プロが教えるわが家の防犯対策術!

先日掃除をしてましたら、10年くらい前の古いベースが出てきました。
FERNANDESのFRB-40という型番でした。

今でこそMUSICMANやFENDERなど高いベースを持っていたりしますが、このFERNANDESのベースは初めて買ったベースなので思い入れが強いです。

そこで改造を考えたりしました。ブリッジやペグ、ピックアップの交換やプリアンプを搭載して全く違うベースにしても面白いなと思いました。

ただ、ボディ材がアルダーかバスウッドだったりして、お世辞にも凄くいいボディ材を使用したベースではないと思います。

また、改造する費用などを考えれば結構いいクラスのベースが買えたりしてしまうと思います。

安いベースに良いパーツを乗せても限界があると思いますので、こういう安いギターやベースの改造って無謀でしょうか?
どうぞよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それしか持ってないとか、まだ初級者レベルの人が知ったかぶりで改造しようと言うなら絶対的に勧めませんが、ベテランの方が思い入れのあるベース


対して「ちょっと蘇らせる事はできないか?」的な改造するのは、個人的には面白いと思います。

私事ですが、正直私も自分が初めて買ったYAMAHAの安物ベースを、何となく手放せず(知り合いに、こっちはあげたつもりで貸しても、なぜか相手が新しいベースを買ったら丁寧に戻ってきたり…(^^ゞ)、それなりに手に馴染んでいるので改造して使いたい気も有ったんですが、なんせ昔のYAMAHAなので純正以外の市販パーツが一切付けられず、まだ押し入れの奥に眠っていたります(^^ゞ

あんまり自信がないんですが、確かFRB-40は発売時期によっていくつかPU周りやサーキット設計にバージョンが有った様に記憶しますので、質問者の方のFRB-40が現行市販のPUに載せ替え可能かどうかはわかんないですが、可能ならPU載せ替えくらいは『楽しみながら』やってみるのもいいんじゃないかな…と思いますね。

>また、改造する費用などを考えれば結構いいクラスのベースが買えたりしてしまうと思います。
については、確かにそういう可能性は否定出来ませんが(^^ゞ
でも、そこは思い入れとの「天秤」でしょうね。
私なら、市販PUに本体ボディの改造無しで載せ替え可能なら、やってみたいなと思う気がします。

他にも意見は出るでしょうが、あくまで「思い入れの再生活動」という点では、私は全然無謀とは思いません。
確かに良い音になるかどうかはギャンブルですが、良い音という点だけが今回の目的のベクトルでもないわけですから、私は個人的には質問者の方の改造を応援したいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなって申し訳ございません。やっぱりそのベースをカスタムして使うとなると多分本家Fenderのベースが買えるくらいの値段にはなってしまいそうなので思い出は思い出のままお守りにしてもいいのかな?と最近は思っています。
弾かなくなった楽器を売るのと一番最初に買ったものを売るとでは思い入れも違いますからね。すごいお金に余裕ができたら改造やってみようかなあと思います。

お礼日時:2009/09/02 12:21

思い出は値段が付けられませんので、ちょこちょこいじって長く使ってあげることには大賛成です。



改造の前に、磨いてみましょう。
そんな大げさに考えなくても、ポリ塗装のベースですから塗膜はかなり頑丈です。自分は安いポリ塗装のモノなら車用のコンパウンド着けてバフでガンガン磨いてしまいます。ピカピカになるとやっぱり愛着も違ってきますよ。
改造ですが、後々後悔しないためにもなるべく木部には手を着けないほうが無難です。あとで元に戻そうと考えても、埋木や再塗装は素人にとって結構ハードルが高いですので。
あとは自分の考えているサウンドの方向を考えてパーツを揃えるだけですね。ヤフオクなどを利用して安価にパーツを揃えるのもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり綺麗になるとまた愛着も出てくると思います。自分ではカスタムせず、やっぱり工房でお願いしてやってもらおうとは考えています。
言い方は悪いですが、安いベースだからこそ改造して楽しむっていうのも一つアリかなーと思っています。

