ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

 邦画と洋画ってどんな所が違うと思いますか?僕は、なんか洋画のほうが映像がはっきりしてて、暗いところの撮影などでも、人や物がちゃんと見えるようになってますが、邦画だとたまに暗い場所に移動した時とか人が黒くなってみえなくなったりしますよね?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も#3の方と同じような洋画・邦画のイメージですが


邦画ファンです♪

映画ってメッセージ性がありますよね。監督がこう感じて欲しい、題材について考えて欲しい・・とかいろいろ。

そういった中でやっぱり邦画は心の根元に訴えてくるものがあると思う。日本人だから解かるニュアンスとかセンスとかあるでしょ?言葉の言いまわしや使い方だって字幕じゃなく自分自身で感じ取れるから好きなんです。

洋画もヨーロッパ系とアメリカ系じゃ全然違うし、最近のアジア映画も独特のスタイルを確立してると思う。
やっぱりこれって民族性!いろんな人種のセンスや歴史・思考によるものですよね。
やっぱり王道のアメリカンはお金かかってる~って思うし
ヨーロッパ系はおっしゃれ~なんて思っちゃう。

映像的にはそんなに意識したことないけど。。多分、作品によると思いますよ。
    • good
    • 0

私の邦画と洋画のイメージはですね。

。。

邦画~雰囲気にこだわってる映画が多いと思う。
   映像とか、こだわってる!という感じ。
   暗いイメージもありますね~。そうでないもの
   もありますけどネ!現実的。
   なにかしら考えさせられる。
洋画~娯楽作品が多い。ありえない事も普通にありえてる。みてて単純に楽しめる。
確かに映像がハッキリしてるようなきがする。

ってかんじですかね~~。
あくまで私のイメージで。
ちなみに両方好きですけど、基本的にはスカっと楽しめて、後に残らない洋画の方がすきかな?
でも洋画も暗いシーンは暗い・・・。
どっちにしても暗くて映像がハッキリみえないのは
嫌いです。イライラしちゃいます。
    • good
    • 0

邦画:小じゃれた映画にありがちな超セリフ少な目映画。

苦手です。反対にセリフが多いと滑舌が悪くて何を言ってるのか聞き取りにくくて字幕がほしいくらいです。

暗い場面などの表現方法として、ヨーロッパ映画は暗いところはちゃんと暗い。邦画もそれに近いかな。観客は見づらいけど。

アメリカ映画はサービス精神が旺盛なんでしょうか?暗いところも明るいところも観客にわかるようにして、すべてお楽しみくださいって感じ?でしょうか。

なんといってもお金のかけ方が違いますよね。最近は邦画もなかなか佳品が出てきて楽しみなのですが、韓国映画も元気がよくて、そこはかとない品もあって、好きです。
    • good
    • 0

 カラー調整が違うのだと思います。


映画のほうの詳しい調整基準は知らないのですが、
例えばテレビ映像だと、黒人の肌色がきれいに
写ることを目標にしたカラー調整がしてあるそうです。

 60年代、70年代の古い映画だとアメリカ
映画のほうが大本のフィルムの管理がちゃんと
しているので、きれいです。
 
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋画と比べて邦画の良いところとはなんでしょうか?

私は映画が大好きですが、どうも洋画ばかり見てしまい、邦画を見る気が起きません。理由はやはり映像がそれほど良くない(ライティング、セット、フレーミングなど)、キャラクター一人一人が洋画ほどしっかりしていない、やはり俳優さんたちが迫力、技術、経験すべてにおいて足りないように思える。(とくに若いアイドルか何かを使っている映画が多いのはとても残念)
。。。と私は思うのですがみなさんはここが邦画のいいところだ!と思う部分はなにかありますか?

Aベストアンサー

> 'The Ring', 'The Grudge'を見ました。
アメリカの典型的なホラーって「復讐劇」ですよね。
誰が、なぜ、呪われてしまうのか?がハッキリしている。
「The Ring」や 「The Grudge」は、ただビデオを見たから、とか
ただその家に関わったから、ってだけで呪われちゃう。
ある意味、理不尽・不条理。
特に The Grudge(呪怨)は「自縛霊」ですから
ただ「怨念」が無根拠に存在しているだけです。
これって(魅力かどうかはさておき)邦画の特徴のひとつであり
しかも結構象徴的な特徴だと思います。

リングの中田秀夫、呪怨の清水崇たちとともに
日本の新しいホラー映画を牽引した
日本のインディーズの代表的な監督である黒沢清は
「一番怖いのはわけのわからないものだ」と名言しています。
なぜそうなるか?どうすれば回避できるか?が分かっていれば
確かに、さほど怖くないのです。
一番怖いのは「得体の知れない物/者」なわけです。
こういう発想ってのは、とっても日本的だと思います。

黒沢清の作品をはじめ、日本のインディーズの作品の多くは
意図的に物語が破綻しています。
理由は「現実には起承転結がないから」です。
あるいは、北野武は役者たちに感情を込めた演技をさせません。
役者は何の(演技的な)前触れもなく
無表情のまま突然暴力を振るったりします。
理由は「現実に前触れはないから」です。

もちろん稚拙な脚本により物語が破綻している邦画もたくさんあります。
演出や演技が稚拙な邦画もたくさんあります。
でも、意図的にそういうことをやるのは
邦画の方が圧倒的に多いと思います。

何かこのように「邦画の特徴」をまとめると
一般論的になってしっくりきません。
もっと、混沌を混沌のまま受け止めてしまった方が
日本的であるようにも思いますし
実は日本にいるからこそ「邦画の魅力」を相対的に把握するのは
難しいようにも思います。

最後に。「リング」も「怨呪」も、日本版のオリジナルの方が怖いですよ。
特に「怨呪」はオリジナルのビデオ版がダントツで怖いです。
(ビデオ版が人気を博し、劇場版、ハリウッド版と監督自身の手で
リメイクされました。)

> 'The Ring', 'The Grudge'を見ました。
アメリカの典型的なホラーって「復讐劇」ですよね。
誰が、なぜ、呪われてしまうのか?がハッキリしている。
「The Ring」や 「The Grudge」は、ただビデオを見たから、とか
ただその家に関わったから、ってだけで呪われちゃう。
ある意味、理不尽・不条理。
特に The Grudge(呪怨)は「自縛霊」ですから
ただ「怨念」が無根拠に存在しているだけです。
これって(魅力かどうかはさておき)邦画の特徴のひとつであり
しかも結構象徴的な特徴だと思います。

リン...続きを読む


人気Q&Aランキング