住宅ローンを組む前に個人情報を開示したいと考えています。
以前CICとCCBを開示したのですが、全銀協(KSC)にはCIC・CCB以外の情報も載っているのですか?
KSCだけ自身の開示した記録が一年間残ると書かれているのですが、保証会社などが閲覧した時にその情報が残っていると審査結果に影響するんですか?
わかる方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1・2です。


私で分かる&回答できる範囲でしたらいくらでもお尋ねください。

> 過去の取引状況とは・・・銀行口座を何年か前まで持っていた場合は個人の記録はあるということですよね?
そうですね。
契約が終了している顧客の情報については、契約終了後、何年間保有するかは金融機関によっても規定が異なると思いますが、最低でも5年程度は保管しているのではないかと思います(データベース化した情報…という意味でならば、永久保管ということも考えられます)。

> 5年ぐらい前にクレジットの申し込みして断られたこととか残っていたりするのでしょうか?
クレジットというのは、ローンのことですか?
クレジットという言葉の意味は『信用』です。
そこから、「借款」とか「信用貸しによる販売または金融。信販・月販・消費者金融など」の意味が派生しています。
個人が利用でき、、銀行で審査がされる『クレジット』となりますと、ローンくらいかと思うのですが…。
ローンの場合、申込情報と審査結果は、一定期間残しておくとは考えられます。どのような理由でお断りしたか…という理由も含めて。
その「一定期間」がどの程度かは、これまた金融機関によって規定が異なっていると思います。

もし、クレジットカードのことを指していらっしゃるのでしたら、仮に銀行で申し込みをしたとしても、発行審査をするのは「クレジット会社」になります。
例えば、提携カードではないプロパーの三井住友VISAカードですと、三井住友銀行で申し込みを依頼されたり、申し込みを受け付けてもらえるかもしれませんが、クレジットカードの発行審査をするのは「三井住友カード株式会社」という会社になります。
この場合、三井住友銀行には、審査結果は伝わらないはずです(クレジットカードの契約が住宅ローンの金利優遇などに影響をするならば別かもしれませんが)。

> 今回申し込みするとしたら過去一度も使ったことのないような銀行などに申し込むほうがいいんですかね?
これについては、2通りの意見がありますね。
1つは、「既に給与振り込みやクレジットカードの引き落とし口座として利用している金融機関の方がいい」というもの。
「既に実績が作られていて、お金の流れを把握されているので、それが『よいもの』であれば、それを材料に金利優遇幅などの交渉がしやすい。また、『気心も知れている』ので、住宅ローンの場合は、金融機関との付き合いが長くなることに対しても不安が少ない。」という理由からです。

もう1つは全く逆で「過去一度も使ったことのないような銀行などに申し込むほうがいい」というもの。
こちらは「現在、多くの金融機関でリテール部門(小口、個人取引)の強化を図っており、顧客を増やしたいと考えている。そのなかで住宅ローンという商品は比較的リスクが低い商品である。新規取引の開始(他金融機関からの乗り換え)を材料にして、自分にとってより『有利な』条件を引き出す…という交渉方法が採れる。」という理由からです。

住宅ローンに関しては、最初から1行に絞り込まずに複数の金融機関に審査を依頼して、「金融機関(や担当者)を比較する」手段に遣われるとよろしいのではないかと思います。
ですから、私は、よく「審査依頼を業者経由にしたりせず、できる限り自身で金融機関に出向かれ、話を聞くようにされるといいですよ。」とアドヴァイスを差し上げています。
住宅ローンなんて多くの方が一生に一度利用されるかどうかというものです。
金融機関の人間は多くの事例を知っていますが、「借りる側」には「知識はない」も同然です。
そこで(担当者が)「知らない人でも理解できるような説明ができるかどうか」で、その金融機関の「姿勢」も判断できると思います。
先ほども申しげましたが、「住宅ローンは金融機関とのお付き合いが長くなる」商品です。
信頼できないような相手と長く付き合うことはできないと思います。
私は、そのような判断材料にされるとよろしいのではないかと思っているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ご丁寧な回答ありがとうございます。
クレジットとは、キャッシュカードとクレジットカードが一枚になっているもののことです。審査が通らなかったんです。
今回その銀行に住宅ローン申し込みしてみるつもりなので。
昨年3行審査落とされたので、今回こそは!と思っているのですが。とりあえず教えていただいたところも含め、情報を開示してみます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/29 18:11

