仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

私はバックパッカーでイタリアを2ヶ月ぐらいかけて回り、現在はスペインにいます。
2カ国とも物乞いの人というのはいるものですが、スペインではそれほど
感じないのですが、イタリアにいたときに見る物乞いの人というのは
見事にほとんどの人が同じ人種でした。
聞きかじったところによるとアルバニア系の人たちみたいですね。
ほとんどがオサゲの女性です。
なぜその民族の人たちばかりがイタリアで物乞いをする羽目になっているのでしょうか。
歴史的に何か関連があるんでしょうか。
また、路上でコピー商品を売っている黒人さん。
この人たちはどこからどういう経緯でここでこうしているんでしょうか。

イタリア、スペインともにいるのは障害者の物乞いの人。
手がなかったり足がなかったり大やけどをおった人などが街で物乞いをしています。
社会保障など日本とだいぶ違うからでしょうか?
実際に違えばどう違うんでしょうか。
ご存知の方、教えていただけますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。

イタリアに在住しているものです。専門的でもなんでもないですが、知っていることを書きますね。
物乞いは、アルバニア、ルーマニア系の東欧出身者が確かに多いです。詳しいことは分かりませんが、アルバニアはイタリア領だったこともありますからね。(関係ないですが、イタリアではアルバニア人、ルーマニア人への偏見がとても強いです。)陸続きですから、イタリアへ渡ってきやすいのですね。また、イタリアはフランス、ドイツ、スイスなどに比べて物価が安いからというのもあるかもしれません。

またアフリカからの移民はその多くが不法滞在で問題になっています。毎日のように船で(ボロボロの)やってきます。そう報道されています。いつ壊れてもおかしくないような船で入国してくるので時々沈没しています。

親戚が職を見つけ、他の親戚を呼び寄せてそのまま住み着く、なんてことはざらです。イタリアで職なんか見つからないなのにな~と思いますが。

障害者の物乞いは、見ていて辛くなりますよね。イタリアでは、障害者の方々にはきちんと社杯保障がありますが、何しろ一般人の障害者への理解があまりにも少ないため、本当に気の毒な状態にある人が沢山居ます。バリアフリーなんてほんと最近ですしね。

まともな返事でなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そのような偏見が根強くあるんですね。
でもそんな偏見の強い地域にわざわざ行く必要に迫られるというのは
それだけ自国の状況が悪いということなのかもしれませんね。
それはアルバニア系ルーマニア系アフリカともに。
障害者は社会保障はあれど、一般人の理解がないということは
つまり職にありつけなかったりとかして結局は物乞いをせざるを得ないと
いうことになるのかもしれませんね。
実際在住の方の貴重な情報、ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/22 01:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外で物乞いの人にお金は渡すべきではない?

イタリアとスペイン旅行に行く際、
「スリと子供ジプシーには気をつけて」と散々言われました。

ジプシーというのを差別用語とも知らずにそのまま渡航
してしまったのですが、帰国後に彼らは「ロマ人」と呼ばれている
ことを調べて知りました。


両国、物乞いの人々はかなりいました。
彼らのほとんどは、高齢のようでした。女性は長いスカートで鮮やかな色彩の洋服。男女ともあまり身なりが良くはありません。

子供では見かけませんでしたが、
その人達がジプシー、ロマ人と呼ばれる人達だったのでしょうか?


あと、悩んでいる事があります。
イタリアの教会の前で一人の物乞いのおじいさんがお金をめぐんでくれと来ましたが、「一人にあげるとそれを見ていた他の物乞いも来るから、あげるべきではない」という注意を受けていたので、やんわり断りました。今までの他の国でもそうしていましたし…。

しかし、このおじいさんの雰囲気が何とも忘れがたいのです。
がめつさがないというのでしょうか…。
言葉には表しにくいのですが、他の物乞いにくらべて何とも柔らかい雰囲気を持った人でした。断っても笑顔だった人はこの人くらいでした。


今となっては少しだけでもお金を渡しておきたかったな、
と思います。ケチな自分が恥ずかしく感じています。
お年寄りだったせいでしょうか、何だか良心が今でも痛むのです。

次に旅行した時にどうするべきか悩みます。

お金を渡す事は、その人にとっても良い事ではないのでしょうか?

