持病=天罰?

分かりにくいタイトルですが、私の知り合いに「てんかん」という持病を抱えた人がいます。
知り合いいわく、発症したのが中学生でした。

私も、ポケモンの一件でこの病気を知ったのですが、その知り合いが最近、この病気になったことを「私(知り合いのこと)に天罰が下ったんだ」と言っています。

病気になったことで「こんな体にして・・・」などと、親を責めているかどうかは知りませんが、だからと言って「天罰」と軽々しく言えるのが不思議ですし、傍目から見てもいい気分はしません。
(特にその知り合いは宗教に入っているとかはありません)

持病といいますと、他にもいろんな種類があって、「持病がある人=特別な人」とは思えないし、「持病だから」と特別扱いをしてはいけないことは、特に、教師や親など持病を抱えた子どもと接する人なら余計のこと思うかもしれません。

持病を抱えた人や、身近に持病を抱えた人がいる人(例えば持病を持った子どもの親など)にお聞きしたいのですが、それを「天罰が下った」と思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

天罰だとは全く思っていません。


そういう風に重たーく考えていたら、受診だの服薬だの検査だのやってられません(笑)

人それぞれ体質や傾向があって、病気の症状はそれが表に出ただけだと思っています。
人によってそれがてんかんだったり鬱だったり糖尿だったり癌だったりするだけで、種類や程度に違いがあれど、
みんなそれぞれ苦しいことには何の変わりもありません。
病院で待ち時間に人間ウォッチングしているとしばしばそう感じます。

今でこそこうやって開き直って生きてますが、本当に症状が重かった頃は今とは考え方が違いました。
周りがみんな青春を楽しんでいる中で自分一人病気で何もかもがうまくいかず、
ひたすら「自分の何が悪かったんだ」と思っていたので、もしかしたら自分の中で「天罰」に近かったかもしれません。

自分一人で抱え込むと病気に限らず、あらゆる問題は実際以上に重く感じられるものです。
それこそ「天罰」だとか、この世で自分ひとり苦しんでるんだ!などと周りから見ればおかしな思い込みにハマりかねません。
おっしゃる通り「持病がある人=特別な人」ではないのですが、一人で悩んでる本人にすれば自分自身が特別な人ですからね。周りが見えなくなります。

それに気付けるかどうかで、変わってくるのではないでしょうか。
そのお知り合いの方は中学生の頃に発症したとのことなので、その年代なら辛さを共有してくれる人が周りにおらず、辛い思いをしたりして孤独を抱えてきたのかもしれません。
周りが病気のことを傍目から配慮して気遣ってあげていますよという態度で接し続ければ、その方は天罰とまでの過剰な思い込みを変えてくれるかもしれません。
あまりに繰り返し言うのであれば「そこまで思い詰めることないんじゃないの、○○さんが苦しいだけだと思うよ」とか言って否定してしまっていいと思います。
また、本人がその気になって探せば患者会や自助グループは沢山あるので、進めてみるのもいいかも。
そういうコミュニティに属することで自分が一人でないことに気付き、考えを変えて病気との付き合い方を見直す大きなきっかけになると思います。
    • good
    • 0

自宅療養中の「当事者」です。


わたしにとって、自分の病気は、鏡です。
自分をよく見て、本質的な価値を見つけなさいと、教えられている気がします。

そもそも、天罰というものを、わたしは信じません。
全ての出来事を通して、人は、一生学ぶものを得ていて、失い奪われていると思っているうちは、まだ、その人が学ぶ心の準備をしている途中なのだと思います。
周囲が、根気よく見守る他にないのでは?
    • good
    • 0

確かな記憶ではありませんが 癲癇の大作家も居ましたね


子供頃の発症原因は遺伝や生活慣習まで子本人だけの問題ではないと思う
戦争から傷病兵で帰還しその病をうつされたり 地域性の食物が原因なぞもそうだ
糖尿病や高血圧症又心臓疾患や脳梗塞の系統は周囲を見ると確かにあります
良悪癖併せて持たされ世に送り出されて 後は生老病死自己の問題かと思う
    • good
    • 0

私は治る見込みが無い持病が3つあります。


遺伝子の問題だと思っています。
病気が他の血縁者ではなく自分に発症したのは確率の問題。
そして、ある意味では不運かなと。

病気の症状が思わしくないときは、くじけてしまって、「健康なきょうだいや親戚からしたら、自分は不運だなあ・・・」と、思うことも正直ありますが、口に出すことはありません。
弱気なときは不運と思うこともあるけど、天罰とは思ったことがありません。

でも、その子はちょっと、自分の状況にくじけているのかもしれませんよ。
「天罰」って、聞こえはよくなくて、軽々しく口にするものじゃないという考えを持つ方もいるかもしれませんが、その子にしたら、自分だけに下された罰(病気)ということで、両親のせいとかではなく、ただ、どうにもならないし、はけ口もなくて、そういう言い方をしてしまってるのかも知れません。

いずれにしても自分で乗り越えるしかない心の持ち方ですが。
持病は種類によっては特別ではないかも知れません。しかし、全くの健康でも、普通でもないのは事実です。
    • good
    • 0

やー、そーだねー。

私も持病持ちだけどねー。他人が、病気持ちの人を「天罰だ」とゆーのは、これは許されないと思うですよー。あなたがいってること(軽々しくいうのはいい気分がしない、特別扱いはいけない、とかね)は、そーゆーことと思いますよー。つまり、「他人が、病気の人に対してそんなふうにいうのはいけない」って。

でもねー、本人がそーゆーのは、これは逆に他人が「そんなこといってはいけない」っていえるよーな性質のものじゃないと思うですよー。その人が「自分に天罰が下ったんだ」ってゆーのは、それは本当に天罰が下ったと思ってるってことじゃなくて、「それだけつらい、苦しいんだ」ってことなんだと思いますよー。

例えば、末期癌とかで猛烈な苦しみで苦しんで、「死んだほうがマシだ。いっそ殺してくれ」とかいうときに、「死んだ方がマシなんてことを軽々しくいうのは気分が悪い。末期癌だからって特別扱いすべきじゃない」なんて、いわないでしょー? まーこれは極端だけどさー、つらいとき、苦しい時に、つい、普通の人がいうべきじゃないことを口走るってこと、誰しもあるじゃないですかー。

私はねー、この世に「いってはならない言葉」なんてないと思うのさー。ただ、その言葉が、その言葉の重みに見合うだけの状況で発せられたものかどうか、それが大事なんであって、言葉そのものを「これはOK、これはダメ」と峻別すべきじゃないと思うのさー。

もしその人が、本当につらい心根を吐露するのにそういう言葉、そういう表現を使うしかなかったというならね、それは本人以外の誰かが非難したりできる類のものではないんと違うかなー。私はねー、持病持ちだけど、普段は全然なんの問題もないから、そんなふうなこと考えたこともないですよー。でもねー、歳をとって、子どもも独り立ちしていなくなって、発作でも起こって土壇場の苦しみの中でも、絶対にそうは思わない!と断言出来るかといったら、できないなー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

もちろん、他人が持病のある人に対して「あなたの持病は天罰ですね」なんという言葉を言うことはもってのほかと思います。

が、しかし、本人が「これは天罰なんだ」と他人にいうのは、気持ちは分かりますが、せっかくの人生を暗くさせてしまっていると思うのですね。

好きでなったわけではないので「天罰か」と思い込む気持ちもわからんでもないですが、「天罰天罰」とわめいて治るわけでもないし、「病気が悪化したら困る」とひっそりと暗くおとなしく生活してしまいがちかと思いますが、病気だからこそ明るく生きて欲しいと思うのです。

持病のない人からのそのような言葉をきれいごとと思ってしまうかもしれませんが・・・

それから、厳しい言い方をしますが、回答の言葉遣いで、語尾を延ばしている箇所が多すぎ、読みにくく思いました。

お礼日時:2010/04/20 16:40

持病=天罰だとすれば"親の因果が子に報い"みたいな感じだと思います。


だってそうでしょ?物心つかないうちに発症した子供に天罰だなんてありえない。
私は2歳半で喘息になりましたが、天罰だなんて言われても私がいったい何をしたっていうの?と思います。
天罰であろうがなかろうがどうでもいいと思いますけどね。
心臓が弱い、気管支が弱いなどは遺伝が多いと思います。天罰って遺伝するんですか?末代まで祟ってやるってやつ?
それってもう天罰じゃなくて呪いっていうんじゃないんですか?(笑)

天罰だなんて言ってる人はただ自分に陶酔したいだけでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

好きで持病を持ったわけではないし、持病があることで人に迷惑がかかったかといえばそうとは言えないし、「隠して、ひっそり生きろ」とも思えません。
むしろ、持病の人こそあかるく生きて欲しいと思っていますからね。
天罰天罰とわめいて病気が治るわけでもないし・・・
だからこそ天罰なんだと、人前で話して悲劇のヒロインぶっている人が迷惑なんですよ。

お礼日時:2010/04/20 16:34

不治の持病を持っているものです。



単なる確率の問題だと思っています。

別に天罰が下ったと思っても構わないと思います。個人の自由かと。

人のせいにしたり、「あの時ああしてなければ」とか「こうしてれば」とか、どうしようも無いこと言っているよりましです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
別に「天罰」と一人勝手に思うのは問題ないんですね。
ただ、何回も人前で「天罰なんだ」といい、暗くなっていても・・・
持病を抱えたのは事実ですし、治療はさておき、「天罰天罰」とわめいて治るわけでもない。

もちろん人のせいにするのはもってのほかだと思いますけどね。

お礼日時:2010/04/20 16:30

試練だと思っています。



生きていくことすべてにおいて修行だと思っています。

天罰ねぇ それほど天罰が下るほどの人間(うぬぼれという意味)でもない。

天罰という人は、自分を認められない病気を受け入れられない
病気と向き合えないのではないかな?
軽々しく言っているとは気がついてはいない。
自分は辛いのだから辛いのでしょう。
世の中にもっと辛い人がいるとも思わない自分の世界なのだと思います。
自分だけなぜ自分が、自分は自分はなのではないでしょうか。

なんでも出来た人間から見ればレベルの低い人間を見ては
そんな風に言うんなんて、軽々しい、大袈裟だ と思うけれど
レベルの低い人間はレベルが低いことも気がつかず、自分が精いっぱいで本人はそれなりに苦しんでいるのだと思います。

私も昔は悲劇のヒロインでした。
今でこそ、そんな昔の自分が恥ずかしく思うけれど
そういうころの自分と同じ人の気持ちもわからなくはない。
乗り越えられないということは本人が一番つらいことなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
修行・・・ですか。
私自身、自分もですが、他人に厳しいところがあるために、軽々しく「天罰だ」と言っている人を「悲劇のヒロインぶるな」と思っていたところもあり、その友人にも厳しい言葉を放したことがあります。

好きで持病を抱えたわけでもないんですが、要は「天罰なんだ」と自分の世界になりすぎているんでしょうね。

お礼日時:2010/04/20 16:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q知り合いの知り合いの知り合い

よろしくお願いします。

日本人限定で「知り合いの知り合いの・・・」と続けていくと、誰でも6番目ぐらいでほとんど全ての日本人に到達するそうです。
大企業勤務経験者だと、5番目ぐらいで到達するとか。
しかし、3番目まで、そして、全国区の有名人となると、結構限られてくると思います。

そこで、皆さんの「知り合いの知り合いの知り合い」という3番目かそれ未満で到達する全国区の有名人を教えてください。
「知り合いの知り合いの・・・」というのは、たとえば、
・友達の彼女が職場でよく会話する同僚
・チームメートのお父さんの教え子
・義兄の行きつけのスナックのママの親しい同窓生
などです。

私の場合は、
・天皇陛下
・菅直人総理大臣
・岡田武史サッカー日本代表前監督
が該当しますが、芸能人やミュージシャンが一人もいないところがいまいちです・・・。

なお、どういう知り合いかや何番目の知り合いかは、プライバシーの問題があるでしょうから、書かなくて結構です。

Aベストアンサー

知り合いの知り合いくらいまでしか見当がつきませんが

甲本ヒロト(元ブルーハーツ現クロマニヨンズ)
草野マサムネ(スピッツ)
その他たくさん
※日本のロック界は狭いのでちょっと長くバンドをやっていると知り合いに知り合い程度でいくらでも有名人が見つかってしまいます。

以降、思い出した順で

森繁久弥(お亡くなりになりましたが)
中森明菜
アントニオ猪木
谷亮子
絲山秋子(芥川賞作家)
皇太子徳仁親王
伊吹五吾朗(前の格さん)
江田五月

Q知り合いと友人の境界線(特に異性について)

そのままです。
明確な線引きなどないとは思いますが、あなたの大まかな区分けは、どうなると友人ですか?
(特に異性についてです。)

Aベストアンサー

一緒にお酒を飲んでるときに
「酔っ払って羽目をはずさないようにしよう」と思うのが知り合い
「体の関係にならないようにしよう」と思うのが友人
 
つまり一緒に飲んだときに羽目をはずせるかどうか。
だいたい一度一緒に飲めば友人になるケースが多いのですが。

Q死ねば何でも美化してしまう日本人~津波と天罰

11年前、神奈川県川崎市で、
少年が万引きして、逃走途中に死亡しました。

店は嫌がらせを受けて、大衆に潰されました。

少年を非難しようものならば、

死者に塩を送る(追い討ちをかける)
ような奴は日本人じゃない。
非国民だ。朝鮮人だ。シナ人だ。日本から出ていけ。

などと右翼からも左翼からも言われる。
(この事例ではないが私も危険な目に合っている。)

その割には年金詐取のためには
平気で親をミイラにするしたたかさ。
(日本人というのはナチスを非難できない危ない人種だ。)

あれだけ公務員便乗バッシングする割には、
公務員と聞くと簡単に信じ、公務は絶対的、
というお目出度い習性もあります。

こういう日本人の習性について、
あなたはどう思いますか?

「津波は天罰だ」という誰かの発言が
ずいぶ酷く批判されましたが、
私はああ言いたくなる気持ちもよく分かります。
あなたはどう思いますか?

在日外国人の方の意見もお聞きしたいです。

Aベストアンサー

まぁあれだな。

万引き
自転車盗難

あたりは認知された件数以上に多いのが実態で、
実は日本人の大半が1度や2度「経験」してるのではないだろうか?

だからその程度の軽犯罪で、死亡させてしまうのは行き過ぎだと思ったのではないか?
*ちなみに私は、万引きも自転車盗難もやったことないので、少年の自業自得と思ってるが
大半の日本人は犯罪経験者なので「たかが万引き」とでも思ってるのではないだろうか?

「自転車ぐらい盗んで何が悪い」(盗まれるのが悪い)
「万引きぐらい当たり前」(盗まれるのが悪い)

日本って犯罪が少ないと言われてるけど、軽犯罪についてはどうですかね?
認知件数が少ないだけで私は予想以上に多いと思ってます。

巷で取りあげられる事件について「ひどい」「ありえない」とか言いつつ、
この手の軽犯罪程度はやってるのが実態かもしれません。


日本人は「嘘つき」ですよ。
よく他国の民族を「嘘つき」呼ばわりしますが、日本人もなかなか建て前と本音を使い分け
日常茶飯事「うそ」を付いてます。嘘かどうかはそれぐらい「察しろ」と。

日本人は上っ面がよく体裁が整えれば言い訳で、実態を隠すのが好きです。
どの学校でも「うちの学校はいじめはない」「いじめは無かった」と認めないくせに
全国調査するとイジメが激増してる実態がある。

イジメは増加する一方なのに、事件が起きても「うちはいじめは無い」「いじめという認識は無かった」
自己保身に走るw


個人的には「少年法」なんて不要だと思ってます。
万引きは立派な犯罪。生活が掛ってる店長がその場で殺処分しても良い法律を作ってもいいぐらいです。

労働のなんたるかも解って無い腐った少年が子供の頃からFXや株をかじり、マネーゲームで何百万も
稼ぐ味を知ってしまったら、一冊盗まれたぐらいで騒ぎたてる店長の方がおかしいという思考に
走るのは当然かもしれない。


労働が軽視される今の世の中は完全におかしいし、それを生業にしている人にとっては
死活問題であるという想像力も無い人間が野放しになって言い訳が無い。

老若男女関わらず、その場で殺処分されても正当防衛扱いになるべきだ。


結局、日本は「みんながやってれば(暗黙の了解で)、許される」という訳のわからない
ところがあります。


実際、万引きが多く閉店する本屋、コンビニもあります。
そういう労働をする側の立場に立てない人が多くなった気がしますね。

日本人は「滅私奉公」の精神が強いからではないでしょうか?

権力に逆らわない・従順。
昔はそれで、自分の生活も確保させておりましたが
今の時代。時代錯誤と思います。

結局、度を越した従順さは権力者にとって都合のよい存在でしかないでしょう。

まぁあれだな。

万引き
自転車盗難

あたりは認知された件数以上に多いのが実態で、
実は日本人の大半が1度や2度「経験」してるのではないだろうか?

だからその程度の軽犯罪で、死亡させてしまうのは行き過ぎだと思ったのではないか?
*ちなみに私は、万引きも自転車盗難もやったことないので、少年の自業自得と思ってるが
大半の日本人は犯罪経験者なので「たかが万引き」とでも思ってるのではないだろうか?

「自転車ぐらい盗んで何が悪い」(盗まれるのが悪い)
「万引きぐらい当たり前」(盗まれるのが悪...続きを読む

Q親原因による子どものいじめ

真偽の程は定かではありませんが、ある人の子どもがその人が原因と思われることでいじめられているそうです。この子どもへのいじめをどう思いますか?

①どのような理由があってもいじめてはいけない
②親が原因の場合はその子どもをいじめてはいけない
③親が原因でもその理由によってはその子どもをいじめてもよい
④その他

Aベストアンサー

例えば直近の例で言えば、舛添さんから自分の子供がいじめられているようなニュアンスを感じ取れる言動がありました。
私が子供の頃も、親や家庭を理由にいじめる・いじめられるケースがありましたが、それは子供のせいでも何でもないので、どんな理由にせよいじめるのは許せないでしょうね。
もちろん舛添さんの場合も同様です。したがって1です。

Q今回の地震は天罰?

私は宮城県に住んでいます。地震で被災し水、食料も足りません。まだ家があるだけ幸せだと思います。
余震で眠れない毎日…亡くなられた方があまりに多く辛いです。
沿岸よりの彼の家族とも連絡つきません。

宮城県では放送されていないと思いますが…そんな中、石原都知事は被災した人達には耳障りかもしれないが今回の地震は天罰だと…確かに欲だらけかもしれない…でも妊婦や小さい子供まで津波で流され亡くなっているのに、津波で洗い流すべきだと…正直耳障りのレベルじゃないです。

みなさんは、どう思いますか?

Aベストアンサー

大変な困難な状況のなかこのような無神経極まりない発言を耳にされ、さらに精神的にダメージを追われたのではないかと思います。
遠く離れた場所で私の日常は何も変わらず手に入ることに対し、この水を食料をどうにかしてテレビの画面の場所におくれないかと自分の無力さを感じていた時にこの発言を聞きました。
首都東京の機能維持のためと称し被災地の電力も制限させている状況で、長に立つ人物が言う言葉かと。
思い上がりも甚だしい。
あの巨大な波によって大切なものを失ったすべての人に向かって謝罪すべきです。
都知事選の立候補は取りやめるべきとも思います。
こんな発言で被災者の方々の心をさらに乱したことを恥ずべきです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報