自分は趣味で小説を書いているのですが、いかんせん納得のできる文章が書けません。別段、文学賞に応募する気はないのですが、自分の表現したいものが書けないのはとても歯がゆいです。
ですから、プロの作家がよく言う他人の文章を真似をしてみようと思いました。しかし、いざ好きな作家の本を広げワードを立ち上げても何をすればいいのかわかりません。ただ書きなぞるのも自己満足のようにしか思えないのです。
作家の誰それが言っていた、こんな話を読んだ、持論でもかまいません。文章の真似方を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

師匠だと感じる人を一人決め,写経のように写してみる。


写して納得できなければ、次の師匠を探す。

個人の活動でなく修練したければ、西村京太郎のように勉強会に参加するとよいのでは。

参考URL:http://researchmap.jp/jo9nos5fs-50024/#_50024
    • good
    • 0

ご質問文を拝読すれば、ご自分の文章に納得されていないことは、容易に想像がつきます。

これで納得されていたら、むしろ恐ろしいでしょう。

 まずは、ご自分を、『自分』と称することを、おやめになってはいかがですか?文学的に美しくありませんし、公開質問の場にふさわしくない〈一人称?〉です。こういったご投稿の際に、十分に推敲するのは、格好の文章修行です。

 まずは、お好きな作家の随筆を、ご自分の環境に置き換えて、《模倣》されることをお勧めします。しかし、それ以前に、絶対的に語彙力が不足しているように見受けられますので、読書時には赤ペンと国語辞典を、片時も手放さないとよろしいでしょう。

 失礼ながら、厳しい指摘を致しましたが、文章修行に批判はつきものです。少しでも多く、文に親しんでいただきたいと思います。ご活躍をお祈り致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の環境に置き換えて模倣するのは、効果がありそうですね。赤ペンと国語辞典を常備して、頑張りたいと思います。
一人称の「自分」はできれば変えたくないのですが、努力します。
辛辣に評価されるということもわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/07 00:27

ituyanorannさんも読んだんですね。


ひとことで、何と言い表したくなりましたか?

この森見さんの「走れメロス」は、まだまとめていませんが、ひと言で言うと、
「信頼していると分かった上で、二人がどう自分の役割を面白くこなすか」
です。

吉本新喜劇的なお約束ギャグですね。

この話の場合、
 命はかかっていない。
 原作と同じように普通に帰ってきては面白くない
 しかし原作の神髄(作者なりの)はふまえなければならない

なので、森見さん独特の友情を描くことにしたんですよね。
「有頂天家族」でも連発していましたが、お互いの信頼関係は分かっている、言いたいこともやりそうなことも分かっている、だからこそそれは言わない。言わない上でさてなにをやろうか、どう第三者に対してふるまうか。

しかし森見さんは器用ですよね。
あの単行本一冊の中に、色んな作品を踏まえたオリジナルがある。
しかも文体までいくつかわざと変えています。
なのに森見さんならでは、というのがはっきりしています。

私はじんわり来る小説が好きなのですが、森見さんの作品にはない(笑)
けど読んでしまいます。
内容はない(笑)っちゃないけど、いい感じです。

普段は瀬尾まいこが大好きで、奥田英朗の爽快感も好きです。
まだでしたらぜひ読んでみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分は「パロディの名を語った祭り」ですかね。
単純すぎてすみません。とりあえず、自分もまとめをやってみたいと思います。
自分も奥田英朗が好きです(私的にベストなのはサウスバウンド)
瀬尾まいこは読んだことないのでまた今度読もうと思います。
ありがとうございました

お礼日時:2009/06/07 00:18

私も小説を書いています。


(応募するつもりで)

文体を真似ても、表面的になるのかもしれませんね。
私も好きな作家の研究はしていますが、

・あらすじをまとめる
 章ごと、段落ごとなどにまとめて、さらにまとめ、最終的にはひとことで言い表します。

・キャラクターを分析する
 登場人物の役割、関係など書き出して、まとめていく、図にする。

最近、森見登美彦の「走れメロス」を読みましたが笑いました。
このタイトルで本を出してしまうとは脱帽です。
しかもよく読んでいるから書いている、と感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文章ではなく、あらすじをまとめキャラを分析するのは考えもつきませんでした。新鮮なアイディアありがとうございます。
ちなみに、これは自分の好奇心なのですが、森見の「走れメロス」の新訳を一言で表したらどうなるんでしょうか。自分もあれを読んだので、一言で表したならどうなるか興味があります。

お礼日時:2009/05/29 22:40

 完全に自己流ですが・・・文章に興味がおありでしたら、少なくとも1つは、その内容や展開のし方、文体などに感銘を受けた文章があることと思います。

それを黙読しながら(頭に思い浮かべながら)文章を書くと、徐々にではありますが自然と、その感銘を受けた文章に似通ってきますよ。
 もしくは、いっそ自分で文を書くことを一旦止め、様々な文章を読むことに専念すると、自分の分を客観的に見直す、この文にあって自分の分にないものは何かを見極めるという意味で効果があると思います。
 えらそうに長々と持論を並べ立てて申し訳ありません。ほんの少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読むのも書くのも両立させたいと考えてるので、どちらかを止めるというのは考えられないのです、すみません。
ですが、感銘を受けた文を黙読しながら書くというのは効果がありそうですね。さっそく試してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/29 22:36

1、高橋たか子さん、という女流作家がいます。

「悲の器」を書いた高橋和巳という作家の奥さんです。

高橋和巳さんの書く原稿は、たいへん乱筆で、ぶっちゃけ字が汚く、読みにくい感じのものだったそうで、こんな原稿を出版社の人に渡すのは失礼だから、という理由で、すべて奥さんが原稿を清書して渡していたそうです。

で、和巳さんが39歳の若さで亡くなった後、奥さんも小説を書けるようになっていたそうです。奥さんが言うには、ご主人の原稿を清書していたのが文章修行になっていたのかも知れません、とのことでした。

2、作家の丸谷才一さんは、巧い文章を書きたければ、巧い文章(名文)だけを読むようにしなさい、と言ってますね。悪文を読むと文章が下手になるそうです。

で、名文と言うと、やはり三島由紀夫の「金閣寺」かな?
でも「金閣寺」を書き写すのはちょっとしんどいでしょうから、丸暗記するつもりで、何度も何度も読んで(出来れば声に出しての音読)みてはいかがでしょうか?

なお、三島由紀夫は読者の立場から見ると、好き嫌いがハッキリと分かれてしまう作家だと思うので、ご自身のお好きな作家の中篇ぐらいの作品を丸暗記する、というのもいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ただ写すだけでもいいのですね、年数は掛かりそうですが
うまい文章だけ読むというのも簡単そうで難しそうです
とりあえず、暗記するのを中心にいろいろ試したいと思います
ありがとうございました
ちなみに三島由紀夫は「仮面の告白」しかな読んでないのですが
あまり好きにはなれませんでした、すみません

お礼日時:2009/05/29 22:31

アナタさまの自身の独自のアイデアが見つかるまで、


つづけてみませんか:

(PCではなくて)原稿用紙かルーズ・リーフのノートに
書き写すといいのではないでしょうか。

好きな文章(or フラグメント)をB6版のカードに
書くのもいいでしょう。

朝日新聞であれば[声]、讀賣新聞は[気流]に寄せられる意見に、
それぞれ、反対・賛成、両方の立場で文章を書いてみるのは、
やってみても損はないでしょう。
しばらく、つづけてみませんか。

どなたかの小説の[つづき]を書いてみるのもオモシロいでしょう。
太宰治の『走れメロス』のつづきを読んだことがあります。
ン十年前、私は
川端康成の『古都』のつづきを書いてみたことがあります。

ここで、アナタさまへのリクエストが許されるならば
『マルドロールの歌』のつづきを書いて欲しいです。

フローベールは弟子のモーパッサンに
庭から石を2個拾ってきて書き分けてごらんなさいと
言って実行させたとのことです。お試しあれ。

〔私自身は(現在)右脳を刺激するために
左手で書くトレーニングをつづけていて、俳句・短歌・文章etc.の
カードへの[書き写し]をつづけています〕
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アイディアありがとうございます
そうですね、まずはいろいろと試すようにしたいと思います
小説の続きを書くのも大変そうですが勉強になりそうです
「マルドロールの歌」勉強不足で読んだことがありません
ですが、これを機に一度読んでみたいと思います
新しい可能性をありがとうございます

お礼日時:2009/05/29 22:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q作家になるにはどうすればいいですか? 僕は今高校三年生なのですが将来は作家になりたいと思っています。

作家になるにはどうすればいいですか?
僕は今高校三年生なのですが将来は作家になりたいと思っています。でもどうすればいいかよくわかりません。なのでいろいろと教えてください。
大学はどういうところがいいんでしょうか?
文章力を鍛えるにはどうすればいいですか?
大学在学中に書き始めたほうがいいですか?
好きな作家は貴志祐介さんです。

Aベストアンサー

作家なんて自称すれば今からあなたは立派な作家先生です。
>大学はどういうところがいいんでしょうか?
どこでも良いし、行っても行かなくても実力だけの世界です。

>文章力を鍛えるにはどうすればいいですか?
本を読むこと。

>大学在学中に書き始めたほうがいいですか?
それでは遅いだろうね。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q女性作家の時代小説

こんばんは。
私は妊婦でつわりの真っ最中です。
毎日家にこもっていて、寝るかテレビを見るか読書くらいしか出来ません。
そこで先日「御宿かわせみ」シリーズを読破しました。
話に当たり外れはありますが、人情時代劇は非常に胎教にいい感じかと思いました。
次は「慶次郎縁側日記」を読もうかと思っています。
両作品ともドラマ化によって知った訳で・・、時代小説といえば司馬遼太郎さんくらいしか読んだ事がありません。
今現在の心境としては、女性ならではの視点で、細やかさで、心を暖かくしてくれる様な作品を読んでみたいのですが、お薦めがありましたら教えていただけませんか?
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

平岩弓枝さん、いいですね。
ちょっと切ない感じで。

今度は、宇江左真理さんはどうでしょうか?
「髪結い伊三次」という番組があったと思うのですが(観てないので確かなことは言えませんが)、この作家さんはお気に召すかも。

お勧めとしては「春風ぞ吹く」(新潮社)「おちゃっぴぃ」(徳間書店)ですかね。

短編も多いので、お試しあれ。

参考URL:http://books.rakuten.co.jp/bsearch/RBtitles.jsp?AUTHOR=%B1%A7%B9%BE%BA%B4%BF%BF%CD%FD&shopID=1&rbx=1-4

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q作家さん、漫画家さんて猫好きが多い?

こんにちは

小説家さんや、漫画家さんには、圧倒的に猫好きが多い様な気がします。

もちろん、犬好きな方もいて、HPなどで紹介されている方もいるんですが、圧倒的に猫好きなほうが多い気がします。

何か理由があるのでしょうか?
もしかしたら、何か作り出す職業の方は猫好き?

それに対して、芸能界の方は犬好きさんが多い気がします。

Aベストアンサー

お仕事などで漫画家さん(および漫画家ではないけど漫画を描く人)と接する機会がよくありますが、猫派の方が多いですね。
大抵の方は「犬も好きだけど…」飼うのは猫、らしいです。
現実問題として、締め切り近くになるとほぼ一日中机に向きっぱなし、ご飯を食べる時間さえ惜しい、そんな生活では犬を飼うのは「無理」だからでしょうね。
(猫以外にも、散歩のいらない小動物を飼っている方もいましたよ)
それから、膝に乗せながら原稿したり静かに自分の傍にいてくれるので、“癒し”にもなるのかな?と思います。
犬を飼っている方は、家族で世話をしてくれる人がいるのではないでしょうか。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q作家の添削法

ワープロで書く作家の皆さんは、自作の添削のとき、
ワープロ画面とにらめっこして添削するのか、
一度プリントアウトして添削するのか、
どちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

作家ではありませんが、編集の経験があります。
人それぞれだと思いますが、これまで編集者として原稿を扱ってきた印象でいいますと。

同じ推敲でも、「このエピソードは、こっちよりも、ここに入れた方がいいかな」というようなざっくりしたものだったら「画面とにらめっこ」の方が効率的だと思います。
が、誤字脱字を見つける場合や、ちょっとした言い回しのニュアンスなど細かな部分を見る時は、画面では厳しいでしょう。

書籍になった時のイメージで、縦書きで、フォントや字詰めなども書籍に似せて印刷するなどして原稿を読み直すことは、編集者に渡す前に少なくとも一度はなさっているのではないかと思います。

画面自体を書籍に似せることもできますが、完璧とは言えないような気がします。
個人的な感覚で言えば、いくら似せた画面にしてみても、それは所詮、ディスプレイに映った「画面」であり、紙に印刷した活字とは印象が異なります。

「画面とにらめっこ」して、目を皿のようにして推敲しても、紙になった途端、誤字脱字が目に入ってくるということはよくあります。
作者としても、紙に印刷されたもので見たら「アラ」がたくさん見えてくるはずです。

言うまでもなく、編集者に出稿してしまえば、その後「ゲラ刷り」という印刷物となって「著者校をせよ」ということで作者のもとに送り返されてきます。
この「著者校」も、二度三度と行なわれることが常ですから、プリントアウトで推敲・校正することは必ず行なわれています。

作家ではありませんが、編集の経験があります。
人それぞれだと思いますが、これまで編集者として原稿を扱ってきた印象でいいますと。

同じ推敲でも、「このエピソードは、こっちよりも、ここに入れた方がいいかな」というようなざっくりしたものだったら「画面とにらめっこ」の方が効率的だと思います。
が、誤字脱字を見つける場合や、ちょっとした言い回しのニュアンスなど細かな部分を見る時は、画面では厳しいでしょう。

書籍になった時のイメージで、縦書きで、フォントや字詰めなども書籍に似せて印刷す...続きを読む

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q作家 佐藤愛子

昔から佐藤愛子先生のエッセイが大好きですが、ずっと素朴な疑問を抱いていました。
よくエッセイの中で、先生のファンが訪ねて来たり、手紙や電話をもらったりしていますが、どうしてファンの人は先生の住所や電話番号を知っているのでしょう?
まさか住所を公開しているとは思えませんが、遠方からのファンもいて、先生もエッセイの中で「昔ならそんなことにお金を使う人はいなかった」というようなことを書いていたような…
どなたか理由を知っている人がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

NO.3 です。
お礼をありがとうございました。

私も、エッセイのタイトルをお教えできればいいなって
思っていたのですが、なんせ昔々のことで、しかも
かなりの作品数なので持っている本をパラパラと
めくってはみたのですが・・・
見つかりませんでしたぁ(涙)

お役に立てず、ごめんなさい。

たまに読み返すこともあるので、見つけられたときには!
・・・・気長~にお待ちいただければと・・・。


人気Q&Aランキング