#1です。


ご丁寧なお礼をありがとうございました。

> このほかにもローン審査の際に照会しているところがありましたら教えてください。
> 住宅ローンの審査の際照会されるのはこのほかにもあるのでしょうか?
他の『個人信用情報機関』ということでしょうか?
日本には、現在4つの『個人信用情報機関』がありますので、『個人信用情報』については、「最大で4機関に照会する」可能性があるということになります。
「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」、「CIC」および「CCB」については既に話に出ていますが、残る1つは「日本信用情報機構(JIC)」というところです。
http://www.jicc.co.jp/

『個人信用情報機関』は、「加盟会員制度」を採っていますので、その『個人信用情報機関』の「加盟会員」でなければ、「照会」をすることができません。

例えば、A銀行へ住宅ローンを申し込むとします(仮審査や事前審査を含みます)。
その際には、必ず「個人信用情報機関の利用に関する同意書」のような用紙に署名、捺印を求められます。
そして、その用紙には、必ず「A銀行」と「A銀行から住宅ローンを借りる際に利用することになる保証会社」が加盟している『個人信用情報機関』は、どことどこか…ということが記載されています。

どの『個人信用情報機関』に加盟しているかは、その銀行によって違うものなので一概には言えませんが、少なくともKSCには加盟していると思います。

保証会社についても同じで、どの『個人信用情報機関』に加盟しているかは、その保証会社によって違うものなので一概には言えません。
保証会社については、「少なくともCICには加盟していると思います。」とも言い切れないので…。(たいてい加盟しているとは思うんですが。)

ですから、A銀行とB信用金庫へ住宅ローンを申し込むのでしたら、
・A銀行が加盟している『個人信用情報機関』
・A銀行が指定する保証会社が加盟している『個人信用情報機関』
・B信用金庫が加盟している『個人信用情報機関』
・B信用金庫が指定する保証会社が加盟している『個人信用情報機関』
を調べれば、「どこ(どの『個人信用情報機関』)に照会されるか」は分かります。

『個人信用情報機関』以外ですと、「官報」を調べるかもしれません。
今は、「官報」もインターネットで検索までできたりしますから。

あと調べるのは、自社情報ですね。
過去の取引状況がどうだったか…とか。

勤務先についても(企業情報などを)調べることはあると思いますし、新築の場合ですと建築業者についても調べる可能性があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらこそ何度もありがとうございます。

過去の取引状況とは・・・銀行口座を何年か前まで持っていた場合は個人の記録はあるということですよね?5年ぐらい前にクレジットの申し込みして断られたこととか残っていたりするのでしょうか?
今回申し込みするとしたら過去一度も使ったことのないような銀行などに申し込むほうがいいんですかね?

お礼日時:2009/05/28 18:40

住宅ローン審査経験者です。


&保証会社に出向して保証審査を担当したこともあります。
&かつてCICの『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

『個人情報』と『個人信用情報』は、似て非似るものですから混同なさいませんように(簡単に言えば、『個人信用情報』は『個人情報』に含まれる…というカンジになります)。
開示請求の仕方も全く違いますので。

ご質問者さまが開示された&されたいのは、『個人信用情報機関』に登録されている「本人情報」のことだと思います。

> 以前CICとCCBを開示したのですが、全銀協(KSC)にはCIC・CCB以外の情報も載っているのですか?
根本的に考え方が間違っています。
CICに登録されているのは、「CICが独自に収集した情報」と「CICの加盟会員が登録した情報」です。
CCBに登録されているのは、「CCBが独自に収集した情報」と「CCBの加盟会員が登録した情報」です。、
そして、全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録されている情報は、「KSCが独自に収集した情報」と「KSCの加盟会員が登録した情報」です。

