『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

趣味どまりのものではなく出版社に投稿するものだと想定した場合、個人が書く小説のなかに既存の映画の題名を出すというのは、著作権の問題はありますか?

著作権についてのサイトなどで調べたのですが具体的な例が少なく、解りませんでした…。(検索不足でしたらすみません。)

また、邦画と洋画で著作権法なども多少違うと思うのですが、特に洋画の方で、ハリウッド映画やディズニー映画などについてが気になります。

宜しければご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、題名に著作権はありません。


同じ題の映画はいくらでもあります。
ディズニーやアニメが著作権で問題になるのは、おもに絵です。絵は著作権がうるさいです。小説なら絵は使わないでしょう。
文章で問題になるとしたら、台詞です。台詞には著作権があります。だから、長々と台詞を引用すると、著作権に触れます。しかし、短いなら、引用の範囲内として許される場合もあります(出典を明記すればいい)。
もう1つ、うるさいのは歌の歌詞です。これはどんなに短くても引用する場合はその筋の協会に許可を得ることになってます。

なお、応募した小説が出版される場合、編集者と内容について協議するのが普通です。その際、編集者が著作権法に触れるところについては、書き直すか、許可を取ってくれるかするはずです。なので、応募する人は何も心配はいりません。余計なことを考えずに、想像力の翼を広げてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうなんですか…。
すごく詳しく、解り易く説明していただけてありがとうございます。
そう聞けて安心です。
お気づかいまでしていただけて…ありがたいです。

皆さんにいろいろ教えていただけて、気になっていたことが解消されました。
頑張ってみます!

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/14 01:55

※この回答は、“締め切られた質問への回答追加”として、2018/11/02 20:34に回答者の方よりご依頼をいただき、教えて!gooによって代理投稿されたものです。


---
問題ないでしょう。
題名、名称に著作権は存在しません。
ちなみに、歌詞については著作権がありますが、短いフレーズの利用なら問題がないそうです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/19/n …
> では、歌詞のつぶやきは全て著作権侵害になりそうだから、権利者の許可が必要なのか。これは違う。

> 第1に、短いタイトルやフレーズは、原則として著作権では守られないため、自由に利用できる。「♪don’t think twice, it’s all right」とか、「♪にくいよ!この、ど根性ガエル」なんてフレーズは、おそらく使っても問題ないだろう。
    • good
    • 0

ディズニーは商業利用でなくても版権にうるさいので使わない方が無難ですが、


一般的にその小説を商業流通させなければ利用に問題ないと思われます。
特に一般認知度が高く、誰でも知ってるような映画でしたら一般名詞として使って問題ないです。
ただ、版権ものの作品を使って表現するのは、特にプロの方には稚拙すぎる表現だと思うので、
自分らしい表現に差し替えた方が良いと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>特に一般認知度が高く、誰でも知ってるような映画でしたら一般名詞として使って問題ないです。

そうなんですね。安心しました。

作品を使って表現というより、登場人物が映画を好きという設定で好きなタイトルを挙げようと思っていたのですが、確かに稚拙かもしれないですね…。
アドバイスまでいただけて嬉しいです。

ありがとうございました!

お礼日時:2008/02/13 21:42

まず登録商標と著作権はちがいます。


あなたがハリウッドの映画の題名で利益を得る
ような商売をすれば、別です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

登録商標ですか、著作権問題だとばかり思っていました。
そちらについても調べてみますね。

ありがとうございました!

お礼日時:2008/02/13 21:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲームや映画タイトルの著作権について。

 初めまして、質問させて頂きます。
 以前調べていたら『バンド名や歌のタイトルのように短い文には、同ジャンルでなければ著作権(商標権)は適用されない』と言う文を見つけました。
 そこで思ったのですが、例えば『ジョジョの奇妙な冒険のスタンド』や『バスタードの魔法名』の様にゲームや映画のタイトル(デモリション・マンやリング・オブ・レッド等)を付けることも、その商品のイメージを損なわなければ(ここは各企業毎に主観が違うと思いますが)著作権的に問題ないのでしょうか。

Aベストアンサー

法律に詳しいわけではないので的外れかもしれませんが、その文章からして、示唆する意味は、単語として、ほかにも使われる可能性のある言葉、という意味ではないでしょうか。

例えばですが、First Love という単語ひとつとっても、ドラマのタイトルになっている場合もあれば歌のタイトルになっている場合もありますね。
歌手の曲タイトルにしても、同じタイトルの曲名で全然内容が違う、といったものは多くあると思います。
これは文章とまではいかないかもしれませんが、文章にも同じように、同じ表現をする可能性の高い言葉というのがあるでしょうし、そういうものは誰のものとして占拠することはできない、という意味ではないかと受け取れました。

それを主張できるようになってしまうと、同じタイトルの曲はあとから作れない、といったことになってしまいますから。


なので、イメージを損なう損なわないではなく、「ジョジョの奇妙な冒険」といったような、明らかにそれを指すと思われるような固有名詞ととられるものは、対象外ではないかなあと思うのですが・・

Q芸能人の名前やドラマ名に著作権(肖像権?)はある?

