タルコフスキーの映画で「惑星ソラリス」以外でおすすめのものありますか?



表題のとおりなのですが、「惑星ソラリス」が有名なあまり、他の作品をよく知りません。
お勧めとその理由ありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私は、この監督は特に映像の美しさという面で魅かれているのですが、


「ノスタルジア」と、「サクリファイス」が好きです。
    • good
    • 0

アンドレイ・タルコフスキーの映画は僕は好きです。


 『惑星ソラリス』は当然僕の好きな映画です。
 彼の映画は殆ど出尽くしている感じがありますが、観た映画を順番に挙げていきます
 『僕の村は戦場だった』
  タルコフスキー監督の長編デビュー作。彼の映画で1番ストーリー的にはわかりやすいかも?ラストシーンは『惑星ソラリス』よりも、こっちの方がインパクトが僕にはありましたね。

 『ストーカー』
  題名は犯罪行為の意味で使われることがありますが、そのストーカーとは意味が違います。
 この映画は人類の願いが何でもかなう(ゾーン)と言う場所があるのですが、その望みをかなえたい人を連れて行く役目の人をストーカーと、この映画では言っています。
 人類の不安や悩みの救済する魂の映画!3時間の長い映画ですけれど、人間がどうして苦悩して生きていくかを描いた傑作です。ラストはその苦悩から解放される感じが僕にもありました。
 
 『鏡』
 僕が今まで観たタルコフスキー映画で最も難解だと感じる映画。過去と現在が行き来するし、主人公の母親と妻が同じ人が演じているので余計にややこしい。ちなみにこの映画は3回観ています。
 しかし、この映画はタルコフスキーの自伝的映画で、彼の生きていた間の歴史的事件を挿入したりした作品。例えば中国文化革命や、日本の原爆シーンなどが挿入されています。
 しかし、タルコフスキーの母や妻に対する想いが込められた映画だということに3回目でやっと気付きました。

 『ノスタルジア』
 この映画も3回観ています。最初は平和についての映画だということがぼんやりとわかっただけでした。久しぶりに2回目観た時は登場人物の把握が出来なかったので、最初観た時とあんまり感動は無かったのですが、2回目から間をおかずに3回目見たら物凄く感動しました。
 3回目観た時にやっとタルコフスキーの平和に対する願いを心の底から感じる事ができました。特にローマ市内での壮絶な演説シーンは映画史上における名シーンだと思います。

 他にも彼の映画で『サクリファイス』という遺作がありますが、この映画は観ていません。
 ちなみに『僕の村は戦場だった』と『惑星ソラリス』はレンタル店にあったのでレンタルで観ましたが、『ストーカー』『鏡』『ノスタルジア』はDVDを買ってみました。

 タルコフスキー監督は『映像の詩人』と呼ばれています。彼の映画は水、火、犬などがモチーフで挙げられることが多いです。
 『惑星ソラリス』でもラストシーンで家の中に居るのに雨が降っているシーンがありますが、まさに水をモチーフにした彼の特徴であると思います。
 そしてよく家が燃えているシーンが出てきたり、『ストーカー』と言う映画では不自然なタイミングで犬が途中から出てきたりします。
 まさに『映像の詩人』と言われるタルコフスキーの水、火、犬、森などを映像美で見せてくれる彼の映画は素晴らしい。
 しかし、彼の映画には他の特徴で登場人物の長い難解な台詞回しのシーンや、宗教が絡んだり、過去と現在が行き来したり(一応、過去はセピア調で描く事が多いですが)する事が、非常に難解に感じる事が多いですね。
 彼はソ連の監督ですから、日本人にとって有名な人物が出てこないので人物関係がわかりにくい(私みたいに何回も同じ映画をみればわかりますが)。
 しかし彼の映画をわかった時の喜びは本当に感動します。実際彼の父親は詩人ですからね。映像的表現の中に平和を求める彼の作家性は父親の影響を受けている感じがします。
 とりあえず『僕の村は戦場だった』はストーリー的には1番わかりやすいので、まずは『僕の村は戦場だった』を観ることからお勧めします。

 しかし、彼のような映画作家は恐らく現在では評価されないでしょうね。今もし彼のような映画作家が居ても、意味不明でバッサリと斬られてしまうと思います。
 長々と拙い文章を書いてすいませんでした。とにかく彼の映画は観ないと良さはわからないですから、とにかく彼の映画を観ることにチャレンジしてください。
 そうすれば他の映画を観る時の世界観も変わってくると思います。

