで、誤差はつきものです。
あと、そういう時は大抵、管の端っこが黒くなってますから、これも目印になります。

インバーターランプの場合は、長持ちするようですね。

だから、むやみに時間を期にするよりも今のような状態をキャッチして変える方が経済的でもあるかと思いますし、使用頻度によっては、3年持ったって不思議じゃないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございました。お礼が遅くなりました。
きちっとついている間は替える必要は無いのですね。
例えば、1年使うと20%、2年で30%、3年で40%…というような感じで、暗くなっているのに、長い時間だから気づかないと言うような事が有るのかを知りたかったのです。

お礼日時:2001/04/17 14:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蛍光灯の寿命は何年ですか?

毎年、蛍光灯変えてます。

定期的に変えてわけではないのですが、
年末、毎年12月になると部屋の丸型蛍光灯がつかなくなります。

ただ、最初に変えたのが、4年くらい前で、
その前10年位前に家を改装した時から変えた事がなかったのです。

4年くらい前に1回蛍光灯が切れたのを境に
1年ごとに、交換するようになっています。

ただし、全部屋ではないです。
つける時間にも影響あると思いますが、
一番ついている居間、リビングの部屋の蛍光灯は、
20年以上住んでいて、3回くらいしか交換した記憶がありません。
居間は朝から深夜まで毎日、ついているのですが

私の部屋だけが毎年蛍光灯換えてます。
部屋の蛍光灯を使っている時間は
毎日、午後5時間程度です。

私の部屋の隣の部屋の蛍光灯は5年以上前に1回交換しました。
別の部屋も1日3~5時間ついているんですけど、全く交換していません。

蛍光灯がつかなくなるとき、蛍光灯の取り付け部分が真っ黒に
なっているので、寿命だとは思うんですが、
なんで私の部屋の蛍光灯は1年ごとに、交換必須になるんでしょう?
蛍光灯そのものの不良か照明器具の不良かわからないですが、

ほぼ確実にちょうど1年なんです。

どうしたらいいでしょう?

仮に照明器具を換えてみたとしても1年先にならないと検証できません。
今見てこれは!って言うのはわかりますでしょうか?

毎年、蛍光灯変えてます。

定期的に変えてわけではないのですが、
年末、毎年12月になると部屋の丸型蛍光灯がつかなくなります。

ただ、最初に変えたのが、4年くらい前で、
その前10年位前に家を改装した時から変えた事がなかったのです。

4年くらい前に1回蛍光灯が切れたのを境に
1年ごとに、交換するようになっています。

ただし、全部屋ではないです。
つける時間にも影響あると思いますが、
一番ついている居間、リビングの部屋の蛍光灯は、
20年以上住んでいて、3回くらいしか交換した記憶がありません。...続きを読む

Aベストアンサー

蛍光灯の寿命は、点灯時間ではなく、点灯消灯の繰り返し回数と言われています。
過去に、それでは点けっぱなしの電気代とこまめに点灯消灯を繰り返した時の交換費用とどちらが得か、と言う計算をした人がいて、一般的には点けっぱなしの電気代のほうがはるかに安い、との報告がありました。
もちろん、蛍光灯には個体差があって一概には言えませんが、私はそれを読んだ後、蛍光灯は点けっぱなしで、交換がはるかに減ったことを実感しています。
おおよそ2年で交換していたのが、今では、前回交換時期を思い出せないほどです。

なお、白熱電球(フィラメント電球)は点灯消灯の繰り返しではなく、点灯時間が寿命となるようです。フィラメントを燃やしている状況なので。
LED電球は余分な電気回路があるので、LED自身よりもそちらの寿命が心配です。普及からの年月が足りずに長寿命証明はこれからでしょう。

ご参考まで。

QHfとは何ですか?(蛍光灯の種別)

従来設置されている蛍光灯を、「Hf」に交換する作業が進められていますが、「Hf」とは何ですか?(蛍光灯の種別)簡単にわかりやすく教えて頂けたらありがたいのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「高周波点灯方式」の事。俗に言う「インバータ式」

点灯時に「安定器」「点灯管」が不要で、古い建物の蛍光灯の安定器には「PCBなどの有害物質」が使われている。

安定器が老朽化すると破裂する場合もあり、その場合は「頭上からPCBが降り注ぐ」と言う恐ろしい事態になる。

その為、学校や役所など各公共施設で安定器が要らない蛍光灯への交換作業が進められている。

Q蛍光灯FL、FLRとは?

