ニッカド電池用の充電器で、ニッケル水素電池の充電、
もしくはその逆はできる(してもよい)のでしょうか?

A 回答 (4件)

こんにちは



まず、以下に示すニッカド電池、ニッケル水素電池共通の特性を頭に入れてください。

・ほとんどの電池には500回以上使えると書いてあるが、容量は徐々に減少し、常に一定ではない=充電すべき電気量も徐々に減少する。
・充電完了後に電流を流し続けると、そのエネルギーは電池の発熱や、内部のガス圧の上昇を招く(どちらも電池の寿命を縮める要素です)。
(注.私が文中で使用している"充電完了"は、「電池の容量に応じた電気量を流し終わった」という意味です。充電器の充電完了表示が出るまでのことではありません。)

以上のことから、両者を充電するときにはきちんと充電完了を判別できる充電器で充電し、充電が完了した時点で電流の供給を止めることが理想的です。

充電しようとしている電池のサイズによっても異なりますが、たいていの場合、充電に必要な時間が5時間を越えるような充電器ではそれほど厳密に充電完了を判定できるわけではなく、(電流値が小さいほど、上記の発熱等は小さくなるので)その充電器で想定している電池にとっては多少過充電をしても問題のない電流値で充電をしているだけです。

長々と書きましたが、
・多少寿命が目減りしてもかまわない。
・最悪の場合、電池が発熱したり、多量の液漏れ(両者の電解液は強アルカリですので、多量に漏れた場合は危険です)が起こっても自分で責任が持てる。
のであれば相互利用可能です(つまりやめておくべきということです)。

なお、ニッカド電池、ニッケル水素両用の充電器といっても、そのメーカーの電池が両方使用可能とうたっているだけですので、他のメーカーの物が使用できるとは限りません(同じ種類の電池でも、各社で使用している材料は細部で異なるため、充電特性は全く同じではありません)。


追伸
上に書いたように、電池容量は徐々に減少するため、
>過充電に気をつければ、ニッケル水素にも使えるかもしれませんね?
>その場合は、○mAという数字で、時間の見当をつけて…ということになるでしょうか?
という手段は取れません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たいへん仔細なご回答をありがとうございます!
もちろん、本来でない使い方が、自己責任に帰すのは元より承知ですが、
寿命が縮むのはいいとしても、多量の液モレが起こったら大変ですね。
それぞれの充電器で、正しく使用していきたいと思います。
そう結論を出せたことに、感謝いたします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/01 13:12

通常、ニッケル水素電池用の充電器はニッカド電池も充電できると思います。


私のはできますので。

ニッカド電池用の充電器には、ニッケル水素電池の使用には触れてありません。
できないからだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。
現在、私の所有しているニッカド充電器は、ニッケル水素電池の使用について記載がありません。
家では、ニッカドを、そして会社では(業務上)ニッケル水素を使っており、
充電が切れた時に、相互にその場にある充電器を使えれば…という発想なのですが…。

お礼日時:2001/04/01 11:11

適当に言えばok、厳密にはダメです。



充放電特性は似ています。ですから、たとえば
本来の時間どおり、10時間かけてゆっくり定電流充電し
充電終止電圧までに完了するような充電方法なら問題ありません。

しかし、実際にこんな充電方法はほとんど使われておらず、
Δv(充電終止直前に生じる電圧の変化)を検出して終了する
急速充電が行われていますが、この変化の出方が違います。
ですから、充電終了を検出できずに過充電になる恐れがあります。

なお、兼用の充電器も売られています 参考URLをどうぞ

参考URL:http://www.maxell.co.jp/news/980728.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切に、ありがとうございました!
「適当に言えばok、厳密にはダメです。」専門家の方の、そんな本音?(笑)は、もっとも有難いご回答です。
私のニッカド(専用)充電器は、8時間かかるヤツですから、
過充電に気をつければ、ニッケル水素にも使えるかもしれませんね?
その場合は、○mAという数字で、時間の見当をつけて…ということになるでしょうか?
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/01 11:08

基本的には、電池の素材が違いますから、違う充電器では充電できません。


ただ、両方の電池にに使える充電器があるようです。
したがって、充電器の説明書で確認されるのが確かです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
確かに、私の所有しているニッカド充電器は、ニッケル水素電池の使用について記載がありません。
なるほど、共用で使える充電器というものも発売されているのですね。
それは存じませんでしたが、壊れた訳でもないので、買い直すのももったいなく、ニッカドとニッケル水素を、相互に使えれば…と考えているのですが…。

お礼日時:2001/04/01 11:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニッカド電池 正しい使用方法は?