お礼日時:2009/09/02 12:25

10年ならそこそこ木も成長しているでしょうね。


成長というのはギター類は時間が経つにつれて湿度や温度の変化でどんどん変わっていき、50年もすれば1万円のものが10万円ぐらいの価値を持つほどにまで成長します。

なので素材は心配せずとも、ネックの具合や、配線の不備を見直して見るところからはじめるといいでしょう。
もちろん各パーツを新調してリニューアルするのもいいですが、自家製のビンテージもどきと言わんばかりにそのままの状態を崩さないように修復するのもいいでしょう。

できれば職人にやってもらうのがベストです。自分でやれば思い入れはますます強くなるものの、ベースの経験と改造の経験は別物です。
私の恩師はプレイヤーとしてギターに手を加えるときは弦の交換以外のことをしないそうです。

職人の技を生かして表現することこそがプレイヤーとしての職人への敬意になるそうです。
私自身はせいぜい配線を変えてセレクターを操作する程度です。

いずれにしても楽器は生き物。改造はいわば手術のようなもの。
失敗すれば楽器ではなくなってしまいます。
なので、私は大幅な改造を施す場合は職人に頼んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり安いベースでもそこそこ木は使えるようになるんですかね?
カスタムするっていうのも凄い面白いとは思っていますので、アイデアは色々浮かんできます。
勿論自分でやるつもりも全くないので工房さんとかに相談も考えて今います。返事が遅くなって申し訳ございません。

お礼日時:2009/09/02 12:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qフレットの減りの判別方法

こんにちは。

ヤフオクなどでギターを見ていると
「フレットの減りは~です。」
といった表記が良く見られます。

フレットの減りはどのように確認するのでしょうか?
今まで意識した事がなく、良くわかりません。

私が10年くらいに買ったギターには
フレットに弦でできたへこんだ跡があります。
ちょうど各弦の下にできていてボコボコしています。
これがフレットの減りなのでしょうか?

それ以外のフレットの減り方はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることでどうしてもできてしまうものです。また、弦をフレットにこすり付けるような奏法(チョーキング)などを多用する場合、それがフレットの減りを促すこともあります。その場合、弦の下ではなく、弦の横でもフレットが減ることになります。
フレットの減りは、音程の狂いを招いたり、スライド奏法などの時の指触りが悪くなったり、程度がひどくなるとビビリや音切れ、チョーキングの際の音詰まりの原因になったりすることがあります。

フレットについては、特に金属の弦を使うギターでは長期的には消耗していくものになります。フレットの減りについては、ある程度は避けられないことになるでしょう。
減ってしまったフレットについては、軽度であればすり合わせ、重度であればフレット交換で状態を修正できる可能性があります。すり合わせはフレットの上部を複数のフレットに渡って均等に削り落として最も低いところに高さをあわせ、フレットの上部の角を落として新品のような状態にする修正です。フレットの最も低いところでまだ十分なフレットの高さを確保できる場合は、フレットのすり合わせを行ってフレットの状態を回復させることができます。もし、すり合わせを行った後でフレットの高さが十分に確保できないくらいにフレットが減ってしまっている場合には、フレットを交換する必要があります。
すり合わせもフレット交換も、素人作業では精度を出すことが難しいことも多いため、どちらも専門家の手に委ねた方が良い修正といえます。フレットのすりあわせについてはリペアショップにもよりますが10,000円程度から、フレット交換については30,000円前後の費用がかかると思います。フレット交換に関しては、ネックにバインディングが入っていたり、セットネックやスルーネックのギターでは、より費用が高くなることも多くあります。また、特にフレット交換については修理費が高くなる傾向があるため、ギターによってはギターそのものを買い換えた方が安く上がることもありえます(そうした場合、リペアショップの良心で修理を拒否するところもあるようです)。

参考まで。

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることで...続きを読む

Qベースの指弾きにアドバイス下さい。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じとか、指は伸ばしたままでとかも教えてもらえると嬉しいです。


2.指弾きで曲を弾いた場合、早い曲になると最初の方はいいのですが、途中から筋トレした時の感覚と一緒で乳酸が溜まるのか、重くだるい感覚になり指弾きの早さも下がってきます。
こういうのは弾き続けて解消するしかないのでしょうか?


