ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

こんにちわ~!
この頃私は懸賞にハマって応募してるんですが
最近始めたばかりなので当然まだあたった経験はありません。
しかし懸賞に当たりやすくなる方法っていうのはあるんですかね?
なにか情報がありましたらご提供ください!
あと当たった経験談とかもきけたらうれしいですね~
ヨロシクお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

雑誌 プレゼント」に関するQ&A: 雑誌のプレゼント応募について 雑誌のプレゼントの当選者って、どのように選ばれるのですか?ハガキなら係

A 回答 (7件)

 「同一企業、同一商品の懸賞に、ねばり強く継続して応募する」というのが、当りやすくなる一つの方法といえます。


 私も、あるビール会社が、昔の味を復刻した製品が当るという懸賞を実施したことがありましたが、1年目は選に漏れてしまいましたが、2年目、3年目と連続で当選しました。
 俗に言われる「官製ハガキより専用応募ハガキのほうが当選する確立が高い」という説は、私はそうは思いません。専用応募ハガキでも、当らないものは当りませんし、官製ハガキでも、当選するときはします。
 これまで当選したもので、うれしかったものは
1、レトルトカレーのバーコードを集めて送る懸賞で、現金1万円
  (現金書留で送られてきました)
2、ビデオテープのバーコードを送る懸賞で、1万円分のギフト券
3、やはりビデオテープのバーコードを送る懸賞、こちらはメーカーでなく
  家電量販店ですが、1万円分の音楽ギフト券
4、乾電池のバーコードを送る懸賞で、非常用ラジオ
  (あとでカタログを見ると、結構高価な製品だった)
 
 あと、ちょっと複雑な気持ちなのが、自分が好きなアイドルの関連賞品が当る懸賞です。
 当選すれば、うれしいはずですが、選に漏れた場合、「選に漏れるということは、応募者が多いため、つまりそれだけそのアイドルが人気がある証拠」と思えば、うれしくもなります。反対に、今まで当選しなかったのが
当選した場合「このアイドルもそろそろ落ち目なのか」と、ちょっと淋しく思う場合もあります。
 とにかく、懸賞に当選しやすくするコツは、同一企業、同一製品の懸賞に粘り強く継続して応募することです。そうすることにより、企業側に熱意が伝わり、当選する確立が高くなることもあるようです。
    • good
    • 2

1年に数回しか懸賞に応募しないのですが、


一生懸命空欄がないようにしても当たらないし、
逆にすっかり忘れていたような(きっと大して
記憶に残ってないような)物があたったり
します。
1名とか、5名とかそういうに立て続けにあた
ったのですが、その2つは、応募したことを
すっかり忘れていました。
いつも偶然じゃないの?という感じですね。

#5の方と同じ、私も応募される側の仕事を
していますが(クライアントからの代行)
、私が担当になったときは
(1)はっきりと大きくて読みやすいキレイな字
(2)住所(連絡先)や名前に絶対不備がないこと
(3)余計な絵や、色がついていないこと
を重視しています。
コメントはあまりきにしてません。処理するのが
大変なので、いちいち読んでる時間がありません。

最後に、1つの懸賞に何枚もハガキなどを出す方
がいらっしゃると思います。
それは無駄なのでやめたほうがよいと思います。
ハガキを1つ1つ手でぬいて抽選するものでない
場合、全て顧客データとして保存するために
入力します。その際、「ダブリ」として削除され
結局は1件の応募という形になります。
私も今の仕事についてから知った事実です。
    • good
    • 8

こんにちは。

私は懸賞歴8年になります。
年間40個くらい当たっています。(月にハガキ50~100位出すので)

私のオススメは、新聞のチラシに載っている懸賞です。地域限定物です。
ディズニーランドのパスポートや紅白ワインセットなど良いものが載っていたりしますよ。チラシをチェックしてはいかがでしょうか?

