中国、または中華風の小説を探しています。

できれば『彩雲国』や『十二国記』のようなエンターテイメント性の
強いティーン向けラノベなどでは「ない」ものがいいです。

あと、戦争を前面に押し出したものもNGです。(『敦煌』ぐらいが
ちょうどいいですね)

自分が一番好きなのは馮 驥才の『纏足』です。最近読んで面白かった
と思うのは『後宮物語』ですね(^^)。

わがままばかりいってごめんなさい。みなさんのお薦めの小説があれば
ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

藤水名子さんの作品はどうでしょうか?


でも、中国物は入手不可になっていたりするようなので、図書館か中古を探すしかないと思うのですが。
例えば『赤壁の宴』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062634635.h …

そして宮城谷昌光さんの作品。
『管仲』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167259176.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

『官中』気になるのでチェックしときますね。

お礼日時:2009/05/17 21:15

はじめまして。


酒見賢一は『後宮小説』以降、舞台が古代よりの作品が多いので少々とっつきにくいかもしれませんが、どれもお薦めです。
あとは、浅田次郎の『蒼穹の昴』『珍妃の井戸』。私は『纏足』は未読なのですが、清末~の話なので同時代かなと。
あとはあとは、いっそ『金瓶梅』や『紅楼夢』を小説で読むのもいいんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうなんです。酒見賢一は後宮以外は少し色が違うような気がして…。
でも他のも読んでみようと思います。

あと、『三国志』とか『水滸伝』は読んだので次は『金瓶梅』でも読もうかな。基本に戻るということで。

お礼日時:2009/05/17 21:12

井上祐美子の作品はどうでしょうか?


「桃花源奇譚」「長安異神伝」「五王戦国志」等シリーズものと短編があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

最初の二つは面白そうですね。ぜひ読んでみたいと思います。

お礼日時:2009/05/17 21:09

こんにちは。



戦争もからんでるけど、最終的には戦争モノでない小説で
山崎豊子「大地の子」

中国残留孤児として生き別れになった親子が
成長して取引先の顧客として再会する・・・というような
話。最初ちょっと暗いですが(そして長い)現代に近づいてくると
面白いです。

あと
田中芳樹「風よ、万里を翔けよ」
・・・あまり記憶にないので、自分は面白くなかったのか(苦笑)
田中芳樹さんは中国もの多いですけど
私はあくまでも「銀河英雄伝説」に勝るものなしです^^;

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「風よ~」は前から気になってたんですけど……なぜか読まず。
今度図書館にでも行ってどんなものか様子を見たいと思います。
「大地の子」も然り。

お礼日時:2009/05/17 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中華風ファンタジー+恋愛小説のオススメは?

最近「彩雲国物語」を読んで中華風ファンタジーにはまりました。
何か面白い本が有れば教えて下さい。

一応、「十二国記」は読みました☆(面白かったです!)
後は、先日「雄飛の花嫁」という本を読んで、中華風ファンタジーで恋愛物が凄く読みたくなりました。

ので、中華風で政治的な話を盛り込みつつ、ラブストーリーもしっかり書いてあるお勧め本を教えて下さい。

Aベストアンサー

 少し暗いかもしれませんが・・・・

 井上祐美子さんの「五王戦国志」はいかがですか?かなり骨太な架空戦記ものです。政治面が強くて、恋愛色はそれほど強くはないですが・・・・
 このかたは、他にも中国をモチーフにした作品を多数書かれていて、女性が主人公のものも多いです。どれも面白いので、一度読んで見てください。

 中華というよりも、上海や香港がモチーフのような感じですが、「四龍島(スーロン島)」のシリーズもお薦めです。本編(龍のつくシリーズ)は、アクションの要素が強いですが、外伝(花のつくシリーズ)は、結構恋愛色が強いです。作者は、真堂樹さんです。

 中華風とは言い切れないのですが、今野緒雪さんの「夢の宮」シリーズはいかがですか?後宮の中でも「夢の宮」と呼ばれる特別な建物のかかわる、作品集です。王の寵愛を受けた女性が住んだり、予言によって王が幽閉されたり、絵の好きな王がアトリエとして使ったりと、さまざまな話が展開されています。一話完結の作品ですので、どの作品からでも大丈夫です。(薔薇がタイトルに入っているものだけは、出版順に読まれることをお奨めしますが・・・・)

