例えばマトリックス・リローデッドではカーチェイスのシーンがありますが
この撮影の為にわざわざ本物そっくりの全長数kmの高速道路のセットを作って撮影しました。

一方、CASSHERNやGOEMONでは四方を布で覆って、そこにCGで作った背景を合成して撮影されました。
だったら、わざわざあんな巨大なセットを作らなくても、こういうやり方で撮影した方が早いし、簡単なのでは?
どんな風景でも再現できるからロケいらずだ
と思ったのですが、いかがでしょうか?

映画以外にも、アフラックのCMでロボット人形のリアルなアヒルが使われていますが
これも、CGで作れば良さそうなのに、何らかのメリットがあるからなんでしょうが、なぜそうしないのですか?

余談ですいませんが、あの高速道路のセットは特定の映画の為に作られた世界一巨大な映画のセットになりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 マトリックス・リローデッドの場合は、カーチェイス・シーンで実際の自動車のクラッシュするシーンなどが多い上に、非常に多くのカットが必要とされる長いシークエンスとなっています。


 GOEMONやCASSHERNはもともとフォトリアルな質感を求めずに作られたCGなので比較的低予算で作ることができますが、ハリウッド映画が求めるクオリティのフォトリアルを追求すると、とんでもない費用が必要となります。

 実際の車をクラッシュさせるのと比べても、はっきり言って大して予算的に差は出ないと思います。ただでさえ、途切れているセットの先や遠景の都市、トラックの下をカメラがくぐるカット、ラストのネオ飛行→モーフィアス救出→トラック激突のシーンなどで、猛然たるポリゴン数&物理制御のCGを使用しているのですから…。

 GOEMONやCASSHERNはかなり特殊な例だと思ったほうがいいです。あれだけCGカットの多い作品を十億円以下で作ることができるのはほとんど「才能」と言っていいです。
 紀里谷監督の制作管理能力、CG制作のコストカットの能力には脱帽ですね。
    • good
    • 0

CASSHERNやGOEMONの両作品はそれまでの映画のCGの概念の逆を行く発想で作られていると言ってもいいでしょう。


今までのCGはいかに実写に近づけるかでしたが、紀里谷監督は実写をCGに近づけるといった発想で作っています。そういった意味でのCGのセットだと思います。もちろん、あれだけのセットを組んだら制作費なんていくらかかるか分かりませんがね。

でも、製作期間で言えば決して短いとはいえません。GOEMONはCG部分だけでもおそらく3年以上はかかっているはずです。

前述したとおり、この二作品についてはかなり特殊な例だと思います。やはり、普通の映画は自然な映像を必要としますから、フルCGではどうしても違和感が出ます。そこまで進化はしていません。

もう一つの問題点は、役者さんの演技の問題です。実際にセットが目の前にあるのと無いのとでは、まったく違ってきます。アヒルの場合もそうでしょう。想像だけの演技はどうしても限界があると思います。

巨大セットについては、D.W.グリフィスという監督のイントレランス(1916)の古代バビロンのセットが巨大で有名ですね。
    • good
    • 0

リアル感でしょうか?


CGの質感を嫌う監督もいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q巨大イカ 巨大タコ

皆さんがご存知の、巨大なイカもしくはタコが出てくる映画を教えて下さい。
邦画・洋画問いません。
古いものでも新しいものでも結構です。
海洋もの、パニックもの、怪獣ものでもかまいません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

巨大イカ(クラーケン)
「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦 ! 南海の大怪獣」
「ザ・ビースト/巨大イカの逆襲」
「タイタンの戦い」
「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」

巨大蛸(テンタクルズ)
「オクトパス」
「水爆と深海の怪物」

Q映画のセットを作る仕事に付くには・・・

私は、今美大を目指して勉強中の高3です。
アトリエの先生、美術の先生にも、専門学校は就職率が低いと聞いて、専門や短大ではなく、4年生の美大に行きたいと考えています。
将来は、映画のセットを作る仕事をしたいなと思っています。
けれど、美大の費用がとても掛かるという点で、親は素直に賛成してくれていません。もうちょっと周りを広く見てから1つに決めて欲しい、と言われました。
そこで、質問なのですが、美大に行く意外で映画の美術スタッフになれる道はあるでしょうか? 

Aベストアンサー

美大卒業生です。

「美大に行く意外で映画の美術スタッフになれる道はあるでしょうか?」
結論から言ってしまうと、あります。
ただ、比較してしまうと、美大(芸術学部なども含む)のほうが、可能性は高いとは思います。
独学では勉強できないことを沢山学ぶことができ、そういった業界のコネが作れる可能性もあります。
でも大切なことは、出身大学ではなくて、どれだけの技術とセンスとやる気があるか、だと思いますよ。
既にご存知かもしれませんが、そういった業界へ就職活動をする際、相手がチェックするのは、出身大学などが書かれた「履歴書」ではなく、それまでに作った作品が載っている「ポートフォリオ」です。
美大に通っていなくても、自分の作品を作る機会や人に作品を見てもらう機会はあります。
逆に美大に通っているからと言って、授業だけで満足しているようではいけませんしね。美大出身でも就職率は良いとはいえないと思いますし。

ご両親としっかりと話し合って、それでもどうしても美大以外に進学することになったとしても、自分に与えられた環境で、できる限りの勉強と作品作りをすることが大事だと思います。
頑張ってくださいね。

美大卒業生です。

「美大に行く意外で映画の美術スタッフになれる道はあるでしょうか?」
結論から言ってしまうと、あります。
ただ、比較してしまうと、美大(芸術学部なども含む)のほうが、可能性は高いとは思います。
独学では勉強できないことを沢山学ぶことができ、そういった業界のコネが作れる可能性もあります。
でも大切なことは、出身大学ではなくて、どれだけの技術とセンスとやる気があるか、だと思いますよ。
既にご存知かもしれませんが、そういった業界へ就職活動をする際、相手がチェッ...続きを読む