過去に当たったものでうれしかったのは、去年の夏の懸賞で、コカコーラのデジカメです。後は3万円商品券が2回。ディズニーランドチケットが4回。UFJチケットが1回。などです。
いつか海外旅行を当ててみたいです!
    • good
    • 6

個人的には懸賞にはあまり応募する方ではないですけど、


ちょっとした応募される側の経験が1度だけあります。

抽選とありますけど、やはり応募の文章を読みますので
応募される方の好感度にに左右されるのではないでしょうか。
一般的には、何も書かないよりも応募先に関連した感想等を
一言添えるとか、きれいなイラスト等を描くことは目を
惹くということを聞いたことがあります。
数多くの応募の中でありきたりの物ではダメだということです。

参考URL:http://www.onda-honpo.com/kensho/index.html
    • good
    • 2

お邪魔します。



当たりやすさでいえば、
「クローズド」→「はがきオープン」→「インターネット」でしょうか。
特にインターネット懸賞は、”郵送料”が不要ということで、応募が桁違いに多いので、
当選は非常に困難です。

当たりやすさのねらい目としては、「ラジオ」「男性雑誌」「夕刊紙」の懸賞ですね。
ウワサでは「ラジオ」などでは、当選数までの応募がないこともあるとか・・・

また「クローズド」でも缶コーヒーなどのキャンペーンは、「天文学的」な応募数ですので、
どうしても欲しい物でない限り、パスした方が賢明ですね。

でも当たりにくい「ネット」でも当たることもあります。
ウチで使ってるDVDプレーヤーは、ネットの当選品です。

気長にこつこつと続けていると、いいものが当たりますよ!諦めないでがんばりましょう。
    • good
    • 3

応募者数の少なそうな懸賞を狙えば、当然、当選する確率が上がります。



例えば、クローズドと呼ばれる懸賞。商品を購入し、その商品についている応募シールを貼って送った人の中から選ばれるという類のものです。懸賞のためにその商品を購入しなければいけないわけですから、応募者が限定されます。

例えば、ほとんど宣伝されていない懸賞。知る人ぞ知るため、応募者が少なく当選確率が高いです。そういう意味で、プレゼント雑誌に載っている懸賞、インターネットで簡単に応募できる懸賞はそんな簡単に当たりません。逆に、ほとんど宣伝されていないため、どうやって自分がその懸賞の存在を入手するのかというところに最大の問題があります。アンテナを伸ばすしかありません。

広い意味での懸賞として、モニタがあります。アンケートに答えてポイントがたまると商品がもらえるというものです。確実性は高いのですが、商品がもらえるまでに地道な努力が必要です。

懸賞の世界も苦労なくしてはなかなか当たらないものです。
    • good
    • 1

はじめまして。

ペコリ(o_ _)o))
私も懸賞はたまに応募しますが今まで当たったことがあるのは
雑誌で6回(マニュキュア・口紅・鍋セット・香水・靴・図書券)
当たった事があります
当たった回数はハガキを出した回数の中では割合が多いと思います(あんまり
出す方ではありません切手が余っている時くらいですね)
私が出す時心がけている事はちゃんと雑誌の感想とかをビッシリ書いて
ますね、字も丁寧に分かりやすく。
あと当選人数が多い物やこの雑誌でコレを申し込む人は少ないかな?
と思うものを申し込みます。(若い人向けのマンガ本なのに鍋セットとかね)
当たったときはハガキを出した事を忘れてる時もありますので届いた時は
嬉しいです!!かなり!!あっそういえば出してた~って感じで今月号を見ると
当選者の所に自分の名前があったりして(笑)
あと平等にするためその月に同じ会社が出している雑誌の
懸賞に2つとかは当たらないと聞きました。
あと当たった事があるのはSMAPのローソンツアーのコンサートと同じくSMAPの
ガムの公開録画とあとオロナミンCの木村拓哉さんのコンサート
ですがこれはどうしても欲しかったのでとにかく毎日1枚ずつ
出しました。かなりの数を出しました。
私の中での当たるコツは当たり前のことですが丁寧に根気よく
、出し続けることですかね??なんにしろ当たったら嬉しいですよ~。
がんばってくださいねFight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました!
名づけて数打ちゃあたる戦法ですね!(笑)
とても参考になりました!
はやく当たったときの快感を知りたいですね。
がんばってみます。

お礼日時:2003/03/21 19:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抽選で毎回当たる人と、何度応募しても一度も当たらない人