ご質問者さまがこれまでにされた「信用」関係契約の契約相手で、「KSCに加盟しているけれどCICとCCBには加盟していない」というところがあれば、KSCの情報を開示してみると、以前、CICとCCBに情報開示をした時には掲載されてこなかった情報も掲載されてくる…ということになります。

> KSCだけ自身の開示した記録が一年間残ると書かれているのですが、保証会社などが閲覧した時にその情報が残っていると審査結果に影響するんですか?
KSCに加盟しているのは、「金融機関」が多いです。
保証会社でも加盟していることはありますが、金融機関と保証会社が異なる『個人信用情報機関』に加盟していた方がより広い情報を「参考」にすることができるので、銀行がKSC(とCCB)で、その保証会社がCIC(とCCB)といったカンジになっていることが多いです。

なお、本人情報の開示があったとか、どこかの金融機関などが個人信用情報の照会をした…という記録が残っていても、融資等の審査に影響することはありません。

この回答への補足

更に質問なのですが、住宅ローンの審査の際照会されるのはこのほかにもあるのでしょうか?

補足日時:2009/05/28 15:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすいご説明ありがとうございます。
やはり一度KSCも開示してみようと思います。
このほかにもローン審査の際に照会しているところがありましたら教えてください。

お礼日時:2009/05/28 15:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【中学生の自殺】生活記録ノートでなぜ自殺を食い止めることが出来なかったと思いますか? 生活記録ノー

【中学生の自殺】生活記録ノートでなぜ自殺を食い止めることが出来なかったと思いますか?

生活記録ノートに「ずっと暴力。もう耐えられません」と担任に向けてSOSのサインを出し続けていたのに教師は無視。

学校側も「自殺の原因はいじめではない」と回答。

生活記録ノートには暴力を受けていて死にたいと思うと書いていた。

暴力を行っていた生徒の相手の名前まで生活記録ノートに記載されていた。

教師もいじめに気付かなかったという。

暴力を受けていると生活記録ノートに書いているのに教師はそれをいじめと認識しておらず、校長は生活記録ノートの内容を教師から聞かされていなかった。

親も生活記録ノートの内容を知らなかった。

教師はいじめ問題をもみ消していたのか本当に生活記録ノートの暴力を受けてもう死にたいと言っているのにいじめと思ってなかった?

どういうことなんでしょう?

教師がバカだったんでしょうか?

親も校長も生活記録ノートを見ていなかったのが問題?

生活記録ノートは自宅に持って帰れない?

教育委員会と学校側は生活記録ノートに暴力、自殺という単語が出て来ていたがいじめという単語がなかったのでいじめとは思わなかったと最終報告した。

朝の朝礼で列に入れて貰えず、授業中に消しゴムを投げ付けられ、休憩時間に机に頭を押さえ付けられたり階段でズボンを脱がされたり、掃除の時間にほうきをぶつけられ、早退する際に教科書をぶつけられ、部活動ではバスケ部に所属していたがボールをぶつけられたりしていたが学校側は本人がそれをいじめだと思っていたのか自殺したので判断がつかないと回答。

生活記録ノートはなぜ機能しないのでしょう?

【中学生の自殺】生活記録ノートでなぜ自殺を食い止めることが出来なかったと思いますか?

生活記録ノートに「ずっと暴力。もう耐えられません」と担任に向けてSOSのサインを出し続けていたのに教師は無視。

学校側も「自殺の原因はいじめではない」と回答。

生活記録ノートには暴力を受けていて死にたいと思うと書いていた。

暴力を行っていた生徒の相手の名前まで生活記録ノートに記載されていた。

教師もいじめに気付かなかったという。

暴力を受けていると生活記録ノートに書いているのに教師はそれをい...続きを読む

Aベストアンサー

日頃から、死にたいと気軽に使ってたからでは?