Qここ10年程の間に作られたお薦めの映画

高校生だった'80年頃から映画を観始め、足繁く映画館へ通っていたのですが、結婚した'94年を境にほとんど映画館へ足を運ぶこともなく、それ以降に制作された映画はほとんど観ていません。最近になって、子供も手がかからなくなり時間に余裕が出てきたので、ぼちぼちビデオを借りて観るようになったのですが、ビデオ屋さんで手が伸びるのは、'60~'70年代の映画ばかり...。新しい映画も開拓したので、ここ10年程の間に作られた、お薦めの映画を教えていただけないでしょうか。

どんな映画が好きかといいますと、例えば、

お『俺たちに明日は無い』
し『シャイニング』
え『エル・スール』
て『テス』
ぐ『黒いオルフェ』
う『ウディ・アレンの誰もが知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう』

そのほか、SF、ロードムービーも好きです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆に言うと
この10年の未見の傑作がたくさんあるわけですね。
うらやましいなあ。

まずは、「俺たちに明日はない」みたいな犯罪青春モノなら・・・
■「ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルス」(98年英)・・ずっと、すっとぼけてるけどね。

「シャイニング」ほど怖くはないかもしれないけど・・
■「ユージュアル・サスペクツ」(95年米)
・・展開にびっくりな犯罪サスペンス。

「エル・スール」は私もすごく好きですが・・・
■「蝶の舌」(99年西)もせつない。時代に翻弄される少年のお話。

「テス」みたいな文学作品なら
■「いつか晴れた日に」(95年英)は?
エマ・トンプソンがオースティンをやりました。

「黒いオルフェ」で妙に思い出したのは
■「トーク・トゥ・ハー」(02年西)・・深い恋の物語。

「ウディ・アレンの・・」で思い出すのはNo1の人と同じで、
■「ブギーナイツ」(97年米)だな。説明無用。

で、SFなら「ギャラクシー・クエスト」(99年米)、ロードムービーなら「ストレイト・ストーリー」(99年米)がお気に入り。どちらもすんごくキュートな映画です。

逆に言うと
この10年の未見の傑作がたくさんあるわけですね。
うらやましいなあ。

まずは、「俺たちに明日はない」みたいな犯罪青春モノなら・・・
■「ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルス」(98年英)・・ずっと、すっとぼけてるけどね。

「シャイニング」ほど怖くはないかもしれないけど・・
■「ユージュアル・サスペクツ」(95年米)
・・展開にびっくりな犯罪サスペンス。

「エル・スール」は私もすごく好きですが・・・
■「蝶の舌」(99年西)もせつない。時代に翻弄さ...続きを読む

QCGと予算

CGをふんだんに使った映画ってなぜに大きく予算が増えるのですか?
巨大セットなんかのほうがお金かかりそうな気もするんですが

Aベストアンサー

殆どが人件費です。
PCやソフトの購入、維持費もありますが、制作期間が長くかかわる人数が増えればどうしてもお金がかかってきます。
一人一月50万円の計算で、平均50人が関わって、12ヶ月で作業が終わったとしたら3億。24ヶ月だったら6億。人数が倍だったら・・・、期間が3年だったら・・・
海外の場合は、モデリング、テクスチャ、ライティング、アニメーション、合成などのデザナーの他にプログラマーなどのエンジニアもいて、セクションが多いために関わる人数も多くなってしまうようです。

CGパートが多く、一つの会社で終われないようならば数社に割り振って仕事をしてもらわなければならなくなった場合は、追加の予算も必要になります。


映画にもよりますが、完全にCGというわけでもなく、ミニチュアのセットを作成したりしているようですよ。
完全に3DCGで作成してしまうと非常に時間がかかってしまうカットは、マットペイントいってフォトリアルな絵を描いたり描き足したりして対応しているようです。

巨大なセットを建築するよりもCGでやった方が確かに安くすむかもしれません。ですが、ある程度セットがあった方が撮影が着実に進むというのもあるかもしれません。
CGばかりだと、役者も芝居しづらいというのもでてくるでしょうね。完全CGでもできる巨大なセットをあえて作るのにはそういった理由もあるのかもしれません。

なんだかんだいって一番お金のかかるのは、役者の出演料だったりするのかもしれませんが。

殆どが人件費です。
PCやソフトの購入、維持費もありますが、制作期間が長くかかわる人数が増えればどうしてもお金がかかってきます。
一人一月50万円の計算で、平均50人が関わって、12ヶ月で作業が終わったとしたら3億。24ヶ月だったら6億。人数が倍だったら・・・、期間が3年だったら・・・
海外の場合は、モデリング、テクスチャ、ライティング、アニメーション、合成などのデザナーの他にプログラマーなどのエンジニアもいて、セクションが多いために関わる人数も多くなってしまうようです。

CGパートが...続きを読む

QCG映画のブルーバックについて

こんばんは
CG映画やテレビの撮影の時必ずブルーのバックで撮影されていますが、このブルーには何か意味があるのですか、グリーンやイエローではCG撮影はできないのでしょうか、いつも疑問に思っていましたどなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

なぜブルーのバックで撮影するかというのは、主に人物を撮影するときにブルーを使用します。これは、人物は、ほかの赤やグリーンやイエローで撮影すると肌の色がブルーに比べて近い色になるため、合成するとき人物に影響がでるためです。

ですから、ブルーの色が入っていないものなどは、あえてブルーで撮影する必要はありません。実際グリーン等の色で撮影は、行われています。
 実際は、プロ的な話ですが、色よりも色のレベル(輝度)的な物のほうが重要になってきます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報