新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

こんにちは。早速質問させていただきます。

今日、伊坂幸太郎さん原作の『重力ピエロ』という映画を見ました。
そこに質問タイトルの「春が二階から落ちてきた」という表現がキーワードっぽく出てきたのですが、
この言葉の意図がつかめません。

作品の始まりと最後に出てきて、始まりには桜舞い散る中春という登場人物の一人が落ちてくる、というか降りて来たシーンで
「あぁ、桜の春と人の春をかけたのか」と流していたのですが物語の最後にも同じ表現が出てきて、
こんなに多用するということは何かもっと別の、深い意図というか意味を含ませているのか?と考えてはいるのですがよく分かりません。

一つ思ったのが、劇中で出てきた家族で行ったサーカスでの話。
「楽しかったら重力ですら忘れられる」的な話をしていたので
春が人を殺したり放火したりして、楽しく生きなかったから落ちた(堕ちた)という意味ですか?
でもコレだと“二階から”っていらないと思うんですよね。
逆に邪魔になってるというかーー;
春は重力を忘れる事が出来ずに落ちた、とかの方が分かりやすくていいかな・・・と(私ごときがすみません)。
とにかく何か、二階っていうのがどうも引っかかるんですよね・・・。

皆さんはどう汲み取りましたか?
分かりにくい文章で申し訳ないですが、皆さんの意見を聞かせていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

春と泉水は英語にすると同じspringになるのですが、


他にもバネや飛ぶという意味があります。

なので最後の方は
>>春は重力を忘れる事が出来ずに落ちた、とかの方が分かりやすくていいかな・・・と(私ごときがすみません)。
ではなく、遺伝子とかそういうしがらみをバネにして乗り越えたという意味もあったんじゃないかと思います。
そういう意味では、実の父親を殺して、自分の中にあるしがらみから解放されたんじゃないかと思います。世間的には春は悪いことをしましたが、苦しみを乗り越えるための儀式として父親殺しは春にとって必要なことだったんじゃないかと思います。

二階の意味は分かりませんが、深くは考えなくてもいいんじゃないかと思います。
春が三階から落ちてきたじゃ語呂が悪いですし。
    • good
    • 0

単行本のあとがきで北上次郎さんは


「体育倉庫の二階からバットを持って飛び降りる春の姿が描かれるのだが、その猫のようにしなやかな着地が鮮やかに残り続けるのである。このイメージは鮮やかだ。
語り手である「私」にとって、弟の春は突然二階からおちてきたような存在なのだ。
誤解を恐れずに書くならば、それは喜びではなく迷惑という感情でもなく。突風のようなものだ。
それを、猫のようなしなやかな着地と見る「私」の感情がここに見事に集約されている。

と書かれています。

私としても、原作を読んだ限り「春が二階から落ちてきた」という文にマイナスのイメージは感じません。
若者のエネルギー、疾走感、軽やかさを抽象的に書いたものだと感じました。
    • good
    • 3

こんなの、どうでしょう。



「二階の女が木にかかる」という漢字を
しっていますか。最も旧漢字なのですが。
木+貝貝+女=櫻

春、というイメージから、「桜」を連想して
ダジャレなのですが、若い人には、「櫻」が
二階の女が気にかかる、という発想がない
のかもしれませんが、フト、そんな風に
見ました。
伊坂幸太郎ものとしては、よく出来た映画でした。
ただ、原作の題名だから、しかたがないのだが
映画の題名としては、損をしていると思った。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重力ピエロ(ネタバレ)のストーリーについて

伊坂幸太郎の重力ピエロのストーリーを簡単に教えて下さい!!。

最近映画の告知を見て、気になって仕方ありません。

以前に本を最後まで読んだ事はあるのですが、どうしても最後が思い出せません(>_<)。

放火の犯人は弟でしたっけ!?。

Aベストアンサー

私も現在本が手元にないので要点だけになってしまいますが

主人公は兄、社会人、遺伝子に関する会社に勤めている
弟は落書き消し屋さん(?)
母は若くして亡くなっていて、父親も入院中であまり長くない。

昔、連続婦女暴行事件があって母は被害者の一人、そして産まれたのが弟。
弟は暴行犯の息子だと自分で知っていて犯罪者の遺伝子が自分にも流れている事を嫌悪してるし、恐れてもいる。
兄は弟の苦悩をもちろん知っている。

どうやってだか忘れたけど、兄弟は暴行犯をつきとめる。暴行犯は普通どころか優雅に暮らしていた。

街には放火事件がちょこちょこ発生(大火事にはならない程度)そして必ずアルファベットの文字が(それは遺伝子配列の記号だったかな?)