本当に困ってたかが曖昧な不幸な事象ですね。

Q結局CIC、全銀協、JICCに登録されている情報は消費者金融に申込む時

結局CIC、全銀協、JICCに登録されている情報は消費者金融に申込む時に記入した仕事先の情報や自宅の情報やその消費者金融に断れたのか、契約したのかという情報があるんですよね?

Aベストアンサー

> 結局CIC、全銀協、JICCに登録されている情報は消費者金融に申込む時に記入した仕事先の情報や自宅の情報やその消費者金融に断れたのか、契約したのかという情報があるんですよね?

違います。

まず、申込情報が登録されるのは、「申し込みをした消費者金融業者が加盟している『個人信用情報機関』のみ」です。

消費者金融業者は、
・殆どの業者がJICCには加盟している。
・多くの業者がCICに加盟している。
・KSC(全国銀行個人信用情報センター)には、消費者金融業者は加盟資格がないので加盟していない。
となります。

そして、消費者金融業者に借入申込をした際に申込書に記入した「勤務先(=ご質問者さまの個人情報)」は登録されますが、「勤務先の情報(=勤務先の法人情報)」が登録されることはありません。

自宅の情報…というのは言葉として「?」です。
登録されるのは、ご質問者さまの個人情報としての、「住所」「電話番号」などになります。

申し込んだ結果どうなったかは登録されません。
契約に至れば、「契約情報」が登録されます。

「申込情報」と「契約情報」は別の情報ですので、住宅ローン以外で、「申込情報」があるにもかかわらず、一定期間を経過しても「契約情報」が登録されていなければ、「申込みを断られたのかな?」と思います。

住宅ローンの場合は、同時に複数件の申し込みをしておき、最終的に自分にとって一番「有利」「条件がいい」「適している」ものを選択することがありますので、「申込情報」があるにも関わらず「契約情報」がないということも珍しくありません。
また、新築戸建て・マンションなどですと、ローンの申込から契約までに半年以上かかることもあります。

ですが、それ以外のローン・融資商品では、これらのパターンは「ない」ので、「申込情報」があるにもかかわらず、一定期間を経過しても「契約情報」が登録されていなければ、「申込みを断られたのかな?」と思うんです。

> 結局CIC、全銀協、JICCに登録されている情報は消費者金融に申込む時に記入した仕事先の情報や自宅の情報やその消費者金融に断れたのか、契約したのかという情報があるんですよね?

違います。

まず、申込情報が登録されるのは、「申し込みをした消費者金融業者が加盟している『個人信用情報機関』のみ」です。

消費者金融業者は、
・殆どの業者がJICCには加盟している。
・多くの業者がCICに加盟している。
・KSC(全国銀行個人信用情報センター)には、消費者金融業者は加盟資格がないので...続きを読む

Q筋トレ 記録 ノートかアプリ

筋トレで質問。

レップや回数などを記録するのはノート+鉛筆、もしくはアプリiPhoneがいいでしょうか?


ノートは記録しやすいが、今の時代iPhone4Sのほうが管理が簡単なような気もします。iPhone4Sユーザーです。

ただアプリだと1セット、2セット、3セットといくにしたがい、回数も変化するので、細かくつけられないと意味なしかなとも思います。


みなさんはどのようなツールで管理しているのでしょうか?

Aベストアンサー

私はログを取る事は大切だと思います。
中・長期での成長具合を確認し、トレーニング内容を修正する為には、必ずログは必要ですね。

私は用紙をエクセルで自作し鉛筆で記入しています。
記入内容は、メインセットだけでなく、アップセット、メインセット、ダウンセットの各重量、セット数、レップスです。
(可能なら記録したログを元にグラフを作ろうかと思っているくらいです)

現場で記入するのが恥ずかしい…とか言う人もいるようですが、そんな事は全く気にする必要はないですよ。
各セットのインターバルに記入するだけですから他人に迷惑などかかりませんしね。
(ただセット間にスマホをいじるのは他人から見たらメールか何かをしてるように見えるかもしれませんが)