 かなり古い作品ですが、長谷川朋呼さんの「崔風華伝」も少し切ないですが、いい感じです。

 シリーズ物の中の一冊ですが、高殿円さんの「黎明に向かって翔べ」も、お探しの作品に近いと思います。シリーズのほかの作品は、ヨーロッパ風ですが・・・・

 現代の中国(主に香港)が舞台でもよければ、星野ケイさんの作品も、いいと思います。(ホンコン・シティ・キャット等)ただし、この方はBLの要素があるので、そういったものが苦手だと・・・・・

 とりあえず思いついたものを書き出してみました。お気に入りが見つかればうれしいです、これで失礼します。

 少し暗いかもしれませんが・・・・

 井上祐美子さんの「五王戦国志」はいかがですか?かなり骨太な架空戦記ものです。政治面が強くて、恋愛色はそれほど強くはないですが・・・・
 このかたは、他にも中国をモチーフにした作品を多数書かれていて、女性が主人公のものも多いです。どれも面白いので、一度読んで見てください。

 中華というよりも、上海や香港がモチーフのような感じですが、「四龍島(スーロン島)」のシリーズもお薦めです。本編(龍のつくシリーズ)は、アクションの要素が強いです...続きを読む

Q中国が舞台の小説

本好きです。
今までは、宮本輝、山崎豊子が好きで、片っ端から読んできましたが、ほとんど読んでしまったので他の作家の本も読んでみようと思っています。
今読んでいるのは、アメリカの女流作家パール・バックの「大地」です。近代の中国が舞台で面白いです。山崎豊子の「大地の子」も中国が舞台で非常に面白かったです。

他にも近代以降の中国を舞台にした小説があれば読んでみたいのですが、何かお勧めの本はありますか?

Aベストアンサー

「ワイルド・スワン」 著 ユン・チワン 講談社

親子3代を描いた実話
1代目が清朝の終わり頃
2代目が文化大革命で苦労した話
3代目が出国してイギリス。ほぼ現代。のお話です

読みましたが1、2代目の時代が面白いですね
3代目は筆者なので自ずと無難な表現になり少々尻すぼみです
当時ベストセラーになってたので
いまでも古本屋などで手に入れやすいと思います

Q時代物で恋愛小説。オススメありませんか?

いつもいつも大変お世話になっています。

時代…というか歴史というか…。
そういう昔を舞台とした恋愛小説を読みたいんです。
舞台となっている時代は何時代でもかまいません。
けど日本人が主役の本がいいです。

今まで読んだ時代物の恋愛小説は、
・京極夏彦さん『嗤う伊右衛門』
・玉岡かおるさん『天涯の船』
・三浦綾子さん『氷点』
・北村薫さん『リセット』
      『スキップ』←けれどちょっと時代が新しすぎるかなぁ~と言う気も…
・恩田陸さん『ライオンハート』
あとはコバルト文庫が少々です。

こんな私に何か良い小説はないでしょうか?
あなたのオススメを是非教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして。

私がオススメする本は、船山馨(かおる)の『お登勢』です。
時代は幕末~明治初期。舞台は徳島と淡路島から北海道へ。
主人公のお登勢は奉公人で、その奉公先は佐幕派。
お登勢が密かに心慕う男性は、討幕派の家。
さらに奉公先の娘とお登勢の好きな相手が恋仲になってしまう・・・
というお話です。
3人の人物を中心として、激動の幕末の時代の波に飲まれていきます。
また、史実にも忠実なので、幕末の徳島藩・稲田家及び、北海道開拓史の様子も、物語とともに楽しめますよ。
ちなみに数年前に、NHKの金曜時代劇で映像化され、人気となったドラマの原作です。
お登勢役は、沢口靖子さんでした~。
少し長いですが、物語に引き込まれていくので、どんどん読めると思います。
よろしかったら、お読みになってくださいね☆


人気Q&Aランキング

おすすめ情報