ちなみに教会の前のおじいさんは一人だけで、周りには
仲間のような人は見かけませんでした。

イタリアとスペイン旅行に行く際、
「スリと子供ジプシーには気をつけて」と散々言われました。

ジプシーというのを差別用語とも知らずにそのまま渡航
してしまったのですが、帰国後に彼らは「ロマ人」と呼ばれている
ことを調べて知りました。


両国、物乞いの人々はかなりいました。
彼らのほとんどは、高齢のようでした。女性は長いスカートで鮮やかな色彩の洋服。男女ともあまり身なりが良くはありません。

子供では見かけませんでしたが、
その人達がジプシー、ロマ人と呼ばれる人達だったの...続きを読む

Aベストアンサー

私はあげますよ。
実は物乞いをするだけでかなりの収入があるものなんだ、と書く人がたくさん出てくるでしょうが、そんなことは承知の上です。

>お金を渡す事は、その人にとっても良い事ではないのでしょうか?
良いことでしょう。お金をもらって困る人はいません。
その人を甘やかすことになるんだ、という理屈も成り立ちますが、そんな持って回った理屈で「厳しい」態度をとるより、小銭をあげて「ありがとう」といわれる方がよっぽど気分がいいです。
大体、物乞いを見えないふりして、シカトして歩くのは、かえって疲れます。

厳しさを見せるのなら、こんな方法もあります。
ある国で見かけたのですが、若い物乞いのお兄さんが、中年のおばさんにお金をねだっていたのです。おばさんは、ギロッとにらみながら、「あなた、若いんだからちゃんと働きなさい」と、一言お説教をして、お金をあげていました。

一人にお金を上げると、わーっとたくさん集まってきてしまうようなところもあるそうですけどね。
それは、確かにちょっと困ります。

なお、往来で財布を出すのは、要注意です。
旅行のときは、危険を分散するという意味でも、現金をいくつかに分けて持ち、そのうちのひとつを小銭入れにするとよいとおもいます。

ロマの人たちはヨーロッパのどこでも出会うことができます。
ご覧になった人たちがたぶんそのとおりロマの人たちでしょう。
子供もいますよ。
私には、なんとなく顔つきが違うように見えるので、わかると思っていますが。

>ジプシーには気をつけて
これ、旅行ガイドなどにも良く書いてあります。ご丁寧に「ジプシーは差別用語だ」とことわった直後に、「ロマに気をつけろ」と書いてあるのを見たことがあります。
ロマ=犯罪者集団、みたいな書き方こそ、差別の見本みたいな態度だと思うのです。
私は、特定の民族や国籍をあげつらって、犯罪者呼ばわりする言い方は大嫌いです。

私はあげますよ。
実は物乞いをするだけでかなりの収入があるものなんだ、と書く人がたくさん出てくるでしょうが、そんなことは承知の上です。

>お金を渡す事は、その人にとっても良い事ではないのでしょうか?
良いことでしょう。お金をもらって困る人はいません。
その人を甘やかすことになるんだ、という理屈も成り立ちますが、そんな持って回った理屈で「厳しい」態度をとるより、小銭をあげて「ありがとう」といわれる方がよっぽど気分がいいです。
大体、物乞いを見えないふりして、シカトして歩くの...続きを読む

Qイタリアで日本人は差別されてますか?