 
  
 
    • good
    • 0

タルコフスキーは独特の水の描き方をします。

多分、ソラリスで開眼したのだと思いますが、ソラリス以降のストーカー、ノスタルジアといった作品では水の描写に独特のこだわりがあります。で、これは、残念ながらNTSCビデオの表現力では再現困難です(PALの方がまし)。

あと、タルコフスキーの映画は気持ちよくて眠いです。眠いのは見る方の問題ではなく、作家が観客の気持ちよい中枢を刺激する映画を作っているので眠くて正解です。ですから、完走するまで遠慮無く眠ってください(気持ちいいですよ)。
    • good
    • 0

タルコフスキーやキューブリックは寡作なので全部見たほうがよいです。


『僕の村は戦場だった』は傑作だと思います。キューブリックの『突撃』と合わせてどうぞ。

同じ旧ソ連出身の監督という括りではヴィターリー・カネフスキーの『動くな、死ね、甦れ!』とか、オタール・イオセリアーニ監督の『四月』『素敵な歌と舟はゆく』などもいいですね。
でもいずれも一般的にはマイナーであり、かつ『惑星ソラリス』よりも難解です。

『惑星ソラリス』のムードがお好きなら、フランソワ・トリュフォーの『華氏451』も似ている雰囲気があるかもしれません。ジャック・タチの『プレイタイム』も同様です。
    • good
    • 0

作品数が少なく、駄作はゼロですので、どれを見ても見応えがありますが、「惑星ソラリス」から入ったのでしたら、同じSF作品でもある「ストーカー」がいいんじゃないかと思います。


こちらはSFXというか特撮はゼロなんですけど、色彩や画面作りがもうSFX以上のものを持っていて、驚かされると思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …

ただ残念ながらタルコフスキー作品を扱っているレンタル店はほとんどありませんので、DVDを購入するなどしか鑑賞する方法が無いかもしれませんけど。

タルコフスキーの”タッチ”が楽しめるのでしたら、同じロシアの監督ソクーロフの作品もいいんじゃないかと思います。
「日陽はしづかに発酵し…」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …

アンドレイ・ズビャギンツェフもタルコフスキーの再来なんて言われてます。
「父、帰る」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …
    • good
    • 0

僕の村は戦場だった


内容は書きませんが
少年の記憶に残る平和な日々を詩情豊かで美しい回想シーンにして、
少年が直面した厳しい戦争の現実の描写を引き立てています。

作品数が少ないので、全部見た方が良いのではと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

平和と戦争、過去と現実、対比が興味をひきますね。
たしかに作品数が少ないので、全部見てみたいのですね。
みなさまのご意見を参考に、優先順位をつけてみて見たいと思います。

お礼日時:2010/02/11 10:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「昼顔」の監督について

ビデオで「昼顔」をみてショックを受けましたこの映画の監督について知っている方なんでも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペインを追放される原因となった「ビリディアナ」〔61.スペイン〕、ブルジョワへの諷刺が冴えるメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」〔62.メキシコ〕、現代の話なのに、キリスト・サド侯爵などが登場する奇想天外な物語「銀河」〔68.仏=伊〕、パリを舞台にしたアカデミー外国映画賞受賞作「ブルジョワジーの密かな愉しみ」〔72.仏〕、とりとめもなく悪夢のような挿話が続くとぼけた諷刺劇「自由の幻想」〔74.仏〕、遺作となった「欲望のあいまいな対象」〔77.仏=スペイン〕など数多くの代表作があり、1983年に亡くなっています。
 私が思うには、「昼顔」はブニュエル作品の中では出来の悪い方だと思います。前述のように、もっと凄いのがいっぱいありますよ。

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペ...続きを読む

Q惑星ソラリスという映画について

アンドレイ・タルコフスキー監督の惑星ソラリスという映画を観たのですが、私には難しすぎてよくわかりませんでした。
みなさんはどう思いましたでしょうか?
長くなっても構わないので感想やこのシーンがよかったなど、この映画に関係していることなら何でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も、正直言いまして最初見た時は難解でした。
未だに理解出来ているとは言い難いです。
タルコフスキー監督の映画は、どれも難解だと言われているので理解出来ない事が決して悪い事ではないと思います。

私としては、難解でありながらも、その映像美に惹かれて見入ってしまうというところでしょうか・・・。
(特に、晩年の作品。)