今春頃より、あまりにたくさんの単3形電池を使用する事になりました。以前より、テレビ、ビデオ、DVD等リモコンに使用する単3電池は必要でしたので、思い切って充電出来るニッカド電池にシフトしました。充電して置いておくのですが、やはり自然放電するようで、長くは持ちません。『使用方法が間違いでは?』と思ったものでお聞きします。ニッカド電池は、使用直前に充電したほうが良いのでしょうか?それとも今まで当方がやって来た、充電し、ストックしたやり方でも問題無いのでしょうか?

Aベストアンサー

>ニッカド電池は、使用直前に充電したほうが良いのでしょうか?

YES。

自然放電量が大きいので満充電したとしても二週間とか一月で半分以下に減ることもあります。

使用直前に放電充電を行うか、自然放電量の少ないタイプのものに切替えましょう

Qニッケル水素電池をニッカド充電器で充電したらどうなりますか?

なぜ出来ないのでしょうか?もし充電したらどうなりますか?

Aベストアンサー

 全く大丈夫です。起電力はどちらも1.2Vですので後は原理的に同じです。
 ただ水素が幾らか外に出ている様で充電器を傷めるのかもしれませんが、
そこら辺の対策がしてあるのかも。
 従来のNi-cdより高容量なのでニッカド充電器の裏に書いてある出力○○mA
でニッケル水素電池の容量を割ると充電時間が計算できます(1,2時間分プラスし
ます)。低電流で充電しますとかえって電池にやさしいと思われます。
中には数アンペアで超急速充電している人がいますが、かなり発熱するぐら
いで大丈夫だそうです。また本当は乾電池も充電できます。ただし元々充電用で
ないので破裂、液漏れの可能性大です。怖いですが1,2度なら復活します。

Qニッカド電池とニッケル水素電池

ニッカド電池用の充電器で、ニッケル水素電池の充電、
もしくはその逆はできる(してもよい)のでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

まず、以下に示すニッカド電池、ニッケル水素電池共通の特性を頭に入れてください。

・ほとんどの電池には500回以上使えると書いてあるが、容量は徐々に減少し、常に一定ではない=充電すべき電気量も徐々に減少する。
・充電完了後に電流を流し続けると、そのエネルギーは電池の発熱や、内部のガス圧の上昇を招く(どちらも電池の寿命を縮める要素です)。
(注.私が文中で使用している"充電完了"は、「電池の容量に応じた電気量を流し終わった」という意味です。充電器の充電完了表示が出るまでのことではありません。)

以上のことから、両者を充電するときにはきちんと充電完了を判別できる充電器で充電し、充電が完了した時点で電流の供給を止めることが理想的です。

充電しようとしている電池のサイズによっても異なりますが、たいていの場合、充電に必要な時間が5時間を越えるような充電器ではそれほど厳密に充電完了を判定できるわけではなく、(電流値が小さいほど、上記の発熱等は小さくなるので)その充電器で想定している電池にとっては多少過充電をしても問題のない電流値で充電をしているだけです。

長々と書きましたが、
・多少寿命が目減りしてもかまわない。
・最悪の場合、電池が発熱したり、多量の液漏れ(両者の電解液は強アルカリですので、多量に漏れた場合は危険です)が起こっても自分で責任が持てる。
のであれば相互利用可能です(つまりやめておくべきということです)。

なお、ニッカド電池、ニッケル水素両用の充電器といっても、そのメーカーの電池が両方使用可能とうたっているだけですので、他のメーカーの物が使用できるとは限りません(同じ種類の電池でも、各社で使用している材料は細部で異なるため、充電特性は全く同じではありません)。


追伸
上に書いたように、電池容量は徐々に減少するため、
>過充電に気をつければ、ニッケル水素にも使えるかもしれませんね?
>その場合は、○mAという数字で、時間の見当をつけて…ということになるでしょうか?
という手段は取れません。

こんにちは

まず、以下に示すニッカド電池、ニッケル水素電池共通の特性を頭に入れてください。

・ほとんどの電池には500回以上使えると書いてあるが、容量は徐々に減少し、常に一定ではない=充電すべき電気量も徐々に減少する。
・充電完了後に電流を流し続けると、そのエネルギーは電池の発熱や、内部のガス圧の上昇を招く(どちらも電池の寿命を縮める要素です)。
(注.私が文中で使用している"充電完了"は、「電池の容量に応じた電気量を流し終わった」という意味です。充電器の充電完了表示が出るまで...続きを読む

Q乾電池型の充電池(ニッカド電池、ニッケル水素電池等)について質問です。

乾電池型の充電池(ニッカド電池、ニッケル水素電池等)について質問です。

これらの充電池をいつ廃棄するかという、廃棄を決定するポイントを知りたいのですが、教えてください。
どのような状態になれば、これらの充電池の再利用価値が無いと判断でき、そして廃棄処分にすべきなのか、その指針なりご経験なりを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には容量が80%になると寿命と言われています。

