端末のアプリケーションからサーバ上のOracleデータベースにアクセスしていたのですが、
下記Aの作業を行った後に端末のアプリケーションからサーバ上のOracleデータベースへアクセスしたところ、
「サーバと接続できません。ORA-12560:TNS:プロトコル・アダプターエラーが発生しました」
とのメッセージが出ましたが、解消方法がわかりません。

●Aの作業
・Norton Antivirusをインストール
・TCP/IP詳細設定のWINSタブのWINSアドレスに昔のIPアドレス(128~始まる→現在は192から始まるものを使ってます)を削除。

その後、Norton Antivirusが影響しているのかなと思い、削除しましたが症状は変わりません。

なお、
 ・OralceServie***
 ・OralceOraHome90TNSListener
 ・OralceOraHome90Agent
はサービスから起動や停止をしても正常に動作します。

また、OSは2000サーバーSP2ですが、Oracleはヴァージョンの調べ方がわかりません(当方素人)。
サーバ自体は2002年9月頃に購入しており、同時に導入しているようです。

管理者が勝手に退職してしまい、当方を含めて職場にOracleに明るい物がおらず、困っています。
どなたかご教授いただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)でログインできないのはOracleの障害の気がします。



他にエラーが出ていませんか?
ユーザ・パスワードが違うだけですと以下のようなエラーが出ます。
>ORA-01017: ユーザー名/パスワードが無効です。ログオンは拒否されました。

pingもtnspingも通るということは、ネットワーク・リスナーが悪いわけではないと判断できます。

(1)のエラーコードで判断できると思います。

Oracleの問題ですとalart.log等を参照しないと原因はわからないでしょう。

>すぐにパスワードを問われるのですが、
>サーバのパスワードでは×でした。
>オラクルのパスワードなのでしょうか?
>(オラクルのユーザーIDとパスワードがあるのかわからないのです)

OSユーザのユーザ・パスワードではなく、Oracle上のユーザ・パスワードが必要です。原因の究明はこの部分の切り分け次第だと思います。
    • good
    • 0

とりあえず以下を確認して障害を切り分けてください。



(1)サーバ上でログインできるか確認
sqlplus user/pass
ここでエラーが出るとOracle本体の障害が考えれれる。

(2)サーバ上でリスナーの状態を確認
lsnrctl status

sqlplus user/pass@接続文字列
サーバ上でリスナー経由で接続してみる。

(3)クライアントからサーバへ接続可能か
ping サーバIPアドレス

(4)クライアントからサーバへtnspingが通るか
tnsping 接続文字列

(5)クライアントからサーバへsql*plusが通るか
sqlplus user/pass@接続文字列
クライアントからリスナー経由で接続してみる。

この回答への補足

大変遅くなりましたが、試してみました。
(ただ、素人すぎてわからない点が多数です・・・)

>(1)サーバ上でログインできるか確認
>sqlplus user/pass

すぐにパスワードを問われるのですが、
サーバのパスワードでは×でした。
オラクルのパスワードなのでしょうか?
(オラクルのユーザーIDとパスワードがあるのかわからないのです)

>(2)サーバ上でリスナーの状態を確認
>lsnrctl status
>sqlplus user/pass@接続文字列

最後に「正常終了」と表示されました。

>(3)クライアントからサーバへ接続可能か
>ping サーバIPアドレス

通常通り動作してます。

>(4)クライアントからサーバへtnspingが通るか
>tnsping 接続文字列

TNS Ping Utility for 32-bit Windows: Version 9.0.1.1.1 - Production on 08-JUN-20
09 19:05:33

Copyright (c) 1997 Oracle Corporation. All rights reserved.