私はメインセットは『補助パートナーがいない時は次の一発は上がらないレップスまで』
『補助がいるなら潰れるのを覚悟でもう一発』
と言う考えが基本だと思いますので、セット毎にレップスが変わるのは当然で、それをすべて頭で記憶するのは難しい。
増してや、前回のトレーニング内容、先週の内容、先月の内容…と過去のログをすべて把握するなんて絶対不可能です。

最近、特に気をつけているのがアップセットの内容を統一する事。
トレーニングに慣れてくれば『ウォーミングアップなんだから、重量、レップス、セット数は自分の感覚で…』となりがちですが、それではメインセットを同じ条件でパフォーマンスするのは難しいですしから。

私は実際にアプリを使用した事がないので、そちらの方のメリットはよくわからないのですが、
おっしゃる様にセットごとのレップスが記録できないのならば、やはり鉛筆で記入する方が良さそうですね。

また、ジムに携帯を持ち込むのは紛失や破損も気になりますので、私はまだしばらくはアナログで行きます。

私はログを取る事は大切だと思います。
中・長期での成長具合を確認し、トレーニング内容を修正する為には、必ずログは必要ですね。

私は用紙をエクセルで自作し鉛筆で記入しています。
記入内容は、メインセットだけでなく、アップセット、メインセット、ダウンセットの各重量、セット数、レップスです。
(可能なら記録したログを元にグラフを作ろうかと思っているくらいです)

現場で記入するのが恥ずかしい…とか言う人もいるようですが、そんな事は全く気にする必要はないですよ。
各セットのインタ...続きを読む

Qクレジット会社の社員はCIC,CCBの照会が簡単にできるのでしょうか?

はじめまして。質問させて下さい。

知り合いがCIC,CCBに加盟しているクレジット会社(メーカー系オートローン会社)に勤めているのですが、私の情報(生年月日と氏名)を知っていれば私の情報(事故履歴、年収等)を調べることはできるのでしょうか?

その知り合いはいわゆる与信審査関係の部署ではなく、各営業所を統括する本部みたいなところにいるようです。(役職はないみたいです)

照会するルールみたいなものは、会社ごとに違うと思うのですが、一般的にCIC,CCBの照会は、加盟しているクレジット会社の社員なら簡単にできるものなのかどうかを知りたいです。

どなたかご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>私の情報(生年月日と氏名)を知っていれば私の情報(事故履歴、年収等)を調べることはできるのでしょうか?

可能ですよ。

>一般的にCIC,CCBの照会は、加盟しているクレジット会社の社員なら簡単にできるものなのかどうかを知りたいです。

所属に関係なく、誰でも「個人信用情報機関と契約した端末」があれば可能です。
後は、会社が「どの程度、個人情報を重要視しているか否か」の問題。
個人情報を得るのは、一回当たりの手数料を個人信用情報機関に払います。
(月・年契約の場合もあります)
費用削減・個人情報保持の観点から、端末操作の制限を設けている金融機関もありますが、窓口のお姉ちゃんが直接端末を操作する金融期間も(一部)存在します。
金融会社に勤務していれば、本人が他部署に居ても友人に依頼する事も可能です。案外簡単なようです。

現法律は、他人の個人情報を見ても罪になりません。
この情報を、第三者の他人に見せると罪になります。
(派遣社員の履歴書・経歴書が、本人の知らない間に複数の派遣先会社に流れている現状もありますよね)

日本では、個人情報とはこんなもんです。

>私の情報(生年月日と氏名)を知っていれば私の情報(事故履歴、年収等)を調べることはできるのでしょうか?

可能ですよ。

>一般的にCIC,CCBの照会は、加盟しているクレジット会社の社員なら簡単にできるものなのかどうかを知りたいです。

所属に関係なく、誰でも「個人信用情報機関と契約した端末」があれば可能です。
後は、会社が「どの程度、個人情報を重要視しているか否か」の問題。
個人情報を得るのは、一回当たりの手数料を個人信用情報機関に払います。
(月・年契約の場合もあります)...続きを読む

QノートPCでカーナビ、走行ルートの記録等したい!