参考としまして、以下のページをご紹介します。
http://www.pcs.ne.jp/~yu/sf/solaris.html
http://cruel.org/other/esquiresolaris.html
http://members.aol.com/Satokimit/solaris.html

Q映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

Aベストアンサー

自由ですよー。楽しまれてください。
娯楽の好みは人それぞれなので、他の人の目は気にされなくてもよろしいかと。

Q「サテリコン」的な映画を教えてください(フェリーニ作品でも他の監督作品でもいいです)

フェリーニの映画で「サテリコン」的な内容を持つ映画(カーニバル的、頽廃的等々)が他にありましたら教えてください。

またフェリーニでなくても「サテリコン」的映画がありまたしたらお教えください。

Aベストアンサー

アレハンドロ・ホドロフスキー監督はご存じですか?

「ホーリー・マウンテン」や「エル・トポ」を最初に観たときの衝撃は今でも忘れられません。

数あるFellini作品の中でも、「8 1/2」等を挙げずに、敢えて「サテリコン」的なものを求めているのでしたら、是非ご覧いただきたいと思います。

「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」「サンタ・サングレ」は、探せば大手のレンタルビデオ屋さんでしたら置いているところがありますよ。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/weird~/jodorowsky1.htm

Q【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。 結婚は→生活の駄目。 恋愛は→自由て発想。 なら 子供に

【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。
結婚は→生活の駄目。
恋愛は→自由て発想。
なら 子供にも 倫理は 教育すべき?

Aベストアンサー

教育すべきだと個人的には思います。

Q「猿の惑星」とは有名な映画なのでしょうか

「猿の惑星」とは有名な映画なのでしょうか。

Aベストアンサー

有名かどうかも知らないあなたが知っているくらい有名な映画です。

Q映画のあらすじや内容(ネタバレ)が豊富なサイト

タイトルのように映画のネタバレが豊富なサイトを探しています。私は理解力がなかったり、見た映画のあらすじを忘れたりすることが多いので、どんな映画だったかなと確認するためにそんなサイトがあればいいなと思っています(できるだけ映画数が豊富で)。映画でいろいろ検索しても軽い内容は書いてあってもネタバレ防止のため全内容や結果などが書かれているサイトは少ないのです。

わがままですが、こんなサイトがあるよ、という方ひとつよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと違うかもしれないのですが、下記のサイトなどはどうでしょう?ストーリーが詳しく書いてあるわけではないのですが、会員(?)の方々のその映画に対するコメントがネタバレありで載っています。種類も多いです私は映画を観るかみないかを決めるためにみるのはもちろん、観終わった後もみて参考にしています。http://www.jtnews.jp/dict.html

参考URL:http://www.jtnews.jp/dict.html

Qお勧めのホラー映画サスペンス映画サイコホラー映画

こんにちは。
最近サスペンス映画やホラー映画にはまっています。
私のお気に入りの映画は
羊たちの沈黙
シャイニング
テキサスチェインソー
ヒルズハブアイズ
ドットジアイ
ゾディアック
サイレントヒル
といった感じです。

お勧めのホラー映画サスペンス映画サイコホラー映画がありましたら書き込みお願いします。
できれば最近の新しい映画でお願いします。

Aベストアンサー

拷問映画
「ホステル」なんてのは?
これより狂った拷問映画を見たことあるけど、
こちらの方が十分コントロールされている感じ

「リーピング」
これは、カエルの雨が見られる映画2号かもしれません、
中身は意外と見られる映画でしたね。

「ハイテンション」
オチさえ気にしなければ

「ローズレッド」
テレビドラマですが、そこそこいけますよ。
ホーティングのリメイク用の脚本を転用してます。

「スティンーブン・キング ズ シャイニング」
意外と評判の悪いテレビドラマ版、でも、「IT」よりは
ずっこけないのでいいと思います。
キューブリック版より、まともなハロランさんも出るし。

「悪魔のいけにえ」
テキサス・チェインンソーのオリジナルですけど、
オリジナルの方がスピード感、ソリッド感がありますよね。
ちと古いけど、

「デスシップ」
これも、まぁまぁ楽しめる範囲かと

「セッション9」
これ地味ですけど、いい感じです。

「ダークネス」
オカルトねただけに地味かなぁ、暗闇が世界を覆うなんて
話ですが。

「デビルズ・バックボーン」
スペインのフランコ独裁時代の話でした、結構雰囲気は出てます。

「ダゴン」
ちょっとチープな気もしますが、ラブクラフト系では
まぁまぁの出来かと思います。
ラブクラフト系の映画、酷いの多いから。

「the eyes」
霊能者の角膜を移植したら、霊能力も移植しちまいましたという話、
何もしない幽霊が多数登場、珍しいのかタイ映画
言われてみれば、妙に仏教的な話

