クラシック初心者です。是非とも皆様のお知恵を拝借したく思い質問します。
宜しくお願い致します。

クラシックにまったく明るくなく、そんな中でも偶然にも出会えた
【シューベルト 死と乙女、ロザムンデ】や
【ベートーベン 月光】を好んで聴いています。

前述のような少し陰のあるような、暗い感じの曲が好きなのですが、
同じような系統で次にどんな作品を聴けばいいのかまったく分かりません。
皆様のオススメがあれば是非教えて頂けませんでしょうか。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

おはようございます。


うれしいなー。
私も、クラシックを聴き始めて、一番はじめに好きになった曲がシューベルトの弦楽四重奏曲「死と乙女」でした。
スメタナ弦楽四重奏団の演奏で、裏面が、ドボルザークの「アメリカ」でした。
私の場合、「死と乙女」が好きで、別の弦楽四重奏団の演奏も買いました。アマデウス弦楽四重奏団やジュリアーノ弦楽四重奏団など。
でも結局、スメタナ弦楽四重奏団の演奏が一番で、スメタナ弦楽四重奏団のファンになりました。
ベートーベンの弦楽四重奏は、スメタナの演奏で随分聴きました。
同時にシューベルトの作品にも傾倒していきました。
交響曲も聴きましたが、歌曲ですね。
「冬の旅」、「美しき水車小屋の乙女」、「白鳥の歌」。フッシャーディスカゥ、ヘルマンプライ、ハンスホッター、テナーのヘフリガーも良かったね。

今は本当にいろんな物を聴くようになりましたが、「死と乙女」の美しい、歌う旋律が好きです。ですから、好みはロマン派になりますね。

初心といわれましたので、老婆心ながら私の経験を。
交響曲は長いので、初めは取っつきにくかったのですが、ソナタ形式を覚えました。提示、展開、再現、コーダ。主旋律の変化を追いながら聴くことを覚えると、長い曲があっという間に過ぎ、より深く観賞できるようになりました。そのうち、好きな曲の総譜を買ってきて、見ながら聴くということもやりました。すると、思わぬところに思わぬ楽器が入っていることもわかり、楽しさが倍増しました。
主にベートーベンのシンフォニーでしたね。

お勧めの曲。
まだ聴いてないのなら、先に書いた、ドボルザークの弦楽四重奏曲「アメリカ」を、できればスメタナ弦楽四重奏団の演奏で。ついでに「死と乙女」もスメタナ弦楽四重奏団のを聴いてみて。
他に、チャイコフスキーのバイオリンコンチェルト。2楽章の咽び泣くようなバイオリンがたまらないね。
スメタナの交響詩「わが祖国」もぜひ。「モルダウ」だけでもいいけど、できれば全曲を。
ラベルの「ボレロ」。こんなクラシックもあるのかと思いました。
何枚かレコードを持っているのですが、作曲者自らが指揮した「ボレロ」をSP盤で聴かせてもらったことがあります。これが素晴らしくて、これ以上の演奏を未だ知りません。復刻されていればいいのですが…。

切りがないですね。このへんで。
お互いいい音楽の聴ける人生を送りたいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

僕も最初に好きになった曲が「死と乙女」だったんです!
何故だかガツン!ときました。
矢張り演奏で変わるんですね。僕はアルバンベルクしか聴いたことがないので、
是非他の演奏者の曲も聴いてみようと思います。
スメタナ弦楽四重奏団ですね。

>これが素晴らしくて、これ以上の演奏を未だ知りません。
こんなに思える1枚に僕も出会ってみたいです。ステキですね。

楽譜を見ながら聴くというのはすごいですね。

紹介いただいた曲すべてを聴いてみたくなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 21:01

すみません 再投稿です



前回 回答者様の趣旨をはずしてしまったようで 
私の只今の凝り?を押し付けてしまい すみません

ふと思いつき あつかましくも再投稿させていただきました
またもや 参考までに
さらにまたズレていたら ”すみせーん!!”(汗)

■フォーレのピアノ作品集
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83 …

■ドヴォルジャーク
ヴァイオリンとピアノのための作品全集 
http://www.hmv.co.jp/product/detail/760789
オムニバスで申し訳ないのですが

■バーバーのアダージョ他
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83 …

この回答への補足

この場を借りて皆様に深くお礼を申し上げたいと思います。

ありがとうございました。

皆様のオススメしてくださった曲はどれも興味深くて、
これから先じっくりと聴いていける楽しみがいくつも増えました。
“こんな世界があったのか”と感動するばかりです。
またこちらで質問する機会もあるかと思いますが、
その際は宜しくお願い致します。
本当にありがとうございました。