私は、車でも徒歩でも、来た道が分からなくなることがあるので、来
た道を記録して、それを辿って、もと来た道を戻ることができるナビ
機能を探しています。

スマホは画面が小さいので、いま使っているA4ノートPC程度の画
面サイズがあり、走って来た道を記録しつつ、それを辿って戻るこ
とが出来るような『ノートPCナビ』は、無いものでしょうか?

ノートPCに地図ソフトをインストールして、そこにGPSを取り付けて
カーナビとして使うという方法を検討していましたが、地図ソフト自体
が店頭で見当たらず、いまは、スマホやタブレットをナビ代わりにし
ている人が多いということでしたが・・・。

ノートPCナビに限らず、上記の機能を持った機器、ソフト(アプリ)等、
ご存知でしたら、ぜひ、回答としてお寄せ下さい(スマホアプリの『マイ
トラック』というものが良さそうで、試してみるつもりですが、理想は、
あくまでA4ノートPC程度の画面サイズです)。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メモリーナビと呼ばれる分野の商品がいろいろあります。

あるいは、下のサイトにある商品も面白いですね。
http://www.donya.jp/item/21119.html

付属ソフトの様子をYoutubeにアップしてくれている人もいます。
http://www.youtube.com/watch?v=txOfHR7Ijp0

これなら、ご希望に合うんじゃないでしょうか。

QCIC、全銀協について教えてください。

この度、住宅ローンの仮審査が通りませんでした。
不動産屋を通して、銀行にお願いしたのですがだめでした。
そして、不動産の方にCICと全銀協に個人情報の開示を勧められました。(年収とローン借入額のバランスは取れているそうです)
実は、主人の銀行カードが「ATM自動貸越付き」で、数か月に渡り、マイナス100万前後ありました。
9月に一括完済して、今はマイナス分はありません。
CICや全銀協で情報を開示すると、「何月何日にいくら自動貸越したか」などが全て細かく記載されるのでしょうか?
それとも、今現在はマイナス分はないので「残高0」というように記載されるのでしょうか?お恥ずかしながら、この件に関しては主人には知られたくないのです。
無知で申し訳ありません。
どうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。
&かつて『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

「ATM自動貸越付き」というのは、キャッシュカードではなく、「総合口座に付帯する契約」ではありませんか?
キャッシュカードの発行が「総合口座」の契約に基づいて行われていて、その総合口座の「定期預金」残高の何%までならば自動融資がされて、万が一の際にはその「定期預金」とで相殺される…という契約ではないのでしょうか?
普通預金口座の残高が「0」以下であっても、キャッシュカードを利用してATMから出金する形ならば、出金できてしまう…というものではありませんか?

でも、KSCって「自動貸越」は記載されたかしら。「その他のローン」で登録するんだったかしら。
加盟会員によって、登録の基準は異なったりしますので、その銀行では「「その他のローン」で登録する」のかもしれませんね。
やはり『個人信用情報機関』に登録されている『個人信用情報』を確認されるのがよろしいでしょう。
でも、「銀行」の「自動貸越」がネックならば、「CIC」は関係してこないはずなんですよね。
「CCB」という『個人信用情報機関』ならばともかく。
「CIC」は、クレジット・信販・保証会社などが主な加盟会員であって、銀行等の加盟はあまりないんですよね。
なのに、どうして「CIC」なのか…。

あと、
> 年収とローン借入額のバランスは取れているそうです
これは、不動産業者が言ったことですか?
ならば、鵜呑みにしないでくださいね。
住宅ローンの審査をしているのは「銀行」であって、不動産業者ではないのですから。
それに、住宅ローン審査NGとなった理由については、銀行が、「本人」でもない不動産業者に話すことはありませんので(「本人」にも詳しい理由はお話しないのが一般的です)。