「ウィッシュマスター」
ドラえもんのねがい星みたいなアラビアの魔神、ジンが登場
とんちの効いた方法で人の願いをかなえつつ不幸にします。

「イベントホライゾン」
宇宙のオバケ屋敷ですな、話は、惑星ソラリスをよりダークネスに
下というところでしょう。

「黒の怨」
「悪霊喰」
見たはずなのに記憶にあまり残っていない映画
オカルト映画ではあるんですが

拷問映画
「ホステル」なんてのは?
これより狂った拷問映画を見たことあるけど、
こちらの方が十分コントロールされている感じ

「リーピング」
これは、カエルの雨が見られる映画2号かもしれません、
中身は意外と見られる映画でしたね。

「ハイテンション」
オチさえ気にしなければ

「ローズレッド」
テレビドラマですが、そこそこいけますよ。
ホーティングのリメイク用の脚本を転用してます。

「スティンーブン・キング ズ シャイニング」
意外と評判の悪いテレビドラマ版、でも、「IT...続きを読む

Q映画のネタバレは許せる、許せない?

月1本以上、映画を観るのですが、
皆さんは、映画をみる前に結末知りたくないですか。

自分は、結末を知った上で映画を観たいのです。
結末をしっていれば、あのシーンでこんな伏線をはっていた
最後のどんでん返しのストーリーなど、凄く堪能できます。

そこで質問します。
あなたは
映画のネタバレは許せる、許せない
どちらですか

Aベストアンサー

こににちわ。
いやいや私は、断じて許しません。
確かにネタバレという予備知識を持って観れ
ば、内容をより一層理解できますし、伏線をはった
意味もわかります。
しかし、内容を知って観れば、次のシーンや映像が
わかってしまいますから、ハラハラ、ドキドキがしません。
私自身の映画を観る上での醍醐味は、ハラハラ、ドキドキと
観終わった時に、シーンとシーンの点と点とが線で結びついた
時です。
それは、ネタバレを知ってでは、あまり味わえない様な気がします。
なので、one12さんには、申し訳ないですが、ネタバレは断じて
許せません。
なので、私自身は、映画が理解できない時は、二度観ます。
そして、それでも理解できない時は、ネタバレを見ます。
まぁ人それぞれ、映画の観方は異なりますが、私は、ネタバレは
絶対に観ない派です。
ではでは。

Q猿の惑星創世記は、ティムバートン版猿の惑星とつなが

猿の惑星創世記は、ティムバートン版猿の惑星とつながっているのですか?

Aベストアンサー

物語上の設定としてはつながります。

「猿の惑星創世記」はどうして地球が猿が支配する惑星になったのか、その発端の物語だからです。
ただし「猿の惑星」の舞台はもっと未来の地球ですし、そこに不時着した宇宙飛行士はもう少し前に宇宙に飛び立っていますから、それぞれが直接関わるものではありません。

旧作の「猿の惑星」シリーズでも、いろいろ違いはありますが「猿の惑星創世記」のような猿の惑星の始まりの物語があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E3%81%AE%E6%83%91%E6%98%9F%E3%83%BB%E5%BE%81%E6%9C%8D

ちなみに、何故、過去の宇宙飛行士が未来の地球(本人はなかなか気づきませんが)に来てしまったのかについてはウラシマ効果というやつのおかげ、ということになっています。
相対性理論によれば高速で移動する物体の時の流れは遅いので、宇宙での数年が地球での何世紀かに相当するとかなんとか、そういう理屈です。詳細は下記リンク先をご覧ください
http://homepage3.nifty.com/iromono/kougi/timespace/node28.html

物語上の設定としてはつながります。

「猿の惑星創世記」はどうして地球が猿が支配する惑星になったのか、その発端の物語だからです。
ただし「猿の惑星」の舞台はもっと未来の地球ですし、そこに不時着した宇宙飛行士はもう少し前に宇宙に飛び立っていますから、それぞれが直接関わるものではありません。

旧作の「猿の惑星」シリーズでも、いろいろ違いはありますが「猿の惑星創世記」のような猿の惑星の始まりの物語があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E3%81%AE%E6%83%91%E6%98%9F%E3%83%B...続きを読む


人気Q&Aランキング