先日北イタリアへ行ったのですが、個人旅行であったせいかいろいろ不愉快な思いをしました。
・なにしろ見る目が厳しい。
観光地じゃなかったのでアジア系が目立つのか、それともスカートだったのがいけないのか・・・どこでも怪訝な目でみられました。
町にスカートの人は店員以外では見かけませんでしたが、何か意味があるんでしょうか。パンツスタイルにしたら少し変わりました。
・電車で嫌がられた。
一等車にしたのですが、途中乗って来たカップル(女性)にあからさまに嫌がられ、男性にどうにかしてと頼んでいたようですが結局彼等は次の駅で出て行きました。。。
その他にもカフェで他の客にどかされた等イタリアのイメージが崩れました。何しろ怪訝な目で見られるのが厳しくて・・・。
ミラノのような大きいところではそうでもなかったのですが、もしかしてイタリアって日本人(もしくはアジア系)嫌ってますか?
イタリア語の勉強も始めたのにこれですっかり気が萎えてしまいました。参考に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしません。そこらじゅうの国を回りましたが、「よそ者が何しに来やがった」という悪意の目つきは、ウズベキスタンのフェルガナ地域でしか、出くわしたことがありません。外国人を見たら興味を抱くのは、大都市以外ではどこの国でも一緒です。日本でも、例えば田舎の田んぼのあぜを黒人が歩いていたら、じいさんばあさんがぎょっとした目で見たり、村中の人が集まってきたりするでしょう。小沢一郎の一人区まわりと同じで、村人がワサワサ出てきても、まったく不思議ではないと思います。

イタリア人の差別感情は、主としてアルバニア人に向けられます。イタリアは第2次大戦中の一時期、海を越えた向かいのアルバニアを支配していました。戦後、アルバニアは、ホジャ大統領の下、独自の共産主義閉鎖国家を作り、弊害も多かったものの、結果として、ユーゴスラビアに併合されてぐちゃぐちゃな内戦に巻き込まれることを避けることができました。アルバニアはユーゴスラビアともソ連とも中国とも仲たがいして、鎖国状態にあったのですが、実際には市民はイタリアのテレビを見て、世界情勢を知っていました。ホジャ大統領の死後、共産主義が崩壊し、資本主義の導入も失敗、ねずみ講への投資を国家が推奨するということを資本主義を理解していない国民に推奨したため、ねずみ講の崩壊と共に、政局は混乱、政権が吹っ飛んだのです。この時、多数のアルバニア人がぼろい船でイタリアに渡って不法入国した事情があり、アルバニア人に対する感情は、きわめて悪いものと推定されます。

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしま...続きを読む

Qフィレンツェとヴェネチアの治安と情勢について

フィレンツェとヴェネチアを一週間ずつ夫婦(30歳前後)で4月に個人旅行します。

初めてのイタリアなので、治安や情勢について教えていただきたいです。
10年前のフィレンツェ在住者(日本人)から強盗やスリの話を聞き、不安になってしまいました。

男女セットで歩けば、犯罪に合う可能性は低いでしょうか?
(危険な場所や時間、防犯を意識した装いをしていれば)

知人の話では、銃を頭に突き付けられて脅されたことが三年の間に三度もあったそうです。
あとはホテルのカギをこじ開けられたり・・・等々
そんなことが今でもよくあるのかどうか、また危険なスポットなどあれば教えてください。

夫婦イタリアでゆっくりのんびりと思っていましたが、夕陽を見ながらぼーっとなんてのは危険でしょうか?
私としては、旅行者も多い場所なので気をつけてさえいればそこまで心配することはないんじゃないかと思っているのですが、甘いですかね・・・?

ちなみに夫婦そろって、英語もイタリア語も話せないに等しいです。
ホテルはフィレンツェ、ヴェネチアともに観光の主要スポット圏内に取りました。
人気の観光名所に昼間出かけるということでも、ガイドを付けた方がいいでしょうか?