いろんな本を探してもFL,FLRの意味を載せたものはいないです。FL,FLRの正式名称はなんでしょうか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用されている方式で、40ワット型がほとんどです。
 この方式は、安定器など点灯回路が点灯管式やインバータ式とは全く異なり、点灯管なしで、多くのランプが一斉に速く点灯する特徴を持っています。
 蛍光灯にはこのほか、「Hf蛍光灯」と呼ばれるものもあり、記号はFHFです。
 注意しなければならないのは、器具により適合するランプが異なるということで、ランプを交換する際には、必ず適合するランプを確認しなければなりません
 もし間違ったランプをつけると、短時間で端が真っ黒になって点灯しなくなったり、器具の故障の原因にもなります。
 一般家庭で使用されている蛍光灯は大抵スタータ型ですが、お店を経営されている方などで、店舗に40ワット型のランプを使用されている場合は、ランプ交換の際には必ず「FL」「FLR」の違いを確認なさるようにしてください。
 なお、「Hf蛍光灯」は、専用器具でなければ使用できません。こうした器具には必ず「Hf蛍光灯専用」と表示されたラベルが器具に貼られています。

参考URL:http://national.jp/product/conveni/lamp/flourescent/index_g.html

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用され...続きを読む

Q蛍光灯が暗いのを明るくするには?

引っ越しをした賃貸の部屋に天井に埋め込みタイプの照明器具が入っており
中を開けてみると20Wの蛍光灯が3本入っています。

普通に作業する分には十分な明るさではあるのですが パソコンで作業したり 本を読んだりするには
少し暗く感じてしまいます。
少なくとも前の家よりかなり暗いです。

天井に埋め込むタイプのため照明機器自体を交換することはできないのですが
どうにかして明るくする方法はないでしょうか?

同じワット数でも明るい蛍光灯とかあったりするのでしょうか?
どうにかしてもう少し明るくしたいのですが・・・

アドバイスよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

》20Wの蛍光灯が3本

・3本ということは直管ですね。
・直管ですと20Wは20W向けの長さ(30Wは30W向けの長さ)で器具が作られていますから格段に明るくするということは難しいですが
・昔の20Wと比べて最近の蛍光灯は幾分明るくて長持ちするタイプ(3波長)があります。その分価格は高いです(昔のタイプ\398、新しいタイプ\598くらいの差があります)。しかし劇的に明るくはなりません。

・天井照明だけで不十分ですと手元スタンドの増設ですね。

Q蛍光灯が切れるってどういうこと?

この間、家の廊下に使っていた蛍光灯が、付かなくなっている事に気づきました。
何の事はなく、いつもの様に新しい蛍光管に交換すると、前よりもいっそう明るくなったのですが、そこで“フッ”と疑問がわきました。

普通の電球ならば、フィラメントが切れ、通電しなくなって、その役目を終えるのが普通ですよね。
だから、白く濁ったガラスの中に切れたフィラメントが落ちてて、シャカシャカ音を発てたりするのですが、蛍光灯が切れるって、どういう状態なのでしょうか?

その蛍光管が、器具などの故障でなく、いわゆる“寿命”で切れたという確認を道具を使わずに確かめる方法ってないんですかね?

そもそも、蛍光灯にはなぜ“グロー”なる点灯システムを必要とするのでしょうか?(いらないってシステムのものも多くなってきたみたいですけど…)

長年使ってきて、今更って疑問なんですけど…
どなたか解かります?

Aベストアンサー

 蛍光灯の仕組みについては、こちらのサイトが参考になるかと思います。

 このサイトでおわかりになるかと思いますが、蛍光灯にも両端に電極があって、ここから放電した電子により発光するようになっています。つまり、この電極が劣化したときが蛍光灯の寿命になります。
 古くなった蛍光灯を見ると、両端部が黒くすすけたようになっていることが判るかと思います。この状態が続くとやがて点灯しにくくなり、最後には全く点かなくなります。つまり、黒くなり始めたらそろそろ寿命と考えていいと思います(実際はそれからもう少し持ちますが)。

参考URL:http://www.discovery.panasonic.co.jp/electricity/lab/lab06blb/l060201.html

Q蛍光灯が勝手に暗くなったり明るくなったりするのですが

リビングの天井への取付型の蛍光灯を照明器具として使っています。(丸型の蛍光灯2本並んでいるタイプです。)少し前から何もしていないのに突然明かりが暗くなったり元に戻ったりするようになったので、蛍光灯の寿命かと思い2本とも交換したのですが、その後も全く同じ現象が起こります。間隔は不定期で何日かおきだったり、1日に何回も起こることもあります。すっかり消えてしまうことはなく、暗くなったり明るくなったりするだけです。リモコンでも操作できるので近所のリモコンに反応している?なんて考えたのですがそんなことありますでしょうか?
どうすればよいかお知恵をお貸しください!!原因がわからず気味が悪いです。

Aベストアンサー

蛍光灯には2種類あります。点灯の仕方によって区別できます。
(1)2灯とも点灯→1灯点灯・1灯消灯→常夜灯→消灯
(2)2灯とも明るく点灯→2灯とも暗く点灯→常夜灯→消灯
質問者さんの場合は、(2)の方式(インバータ式)だと思います。
考えられる原因としては次のふたつです。
(A)電源電圧が低い(標準は100ボルト)
→テスターをお持ちなら電圧を測定されることお勧めします。
お持ちでなければ、電気屋さんに相談です。
(B)蛍光灯の明るさを切替える回路の故障
→購入価格にもよりますので修理か買換えか悩むところですが、いずれにしても電気屋さんに相談ですね。

まさかとは思いますが、調光器(白熱電灯の明るさを調節する機器)は付いていませんよね?