著作権や肖像権に当たるのかは分からないのですが、
権利関係の法律について質問したくて、投稿しました。

有名人(海外/国内)や、ドラマのタイトル、曲のタイトルのみを
商用利用目的で使用すると、権利関係の問題はどうなるのでしょうか?

例えば、クイズなどで、
「◎◎という映画に出演していた主演女優は誰でしょう?」
「◎◎を歌っていた歌手は誰でしょう?」
「◎◎が出演していたドラマのタイトルはなんでしょう?」
「◎◎が歌っていた歌の名前を次の中から選んでください」

といった、有名人の名前、映画やドラマのタイトル、
曲の名前を答えさせるようなクイズを、本や有料コンテンツとして
販売したり、

「海外ドラマ検索アプリ」「ハリウッド俳優検索アプリ」みたいな
芸能人やドラマの名前、曲の名前を検索できるような商品を
開発して販売したり…とか、そういったものは、違法になるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

著作権は文化的な創作物を保護するための権利なので関係ありません。まぁ、最近の親は子供に極めて個性的な名前をつけてますが(笑)創作物にしてもキャラクターの名前のような極めて短いものには創作性がないので著作権はありません。曲名も同じく。
肖像権は普通顔や姿に関する権利のことをいうでしょう。氏名となると氏名権と書かれた本もありますが、こちらは普及していません。肖像権も法律に規定されているものではないので、定義がわかれますが。氏名と肖像含めて、有名人の知名度に関する財産権をパブリシティーの権利といわれ、これも明文化されてませんが、判例にて認められている権利です。商品の広告やCMに有名人を使用すれば商品の売り上げもあがるでしょう。有名人の蓄積された知名度やカリスマ性に財産価値を認めるということです。うらやましいですが、その代わり人格権としての肖像権はあまり認められません。私達パンピーでは普段の顔を勝手に撮られてネット上に晒されるだけでも嫌な気分がしますが、テレビに出演している有名人は常に全国民から視線を浴びているのですから、顔を晒されたくらいではなんとも思わないでしょう。

ただ、氏名に関するパブリシティー権を強く保護したら、うかうか芸能人の名前もいえませんし、広告的な使用でなければ問題ありません。もし広告で「あの○○もお勧めする」と宣伝目的で勝手に名前を利用したならば訴えられる可能性がありますが、クイズの内容として使用するくらいであれば問題ないでしょう。

商標ですが、中国で登録されている商標は中国でしか通用しません。また、商標は万能ではなく、何の商品またはサービスの商標であるかによります。商標の機能はいくつかありますが、ひとつに出所を示すためのもので、たとえ印刷物の商標として登録されていたとしても、本の内容の一部にその商標が使用されたからといって出所を混同することはないでしょうから、クイズで使用して商標権侵害はありません。

著作権は文化的な創作物を保護するための権利なので関係ありません。まぁ、最近の親は子供に極めて個性的な名前をつけてますが(笑)創作物にしてもキャラクターの名前のような極めて短いものには創作性がないので著作権はありません。曲名も同じく。
肖像権は普通顔や姿に関する権利のことをいうでしょう。氏名となると氏名権と書かれた本もありますが、こちらは普及していません。肖像権も法律に規定されているものではないので、定義がわかれますが。氏名と肖像含めて、有名人の知名度に関する財産権をパブリシ...続きを読む

Q小説のタイトルに、昔ドラマなどでつかわれたタイトルを使ってもいいのでし

小説のタイトルに、昔ドラマなどでつかわれたタイトルを使ってもいいのでしょうか?