パラメータ・ファイルを使用しました:
C:\oracle\ora90\network\admin\sqlnet.ora

エイリアスを解決するためにHOSTNAMEアダプタを使用しました。
Attempting to contact (DESCRIPTION=(CONNECT_DATA=(SID=*)(SERVICE_NAME=***.***.***.***))(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=***.***.***.***)(PORT=***)))
OK (20ミリ秒)

という感じでした。

>(5)クライアントからサーバへsql*plusが通るか
>sqlplus user/pass@接続文字列

これも問われるユーザーIDやパスワードにサーバ機の情報を入れましたが、受け付けてもらえませんでした。

補足日時:2009/06/08 19:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(5)ですが、sqlplus IPアドレス/サーバ機のパスワード
としましたら、
ERROR:
ORA-12560: TNS: プロトコル・アダプタ・エラーが発生しました
と言われたことを思い出しました。

お礼日時:2009/06/08 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務用のサーバを設置するデータセンターを探しています

業務用のサーバを設置するデータセンターを探しています。
以下のサービスを提供しているところをご存知でしたら
教えてください。

・サーバは専用レンタルサーバ
・サーバのスペックを指定可能(機種は不問)
・サーバの初期セットアップ
・OSを含むソフトのインストールが自由
・データバックアップ用のサーバをもう1台用意できて
 IDCの同一ネットワーク内に配置可能
 (ストレージと同じような使い方をします)
・バックアップシステム構築
・ウィルス対策
・バックアップ/リカバリ運用
・メンテナンス用にISDN回線を別途用意

不明な部分があってもかまいません。
詳細は問い合わせるつもりですので、心当たりのあるところを
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ウィルス対策が問題かなー。
 あとはまぁ、ラック貸しでサーバ&周辺構築という事だし、バックアップ&リカバリの運用も単純作業なら受けるところはあるでしょう。

 とりあえず問い合わせて話し合った方が良いと思いますよ。 金額的な事も含めて、まるっきり意識が違ってたら話にならないですし。

QOracle 10gでORA-12154:TNS:could not...

Oracle 10gのクライアント-サーバー環境でSQL*Plusなどから
ローカルネーミングで接続しようとするとORA-12154:TNS:could not
resolve the connect identifier specifiedが出て接続できません。
サーバー(ホスト名;aspire)
VistaHomePremiumSP1
Oracle10gDatabase
クライアント
XPHomeEditionSP3
Oracle10gClient
tnsnames.oraの内容
# tnsnames.ora Network Configuration File: C:\oracle\product\10.2.0\client_1\network\admin\tnsnames.ora
# Generated by Oracle configuration tools.
ORCL =
(DESCRIPTION =
(ADDRESS_LIST =
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = aspire)(PORT = 1521))
)
(CONNECT_DATA =
(SERVICE_NAME = orcl)
)
)
oracle.keyの内容
SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraClient10g_home1
レジストリの内容
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_OraClient10g_home1]
"ORACLE_HOME"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1"
"ORACLE_HOME_NAME"="OraClient10g_home1"
"ORACLE_GROUP_NAME"="Oracle - OraClient10g_home1"
"ORACLE_BUNDLE_NAME"="Enterprise"
"NLS_LANG"="JAPANESE_JAPAN.JA16SJIS"
"StatementCacheSize"="0"
"OLEDB"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1\\oledb\\mesg"
"StmtCacheSize"="0"
"SQLPATH"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1\\dbs"
"OO4O"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1\\oo4o\\mesg"
"ORACLE_HOME_KEY"="SOFTWARE\\ORACLE\\KEY_OraClient10g_home1"
"MSHELP_TOOLS"="C:\\oracle\\product\\10.2.0\\client_1\\MSHELP"
なお、簡易接続ネーミングでは成功します。
sqlplus scott/tiger@aspire/orcl
また、環境変数ORACLE_HOMEを設定すると成功します。
set ORACLE_HOME=C:\oracle\product\10.2.0\client_1
sqlplus scott/tiger@orcl
諸先輩方のアドバイスをお願いいたします。

Oracle 10gのクライアント-サーバー環境でSQL*Plusなどから
ローカルネーミングで接続しようとするとORA-12154:TNS:could not
resolve the connect identifier specifiedが出て接続できません。
サーバー(ホスト名;aspire)
VistaHomePremiumSP1
Oracle10gDatabase
クライアント
XPHomeEditionSP3
Oracle10gClient
tnsnames.oraの内容
# tnsnames.ora Network Configuration File: C:\oracle\product\10.2.0\client_1\network\admin\tnsnames.ora
# Generated by Oracle configuration tools.
ORCL...続きを読む