よろしくお願い致します。

フィレンツェとヴェネチアを一週間ずつ夫婦(30歳前後)で4月に個人旅行します。

初めてのイタリアなので、治安や情勢について教えていただきたいです。
10年前のフィレンツェ在住者(日本人)から強盗やスリの話を聞き、不安になってしまいました。

男女セットで歩けば、犯罪に合う可能性は低いでしょうか?
(危険な場所や時間、防犯を意識した装いをしていれば)

知人の話では、銃を頭に突き付けられて脅されたことが三年の間に三度もあったそうです。
あとはホテルのカギをこじ開けられたり・・・等々...続きを読む

Aベストアンサー

 2年程前 妻との ヨーロッパ 個人旅の際、10日強 イタリア<Roma Firenze Venezia Milano>に立寄りました。
 深夜 空港からの Taxiで「ぼられる」--Roma、 Pisa駅前 バス乗場で「スリ」にあう--Firenze近郊。偽警官に「Passport を見せろ」と云われる--Milano。20年以上 個人旅をしてますが、一度に 多数のトラブルに遭遇したのは初めてです。
 イタリアは、ヨーロッパの中では 治安上 問題の多い国だと感じますが「命の危険を感じることは無く」、スリ・カッパライの類です。

(1) 最低限の カタコト英語だけで、20年以上 楽しく個人旅しています。

(2) Europe、North America の 三ツ星以上のホテルでは、カギをこじ開けられたりした経験は、一度もありません。

(3) スリに遭うのは添乗員案内ツアーも同様<特にバス乗降ので集まっている時など>
 1年程前 息子夫婦が参加した 添乗員同行ツアーでも 2組<別の場所>が スリに遭ったとの事。
 大切なの、バック・ポシェットに現金・カード等を入れず、貴重品は、ふたつに分け、身に付けて観光に出る事です。

(4) 基本 夜遅く人通りの少ない場所に行かない限り、スリ・カッパライに合う可能性は低いのですが、偽警官には、昼間 トラムの停留所にいる時 身分証の様なものを出し「パスポートを見せろ」と寄って来ました。
<Show id One More!と云い、顔写真を何枚も撮ったら! 逃げていきました。パスポートは持ち歩かない事!>

(5) Firenze Venezia<周りに人が居るところ>なら、イタリアでは、格段に安心できる場所<Pisaを除く>に感じました。夕陽を見ながらぼ~っと ゆっくりのんびりできますよ。

(6) Firenze の Spot は、ミケランジェロ広場を除き 徒歩圏内。
 Venezia は 徒歩 or Vaporetto<水上Bus ヴァポレット> 街中 あちこちに 立飲み バール。若い人達も多く おもしろい。
<1回券 € 7.0--60分有功、12時間 € 18.0、24時間 € 20.0、36時間券 € 25.0>を 到着直後に購入され、Community-Bus 感覚で利用されると効率的に街歩き出来ます。
http://www.amoitalia.com/venezia/vaporetto.html

 2年程前 妻との ヨーロッパ 個人旅の際、10日強 イタリア<Roma Firenze Venezia Milano>に立寄りました。
 深夜 空港からの Taxiで「ぼられる」--Roma、 Pisa駅前 バス乗場で「スリ」にあう--Firenze近郊。偽警官に「Passport を見せろ」と云われる--Milano。20年以上 個人旅をしてますが、一度に 多数のトラブルに遭遇したのは初めてです。
 イタリアは、ヨーロッパの中では 治安上 問題の多い国だと感じますが「命の危険を感じることは無く」、スリ・カッパライの類です。

(1) 最低限の カタコト英語だ...続きを読む

Qイタリア trenitalia のeチケット

過去に同じような質問があると思いますが…
質問させて下さい!

来月イタリア旅行に行くため、trenitaliaで列車を予約しました。
(準備に時間がなくて、よく調べずに予約したのですが…)
フィレンツェ→ラスペツィアの予約で
ピサ経由で予約しました。

(1)フィレンツェ→ピサ
(2)ピサ→ラスペツィア

(1)(画像左)はRegionale Veloce(普通快速?)なので、eチケットでは乗車不可で
 乗車チケットに交換する必要あり
 【eチケットにはQRコードのみ】
(2)(画像右)はFrecciaBiancaなので、eチケットで乗車可
 【eチケットにはQRコード・バーコード・PNRあり】

であっていますでしょうか?
ご回答、よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

どちらもEチケットで乗車可能です。
REGIONALEはすでに刻印状態なので、指定された列車に乗る必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報