普通の人は、使えるならいつまでも使います。

Qリチウム電池とニッカド電池、鉛電池

今回、Boeing787でリチウムイオン電池でトラブルがでました。普通のニッカド電池や鉛電池とどう違うのでしょうか?長所短所など判る方いらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

まず、ごく基本的なことですが、
リチウム電池とリチウムイオン電池は全く別の種類の電池です。

リチウム電池は金属のリチウムを用いた充電不能な一次電池です。
リチウム二次電池は実用化に至っていません。
充電すると金属リチウムがセパレーターを破ってショートし、発火の危険性があります。
起電力が3.0Vと高く、また長寿命であることが特徴です。
さらに、電池内部の電解液に水が使えず(金属リチウムは水と反応してしまう)、
有機溶媒を使用しているため低温でも使用可能です。

リチウムイオン電池は
リチウムイオンが正極負極間(電池内部の)を移動することにより起電力を得る電池であり、
金属リチウムを用いていません。
一般的なリチウムイオン二次電池は3.7Vの起電力をもちます。
この電池もまた別の理由で有機溶媒を使用しており、低温下での使用が可能、
またメモリー効果をほとんど起こさない電池です。
しかし、過充電や過放電には非常に弱く、その使用(特に充電)には慎重な扱いを必要とし、
一般用のリチウムイオン電池は必ず保護回路を組み込んで(電池パックとして)販売されています。
また衝撃にも弱く、過充電や衝撃に伴い発火・爆発の危険をはらんでいます。

B787のリチウムイオン電池は一般用ではありませんので電池単品での納入となり、
電源部はフランスメーカーの施工だったようです。こちらも同様に調査が必要ですね。

鉛蓄電池は、構造を簡単に言えば鉛2本を硫酸に刺しただけという非常に単純なもので、
硫酸の液漏れ(上記2電池に比べればたいした害はない)さえ気をつければ便利な電池です。
メモリー効果はありませんが、過放電に対して弱く劣化が進行します。
(自動車のバッテリーあがりが起こったら交換した方が良いのはこれが理由でしょう)
鉛を使用しているので非常に重いのが残念な電池です。

ニッケルカドミウム電池(ニッカド)はカドミウムの公害の観点からあまり使用されなくなってきています。
メモリー効果を非常に強く起こすこともあり、現在では用途は限られてきています。
変わってニッケル水素電池が二次電池としては広く使用されています。
メモリー効果はニッカドより少なく、自己放電がニッカドより多い,と言ったところでしょうか。

まず、ごく基本的なことですが、
リチウム電池とリチウムイオン電池は全く別の種類の電池です。

リチウム電池は金属のリチウムを用いた充電不能な一次電池です。
リチウム二次電池は実用化に至っていません。
充電すると金属リチウムがセパレーターを破ってショートし、発火の危険性があります。
起電力が3.0Vと高く、また長寿命であることが特徴です。
さらに、電池内部の電解液に水が使えず(金属リチウムは水と反応してしまう)、
有機溶媒を使用しているため低温でも使用可能です。

リチウムイオン電池は
リチ...続きを読む

Qニッカド用充電器でニッケル水素は充電できますか?

題名のままですが、ニッカド用充電器でニッケル水素は充電できますか?

↓このソーラーチャージャーを検討中ですが、ニッカド用となっています。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00164/
原理は同じなので充電できそうな気がするのですが、なにか具合ありますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自作充電器でニッケル水素電池を充電してる者です。
その他、様々な充電器を自作して実際に使っています。
ニッカド電池とニッケル水素電池の大きな違いは「電流容量」です。
例えば、単3電池型ニッカド電池の電流容量は600mA/h程度ですが、ニッケル水素電池の電流容量は2,000mA程度ありますので、ニッカド用充電器では、10時間充電の電流容量は60mA程度ですから、このような充電器でニッケル水素電池を満充電させるには30時間ほど充電する必要があります。
ご質問のソーラーバッテリーチャージャーES883はニッカド用ですから、充電電流容量がニッケル水素電池には不足するはずですが、充電時間を長く考えれば問題なく充電出来ます。
ご承知の通り、充電とは充電電池内の電解液を「電気分解」することですから、「急速充電」する場合は電池容量を考えた充電電流を管理しませんと電解液の化学反応が追い付かなくなって破裂するなどの恐れがありますが、電池容量を遥かに下回るような「緩充電」では「補充電」のような充電ですから充電時間が長くなるだけで危険を伴うことはありません。
ソーラーバッテリーチャージャーの特性上、太陽光の強さで充電電流が変わりますが、急速充電器になることはあり得ないのでニッケル水素電池も充電出来ます。
因みに、ニッカド電池でも充電電流を考えない急速充電は破裂の危険があります。
現時点では、最も充電電流管理が難しいのはリチウムイオン充電池です。
ニッケル水素電池は意外とラフな充電が出来ますので、過電流充電に気を付ければ問題ないですので充電器に付いてる電流計が1,000mAを超えるようなら要注意ですが、カタログ外観を見た限りでは、そのような大電流は出力しないはずですのでニッケル水素電池も充電時間が長く掛かりますが充電出来ます。