補足日時:2009/06/03 00:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答いただきありがとうございます。

>前回 回答者様の趣旨をはずしてしまったようで 
私の只今の凝り?を押し付けてしまい すみません

とんでもないです。それを伺いたくて質問させてもらってますので。
お気になさらぬよう。

特にドボルジャークの暗い方の曲(ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調)なんかはとてもステキでした。
何でしょうかね。暗い曲ばかりが気になります。根暗でしょうか。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 22:57

私も「死と乙女」は大好きです。

クラシック聞きはじめの時に好きになった曲です。
お勧めですが、ドボルザークのピアノクインテット。
死と乙女を超えたと思った曲で、2楽章なんか泣けてきます。
これこそガツンときました。


あと、同じドボルザークのスラブ舞曲。
http://www.youtube.com/watch?v=QJp8cRLmqb0

すでにご存じでしたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
すばらしい曲ですね。じっくりと何度も聴いていきたい曲です。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 21:32

最近、歌っていいなぁと思い始めているものです。



同じ系統というのは
「前述のような少し陰のあるような、暗い感じの曲」でしょうか?

暗めで美しい系の曲をご紹介します。

下記は 全て私が 歌がイイ!! 涙!!
 と ストライクではまった悲しめ?ものです
ですので質問者様のお好みに合わなかったらすみません
あくまで 参考ということで
■グリンカ,ラフマニノフ
 ※いずれも小品集
 http://www.hmv.co.jp/product/detail/2571147

■R.シュトラウス:
 4つの最後の歌 より
 春:
 4曲全て:http://www.hmv.co.jp/product/detail/340517

■ペルレゴーシ:
 スターバト・マーテル
 http://www.youtube.com/watch?v=R5GCgxG3S-8
■アレグリ:
 ミゼレーレ
 http://www.youtube.com/watch?v=x71jgMx0Mxc

■バッハ
マタイ受難曲より:
 アリア(アルト) 憐れみたまえ わが神よ
 http://www.youtube.com/watch?v=aPAiH9XhTHc
 アリア(ソプラノ)愛よりして、わが救い主は死にたまわんとす
 http://www.youtube.com/watch?v=Ec40c_r-5s8

ハイライト盤あります そういうのがオススメ
上記のアリアは有名なので抜粋バージョンでも必ず入ってます
(全曲盤 マタイまるごと好きじゃないと は オー マイ ゴット)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

歌の曲は殆ど聴いたことが無いんですが、
すごいんだろうなというのは何となく…何となく…分かりました…。
…すいません、正直あまり分かりませんでした。…何ぶん初心者なもので。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 20:19

>>「少し陰のあるような、暗い感じの曲が好きなのですが、」


というご希望ですと、そういう曲風のものは、シューベルトが活躍していた時代より後の近代以降の作曲家でないとなかなか無いですかね。
すでに何人かの回答者の方が挙げていますが、ブラームスはシューベルトの少し後の作曲家ですが、option-nfaさんのご希望するような曲が結構あるので、交響曲やピアノ協奏曲、カルテットやピアノなどの室内楽、あと宗教曲をいろいろお聞きになってみてはいかがでしょうか。

あとは、今のところ挙げられていない作曲家でシベリウスとラフマニノフをオススメしたいですかね。この二人の作品も、option-nfaさんのリクエストに合っていると思います。
とくにシベリウスは、良く言えば「静寂、やすらぎ、壮大な自然美」、悪く言えば「重々しい苦悩、悲壮感、かったるい」感じが、好きなると病みつきになります!
ラフマニノフは「のだめ」でも有名になっているので、option-nfaさんもすでに耳にされたことがあるかもしれませんが。

このあとは必ずしも好みに合わないかもしれませんが、「もし興味があれば…」ということで、
(つい、おせっかいで語ってしまうだけですから、無視してもらっても結構です。(^^ゞ )
チャイコフスキーも良いですよ。交響曲第6番「悲愴」はもちろん、バレエ音楽は別として、その他の交響曲や有名なピアノ協奏曲なんかも何回か聴いているうちに「陰」とか「やるせなさ」を私は感じます。
他に近代の作曲家ではラヴェルやドビュッシー、フォーレなんかもいいんじゃないでしょうか。
最後に自ら進んで「落ち込んで見たい!」という場合には、ショスタコーヴィッチをどうぞ。(^-^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

暗めの曲は近代以降でないとなかなかないんですね。
ははぁ~勉強になります。
シベリウス>
 良く言えば「静寂、やすらぎ、壮大な自然美」、
 悪く言えば「重々しい苦悩、悲壮感、かったるい」
何だかイメージ湧きやすいです。是非聴いてみたくなります。

実は【のだめカンタービレ】を読んだこと(見たこと)がなくて。
機会があれば読んでみようと思います。

ショスタコーヴィチは能動的に落ち込んでみるんですね!
元気な時に聴かないと。
キューブリックの【アイズワイドシャット】が大好きで
オープニングの曲は何だろうと気になり、
ワルツの入っているCDはよく聴いています。

皆様にオススメしてもらっていると、
もっと真剣に音楽の授業を受けておくべきだった…、
と思ってしまいますね。

ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/22 20:37

順不同、思いつくままの未整理で、徒然なるままに・・・・・



●スクリアビン:24の前奏曲 op.11 http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/s …
 ショパン似のチョッと現代版?暗くなりきれず明るくなりきれず、影が強く弱く付き纏う!でも、センスが品を支えてる。
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/s …

【ドビュッシー】
●2つのアラベスク
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/d …
暗いと言うのではないけれど湿り気が有るのに澄み切った空気の揺らぎ・・・(ご存知の曲でしょうが念のため)
●前奏曲集 第1集
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/d …
(第8曲 亜麻色の髪の乙女 が、特に有名)
●ベルガマスク組曲
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/d …
(第3曲 月の光は超有名/第4曲 パスピエも可愛い・・暗くはないけど・・)
●夢(夢想) <こんな美しい夢なら毎夜、見たい・・!>
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/d …

【ブラームス】
●主題と変奏 ニ短調(弦楽六重奏曲第1番より) op.18
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/b …
●6つの小品 Op.118 <彼の交響曲と同じ様に深い・・聴き終って深呼吸>
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/b …
●3つの間奏曲 Op.117 <優しい揺らぎ>
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/b …
●16のワルツ op.39
(第15番変イ長調のみ試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/b …
(他の番号の曲も、グ群的参考試聴)http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83 …

【シューマン】
●子供の情景 Op.15
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/s …
(第1曲 見知らぬ国/第2曲 不思議なお話/第7曲 トロイメライ/第8曲 炉端で/第12曲 眠っている子供 は、人気曲)

【ショパン】は、紹介し切れませんので、涙をのんで一部だけ
●3つのノクターン(第1-3番)Op.9 <三曲とも人気度高!>
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/c …
(二番は昔の米映画の中で、カーメン・キャバレロの演奏を挿入し演奏している俳優はタイロン・パワーが演じて人気曲になりました。)
※もっと紹介したいけれど、ノックターンの最後の方へ飛びます。
●ノクターン 嬰ハ短調 KK.IVa/16
(試聴&DL)http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/c …
(緒方拳さん最後の出演TVドラマになった「風のガーデン」で、平原綾香の唄付きに編曲され挿入歌としても、彼女の歌う出演シーンでも使われていました)
《参考》
『カンパニュラの恋』
『ノクターン』http://www.youtube.com/watch?v=jevi3-vIbkk&featu …

ピアノ曲でも未だ紹介したい曲が有るし、管弦楽曲でも室内楽曲でも色々有りますが、夜鍋をしてしまったので,もう無理!眠たいです(苦笑)!

 でも、このままでは悔しいので、今回、試聴に利用させて貰ったサイトの索引ページのURLを付けておきますので、申し訳有りませんが後はセルフで、お気に入り曲を見つけ出して下さい。
■「ピティナ・ピアノ辞典」http://www.piano.or.jp/enc/index.html

 それと、ピアノ以外の曲の紹介に利用しようと思っていたサイトのトップページのURLも付けておきます。
 現在、多分400曲くらいアップされていると思います。そして週に一曲程度のペースで増え続けていますので、今後、更に便利になると思います。
 ここも、試聴とDLが無料で出来ますので、何ページ有るか判りませんが、時間の許す時にゆっくり楽しみながらお気に入り曲を見つけ出して下さい。
■「クラシック名曲サウンドライブラリー」http://www.voiceblog.jp/andotowa/

 では、尻切れトンボの様になってしまいましたが、この辺で失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

詳しくいろいろとご紹介頂けてとても嬉しいです。
まだかいつまんでしか聴けていませんが
どれも雰囲気のあるステキな曲ばかりです。

そう言えばドビュッシーの
【ジェラール・プーレとブルーノ・リグット,
ひそやかなフランス室内楽の一夜~
ドビュッシー,フランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 他】
というどこまでがタイトルでどこまでが作者か分からないCDを
持っているのですが、収録曲の
・愛の悲しみ
・ヴォカリーズ
なんかはヘビーローテーションに聴いています。
(他の収録曲の「バイオリンとピアノのためのソナタ」も好きです。)

ショパンも好んでよく聴いています。

良いサイトをご紹介いただきありがとうございます。
じっくりと楽しんでいこうと思います。
夜遅く(朝?)まで本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 20:27

>少し陰のあるような、暗い感じの曲



ブラームスの弦楽六重奏曲はどうでしょう。

以前に何かの映画に使われていた?第1番の第2楽章です。

右サイドに同じ演奏で第1楽章,第3楽章,第4楽章も出ています。

ブラームスの弦楽六重奏曲は第2番もいい曲です。
ブラームスでは,他に弦楽五重奏曲,弦楽四重奏曲もとてもいいです。
ピアノ五重奏曲やピアノ四重奏曲もいいです。
ブラームスの室内楽はどれもいいです。

ブラームス以外では,モーツァルトの弦楽五重奏曲にもご希望のような
曲があると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=T2EhW-k3yPs&featu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ブラームスの曲良いですね!すごく好きな感じです。
ここから広がっていきそうな臭いがぷんぷんします。
生で聴けたらもっと素晴らしいんでしょうね。

モーツァルトも色々と聴いてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 20:15

迷ったらラジオを流し聞きして気になる音楽をチェックされてはどうでしょうか。

緊急避難用ラジオをたまにならしてみますが、レトロな感じでいいですよ。
スメタナのわが祖国とか
ベートーベンの悲愴とかいかがでしょうか。
チャイコフスキーのセレナーデとか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね!ラジオ良いかも知れません!
最近ラジオを受信できる携帯音楽プレーヤーを手に入れたところなので、
また聴いてみようと思います。

【ベートーベン 悲愴】は第一楽章が好きでちょくちょく聴いています。
【スメタナ】【チャイコフスキー】参考になりました。
聴いてみます!ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクリン,クランという歌詞の出てくる歌曲

昔一度耳にした歌曲をもう一度聞きたいのですが,手がかりは次の通りです。ご存知の方曲名を教えてください。
○歌詞はドイツ語。
○ソプラノ(?)のソロ。
○長調の,明るいかろやかな感じの曲。幸せな恋人達の情景でも描いているのかな、と聴いたとき思いました。
○クリン,クランという歌詞が何度も繰り返されるのが印}象的。
あと、あくまで個人的な印象ですが,時代はロマン派で、シューベルトよりはちょっと時代が下る感じです。

Aベストアンサー

「クリン、クラン」は、おそらく「kling, klang」でしょうね。
リヒャルト・シュトラウスの「Schlagende Herzen(高鳴る胸)」でしょうか。

下記のサイトで試聴できます。
http://www.amazon.co.jp/Kathleen-Battle-Concert-Gabriel-Faure/dp/B000001GNP

ご参考までに、原詞と英訳はこちらをどうぞ。
http://www.recmusic.org/lieder/get_text.html?TextId=2591

Qクラシックの音楽家は誰が好きですか?私はシューベルトの野バラや リストの愛の挨拶 ベートーベンの田園

クラシックの音楽家は誰が好きですか?私はシューベルトの野バラや 
リストの愛の挨拶
ベートーベンの田園
が好きです。

Aベストアンサー

私はピアノを弾くので、ベートーベンやハイドンが弾きやすいですね。

 ワーグナーやドボルザークの曲も弾いた事がありますよ。

Qシューベルトの【ます】について

シューベルトの【ます】は、なんの ます ですか?
お魚のますですか?

この曲について詳しく知っている方、作曲背景などもできれば教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詞はシューバルト
曲はシューベルト
一字違いでややこしいですが....。

歌曲内では漁師が水を濁して、ますを捕らえるところで終わりですね。
原詩ではその続きがあります。

漁師は誘惑する男
ますは乙女。

男は水を濁し、視界を遮ってあなたを捕まえようとチャンスを狙っています。娘さん、気をつけなさい。というような無いようです。

男はオオカミなのよ♪ 気をつけなさい♪
と古いですが、言わんとするところは同じです。(^_^)

Q皆様のお知恵をお貸しください

はじめまして。
私は今、美術展での空間演出作品で使用するため、オルゴールの曲をさがしています。
最初はヘンデルの「私を泣かせてください(Lascia ch'io pianga)」を考えていたのですが、有名な曲なのにオルゴールとなるとなかなか見つかりません。
そこで、急遽代用の曲も検討せねばならなくなったのですが、音楽事情に疎いのでなかなかパッといい曲が思い浮かびません。
曲の条件は
○著作権が切れている曲(となるとクラシックに限定されますよね?)
○オルゴールにありそうな曲
(18弁オルゴールで捜していますが、オルゴールの有無についてはこちらで調べますので『ありそうな曲』で大丈夫です)
○例えばアヴェマリアやベートーヴェンの運命のように有名すぎない曲。「あ、アーヴェーマリーアーだわ」とかでなく、「あれ?聴いたことあるなあこれ」程度を希望。
○宗教色は排除したいので、讃美歌などはあまり好ましくない
◎今回の作品のコンセプトが、ビュアーに対して「大人になるってとても悲しいことで、もっと悲しいのはその悲しみに慣れてしまうこと。でもあなたが子供だった時に世界がもっときらめいていたなら、あの頃感じたことを忘れないで、この空間のなかでは思い出して欲しい」と訴えるものなのです。
「私を泣かせてください」では、
~私の苛酷な運命のままに
 泣かせてください
 自由へのあこがれも
 このねじれた悲しみも
 打ち砕いてください
 信仰という太陽のために
 忠誠を誓う殉教についても
 私を泣かせてください~(ネット上より引用)
という歌詞が、「大人になる悲しみや、常識に捕らわれ自分をなくしてしまう悲しみをあなたが嘆くなら、この空間のなかではどうぞ泣いていいんだよ」というメッセージをビュアーに投げかけてくれると思って選んだものでした。
○以上のことを鑑み、ノスタルジックでメランコリックな、曲調が望ましい(個人的にはサティのジムノペディやジュトゥヴあたりも好きなのですが、私の知らないものでよりテーマに沿った曲をご推薦いただけたらと思って質問させていただきました)

色々と面倒な項目がございますが、皆様が「これはどうかな?」と思われる曲がございましたら、どうかお教え頂けますよう、お願い申し上げます。

はじめまして。
私は今、美術展での空間演出作品で使用するため、オルゴールの曲をさがしています。
最初はヘンデルの「私を泣かせてください(Lascia ch'io pianga)」を考えていたのですが、有名な曲なのにオルゴールとなるとなかなか見つかりません。
そこで、急遽代用の曲も検討せねばならなくなったのですが、音楽事情に疎いのでなかなかパッといい曲が思い浮かびません。
曲の条件は
○著作権が切れている曲(となるとクラシックに限定されますよね?)
○オルゴールにありそうな曲
(18弁オルゴール...続きを読む

Aベストアンサー

こちらにある「リナルドより 《涙のアリア》 ヘンデル 」は,
「私を泣かせてください(Lascia ch'io pianga)」と同じ曲でしょうか?

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2~%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B0011XZBC2/ref=pd_sim_m_img_4


下記のドラマで聴いたクラシックには,ディスク1の10曲目が,
涙のアリア[私を泣かせてください](ヘンデル)となっています。
「牡丹と薔薇」というドラマを知らないので「涙のアリア」という名が
つけられたのかどうかはわかりません。
http://www.universal-music.co.jp/classics/special/classic_best101/index_classic.html


上記オルゴールのC Dでは,「誰も寝てはならぬ」や「シシリエンヌ(フォーレ)」も
いいのではと思いました。

こちらにある「リナルドより 《涙のアリア》 ヘンデル 」は,
「私を泣かせてください(Lascia ch'io pianga)」と同じ曲でしょうか?

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2~%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B0011XZBC2/ref=pd_sim_m_img_4


下記のドラマで聴いたクラシックには,ディスク1の10曲目が,
涙...続きを読む

Qシューマン、シューベルトのピアノソナタ等の難易度

のだめカンタービレで出てきたシューマンのピアノソナタ2番と、シューベルトのピアノソナタ16番を来年の発表会(1年後なんですが…。例年5ヶ月くらい前から練習開始します)で弾いてみたいと思うのですが難しいでしょうか。ちなみに、今年はショパンの即興曲1番を、去年はベートーベンのソナタテンペスト第3楽章を弾きました。普段はチェルニー30番(もうすぐ40番)、モーツァルトのソナタ、バッハインベンションをやってます。
他にも、ショパンのバラード1番、別れの曲、ノクターンの8番、ベートーベンのソナタ熱情なども弾いてみたいのですが…。
その他お勧めとかあったら教えてください。

Aベストアンサー

シューマンのピアノ・ソナタ2番は1楽章なら弾いたことがありますが、他の楽章はかじった程度です。
難しいといえば、難しいかもしれませんが、弾こうと努力すれば結構弾けるものですよ。あきらめないことが大事です。
シューベルトはきっと暗譜しやすいですよ…。
ショパンのバラードは大変難しいと思うのでそんなにお勧めしません。
シューベルトの即興曲とか、メンデルスゾーンのアンダンテ・カンタービレとプレスト・アジタートロ長調は素敵ですよ。無理してでも弾きたい曲があったら、とりあえず挑戦してみてください。弾かなければよかったとか思うときもありますが、後になればいい思い出です。
がんばってくださいね。

Qクラシック初心者におすすめしてください

クラシック音楽を聞きたいです
カノンみたいな素敵な音楽を聴きたいです
ベートーベンとかバッハとかの名前くらいしか知らないのでおすすめおしえてください
作家でも曲名でもいいです
有名な曲でもいいです
お願いします

Aベストアンサー

チャイコフスキー作曲、「くるみわり人形」なんかはどうかなあ。

組曲は、いろんな感じの曲が入っているので、「最初の曲はつまらなかったけど、今度のはいい」みたいな感じに楽しめる。(もっとも、「どこをきいても退屈」て作品もあるでしょうけど)

Q日本におけるシューベルトの評価は正しい?

 シューベルト = 「未完成交響曲」
 シューベルト = 「歌曲王」
 シューベルト = ロマン派初期の一作曲家

日本におけるシューベルトの評価はこんなものじゃないでしょうか。

シューベルトの評価は、なぜ、かくも低いのでしょうか?
 ───シューベルトは、弦楽四重奏曲やピアノソナタも数多く残しているのに・・・。───

それとも、この評価が正当なものなのでしょうか?


教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

シューベルトについて、客観的に評価をお伝えすれば済むかと思っていたら、思わぬ方向へ行っていますね。このサイトではそう簡単には行かないようです。

書き終わってみると、4000字を超えていそうなので、2回に分けて出すことになると思います。

お礼に書いていただいたことについて補足する前に、交響曲の話をしておいた方がよさそうです。日本でなぜこのようになっているのか、驚くばかりですが、理由はいくつか考えられます。それは、権威とか、定説とか、古典時代の価値観ということとは違う話です。まず、録音などがなかった時代の、ヨーロッパでの、日常の音楽の楽しみ方を考えてみてください。オーケストラの演奏会にしょっちゅう行けるわけもなく、ラジオで聞くこともできません。したがって、当時は、サロンや家庭で演奏して楽しめる室内楽や歌曲は重要な楽しみで、作品もたくさん書かれました。こういう習慣は、日本には根づかなかったといっていいでしょう。明治、大正や昭和初期が舞台になったドラマなどで、時々上流階級の人たちがそのようなことをやっているシーンがありますけれど、ごく限られたものです。ですから、室内楽や歌曲を日常的に楽しむ伝統そのものが、日本にはないといえます。また、洋楽導入期には、オペラのような大掛かりなものはなかなか日本人だけでは上演できませんでしたので、そうなると結局、オーケストラになります。そういう日本特有の歴史的背景があると思います。もう一つは、現代の問題です。ジャズやロックなど、電気的に拡声された大音響に耳が慣れてしまっている現代人には、室内楽や歌曲、ピアノ独奏の地味な曲などは物足りないでしょう。だからマーラーのような、大オーケストラの交響曲が人気になるのです。オペラは、歌詞が外国語な上、話の舞台も、なじみのない、昔の外国ですし、ジャズシンガーなどの、ストレートで生命力にあふれる声を聴いてしまっている人には、クラシックの発声法が我慢できないというのもよくわかります。

交響曲というジャンルは、確かに西洋音楽史の中で見れば、器楽の作曲法が集大成されるジャンルですから、重要視されるのは仕方のないことです。ただ、交響曲における業績だけで作曲家の価値を図るというのは偏った考え方です。今書いたような歴史的な事情のほかに、日本でそういうことを主張する人たちがそんなに多いのでしょうか。私が今一番心配しているのは、日本の二流評論家や怪しげな文化人の発言が、音楽愛好家に信じられて、インターネットなどで広まることです。ときどきそういうサイトを見かけます。そういえば、佐村河内氏が登場した時も、マスコミが、「交響曲はクラシックで最も作曲が難しいジャンル」とかなんとかいうコメントがあって、あきれました。長くなるので詳細は省略しますが、技術的に言えば、それぞれのジャンルには、それぞれの難しさがあります。もっとも、日本のマスコミは、ちょっと目立った業績を上げた人がいると、必ず「最高の」というのがお決まりです。某ピアニストがある国際コンクールで優勝した時も、もう一人の優勝者にはほとんど触れず、ショパン・コンクールやチャイコフスキー・コンクールも無視して、「世界で最も難しいコンクール」と報道しました。多くの人がそういう報道に乗せられます。

それと、歴史的な事情で忘れてはいけないことがもう二点あります。ドイツ語圏で交響曲が発展したのは、別に音楽的に先進国だったからではなく、たまたま交響曲というジャンルが、ドイツで開拓、発展された、という事情によります。交響曲の原型は、古い時代のイタリア・オペラの序曲ですが、それを交響曲として発展させたのが、ドイツのマンハイム楽派の作曲家たちです。モーツァルトも、このマンハイム楽派の交響曲の影響を受けました。その後の、ドイツ語圏での交響曲の発展には、やはり、ドイツ語圏特有のロマン主義があると思います。交響曲を書くにあたって、やはり、この世界全体を包括するようなものを作り上げようという気概があったと思います。これがよくわかる例は、マーラーとシベリウスが会って話した時のエピソードです。二人の意見は合いませんでした。しかし、オペラに関しては、ドイツよりも、イタリアやフランスの方が先行しています。国や文化圏によって、発展するジャンルに違いが出たというだけです。もう一つの歴史的事情は、明治維新後の洋楽導入期には、まず、おもにドイツ人によってドイツの作品が伝えられた、という事実です。おそらく、ここがおおもとだと思います。

さて、私はしばらくシューベルトを聴いていなかったので、改めて少し聞いてみました。第1番は、さすがに習作風で、やや平凡ですが、オーケストラの扱いはすでに熟練しています。第2番も第3番も、非常に質が高く、軽視するべきものではありません。むしろ、ベートーヴェンの第1番や第2番より面白いくらいです。もちろん、クラシックファンが好むような、超名曲のような派手さはありませんが、傑作ぞろいです。作曲家の目から見れば、シューベルトは立派な交響曲作家だと思います。日本では、そうみなされていないのかもしれませんが、ヨーロッパではそんなことはないと思います。それから、シューベルトが作曲家として過大評価されているという話は、これまで音楽をやってきて、聞いたことがないのですが、日本の評論家か何かがそんなことを言っているのでしょうか。私はウィーンに12年近くいましたが、過大評価されている、などという話は聞いたことがありません。一体どうなっているのやら。

ゲーテが、後年、シューベルトの歌曲の評価を変えたという話、よくお調べですね。実は、先の回答で触れたドイツでの講演にも、そのエピソードは含まれていたのですが、長くなるので省略しました。以前、私の翻訳が出ていたサイトがあったので、それを御覧になったのかと一瞬思ったのですが、出典が違いますね。ただ、ゲーテが後悔した、と言い切れるのかどうかは疑問です。この部分だけ、私の訳を引用してしまいますが、

「この曲は、前に一度聞いた時はちっともいいと思わなかったけれど、こういう風に演奏されると、全体がはっきりしたひとつの情景となるね。」この話は、実に好意に満ちたように聞こえますが、本当に理解したとか、ましてや感動したなどということはいえないでしょう。

ということになっています。

>◇バルトークを忘れていますよ♪

いえ、忘れていません。「一気に下って」、と書いたじゃありませんか(笑)。全部書ききれないからです。あと正直言うと、バルトークは、われわれ作曲家は技術を学ぶために必ず見ますけれど、そうそう聞きたいと思う曲ではないんです。

>私にとって不思議なのは、『魔王』のピアノ伴奏の素晴らしさが、なぜ、ピアノソナタに生かされていないのかです。

前回お話ししたように、シューベルトのピアノの腕はそれほどではありませんでした。「魔王」のピアノパートも、「自分には難しすぎる」と言ったそうです。技巧的な曲としては、「さすらい人幻想曲」というのが知られていますが、指使いの面からみると、あまり合理的でなく、弾きづらいところがかなりあります。ピアノを勉強するときも、シューベルトのソナタは、カリキュラムに組み込みにくいのです。シューベルトを弾くことで、指の技術の向上を期待することはできないので、せいぜい、「即興曲」や「楽興の時」くらいです。ソナタに取り組むのは、音大に入ってからか、プロになってからということになります。

リストの評価については問題がありますが、ここでは省略します。

他の回答にされたコメントに関してですが、

>オペラとオペラ作曲家の評価が低すぎます、日本は。

そうですか? オペラ・ファンはたくさんいると思っています。海外のオペラの来日公演も目白押しです。招聘するには巨額の費用が掛かります。もちろんスポンサーあってのことですが、切符が売れなければできないことです。最近は、ヤナーチェクなどのオペラも評価されるようになってきて、よいことだと思っています。ツィンマーマンの「兵士たち」や、ライマンの「リア王」など、現代音楽のオペラも上演されるようになっています。

>日本人のクラシックファンは、番号の付いていない交響曲を聞きたがらない、という傾向があるように思います。ベルリオーズの『幻想交響曲』やR.シュトラウスの『アルプス交響曲』はバッタもん扱いされ、番号の付いていないチャイコフスキーの『マンフレード交響曲』は見向きもしない。しかも、フランスの偉大な作曲家サン=サーンスの交響曲は、ドイツ人作曲家の交響曲より数段価値が劣るものと考えられている。第3番の『オルガン付き』もイロモノ扱いだし…。

これ、本当にそうなんですか? だとしたら日本には失望しますよ。「マンフレード」はあまり聞いていませんが、ほかの曲は皆好きです。作曲家のほうが、ファンの方たちより通俗的ということですか(笑)。オネゲル、渋いですねー。デュカ、ショーソン、ルーセルなどもご存じなんですか?

後、日本の偏ったところは、ニックネームのついた交響曲に群がることですね。そもそもヨーロッパの演奏会のプログラムには、「運命」「合唱付き」などと記載されません。作曲家自身の命名でないものは、書かないことが多いです。日本人の通俗的なところ、というかブランド志向というか、テレビの美術番組でも、ゴッホの「ひまわり」や、モネの「睡蓮」ばかり繰り返し出てくるではありませんか。

この辺で終われるかと思っていたのですが、書いている間に新しい意見が寄せられたようです。

(続きます)

こんにちは。

シューベルトについて、客観的に評価をお伝えすれば済むかと思っていたら、思わぬ方向へ行っていますね。このサイトではそう簡単には行かないようです。

書き終わってみると、4000字を超えていそうなので、2回に分けて出すことになると思います。

お礼に書いていただいたことについて補足する前に、交響曲の話をしておいた方がよさそうです。日本でなぜこのようになっているのか、驚くばかりですが、理由はいくつか考えられます。それは、権威とか、定説とか、古典時代の価値観ということと...続きを読む

Qシューベルト ピアノソナタのCDをいただいたのですが・・・

シューベルト ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D960 「遺作」
についてです。

会社の先輩(男性)から「これは私の今の心情にぴったりだよ」と言われて、このCDをいただきました。

どういう心情なのでしょうか?

補足しますと・・・

この先輩、近々転勤が決まっており、会うことはなくなります。
そのため、「会えなくなるのがさみしいよ」とは言っています。
そして、最近私がクラシックに興味を持ち始めたこともあり、詳しいその先輩が、何かにつけCDをプレゼントしてくださいます。

なにかとかわいがっていただいていたので、深い意味があるのかなと思ってしまったのですが、深読みしすぎですか?

カテゴリが違うかもしれませんが、アドバイスいただきたいと思います。

Aベストアンサー

 すみません、転勤なさるのは質問者さんではなく、その先輩さんでしたね…。何故かうっかり読み間違えてしまいました。穴が有ったら入りたいです…。

 ですが、やはり質問者さんを応援したいと思う気持ちで居る事に変わりないかと思います。シューベルトの音楽は、どちらかと言えば摂理を越えての愛憎劇よりも想いを秘めた淡いロマンスの方に向いていますし、実際に愛情を示そうとしたのだとしたなら、本当にシャイ過ぎる曲の選択だと思いますから。

Qシューベルト歌曲おすすめCD

シューベルトの歌曲を初めて聴こうと思っているのですが、何かお勧めのCDがありましたら、教えてください。

条件として、

●「アヴェ・マリア」、「魔王」など有名な曲が入っている。
●値段が結構安い(2000円以内)

です。
お願いします。

Aベストアンサー

アベ・マリア,魔王,ます,セレナード,菩提樹,野ばら…など,
女声の曲も,男声の曲も入っています。

グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
ソフィー・フォン・オッター(メッゾ・ソプラノ)
ペーター・ブロホヴィツ(テノール)
フィッシャー=ディースカウ(バリトン)他
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=852051
試聴あり

エリー・アメリング(ソプラノ)
ヘルマン・プライ(バリトン)
ジェラール・スゼー(バリトン)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=452249
試聴なし

Qクラシック初心者です

最近クラシック音楽に興味があるのですが、CM曲などで使われている有名な曲などの入った、初心者でも楽しめるCDを教えていただきたいのです。さらに、多分作曲者などにも興味がわいてきそうなのですが、わかりやく作曲者やクラシック音楽のことを解説してあったり、調べたり出来るサイトがあれば教えて下さい。なんだか初心者には、どこからとっかかればいいかわからないような世界に思えて、すごく興味はあるのにすっきりしなくて困ってます。

Aベストアンサー

100円ショップのクラシックコーナーはおすすめです。有名な作曲家さんのCDやオムニバスがあります。聞きやすい曲も多いと思います。図書館に行くとクラシックがただで借りれます。有名な作曲さんの本も借りれます。図書館によっては品揃えが豊富で十分満足できると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報