で、その放火&記号を書いていたのは弟で、昔の暴行事件があった場所にその放火&記号を書き、暴行犯にお前の犯行を知っているぞとメッセージを送っていた。

最後はどっかの学校の校庭に暴行犯を呼び出して、暴行犯が全く反省していないのをきちんと確認してから暴行犯を金属バット(だったかな?)で殴り殺してしまう。

次に父親に兄弟で会いにいったとき、父は兄弟の様子から何かあったのを感じ取る。
弟に尋ねるけど、弟は嘘をつく。
すると父は、お前の嘘はすぐわかる、嘘をつく時のクセが自分と同じだからと言う。
それで兄弟は遺伝子の呪縛から解放される。

兄は弟がした事を知るけど、弟が自首しようとするのを止める。
自分も暴行犯を殺そうと思っていたからだと。
実際真剣に兄も計画を考えていた。
で、細かい会話は忘れましたけど、弟は自首しないです。

こんな感じだったと思います。

私も現在本が手元にないので要点だけになってしまいますが

主人公は兄、社会人、遺伝子に関する会社に勤めている
弟は落書き消し屋さん(?)
母は若くして亡くなっていて、父親も入院中であまり長くない。

昔、連続婦女暴行事件があって母は被害者の一人、そして産まれたのが弟。
弟は暴行犯の息子だと自分で知っていて犯罪者の遺伝子が自分にも流れている事を嫌悪してるし、恐れてもいる。
兄は弟の苦悩をもちろん知っている。

どうやってだか忘れたけど、兄弟は暴行犯をつきとめる。暴行犯は普通...続きを読む

Q重力ピエロの母の死因

 重力ピエロを読んでいて思ったのですが、結局母の死因は何だったのでしょうか?
 映画は事故死とされていますが、原作では病院での入退院をくりかえしていると書かれていたのでなんらかの病気だと思うのですが、結局明確に書かれてはいないと思うのですが、なんの病気だったのでしょうか?

 どなたかわかる方いらっしゃいましたら、お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

明確に書かれていないということは、読者の推測に
ゆだねる、ということかもしれません。
JLG の章に、郷田順子が母親のことを訊ねますが、
……五年前に病気で死んだと説明した。癌ではないけれど、
とわざわざ付け加えた。………
とありますね。
質問の意図が分からずに動揺した、ともあります。
こういった表現や、定期的に入院していたという事実、
また、母親の過去の忌まわしい出来事などから推測して、
"病気"とは心(精神)の病気とも考えられますね。

私見ですが、参考までに書いてみました。

Q小説「重力ピエロ」の結末

小説「重力ピエロ」の結末

映画では弟「春」が家の二階から飛び降りるところで終わりますが、
小説ではどのような結末になっているのか、
お分かりになる方いらしたら、教えてください。
「春」は死ぬのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小説でも全く同じです。
二階から落ちても死なないでしょう。(^^)

Q違法ダウンロードがバレる仕組みは?

思ったんですが、違法ダウンロードがバレる仕組みってどうなっているんですか?
例えば、ニコニコ動画、YouTube、FC2動画、torrentに違法アップロードされている動画、音楽、ゲーム等をダウンロードした場合どうやってダウンロードしたのがわかるのか?
各動画サイトやtorrentサイトで運営が常に監視しているんですか?
ダウンロードした瞬間にIPアドレスがわかってそれをプロバイダに連絡して警告やメーカー、著作権のある者に伝えるんですか?
あ、メーカーや著作権のある者が監視しているのか?
この辺がわからないんです。
そもそもダウンロード禁止法の前に違法アップロードの方が疎かになっていませんか?
根本的なところを直さなければ無くならないと思うですが。
毎日新しい違法アップロードが行われてます。(削除されてもまたアップロードされている)
この法律機能しているんですか?

Aベストアンサー

 違法ダウンロードは摘発されなければならないという、あなたの法解釈が間違っているのだと思います。

 違法アップロードに関しては厳密な処置がおこなわれているようですし、違法ダウンロードというのは、違法アップロードした側と違法ダウンロードした側に利益関係がある場合でないと法規制出来ないのではないでしょうか。

 たとえば、あなたがDVDソフトを違法にYouTubeにアップロードします。アップロードしたのを仲間に連絡して、何千人という仲間が一斉に違法ダウンロードをおこなったというものだったら、確かに摘発されて当然でしょうが、そういう集団犯罪行為が証明されない限りは逮捕も処罰も出来ないだろうと思います。

 まして、誰もが録画しているテレビ番組の内容が投稿されて、それをダウンロードしたから著作権違反で逮捕なんてやったら、逮捕された側はテレビを録画したら合法なのに、YouTubeからダウンロードしたら違法なのかと、逆に裁判にかける可能性が大きいですし、事実上は取り締まれないのだろうと思います。

 改正著作権法をもう一度読み直してはいかがでしょうか。(以下リンク参照。)

参考URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1207/12/news106.html

 違法ダウンロードは摘発されなければならないという、あなたの法解釈が間違っているのだと思います。

 違法アップロードに関しては厳密な処置がおこなわれているようですし、違法ダウンロードというのは、違法アップロードした側と違法ダウンロードした側に利益関係がある場合でないと法規制出来ないのではないでしょうか。

 たとえば、あなたがDVDソフトを違法にYouTubeにアップロードします。アップロードしたのを仲間に連絡して、何千人という仲間が一斉に違法ダウンロードをおこなったという...続きを読む


人気Q&Aランキング