自作充電器でニッケル水素電池を充電してる者です。
その他、様々な充電器を自作して実際に使っています。
ニッカド電池とニッケル水素電池の大きな違いは「電流容量」です。
例えば、単3電池型ニッカド電池の電流容量は600mA/h程度ですが、ニッケル水素電池の電流容量は2,000mA程度ありますので、ニッカド用充電器では、10時間充電の電流容量は60mA程度ですから、このような充電器でニッケル水素電池を満充電させるには30時間ほど充電する必要があります。
ご質問のソーラーバッテリーチャージャーES883はニ...続きを読む

Qニッカド電池について

昔の電卓の充電池を新しいものに交換しようと思います。
元のニッカド電池は単三型の1.2V/450mAhの電池が直列に4本入っていました。それをネットでサイズが同じ組まれたニッカド電池を見つけたんですが、4.8V/700mAhとなっていますが、アンペアが大きいのは大丈夫でしょうか。ここらへんちょっとわかっていないものですから質問させてもらいました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1 の補足:
450 mAh というのは「450 mA の電流を 1時間流すことができる」くらいの力を持っている, と思ってください. 「電流×時間」という形で書かれているので「電流」と「時間」は反比例し, (1/3 の) 150 mA だと (3倍の) 3時間流すことができる, ということになります.
実際に流れる電流は電池そのものには無関係で回路 (今の場合は電卓) にのみ依存しますから, 450 mAh から 700 mAh に替えると「完全に充電しておけば電池が切れるまで 5割くらい時間がのびる」ということを意味します.

Q充電式ニッケル水素電池の充電器

5年間使用したサンヨーのエネループの充電器Ni-MHがあります。

今度あらたにパンソニックの充電式のEVOLTAを購入しました。

今度海外旅行に古い方のサンヨーのエネループの充電器を持っていこうと思いますが
これでパナソニックのEVOLTAを充電しても問題はないのでしょうか?

Aベストアンサー

 同じニッケル水素充電池用の充電器なら問題ありませんよ。私はソニーの充電器を使っていますが、エネループ、パナソニック、富士フィルムの充電池を何年も全部問題なく使えています。そもそも充電器って充電池を作っていない会社ですらも高機能を売りとして出してますしね。

Qニッカド電池用充電器でニッケル水素電池を充電?

こんにちは。7年ほど前に買ったニッカド充電池用の充電器を持っています。ところが、最近ニッカド充電池を店頭で見なくなってしまい、変わりにニッケル水素電池ばかり見かけるようになってしまいました。
ニッカドが手に入らないので、ニッケル水素電池を買った場合、手持ちのニッカド電池用の充電器で充電した場合、何か不具合は起きるでしょうか?
もちろん、専用品を買った方が良いというのは承知しておりますが、普通に使えてしまうのであれば、古い資産を活かしたいとおもいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ニッカド電池用充電器でニッケル水素電池を充電は止めといた方がよいです
(多分電池が破裂すると思います)

単三のニッカドは大手量販店では多分無いんじゃないかと思います
ですので、入手可能なお店を貼っておきますので参考までにどうぞ

http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=batt
http://www.sengoku.co.jp/modules/sgk_cart/search.php?toku=%C5%C5%C3%D3%C6%F3%BC%A1&cond8=or&dai=Ni-Cd&chu=&syo=&k3=1&pflg=n&list=2

Qニッケル水素充電池をニカド用の充電器で充電

ニッケル水素充電池をニカド用の充電器で充電したいのですが可能ですか?間違って違うものを買ってしまいました。これと逆のことが過去に書かれていましたが、こっちは大丈夫でしょうか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=433245

Aベストアンサー

充電器と充電池に依存します。

一時間くらいで充電し、充電完了時の電圧変化を検出する充電器の場合
ニッケル水素充電池の充電完了時の挙動(電圧変化)がニカド電池と異なることがあります。(最近のニッケル水素では、充電完了時の電圧変化をニッカド電池にあわせているものもありまし、ニッカド用の充電器でもニッケル水素の特性にも適合しているものもありますが)
このため、充電器と充電池の組み合わせによっては充電完了の検出がうまくいかず、電池を傷めることがあります。(ニッケル水素電池は、過充電による発熱にニッカドほど強くは無いので)

8時間以上かけて充電する充電池の場合
ニッケル水素の方が容量が大きいことが多いので、そのぶん充電時間が長くなります。タイマーで充電時間を管理するタイプだと、充電不十分で停止するかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報