Q蛍光灯が一瞬ついて、すぐ消える

蛍光灯が一瞬ついて、すぐ消える

部屋の蛍光灯をつけて、
一瞬だけちゃんと点灯するんだけど、
0.2秒後とかに消える。

まず、消えてる状態でしょ、
そんで、つける。
したら、一瞬だけ明るく点灯して、
そのすぐあとに消えてきます。

「あるぇ~?」

って思って、もう一回つけると、
今度はOK.

いったん消して、3時間くらい暗いままで放置して、
それでもう一回つけようとすると、
同じ現象になります。一瞬だけついてすぐ消えて、
もう一回つけなおすとOKっていう。

蛍光灯のランプの問題かな?
って思って電気屋で新しいの買ってきて
つけかえました。ところが問題が再発するので
蛍光灯の寿命の問題ではなかったんだと。

本体か、あるいは電気のケーブルが中で
断線していて、接触が悪くなってるとかですか?

Aベストアンサー

その照明器具のスイッチは紐を引っ張るタイプですよね?
そうだとしたら、ほぼ間違いなくスイッチの故障ですよ。
紐スイッチの器具の場合、紐を引く度にスイッチ内の丸い部品が回転して『全灯→調光→常夜灯→切→全灯…』と接点を切り替える様になっています。
老朽化で丸い部品が摩耗すると、上記の切り替わりの行程の一つ(もしくはそれ以上)が飛ぶ事があり、質問者さんと同様の症状になります。

よって結論はスイッチの交換をすれば改善されます。
修理に出さなくても、同じ部品を入手できるなら比較的簡単にできる作業です。

Q蛍光灯器具の安定期は素人でも簡単に交換できますか?

蛍光灯器具の内部にある電圧を一定に保つ安定器は素人でも簡単に交換できるのでしょうか?ホームセンターで入手できますか?

Aベストアンサー

安定器ですね。
照明器具の型番がわかれば、メーカーサービスから部品として入手可能です。でも高価です。平均6000円くらいです。新品を買い直したほうが安いくらいです。

それに発売から10年以上過ぎている場合は代替パーツになっていたりするので、付属する説明書をよく読んで作業しなくてはなりません。パーツが無い場合もあります。

ホームセンターで入手できるかどうかはそのホームセンターの取引先によります。常時置いてあることはありません。各社、各型番で違いますから、基本的にお取り寄せです。

作業は電気工事士の資格がないとダメです。その資格を持っている人の監督のもとで、無資格店員が作業することはあります。

素人でも手先の器用な人なら出来ます。でも有資格者に監督してもらわないとダメです。

Q点灯管(グロー球、グローランプ)が見当たらない。

電子点灯管なるものがあると知り、蛍光灯買い替えと同時に導入しました。
ただ、台所の調光式密閉照明器具には、点灯管(グロー球、グローランプ)が見当たりません。
ナショナル製のツインパルック(普通の蛍光灯より細軸です)と表記があります。
電球色です。

ちなみに今回買い換えた居間の蛍光灯もパルックプレミアムです。
わざわざ蓋を開けたのですが、ここでお聞きしたあと、もし点灯管は付いていないとお答えしてもらったら蓋を締め直します。
説明書がなく、また型番を書いてあるところまで届かないので確認できません。
これくらいの情報ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

点灯管を取り付けるソケットがないのなら確認するまでもなく蓋を閉めてください、今までなくても点いていたのなら問題ないでしょう。
たぶんお使いの機種はインバーター式じゃないですか、このタイプは点灯管は要りません。

Qワットをルーメンに換算すると?

お願いします。

ワットをルーメンに換算?すると何ルーメン必要なのか教えてください。

40Wだと、何ルーメン必要なのか?60Wだと?80W、100Wだと?

詳しい換算表などのサイトを探したのですが、見つかりませんでした。

お詳しい方、教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

20W-170lm 30W-325lm 40W-485lm 60W-810lm 100W-1520lm 日本電球工業会の資料より。数値はE26口金一般電球の場合。
ずいぶん前の新聞の記事にありました。
お役に立つかどうか。

日本電球工業会のHPに同様な記載があります。
http://www.jelma.or.jp/05tisiki/pdf/shoumeiYougo_tan-i.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング