高峰秀子さん主演の「雁」を観たいと思うのですが、DVD等は発売されていないようです。どうしたら観ることが出来るか、どなたかアドバイス頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本映画の旧作は、名画座といわれる映画館が都内に


数館残されているのみで、全滅状態です。
それに変わるものとして、CS衛星放送、があります。
日活系のチャンネルNECO、松竹系の衛星劇場、
東映系の東映チャンネル、そして、東宝など数社による
日本映画専門チャネルと時代劇専門チャンネル。
一日、十数本の日本映画の旧作が放映されています。

お問合せの東宝映画「雁」も、日本映画専門チャンネルで
数年前に放映されVHSに録画しました。
日本映画を確実に見るためには、スカパーへ加入するか
最寄のケーブルテレビ局へ申し込む必要があります。
リクエストや特集の放映で、ご覧になれると思います。
名作だと思いますが、DVDになるまでには、かなり
時間がかかるのではないか、と思われます。
    • good
    • 0

高峰秀子ファンです。


確かに「雁」はメディアとして得られていないようですねぇ!
・・残念!!

「岩波ホール」とかにリクエストを出してみては如何でしょうか?

参考URL:http://www.iwanami-hall.com/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空を群れになって飛ぶ鳥はなんという鳥ですか?

夕方に、群れをなしてとんでいる

あの鳥はなんという名前なのですか?

雁?雲雀?ツバメ?すずめ?カラス???

教えてください^^

Aベストアンサー

鳥の大きさとか色とか、もう少し情報が欲しいのですが
それでも、画像を見る限りでは
↓こちらと同じ、「むくどり」ではないでしょうか・・・?
http://www.asahi-net.or.jp/~MC3S-MYST/muku/index1.html

Q二十四の瞳(高峰秀子さん主演)の挿入歌について

修学旅行?でのフェリーの船上?で、
歌の上手い女の子が皆にせがまれて、
歌うシーンが有ったと思います。

その時の曲目が思い出せず気になって、
ちょっとネットで調べたのですが、
「浜辺の歌」だったけな~?と、
確証が掴めないでいます・・・。

印象に残っているシーンなのですが、
もしかすると間違っているかもしれません。

ど忘れしたのが恥ずかしいのですが、
覚えていられる方がいらっしゃいましたら、
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

歌手になりたかったマスノさんが・・・・・
こちらをご覧ください。http://www.geocities.jp/yurikoariki/nizyuusinohitomi.html

参考URL:http://www.geocities.jp/yurikoariki/nizyuusinohitomi.html

Q雁は小枝を持って渡るの??

もう何年も前の洋酒のCMでしたか、
渡り鳥である雁は、小枝を持って帰郷すると。そして、海上では、この小枝を止まり木にして羽を休めると。ただ無事に帰れなかった鳥の分だけ、浜辺に小枝が漂着し、その小枝を集め供養すると。

これって、真実なのでしょうか??2点ほど?
まず、本当に小枝を持って渡るの?そんな習性があるのでしょうか。
また、小枝を集めて供養する風習があるのでしょうか?あったら、そこは、どこの地域なんでしょうか?

Aベストアンサー

どうやら、伝説のようです。

http://www.choju-aomori.or.jp/info/tsugaru.html

http://www23.big.or.jp/~lereve/saijiki/65-2.html

参考URL:http://www.choju-aomori.or.jp/info/tsugaru.html

Q原節子、高峰秀子らが出演するこの映画の題を教えて

http://www.youtube.com/watch?v=uudNdgYhQzA
↑このYoutubeの投稿者はタイトルにAu gré du courant : le cinéma de Naruse と書いていて、Au gré du courantは成瀬巳喜男監督の「流れる」のフランス語タイトルらしいのですが、出演者が全然違うので、「流れる」ではないようです。正しくは、何という映画でしょうか?

Aベストアンサー

 全部は分からんけど、成瀬映画詰め合わせでんな。
 冒頭の原節子が電車に乗ってるシーンは「山の音」でしょうか?
 4:45の高峰秀子と三浦光子が歩いているシーンは成瀬監督の「稲妻」やと思います。
 5:13の小林敬樹と新珠三千代は成瀬作品「女の中にいる他人」かなぁ?

Q雁は海を渡るとき木片を口にくわえますか?

雁は、海に浮いて休むための木片を口にくわえて渡るといういい伝えがあります。
これは事実でしょうか?
冬の間に死んだ雁の分が浜辺に残され、これを供養のため風呂に焚くのを「雁風呂」というらしいです。
これは伝説にすぎないのでしょうか。

Aベストアンサー

生物学的には全く根拠のないものと思います。確かに創作された伝承でしょう。

この言い伝えは,裏日本(越前から山形あたりかとも思います。)に残るものです。冬の日本海はすさまじい程荒れ狂います。春になりますと波も穏やかになり,岩海苔詰みや昔は燃料とします流木拾いに浜に出ることが出来るようになります。ちょうどそのころこの地方は雁の渡りのコースですので,雁が日本海を北上して行きます。

春を迎える喜びと雁の渡りを1つにした伝承と思います。風流人が盛んに歌に詠みましたが,歌が先か伝承が先かはむろん解りませんが…

Q昔の映画にはなぜ高峰秀子とか志村喬とか出てくるのか

昔の日本映画には、なぜ高峰秀子とか志村喬とかがよく出てくるのでしょうか。
自分の観た映画が偏っているのでしょうか。

Aベストアンサー

結論を言うと、彼らの作品が残りやすかったのと、ご覧になっている物が偏っているからだと思います。

昔は現在以上に、監督が贔屓にしている役者というのがいました。もっといえば、映画製作会社が贔屓にしている監督や役者がいたわけです。

したがって、例えば巨匠と謳われる黒澤明の作品を見れば、かなりの率で志村喬が出ています。一方で、やはり世界的に有名な小津安二郎監督の作品を見れば、かなりの確率で原節子と笠智衆が出ています。

さらに、現在まで愛されるほど中身が充実していて、しかもフィルムが劣化していない映画を撮った人や会社というと、それなりの予算を与えられたところですから、数が限られてしまいます。

その限られた数の製作者が愛した役者の数も限られていて、その限られた数の中で、質問者さんはそのお二人がお好みに合うのでしょう。

Q森鴎外の雁の意味について

私は、森鴎外の雁を先日読み終わりました。
それで疑問に思ったのですが、なぜ森鴎外は『雁』をこの作品の
題名にしたのでしょうか?シンボリズムなどが関係してるのでしょうか? どなたか回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私が読んだ文献によると、
『雁』の岡田とお玉のすれ違いの運命を、
岡田が適当に投げた石が雁に命中するという
偶然に象徴させることで、
運命の恐ろしさをより浮き立たせられるからだ、
と言うような主張でした。
まあ、色々な考え方が出来るのが文学の面白さなので、
いろんな意見を読み、ご自分でさらに深く考えてみてください。

Q沖雅也さん主演の映画【高校生無頼控】を観たい!

沖雅也さんの大ファンです。
沖雅也さん主演の映画【高校生無頼控】を観たい!のですが、
これってVHSとかで出ていますか?
観られる映画館ってあるんでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたらぜひ教えてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なんだか渋いですねぇ~
江崎監督の作品ですね。
ちょうど9月に上映があります。
下記その案内ページです。

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/70returns/


ビデオには80年代になったかもしれませんけど、中古店やオークションじゃないと入手は困難だと思います。

Q美味しんぼの作者雁屋氏は、本当にあじがわかるの?

連載が始まってからずいぶんたっているので、社会的認知もされている
まんがですが、「昔からの伝統的なつくりかた」=「美味しい」
というパターンに終始しているように思われます。
本当に自分の舌で納得しているのでしょうか?
評論家の薀蓄など、ブラインドテストで出鱈目であることが
示される場合が多いのですが、雁屋氏は挑戦する勇気がある
人なのでしょうか?

私などは、雁屋氏に言わせると、化学調味料で味覚の狂った人
に分類されるのでしょうが、私にとっておいしいものが私にとっての
ご馳走だと思うのですが、仮に雁屋氏が私をもてなしてくれることが
あったときは、私向きの味にしてくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

うーん。。。
マンガですよ。

いや、マンガがどうとかじゃなくて、フィクションの作り話だということです。
味がわかる必要は無いでしょう。

そもそも、マンガに限らず、料理やグルメ関係の雑誌を作る人とかでも、編集者は料理を知ってる人が作るものじゃないですよ。
出版社の中で、料理の雑誌の編集部に回された人が作るのです。
当然、料理なんかできなくて当然の、コンビニ弁当しか食べない男の人が人事異動で回されて来るのですよ。
で、既刊の本や雑誌とかを読んだり、パソコンでググッて本を作るわけなんですよ。

食べ歩きの本などもそうですね。
まず、間違えないでほしいんですが、文章を書く人は料理を食べません。
食べたこと無い料理を、以前の取材の文章やお店の人の言葉をテキトーにつなぎ合わせて料理を褒め称えるのです。
で、出来上がるのがグルメ雑誌の『100選!これが究極の大阪の料理だ!!』なんてものになるわけですね。

ちなみに取材内容は、体験談です。
隣で最初から最後まで見てました。

Q伊藤英明主演の「海猿」と国分太一主演の「海猿」。原作に近いのはどちらですか?

伊藤英明さん主演の「海猿」を見てふと疑問に思ったのですが教えてください。

以前、国分太一さん主演で「海猿」がNHKでドラマ化されましたよね?きちんとは見なかったのですが主人公は仙崎大輔という名前で、海保の物語ではありましたが、潜水士じゃなかったような・・・。
相手役の設定なんかも伊藤さん主演バージョンとは違っていたような気がします。

コミックが原作のようですが、原作に忠実に描かれているのはどちらでしょうか?よろしくお願いします。

(なにしろNHKの方はうる覚えなので、私の勘違いでしたらすみません!!)

Aベストアンサー

国分太一さん主演の方ですね。
伊藤英明さんの方は、原作をもとにしてますが、
ストーリーの大事なところで、かなり原作と違ってます。

仙崎のキャラ的に国分さんの方が合ってたのに…

一応、コミックのストーリーは、
NHK(国分太一)のドラマ→映画の海猿(1作目)
→ドラマの海猿(伊藤英明)→映画の海猿(2作目)
の実写化された順番通りです。


人気Q&Aランキング