こんにちは。
私は仕事で、懸賞に応募した人の中から当選者を決める業務に携わっています。

当選の仕方は、よくテレビでやっているように、ハガキをなにかの入れ物に入れて、そこからランダムに取り出して当選者を選びます。

コメントをたくさん書いてくれていたり、小さい子供の名前で応募していたり(年齢を書く欄があるので)、家族全員の名前で別々に応募していたり、一人で何枚も応募したり、みなさん様々な応募方法で応募してくれていますが、当選者を決めるには、コメントに良いことがかかれているとか、何枚も応募してくれているとか、小さい子供からの応募だからとか、そのようなことは一切関係なく、厳正な抽選で行っているのですが、毎回同じ人が当選したりします。
後から全てのハガキを集計するので、どの人が何口応募してくれたかとか、家族などで住所が同じである応募はどのくらいあるかとか、全てわかるのですが、何百枚もあるハガキの中から、一枚しか応募していないのに毎回当たる確率というのはかなり低いと思います。
ですが実際抽選するとどうしても毎回当たる人がいたり、毎回何枚も応募してくれているのに絶対当たらない人がいたりして、不思議な気持ちです。
運のいい人と悪い人、ツキのある人とない人って本当にあるんだなって思ったのですが、みなさんはどう思いますか?
ただの偶然と言われればそうかもしれませんが、どうでしょうか?

※個人情報保護法の為、抽選後はすべてのハガキをシュレッタ-にかけます

こんにちは。
私は仕事で、懸賞に応募した人の中から当選者を決める業務に携わっています。

当選の仕方は、よくテレビでやっているように、ハガキをなにかの入れ物に入れて、そこからランダムに取り出して当選者を選びます。

コメントをたくさん書いてくれていたり、小さい子供の名前で応募していたり(年齢を書く欄があるので)、家族全員の名前で別々に応募していたり、一人で何枚も応募したり、みなさん様々な応募方法で応募してくれていますが、当選者を決めるには、コメントに良いことがかかれている...続きを読む

Aベストアンサー

ちょうど近々 このような質問をしようと考えていたところでした。

というのは、私自身 懸賞よく当たるのです。
質問者様の仰るように、何枚も応募したりはしないのですが、やはりコメントが重要なようです。

はがきには必ずコメントを書きます。それも丁寧に、読みやすく、ヨイショもあり。
今年に入ってからは9割の確率で当選してます。

質問者様のおっしゃる、運の良い人、悪い人ってあるのかも。 宝くじのように何百枚買ってもダメな人はダメですし、数枚買って1等当てちゃったりという話はよく聞きますよね。

それにしてもうらやましいお仕事です。やってみたいです!
(自分だったらコメントの良し悪しで決めてしまいそうです・・・!)

Q懸賞のハガキを出すタイミングについて・・・

バーコードやアンケートetc・・・と
ハガキで応募する懸賞でポストに投稿するタイミングを知りたいのですが、
締め切り何日前などに良く当る等を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。再度書きこみます。
大量当選のものだったら、やっぱりインパクトではないでしょうか?
パソコンでの応募だったら文章しか無理になっちゃうんで、
はがきだったらいろんな色のペンを使って、カラフルに目立つように書いてみては?
でもゴチャゴチャしないほうがいいと思いますが・・・
分かりやすく、なおかつ目立つように・・・(難しいですね)
昔、おまじないか何かで「緑」色のペンで書くと当たるって流行ったことがありましたね。
あと、私適には、早めに出したほうが当選するような気がします。
根拠は、自分がそれで良く当たるから(笑)
住所を書くときも「○ー○○ー○ー○○○」じゃなくて
「○町目○○番地○号 マンション名○○○号」みたいに、
細かくキレイな字で丁寧に書いたほうが好感がもてそうだと思いません?
がんばってくださいね。

Q懸賞ハガキの抽選♪

 以前 ここの 懸賞ハガキの 抽選の 仕事をした方の うちわ話で
読みやすい ハガキや 印象のいい ハガキを 選ぶと 書いてたのを見ました♪
 しかし 懸賞の 抽選は 宝くじの 抽選のように 機械的に 公平に
行われていると 思っていたし そう あるべきと 思っています
 企業の PR関連の 抽選は やはり 機械的に アトランダムに 無作為に
選んでるわけでは ないのでしょうか?
当選しやすい コツ なんて あるのでしょうか? 