Aベストアンサー

>サーバー(ホスト名;aspire)
>VistaHomePremiumSP1

多分、OSがソフトウェア要件を満たしていないせいだと思われます。

参考URL:http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/windows/B25255-04/reqs.htm#62275511

Q国内にデータセンターがあるVPSサーバーを契約していますが、http:

国内にデータセンターがあるVPSサーバーを契約していますが、http://www.aguse.jp/で検索するとサーバーの場所がアメリカを指します。
更にサーバからの経路分析を実行し、最終のIPアドレスから2つ前のIPアドレスをクリックすると、NTTコミュニケーションズの社名が表示されます。
この場合、データセンター(サーバー)は国内ではなく海外にあるということになるのでしょうか?

国内にデータセンター(サーバー)があるVPSサービスを利用しているつもりですが、検索すると海外の表示が出ましたので、この検索結果が正しいのかどうか、ご存知の方がいらっしゃったら回答いただければ有り難いです。

Aベストアンサー

可能性としては:

(1) aguseの表示結果は100%正しいわけではありませんので、実はアメリカというのが間違っている。
(2) 「国内DCにサーバを置いている」というのは業者がそう言っているのでしょうか? 日本の会社だからといって国内DCを使用しているとは限りませんのでそこを質問者様が勘違いしている。
(3) ホスティング業者がウソを付いている。

などが考えられます。ちなみに何をどう調べても我々ユーザーが正しい情報を知ることはできませんので、「実際にどうか」というのはあまり気にしないのが吉かと思います。(気になるとは思いますが)

また、IPレイヤの経路を分析しても物理サーバの置き場所が分かるということはありません。

Qoracleクライアント9.2.0.1とoracleサーバ10gで動きますでしょうか?

Windows 2003 server上でoracle10gを動かす予定です。

それに接続するためのoracleクライアントは9.2.0.1でも動くのでしょうか?

oracleの公式的には9.2.0.4以上でないと動作保障はしない、ということはわかりました。が、実際に動くかどうかを知りたいと思っています。

上記のような環境で動かしたことがある、または実際に運用しているというような事例がございましたら教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

実際に動作します。
9.2.0.4は、9.2.0.1に対して、PSR(Patch Set Release)を当てることで、不具合対策がされたものです。

逆に、Windows32bit/64bit何れにおいても、Oracle Client 9.2.0.1ではないリリースのインストーラは無い認識です。

恐らく、OTNのドキュメントを参考されたのではと存じますが、ORACLEの一般公開文章における動作保障というのは、製品サポートという観点での記載ですため、実際に動作する、しないとは全く別口の話となります。PSR9.2.0.4がリリースされる前は、9.2.0.1でのサポートという記載となっていたはずです。

QpcAnywhere11.5を使用して、社内からデータセンター上のサー

pcAnywhere11.5を使用して、社内からデータセンター上のサーバーを
リモート操作していますが、
パスワードを何回も間違えてしまい、接続ができなくなってしまいました。

現状、クライアントのpcAnywhereからサーバーにつなごうとすると、
「選択したコンピュータが応答しません。接続を確立できません。」
となり終了してしまいます。

HPのサーバーなのでLights-Outで接続し、ホストのプロパティから
「ログインの再試行回数」というチェックを外しても「失敗したIPを遮断する時間」を
短くしても、回復しませんでした。
どこかに拒否IPリストなどあるのでしょうか?

ちなみに、環境設定でのIPの制限は設けてません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

変な設定がなければ単にHungしているだけにも見えます。
Windows ServiceよりPCAnywhereサービスを直接選択し、
再起動してはいかがでしょうか?

Qポリシー端末でのOracle8iへのODBC接続について

現在、ドメインにてポリシーのかかっている端末にてODBCを使用してAcssesよりデータ取得をしようと試みております。

Administratorユーザーでは、問題無くODBC接続→データ取得及び更新が行えるのですが、表題のような端末では、接続時にエラーが出てしまいます。

ODBCの設定でポリシー端末でも接続が可能だと小耳に挟んだのですが方法がわかりません。

ネットで検索してみたのですがヒットせず書き込みさせて頂きました。
(検索ワードが悪かったのかもしれませんが)

どなたかご存知の方が居られましたら御教授願います。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

単に、インストールしたOracleにアクセス権がないだけでは?
デフォルトではProgram Filesの下や、Cドライブ直下にOracle関連の
ディレクトリが作成されると思いますので、適切にアクセス権を設定すれば
ODBC接続が可能と思います。

Qデータセンターで媒体だけを保管するには倉庫業の認定がいるの?