今、小説を書いているのですけれども、タイトルがどうしても、
「スクールウォーズ」しか、当てはまりません。
このタイトルは、昔ラグビーのドラマのタイトルにつかわれていたのですけれども、
このタイトルを使ってもいいのでしょうか?
小説のタイトルに肖像権などは、あるのでしょうか?
以前聞いたところ、小説の中身に関しては、肖像権はないそうです。
例えば、川上健一の「翼はいつまでも」の中には、ビートルズの歌が
沢山でてきますが、それは大丈夫なのだそうです。
どなたか、タイトルの件に関してよくご存じの方がいらっしゃいましたら
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 著作権ではタイトルのような短い表現に対しては著作権の保護の対象外と考えられています。だから、古今東西、同じ名前の小説とか映画とかがたくさんあっても何の問題もありません。

 ただし、そのタイトル名が商標登録されている場合は別です。同じタイトルを使う、あるいはタイトルの一部にその商標を使うと商標権の侵害になります。したがって、大作映画等で先々の関連ビジネスが見込めるものの場合は商標登録されていることがあります。たとえば『機動戦士ガンダム』とかいう作品のタイトルは商標登録されているので、他人が勝手に同じタイトルで作品を発表することはできません。
 もっとも、商標権の保護はその商標登録が対象としているジャンルのものにしか及びません。たとえば映画のタイトルとして商標登録されていても、出版物のタイトルとしては登録されていなければ、そのタイトルを小説のタイトルとして用いることは可能です。(ただし、小説が映画化されるとかいう時には商標が引っ掛かるので別のタイトルに変更しなくてはならなくなります)

 もっとも、商標権は商売に関する権利なので、作品を商品として出さない限りは商標権を侵害していることにはなりません。

 著作権ではタイトルのような短い表現に対しては著作権の保護の対象外と考えられています。だから、古今東西、同じ名前の小説とか映画とかがたくさんあっても何の問題もありません。

 ただし、そのタイトル名が商標登録されている場合は別です。同じタイトルを使う、あるいはタイトルの一部にその商標を使うと商標権の侵害になります。したがって、大作映画等で先々の関連ビジネスが見込めるものの場合は商標登録されていることがあります。たとえば『機動戦士ガンダム』とかいう作品のタイトルは商標登録され...続きを読む

Q歌手など有名人の名前や曲名は肖像権や著作権があるの??

すみません。
基本的なことなのかもしれませんが、歌手など有名人の名前やその曲名は肖像権や著作権があるのでしょうか。
と言いますのは、あるガイドブックを作成するにあたり、例として、某歌手名とその人の代表的な曲名を掲載したいと思っています。
歌手の写真や歌の歌詞は掲載しません。
これって、違法でしょうか。
どういう法律にもとずいてだめなのでしょうか。
ご存知の方、至急教えて下さい。

Aベストアンサー

JASRACのサイトに、そのものズバリがありました。
曲名や歌手名だけなら、通常は問題ないようです。

参考URL:http://www.jasrac.or.jp/network/contents/faq/jacket.html

Q小説の一文を、映画のセリフに引用する際の著作権について

私は映画の学校に通っていて、今度、卒業制作で短編映画を製作するのですが、海外の小説(1940年代)の一文を映画の脚本のセリフに引用しようと思っています。

完成後は色々な映画祭に出展し、ある大きな映画祭で大賞をとると、DVD化されて販売されるそうです。(格安ですが)
もちろん、大賞をとってからの話なんですが、変に引用したら訴えられるよな・・・、だったら引用しない脚本にすれば・・・、でも今さら書き直すのも・・・、と色々考えてしまい、つい著作権のことが気になって脚本執筆のペンが止まっている状態です。

色々と独自で調べんたんですが、私のケースは特殊なので全然答えがわかりません。個別に相談しようにも、お金が発生するらしく・・・。
どうか教えてください。

(1)海外(フランス)の作家の実名を劇中でセリフとして使いたい。
(2)その作家の作品の中の一文を、「この文章好き」みたいな感じでセリフとして使いたい。
(3)その一文が載っている本を、劇中で登場させたい。(主人公に持たせたい)
(4)その作家の他の作品名を何個かセリフで使いたい。
(5)もし、許可を取るなら、誰にとるのか?(ちなみに著者は第二次世界大戦で戦死しています)
(6)その際、費用はいくらくらい取られるのか?