3.また体験程度でレッスンに通った事があるのですが、そこの先生は「おもいっきり弦を指で弾け!じゃないとベース本来の音が出無い!」と言ってました。
がそんな力ずくじゃ指弾きの音もリズムも安定しないです。本当に思いきりの方がいいと思いますか?


3はちょっと気になったので一緒に質問してみたのですが、普段から指だけで弾いてる方や、こういう意識を練習中にしたら早くなったという人が居たら是非教えてください。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、あるいは
右手の感覚としては第二間接から先を動かすように意識すると早く動かすことができます。

また、右手自体は軽く小指側に手首を折って弾きます。
これは、中指と人差指の長さの差を手首を折ることで吸収してやるのです。
右手の中指と人差指が弦に対して直角になるように構えると中指は曲げながら
弾き、人差指は伸ばして弾くことになります。
これですと、いわゆる「ツブ」が揃わないし、中指と人差指の力の入れ方が
異なるため、同じような力・感覚(タッチ)で弾けないためです。


<質問2> 早い曲は途中から重くだるい感覚になる

これは、おそらく右手・右腕(前腕部)に力を入れて弾いているため、
疲れてくるためです。

ベースの右手の極意は「力を入れずに力強く弾く」ことです。
矛盾していることを言っているようですが、兎にも角にも「力を入れない(抜く)」
ことができるかどうかが肝心です。

右手(腕)に力を入れずに力強く弾くためには、まず、右腕(前腕部)を
鍛えなければなりません。
私はこの年になっても、寝る前に両手でグーパーを100回やって寝ます。
前腕部が疲れてだるくなる感覚ですが、これを毎晩やります。
すると少しずつ、前腕部の力がついてくるので、自分では力を入れて弾いて
いるつもりがなくても、実際は力強く弦を弾いているのです。
私も自宅で土・日は3~4時間くらい練習しますが、右手はまったく疲れません。

弦は一定以上の振動がないと良い音がしません。
良い音が必要な力が「5」だとすると、「3」の力でしか弾けない人は、
いつも多くの力を入れながら弾かなければなりません。
逆に、「7」とか「8」の力がある人は、力を抜いて「5」で弾くことが
できるので、疲れ知らずで良い音で弾けるのです。

それから、ベースを構える位置も関係しているかもしれません。
右手の位置が高すぎるか、低すぎると余計な力が必要になるため、早い曲だと
ついて行けなくなるのかもしれません。

右手の構え方・力の入れ方、弾き方、そして、ベースの構え方で一番綺麗で
すばらしいのは、やはり、故・ジャコ パストリアスですね。
YOUTUBEでたくさん見ることができますので、参考にしてください。

<質問3> 思いっきり弦を弾け!

これは、体験教室での話しですので、まったくのベース初心者への指導だと
思った方がよろしいと思います。

私も多くの方にベースを教えてきましたが、まったく初めてベースを
弾く方は、右手(指)で上へ弱々しく引っ掻くように弦をはじきます。
ものすごく弱く、音にもならない程度のものです。

私が先生だったとしたら、やはり「もっと力を入れて、思いっきり弾いて」と
言うでしょう。

質問2でも申し上げた通り、右手(腕)は鍛えて一定の力を出せるように
する必要があると思います。
鍛えると言っても、筋肉隆々の必要はなく、ベースギターで良い音が
出せるレベルの鍛え方で十分です。


何事もそうですが、上級者ほど、経験者ほど、余計な力を入れずに
すごいことをやりますよね。
何回も何回も何回も練習すると、どこで力を入れて、どこで力を抜くかが
少しずつ分かってきます。

大丈夫です。 これからも頑張ってください。

お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
楽しいBass Lifeを!

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、...続きを読む


人気Q&Aランキング