ですから、実は別のところにネックがあるのかもしれませんが、ご質問文には、借入申込人、物件、住宅ローンの申し込み内容が記載されていませんので、「本当に『個人信用情報』がネックになっているか。別のところに要因があるのか。」は分かりません。

あ、不動産屋に勧められたからと言って、『個人信用情報機関』の「本人情報の開示結果」は、【絶対に】不動産屋に見せたりしないでくださいね。
各『個人信用情報機関』で、「建築・購入希望者に対して個人信用情報機関へ「本人情報の開示」をさせ、その結果を提出するように依頼している」不動産業者、ハウスメーカー、マンション販売業者などがいるということで、問題になっていますから。
http://www.ccbinc.co.jp/information/index.html

KSCとCICについて、「説明書」を見ても「開示結果」の表示について、分からない点がありましたら、さらに詳しく解説を差し上げることができる部分もありますので(「してはいけない」とされている部分については、詳しく語ることはできませんが)、その必要がありましたら、「補足」などを利用してお尋ねください。

なお、住宅ローンに関しては、むしろ、不動産業者を経由しない方で、ご自身で金融機関に「住宅ローンの相談」に出向かれた方がいいこともありますよ。
「不動産業者」に丸投げはやめておかれた方がいいです。
「銀行と不動産業者」が提示してくる「借り方」では、結果的にご質問者さまが「損」をする可能性もありますので…。

住宅ローン審査経験者です。
&かつて『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

「ATM自動貸越付き」というのは、キャッシュカードではなく、「総合口座に付帯する契約」ではありませんか?
キャッシュカードの発行が「総合口座」の契約に基づいて行われていて、その総合口座の「定期預金」残高の何%までならば自動融資がされて、万が一の際にはその「定期預金」とで相殺される…という契約ではないのでしょうか?
普通預金口座の残高が「0」以下であっても、キャッシュカードを利用し...続きを読む

QデスクトップのSleipnirの記録をそのままノートのSleipnirへ

デスクトップでSleipnirを使っていて便利なのでノートパソコンに入れました。
デスクトップのCドライブにあるSleipnirデータをUSBメモリに入れてそのままノートパソコンのSleipnirデータを上書きしました。
しかし、ノートパソコンの方で開くと何も設定していない状態で起動します。
デスクトップの記録をそのままノートパソコンで使う方法はないでしょうか。
(USBに保存して使う方法があるようですが今回はそれを除きます)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●Ver. 1.66の場合

・設定フォルダの保存場所
「C:」「Program Files」「Sleipnir」「user」

・主な設定ファイル
お気に入り Favorite.sfv
オプション Customiz(DATファイル)
検索 Search
RSSバー Rssbar.opml


●Ver. 2.xxの場合

・設定フォルダの保存場所
「C:」「Program Files」「Fenrir & Co」「Sleipnir」「settings」

・主な設定ファイル
お気に入り Favorite.ffv
オプション user
検索 Overrideフォルダ
RSSバー Rssbar.opml
※お気に入り以外は全て「setting」フォルダ内にある

QCICの開示について

CICを開示したいと思いますが、郵送でのやりとりで時間がかかるのでしょうか?皆さん、開示したことありますか?開示することでこれからカード作る際に問題はありますでしょうか?むしろ、自分の情報がわかるので、カードを作るタイミング等わかるのでしょうかね??(多重申し込み等ある場合)

Aベストアンサー

開示して貰うことについては、カードを作ることに対する影響はありません。
すぐに開示して貰いたいなら、事務所へ行けばすぐに見れます。

多重申込みについては、そのカード会社の判断によるものなので、実際に作成してみないと分からないものです。

ひょっとして多重債務なのですか?
基本的に、あるカードを作れなかった場合は、他社でもまず無理でしょうね。

個人的には・・・
多重債務なのにさらにカードを作れば・・・ それは地獄への直行便ですよ。
さらに、返済するために借りるという最悪な状況だけはやめにしましょう。
あなたのためです。