以上、6項目です。
「お前が心配することじゃない」と思われる項目もありますが、気になるのでよかったら教えてください。

ちなみに、引用する一文は、自分の脚本の中でかなり重要なキーワードとなってくるので、引用できないとなると、一から書き直しになってしまいます。

よろしくお願いします。

私は映画の学校に通っていて、今度、卒業制作で短編映画を製作するのですが、海外の小説(1940年代)の一文を映画の脚本のセリフに引用しようと思っています。

完成後は色々な映画祭に出展し、ある大きな映画祭で大賞をとると、DVD化されて販売されるそうです。(格安ですが)
もちろん、大賞をとってからの話なんですが、変に引用したら訴えられるよな・・・、だったら引用しない脚本にすれば・・・、でも今さら書き直すのも・・・、と色々考えてしまい、つい著作権のことが気になって脚本執筆のペン...続きを読む

Aベストアンサー

まず、(1)の作家の実名、(4)作品名を台詞質問文にあるような文脈で使うことについては問題ありません。

(2)の、小説の中の文章を使う点については、著作権が問題になります。ただ、その場合も、著作権がすでに消滅していればどのように利用しても構いませんので、まずそれから調べましょう。

外国人の著作権についても、日本国内においては日本の著作権法に基づいて判断されます。日本の著作権法においては、小説の著作権の保護は作者の死後50年ですので、死亡年によってはすでに著作権が切れています。

ただ、外国人の著作権については「戦時加算」という問題があります。これは、第二次世界大戦の戦勝国の著作物については、日本における保護期間を延長するという取扱いです。もしこれに該当すれば、50年の保護期間が10年近く延びますので注意です。作家がフランス人なら可能性が高いです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%99%82%E5%8A%A0%E7%AE%97_(%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E6%B3%95)

また、質問者さんが使おうとしているのが、そのフランスの作家の原文を誰かが日本語に翻訳した日本文であるのなら、別途、その翻訳の著作権も考えなければなりません。翻訳文にもちゃんと著作権が別途成立するからです。翻訳したのは誰か、まだ存命か、ということを調べてください。

フランスの原文の著作権がきれている場合で、質問者さんがそのフランスの原文を独自に翻訳して映画に使う場合は問題ありません。

さて、著作権が切れていない、となった場合には、「引用」として認められるかを次に考えます。「引用」として認められるにはいくつかの要件を満たす必要があります。

http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime7.html#3

映画の中で一文だけ使うなら量としては問題ないでしょう。あとは出所の表示をエンドクレジットあたりでやることになるのでしょうね。

次に、(3)の本ですが、本の装丁のデザインにも著作権がある場合がありますが、これも引用として問題ないでしょう。本文についても、ちらっと映るくらいなら問題ありません。


(5)の許可ですが、引用として認められる場合は許可は必要ありません。それでもどうしても心配というのなら、許可を取るのは著作権者、著作権者が存命でないならその遺族と言うことになりますね。海外だと権利を管理するための団体がいる場合もありますが。

(6)の費用は、場合によりけり、です。

まず、(1)の作家の実名、(4)作品名を台詞質問文にあるような文脈で使うことについては問題ありません。

(2)の、小説の中の文章を使う点については、著作権が問題になります。ただ、その場合も、著作権がすでに消滅していればどのように利用しても構いませんので、まずそれから調べましょう。

外国人の著作権についても、日本国内においては日本の著作権法に基づいて判断されます。日本の著作権法においては、小説の著作権の保護は作者の死後50年ですので、死亡年によってはすでに著作権が切れて...続きを読む

Q映画の台詞の引用について

こんばんは。実は、近々英語学習者を対象としたブログを開設しようと思っています。その中で、映画の登場人物の台詞を英文解釈のネタとして引用したいのですが、これは著作権法違反になりますか?その場合どのようにしてこれを回避できますか?

お時間がある時で結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画のセリフも、よほど古い映画でなければ著作物として保護されるので、無断でブログ等に転載するのは著作権法違反になります。ただし、1、2センテンスくらいのセリフを、英文解釈のために引用するのであれば、著作権法第32条の「引用」として許される可能性が高いと思います。

著作権法で認められる引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならないとされていますが、具体的にどうすればOKなのかは、参考URLに上げた文化庁のページの一番下の部分などを参照してもらえればと思います。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/main.asp{0fl=show&id=1000002963&clc=1000000081&cmc=1000002923&cli=1000002937&cmi=1000002

Q修学旅行や文化祭の行われる時期について

修学旅行や文化祭の行われる時期について教えてください。私は文化祭や修学旅行は文化の日の側の11月がもっとも多いと思っていましたがかなり、高校によってバラバラなようで・・・一般的な開催時期が知りたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私の知る高校(15校程)の予定表を調べてみました。

 ・体育大会:6月(1校のみ9月)
 ・文 化 祭:9月末~10月頭
 ・修学旅行:(普通科)高2の夏休み
       (商業科)高2の3学期~高3の4月
       (理数科)高1の夏休み&高2の夏休み
 ・球技大会:2学期が多い
       学校によっては年に2回ある場合も

こんな感じでしたが、いかがでしょうか?