データセンターで,お客様が保有するサーバ等の情報機器を預かり,その運用サービスの一環でデータバックアップ等の磁気テープを保管するケースは一般的だと思います。
ところで,サーバ等の情報機器等の預かりはせずに,お客様から郵送等の手段で送られた外部媒体をデータセンターで保管・管理するためには,国土交通省が定める「倉庫業」の認定取得は必要でしょうか?
国土交通省の「倉庫業登録申請の手引き」を見ると,必要なようにも思えますが本当のところがわかりません。
倉庫業法に詳しい方,データセンターに詳しい方,ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

保管するものは、第3者の所有する磁気テープ、CD-ROMその他、いわゆる「記録媒体」ということでしょうか?
とすれば、倉庫業法にもとづく登録が必要な可能性高いと思われます。

いわゆるデータセンターでも、
サーバを保有し、そのなかにウェブページやファイルなどを預かるサービスもあり(MariPAPaさん仰る前段の部分でしょうか、こちらのほうが主流かもしれません)、
この場合、「電気通信事業者」(総務省主管)の登録が必要です。

Maripapaさんお尋ねのケースと同様のビジネスを展開されている会社がありますが、私の知る限り倉庫会社が多いです:
http://www.terrada.co.jp/b2b/data_storage/
http://www.teisoh.co.jp/index.htm

また、もし無登録で商売をはじめた場合に、万が一のことが生じた場合(盗難・紛失・滅失)、取り返しのつきにくい可能性が高まると思われます。
またお客様から見ても、MariPapaさんの会社への信頼は、倉庫業登録されていたほうがより高まるでしょう。
(そもそも、各種業法が制定される1つの趣旨は、消費者保護にありますから・・・
http://www.nissokyo.or.jp/soko_gaiyo/soko.html)

こういった点踏まえて、一度国土交通省の該当窓口にご相談されてはいかがでしょうか?



p.s.
ただもし第三者の所有物ではなく、自社の所有物のみを保管するのであれば、No.1さんが示唆されているように、倉庫業法の申請は不要かと思います。
(業法はあくまで、それを”商売”とすることによって適用されるものですから・・・)

保管するものは、第3者の所有する磁気テープ、CD-ROMその他、いわゆる「記録媒体」ということでしょうか?
とすれば、倉庫業法にもとづく登録が必要な可能性高いと思われます。

いわゆるデータセンターでも、
サーバを保有し、そのなかにウェブページやファイルなどを預かるサービスもあり(MariPAPaさん仰る前段の部分でしょうか、こちらのほうが主流かもしれません)、
この場合、「電気通信事業者」(総務省主管)の登録が必要です。

Maripapaさんお尋ねのケースと同様のビジネスを展開されている会社...続きを読む

Q64bitサーバにOracleが作成できない!?

ご存知のかたいらっしゃいましたら教えて下さい。

現在、Windows Server 2003 standard X64 Edition に
Oracle 10g Release 10.1.0(32bit)をインストールし、
Database Configuration Assistant に於いてDBを
作成しようとしていますが、「Ora-12546:TNS:アクセス権が拒否されました」が表示され、以降の処理が行えなく
なります。
確認したところ32bit Oracle で32bitサーバには問題な
くインストールできました。
32bit Oracle では64bitサーバにインストールできない
のでしょうか?対処方法(パッチなど)がございましたら
ご教示願いたいと思います。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.oracle.co.jp/products/system/dbos.html
を見てください。

64bit Windowsには64bitOracleRDBMSしか対応していないようです。

Q一部のグローバル企業が、運用コストの観点からデータセンターを海外に移転

一部のグローバル企業が、運用コストの観点からデータセンターを海外に移転する動きが出てきています。
こんな記事があったのですが、日本のサーバエンジニアはこれから削減されるのでしょうか?

リクルートエージェントが情報源です。
http://www.r-agent.co.jp/guide/market/topics/detail/201001_5.html

データセンターが海外に行けば、日本のサーバエンジニアの需要は大きく減るのではないでしょうか?
技術よりリーダー経験と英語スキルを磨いたほうがこれからのサーバエンジニアはいいのですかね?海外出張して、インド人を統括する?
それともネットワークのほうがいいのでしょうか?ネットワークは100%日本に残るので。

サーバエンジニアに転職したいのならこの2、3年以降はきびしくなるのですかね?

Aベストアンサー

クラウド化の流れは間違いないでしょうが、これらが払拭されない限り今後もサーバーエンジニアの仕事は当面なくなりそうにありません。
20年後はわかりませんが。

・言語の壁
・暗黙的な要求水準の壁
 日本:SLA はあるが、原則止められない
 海外:SLA を達しているなら、多少止まっても問題なし
・情報のリスク
 情報漏洩の懸念
 データが復旧できなかったときの懸念
・バグ対応の壁
 海外:瑕疵期間中でも重大な問題ではないので次のバージョンで解決します。買ってください。+対応が超遅い。時差の問題もあり。
 日本:瑕疵期間中は改善する方向で検討+日本語で電話対応可能。

実際に海外のベンダーと交渉したらすぐわかります。マイクロソフトは特別すごいということが。

Q異なるOracleサーバ上のテーブルを結合する方法

異なるOracleサーバ上のテーブルを結合する方法

IPアドレスが異なるOracleのテーブルを結合して出力したいのですが可能でしょうか?2つのテーブルをローカルにダウンロードして結合表示するとパフォーマンスが悪いので、2つのサーバから直接データをダウンロードしたいのです。2つのOracleサーバは読み取り権限しか与えられておらず、SELECT文ぐらいしか使えません。

Oracle 10G
Windows 2003 Server

Aベストアンサー

DATABASE LINK を使用してください。

■作成方法
1.CREATE DATABASE LINK文

  CREATE [PUBLIC] DATABASE LINK dblink
   [CONNECT TO user IDENTIFIED BY password]
   [USING connect_string];

dblink
データベース・リンク名を指定します。
ドメインを省略した場合は、データベース・リンクを作成したインスタンスのデータベース・ドメインが付加されます。

PUBLIC句
 この句を指定するとパブリック・データベース・リンクが作成できます。

CONNECT TO句
接続ユーザを指定する事ができます。CONNECT TO句を指定しないとデータベース・リンクにアクセスした現行セッションのユーザでリンク先へ接続します。
ユーザ名はuserで指定し、パスワードはIDENTIFIED BY句の後のpasswordで指定します。

USING句
リンク先に接続する時の接続文字列を指定します。指定できるのはtnsnames.oraで定義されているネット・サービス名、または簡易接続ネーミングです。

例1
現行セッションのユーザでリンク先に接続するデータベース・リンクの例です。

  CREATE DATABASE LINK remote
   USING remote

例2
固定のユーザでリンク先に接続するデータベース・リンクの例です。
この例だと現行セッションのユーザに関わらず、常にtest/testでリンク先に接続します。

  CREATE DATABASE LINK remote
   CONNECT TO test IDENTIFIED BY test
   USING remote;

■アクセス方法
データベース・リンクを使用してリンク先にアクセスするには@dblinkをオブジェクト名の後に記述します。


remoteインスタンス上のtable1という表にアクセスします。

  select * from table1@remote;

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/mr_makochi/9103121.html

DATABASE LINK を使用してください。

■作成方法
1.CREATE DATABASE LINK文

  CREATE [PUBLIC] DATABASE LINK dblink
   [CONNECT TO user IDENTIFIED BY password]
   [USING connect_string];

dblink
データベース・リンク名を指定します。
ドメインを省略した場合は、データベース・リンクを作成したインスタンスのデータベース・ドメインが付加されます。

PUBLIC句
 この句を指定するとパブリック・データベース・リンクが作成できます。

CONNECT TO句
接続ユーザを指定する事ができます。CON...続きを読む


人気Q&Aランキング