Aベストアンサー

大企業は別として、手作業で選んでいるところもかなりあるようです。
そして、書かれているメーッセージなども、参考にしているようです。
機械的に選ぶ場合は無理でしょうけど、手作業で選ぶ場合の、選ばれやすくするコツです。

まず、ハガキの書き方が大切です。
太いペンではっきりと丁寧に、読みやすい文字で書きます。努力して書いている思われる書き方をして、丸字や印刷文字は嫌われます。

次に応募券がある場合は、はがれてしまう危険性があるのでしっかりと貼ります。
そして、懸賞先へちょっとしたメッセージを書くのもコツです。ただ、あんまり長く書くと嫌われます。
簡潔、かつ丁寧に書きましょう。絵もオススメ。

次に重要なのは、ハガキの加工です。
「専用応募ハガキ」か、「官製ハガキ」を選べる場合は、、断然「官製ハガキ」をオススメします。
理由は「固い」から。固ければそれだけ印象に残りますし引かれやすいです(機械、手取りともに)

ハガキは「目立つほうがいいだろう」と思って、ハガキの周りを蛍光ペンでなぞったりしますが、これを逆手にとって、ハガキ周りを逆に「暗い色」でなぞります。これはかなり目立ちます。
また、ハガキの表面を「セロテープ」で覆うのも、きらきら光って目立ち、テープを張った分だけ、ハガキが固くなります。

又、私製はがきでも良い場合は、官製はがきよりも1ミリほどサイズを大きくします。これで、重ねたときにすこし飛び出ますから、目立ちやすくなります。

大企業は別として、手作業で選んでいるところもかなりあるようです。
そして、書かれているメーッセージなども、参考にしているようです。
機械的に選ぶ場合は無理でしょうけど、手作業で選ぶ場合の、選ばれやすくするコツです。

まず、ハガキの書き方が大切です。
太いペンではっきりと丁寧に、読みやすい文字で書きます。努力して書いている思われる書き方をして、丸字や印刷文字は嫌われます。

次に応募券がある場合は、はがれてしまう危険性があるのでしっかりと貼ります。
そして、懸賞先へちょっ...続きを読む

Qヤマザキパンの懸賞当たったことありますか?

どのカテゴリーで質問していいものやら?と悩んだ結果この食品でさせて頂くことにしました。
今CMされている点数を集めてディズニーシーへ行こうっていうキャンペーンのことです。
ディズニーランドのパスポートの頃からパンをしこたま食べては送りをこれまで何度も繰り返してきましたが、今回もめげずに(投げやりではありますが)ヤマザキに貢献しています。
我が家は、懸賞当選率は高い方だと思っていますが、ヤマザキとキューピーだけはどうも縁がないようです。
ディズニーシーへはパスポートを買って行けばいいようなモンですが、どうしてもヤマザキで当てたいんです。
どうかよきアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ヤマザキパンの懸賞当たった事が2度有ります。
当時は白いお皿でした。
現在はディズニ-シ-なので競争率は比べ物にならないかもしれませんが・・・・・。

懸賞で当てるには根気良く続ける事+運が必要だと思っています。
運は有るとおっしゃっているので、アドバイスを一つ。

毎週毎の抽選ですから、
(1)応募できるはがきを溜めて置いて同じ週に送る。
(2)出来れば、応募初めの週出来るだけ早くに大量に送る。
(3)(2)が不可能な場合、締め切り週の前の週に送る。
以上を守れば結構高確率になると思います。

御幸運を。

Q応募ハガキはどうやって当選とかを選ぶんですか?

タイトルの通り応募ハガキはどうやって当選とかを選ぶんですか?
ハガキのきれいさとかもあるんですか??

Aベストアンサー

以前、某大手ラジオ局でアルバイトをしていた者です。

数十枚ほどの応募ハガキの中から当選ハガキを選んで
いましたが、選び方はバイトに任されていました。

丁寧に書かれているハガキを選ぶことが多かったです。
たとえ文字がきれいでなくても、丁寧に書こうとして
書いてあるものはわかります。
目立とうとした派手なハガキよりは、どちらかといえば
地味で、丁寧に書かれているものを選んでいました。

また、どうしても当選したいからと一人で何十枚も
出しているハガキは、選ばないようにしていました。
大抵は一枚しか届いていないものが選ばれました。
(どうして?と言われても困るのですが・・・
 どちらかといえばあまりにも欲がみえみえの
 ギラギラしたハガキは避ける傾向があったのです)

で選んだハガキが、以前その番組で当選した人リストに
入っていないか確認して、当選したことがあれば、
別のハガキを選び直していました。

ただ当選していても、数年前だったり、大した物で
なかったりした場合は、そのままそのハガキを当選者に
選んでも良いことになっていました。

数年前でも「現金」などが当選していれば、二度と
当選ハガキとして選ばれることはありませんでした。
従って一度現金もしくは高額商品を当てたことがある
番組には、その後何度出しても当たらないように
なっていますので、ご応募の際にはご注意下さい。

(質問者様が一般的な日用品や食品の懸賞について
お知りになりたかった場合には的外れな回答だったかも
しれません・・・すみません)

以前、某大手ラジオ局でアルバイトをしていた者です。

数十枚ほどの応募ハガキの中から当選ハガキを選んで
いましたが、選び方はバイトに任されていました。

丁寧に書かれているハガキを選ぶことが多かったです。
たとえ文字がきれいでなくても、丁寧に書こうとして
書いてあるものはわかります。
目立とうとした派手なハガキよりは、どちらかといえば
地味で、丁寧に書かれているものを選んでいました。

また、どうしても当選したいからと一人で何十枚も
出しているハガキは、選ばないようにして...続きを読む

Q懸賞の当選品の発送時期について

たまに懸賞に応募するのですが、たいがいが「当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。」とあります。
商品の発送や、当選通知の発送は応募締め切りからどのくらいたってからなんでしょうか?
懸賞に詳しい方、懸賞を担当している企業の方、当選した方の経験など、是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

懸賞の主催者や懸賞の規模、オープン懸賞かクローズド懸賞かなどによってもかなり差はあるので、一概に「これ」というものはないようです。

知る限りでは、次のような事が多いです。

1.放送局(ローカル局)は発送業務が割合早い。
 番組内で、プレゼント告知をする場合、手元に「現物賞品」がある事が多いので発送業務さえ済めば、すぐ届くことが多い。
ラジオ番組で「ホタテ殻付き」プレゼントが当たり、翌日クール便で直送されたことがありました。

2.クローズド懸賞の場合
ほとんどの場合、企業が主催して、賞品発送を外部委託していることが多いので、月末締め切りの場合、翌月下旬~翌々月中旬までには発送しているようです。
ただし、企業とスーパーのタイアップ懸賞などは、スーパーが中心となって作業している場合が多いので、締め切ってから3ヶ月くらいで発送される場合もよくある。

3.オープン懸賞の場合
当選数に対して応募件数が数万単位で殺到するため、締め切り後応募ハガキ等の整理がつき次第、第三者立会いにより抽選を行い、当選者には速やかに連絡が入る。
旅行などで、日程を指定されているものは、参加準備等にかかる日数も考慮して連絡が来るようです。また、車などに関しては、納車の時期等も考慮して連絡があるようです。

「当選通知(メール)」で連絡が来たのに、一向に当選品を送ってこない場合などは、懸賞主催者へ問い合わせてみてもいいかもしれません。ごく稀に、担当者のミスなどで発送されていないことがわかる場合などもあるようです。

最近「懸賞」と称し、たいした価値のない賞品を大量に放出したりしているような悪質な主催者が横行していたり、個人情報を収集している場合もあります。こういった類いのものは見極めが必要です。

懸賞の主催者や懸賞の規模、オープン懸賞かクローズド懸賞かなどによってもかなり差はあるので、一概に「これ」というものはないようです。

知る限りでは、次のような事が多いです。

1.放送局(ローカル局)は発送業務が割合早い。
 番組内で、プレゼント告知をする場合、手元に「現物賞品」がある事が多いので発送業務さえ済めば、すぐ届くことが多い。
ラジオ番組で「ホタテ殻付き」プレゼントが当たり、翌日クール便で直送されたことがありました。

2.クローズド懸賞の場合
ほとんどの場合、...続きを読む

Q応募する懸賞って、一度当たれば同じ人は二回目は当たらない?

商品のシールやバーコードをハガキに貼って応募する懸賞ッてよくありますよね?

期間が長期間の懸賞では、一度当たれば同じ人にはダメなんでしょうか?
よく公正取引委員会の関係でとかよく聞きますが・・・・。

同じ住所でも他の家族の名前で出せば大丈夫とか?あるのでしょうか?
ご存じの方教えて下さい。

Aベストアンサー

商品のシールやバーコードで応募する場合には、制限は無いと思います。
公正取引委員会の指導で、雑誌などの場合には、「応募するための購入必要な金額」の一定倍が限度額となっています。
たしか、50倍だったかな。
ですから、1冊の雑誌で当選できる金額には制限があるわけです。
1冊に1枚しか無い応募券でしたら、券1枚につきその倍率までOKですので、同時に何個も当選してもOKです。
バーコードなども、同じように申し込み1回についての当選金額の制限はありますが、複数申し込みでは、それぞれの当選は無関係です。
逆に、1つ当選したのを理由に他の申し込みを故意に落選させると、不正な抽選の操作という事になってしまいます。

全くのプレゼントで申し込みに商品購入などの条件が無い場合には、あらかじめ予告してあれば「当選はお一人につき1回に限定させていただきます」というのも可能です。

Q皆さんは懸賞に当たったことがありますか?

先日懸賞について質問したのですが、あまり回答が集まらなかったので形を変えて再度質問させてください。

http://okwave.jp/qa5504337.html
↑こちらが前にした質問です。
こちらを踏まえて・・・
1.みなさんはハガキで懸賞に応募して当たったことがありますか?
2.そのハガキは綺麗に色を塗ったりイラストを描いたり、または商品を褒める言葉を書いたりしましたか?

私自身も過去に何回かは当たった経験はあるのですが、懸賞に良く当たる主婦の方の話を聞いてからというもの、何だかハガキを書く気が失せてしまったのです。

Aベストアンサー

こんにちは。懸賞結構出していました。
案外面倒で時間を取られるんですよね。
今はやっていません。

スーパーと企業のタイアップの懸賞はよく当たりました。
商品券、牛肉、クリスマスケーキ、ホテル宿泊券、エコバッグ・・
とくに感想とかは書かなかったです。
隅っこに可愛いシールをちょこっと貼ってみたりしましたが 笑。
ある程度の枚数出せば当たるものだと思います。

一番良く当たったのは地方版の「ぴあ」です。
CDとかアーティストグッズ、映画鑑賞券・・
3回に一回ぐらいは当たっていました。
担当者に気に入られたのか(?)と思いましたが
地方版なので出す人も少ないですよね。
特に凝った細工はしませんでしたが、
やっぱりいつも隅っこにシールを貼っていました。
(可愛いシールが好きでたくさん持っているんです 笑)

全国懸賞とかいわゆるオープン懸賞と言われるのは
めったに当たった事がないです。
カルビーのシリアルでスヌーピーの食器が2回当たりましたが、
イラストを書いて出した時は当たらず、
必要事項だけを書いた時に当たりました。

一番嬉しかったのは手嶌葵さんのライブのチケットが
当たったときです。
テレビで偶然プレゼントの告知を観て
気合い入れてハガキを書きました。
(と言ってもやっぱり小鳥のシールを一杯貼っただけですが 笑)
インターネットでも応募出来ましたが、
たぶんハガキで出す人は少ないと思って。
これに関してはあのシールが効いたのだと(勝手に)思っています。

考えてみたらたいして金額の張るものは当たった事がないですが、
小心者なので、これくらいで丁度良かったと思います。

こんにちは。懸賞結構出していました。
案外面倒で時間を取られるんですよね。
今はやっていません。

スーパーと企業のタイアップの懸賞はよく当たりました。
商品券、牛肉、クリスマスケーキ、ホテル宿泊券、エコバッグ・・
とくに感想とかは書かなかったです。
隅っこに可愛いシールをちょこっと貼ってみたりしましたが 笑。
ある程度の枚数出せば当たるものだと思います。

一番良く当たったのは地方版の「ぴあ」です。
CDとかアーティストグッズ、映画鑑賞券・・
3回に一回ぐらいは当たって...続きを読む

Q商品のバーコードを切って応募するタイプの懸賞について

懸賞で、商品についているバーコードを切りぬいて、何枚か一口で応募するタイプのものがありますよね。これについて、素朴な疑問がふとわきました。
1.懸賞の主催者側は、確かにその商品のバーコードかどうか、チェックをしたりするのでしょうか? バーコードってどれも同じように見えるので、調べないとその商品のものかどうかわからないですよね。自分の考えでは、当たったものに限り、専用POSか何かで一応チェックしているのではと思いますがどうでしょうか。
2.同じ商品なら、応募期間以外に販売された商品でもOKでしょうか? 例えばある商品について、毎年4~5月に懸賞を行ったとします。しかしその商品は当然、年間を通じて販売されているわけです。この場合、その年の懸賞が終わった6月~翌年3月まで商品のバーコードをためておいて、4~5月にそれを使って応募するということはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちはdonpikoさん

自分の知ってるメーカーでは、当たった葉書きのバーコードリーダーの読取り確認と目視での確認をしています。
理由ですが、バーコードは簡単に同じものがコピーできてしまいます。
目視で紙(セロファン)の材質を見ています。

バーコードは同じ商品であれば時期が変わっても変更されませんので
対象月以外に購入した商品のバーコードでも問題ありません。

Q懸賞で葉書応募とインターネット応募当たる確率は違うの??

同じ懸賞の商品でもインターネットと葉書どちらでも
応募可能なものがありますが、実際のところどちらが
懸賞に当たりやすいみたいなのってあるんですか??

イメージ的には葉書50円で買って手書きして手間隙掛けて
出すのだから葉書の方が当たる確率は高いのかな??って
思うのですが実際はどうなんでしょうか??

詳しい方よろしくお願い致します

Aベストアンサー

コンピューターで一括管理しているようなところは、葉書だろうがネットだろうが同じことです。
但し、「葉書でしか応募できない」懸賞も存在します。
そういったところは出す人がネット応募よりも減ってきますので、当選確率も上がるのではないかと思います。
もちろん、ネットのみの応募もあります(こちらの方が最近は多いかもしれませんね)。
ネットのみの応募は簡単なので応募が殺到しますが、簡単に応募できるというメリットもありますので、数をこなせます。
結果、当たることが多かったですね~。

尚、#3の方が「主婦はパソコンに疎い」とありますが、これはまったくの逆です。
50代、60代以上の方はよくわかりませんが、それ以下の世代だと、むしろ主婦層はパソコンに非常に通じています。
ハード面では確かに疎いかもしれませんが、懸賞、アンケート、アフィリエイト…場合によっては株。
とにかく小銭を稼げるようなサイトの使いこなし方は、余人の追随を許しません。
働きながら彼女達レベルのことをやろうと思うと、時間がなくて無理。
主婦層は、楽に応募できるよう、色々なツールを使っている人が多いですよ。
ネット懸賞なんて小銭稼ぎの入門に過ぎません。

尚、懸賞を出す企業の中には、代理業者やロボット応募などを避けるために「コメント欄の記入」を重視するところが多いです。
中小企業に特に多いですね。
コメントは何でもいいのですが、「書いていない」とはじかれます。
また、じっくりコメントを読んでくれている担当者さんもいて、コメントが当選の決定になるケースもあります(私はこれで当選しました)。
応募先が大企業であればそんなところはいちいち気にしていないので、単に確率勝負になると思いますけれど。

ところで、#1さんがメルマガの登録等を拒否した場合の当落について質問されていましたが、拒否しても当選しますよ。
DMが面倒くさいので最近はメルマガ登録はすべて拒否し、DMの受け取りは全部×にしていますが、当たる時は当たります。
但し、メールアドレスそのものを書かなかったり、電話番号を書かなかったりすると当選の際の連絡ができない(大物の場合)ということや、宅急便の荷札が書けない(電話番号)等の理由から資格を失いそうなので、そこは書くようにしています。

コンピューターで一括管理しているようなところは、葉書だろうがネットだろうが同じことです。
但し、「葉書でしか応募できない」懸賞も存在します。
そういったところは出す人がネット応募よりも減ってきますので、当選確率も上がるのではないかと思います。
もちろん、ネットのみの応募もあります(こちらの方が最近は多いかもしれませんね)。
ネットのみの応募は簡単なので応募が殺到しますが、簡単に応募できるというメリットもありますので、数をこなせます。
結果、当たることが多かったですね~。

...続きを読む


人気Q&Aランキング