Q教師が授業進度を記録するノートのMS-Office用フォーマットを探しています。

学校の先生が、各担当クラスの授業進度を記録するノートというか手帳のようなものがあると思うんですが、それに使えるMS-Office用のフォーマットはないでしょうか? WordでもExcelでもOneNoteでもいいです。

Aベストアンサー

なかなかそのものズバリのものはありませんが、日々の進度管理ということであれば、このようなものをカスタマイズして使ってはどうですか。

売上目標管理表
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/template/result.aspx?id=10223

そうではなくて、手帳のイメージであれば、このようなものがあります。

デジタル手帳
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/template/result.aspx?id=12312

どちらも、本家Microsoftの提供です。

Q信用調査機関で個人開示した情報と金融機関が照会時に閲覧できる情報は一緒ですか?

先日、KSC、JICC、CICの各信用情報調査機関に個人情報の開示を行いました。

結果、銀行でのフリーローン、消費者金融での借り入れ、クレジットカードの
キャッシング(すべて2年前に完済、解約済)と、現時点での自動車ローン、
クレジットカードのリボ払いによる残債の記載があるものの、事故情報の
記載はありませんでした。
CICのクレジットカード(契約中、解約済を含め計6枚分)の支払い履歴も
過去24か月分$、-、空白のみです。

ここで質問なのですが、私が個人開示した情報と、金融機関が私の信用情報を
照会した時に閲覧できる情報は、同じものなのでしょうか?

実は近々2500万程の住宅ローンを組みたくて個人情報を開示したのですが、
私には7、8年ほど前にクレジットカードの支払い遅延による強制退会と、
残高不足による数回の(1ヶ月未満の)クレジットカード支払い遅延、生命保険料
支払い遅延、所得税、年金の滞納(いずれも支払い済)の過去があります。

ですが、それらの情報はいずれの信用調査機関にも記載がありませんでした。

住宅ローンを審査する金融機関が私が開示した情報と同じものを閲覧するならば、
“過去に借金はあったが完済しており、自動車ローンとクレジットカードの
残債のみがある人間”となると思うのですが、私の認識に間違いはないでしょうか?

それとも、個人には開示されないような過去の情報までも金融機関には開示され、
審査が通るのが難しくなるのでしょうか?

そもそも住宅ローンは、完済していたとしてもフリーローン、消費者金融、
クレジットカードのキャッシングの利用暦のある者には無理なのでしょうか?

いくつもの質問申し訳ありませんが、仮審査・本審査前に必要な準備を
十分にしておきたいと考えていますので、お力をお貸しください。

宜しくお願いいたします。

先日、KSC、JICC、CICの各信用情報調査機関に個人情報の開示を行いました。

結果、銀行でのフリーローン、消費者金融での借り入れ、クレジットカードの
キャッシング(すべて2年前に完済、解約済)と、現時点での自動車ローン、
クレジットカードのリボ払いによる残債の記載があるものの、事故情報の
記載はありませんでした。
CICのクレジットカード(契約中、解約済を含め計6枚分)の支払い履歴も
過去24か月分$、-、空白のみです。

ここで質問なのですが、私が個人開示した情報と、金融機関が私の信用情...続きを読む

Aベストアンサー

 信用情報機関が情報を保持する期間は5年間(通常の延滞情報)です。5年を超えたものは削除されます。したがって、金融機関はその情報をみることはできません。もし保持していて特定の金融機関に提供していたら違法です。
 また残高不足でも1ヶ月以内に返済していれば、「延滞」としては登録されません。
 質問者様の場合は、7年以上前のことですから、情報機関にはデータそのものが残っていないはずです。該当するカード会社の内部情報には保持してあるかもしれませんが、それはそのカード会社だけのものであって、他社がそれを見ることや、他社にその情報を提供することはできません。これももしやったら法律違反になります。
 生命保険や税等については、信用情報機関とは関係ありませんし、その情報が信用情報機関にわたることはありえません。したがって、掲載がないのが当たり前です。


人気Q&Aランキング