Q本の引用における著作権について

自分のHPで、感銘を受けた本の一節を「名言集」として紹介しようと思ったのですが、
これは著作権の侵害になるのでしょうか?


http://www.cric.or.jp/qa/multimedia/multi14_qa.html
というサイトで調べてみたのですが、
-------------------------------------------------
「引用を含む著作物の表現形式上、引用して利用する側の著作物と、引用されて利用される側の著作物とを明瞭に区別して認識することができ、かつ、右著作物の間に前者が主、後者が従の関係があると認められる場合でなければならない」と判示しているので、
(1) 自分の著作物と引用する他人の著作物との間に1行空けるとか、他人の著作物にカギカッコをつけるなどして、自分の著作物と引用する他人の著作物とを明確に識別できるようにすること、
(2) 自分の著作物が主で、引用する他人の著作物が従の関係にあること、

が必要であると考えられます。特に(2)については、主従の関係は量的にだけでなく、質的にもそのような関係が存在することが要求されているとみるべきでしょう。なお、引用には出所の明示が必要であることに注意してください(著作権法第48条1項)。」
--------------------------------------------------

とありました。


私は本一冊のうち、数箇所(各1~5行程度)を引用するつもりです。
引用した文章に、自分なりのコメントをつける予定ですが、
その場合上記の
「自分の著作物と引用する他人の著作物とを明確に識別できるようにすること」
「自分の著作物が主で、引用する他人の著作物が従の関係にあること」
に反していないでしょうか?

教えてください。
よろしくお願いします。

自分のHPで、感銘を受けた本の一節を「名言集」として紹介しようと思ったのですが、
これは著作権の侵害になるのでしょうか?


http://www.cric.or.jp/qa/multimedia/multi14_qa.html
というサイトで調べてみたのですが、
-------------------------------------------------
「引用を含む著作物の表現形式上、引用して利用する側の著作物と、引用されて利用される側の著作物とを明瞭に区別して認識することができ、かつ、右著作物の間に前者が主、後者が従の関係があると認められる場合でなければならな...続きを読む

Aベストアンサー

引用文に対して自分が考えたことなどをコメントとしてつけるのは、正当な引用です。何の問題もありません。ただ、本をまるごと1冊書き写して、「面白かったです」と1行コメントがついているような場合は、原文が従とは言えないので、引用とは見なされないでしょう。

ウェブで公開するのであれば、引用文のところを別の段落にしたうえで、斜体にする、色やフォントを変えるなどして、明らかにコメントとは違うように見せること、原典の書名、作者などを明記することなどの条件を守れば、大丈夫だと思います。

>「名言集」というタイトルで、
>その本の一文、著名人の発言、映画のセリフを
>ただ並べているだけのサイトがたくさんあります。

本の一部などを抜き出して、何のコメントもついていないのは、引用ではありません。むしろ、そちらのほうが著作権侵害になります。そういうサイトがたくさんあるのは、著作権者が知らないか、いちいち指摘するのもバカらしいと思って放置しているからでしょう。

Q始めとする、初めとする どちらが正しいのでしょうか?

日本をはじめとするアジア諸国は。。。
のような使い方をする際の「はじめとする」は
「始めとする」と「初めとする」のどちらの表現の方が正しいのでしょうか?
日本語に詳しい方がおられましたら教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらでもOKです。
NHKではこうした揺らぎのある表現については
ひらがなが望ましいとして、ニュースの字幕など
ではそのように取り扱っています。

Q小説のなかに商標登録された固有名詞を登場させる

小説のなかに商標登録された固有名詞を登場させる

 私は小説を書いている者です。
 小説のなかにとあるJリーグチームの名前を登場させたいのですが、それは法律上問題ないのでしょうか?
 この小説はネット上に公開、または新人賞等に応募する可能性があります。

 チームの登場のさせ方は「高校サッカー部に所属する主人公のもとに練習参加オファーが届くが結局不参加」というもので、そのチームが物語のメインになったり、実在する選手や表だったスタッフ(事務員などではなく監督等著名な人物)が登場することはありません。

 法律上問題はありませんでしょうか?
 ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

名前を使うこと自体は問題ありませんが、
内容によっては読者に誤解を与えるので名誉毀損が認められることもあります。

要するに、単に「ガンバ大阪に所属するAくん」という登場人物が出てくるだけなら問題ありませんが、
そこで物語としてチーム内のトラブルが巻き起こったりする話が出てきたら
それが事実に基づいた話なんじゃないかと推測する人も多数出てくることが予想できますから
訴えられたら名誉毀損が成立します。

名誉毀損は個人だけでなく法人などの団体による訴えも有効です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング