徳間書店から出ている、スタジオジブリのTHE ART OFシリーズには、「じゃりン子チエ」と「耳をすませば」は出版されているのでしょうか?
どうも探しても見つからないので、
詳しい方、教えて下さい。

A 回答 (2件)

「耳をすませば」は私も何年か前に探して、出版社に問い合わせをしたら「絵コンテ集ならあります。

」と言われてそれを購入した覚えがあります。
じゃりン子チエは分かりませんが・・・連休明けたら一度直接問い合わせてみるのが確実だと思います。それが嫌だったらお近くの本屋さんに頼んで出版社に確認してもらう事も出来ますので、どうでしょうか?
ちなみに私が出版社に直接問い合わせをしたら快く答えてくれましたよ。

参考URL:http://www.tokuma.jp/book/tokumabooks/1176093948 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
出版社に問い合わせて快く回答してくれるんですか。
昔、洋書(ディズニー関連)の日本語版の出版はありますか?と同じ徳間書店にメールしましたが、何の返事もありませんでした。やっぱり電話の方が良かったんでしょうかね?

お礼日時:2010/05/03 07:23

最終的には出版社に確認でしょうね。


知っている限りでは・・・
「じゃりン子チエ」はわかりません。
絵コンテ集は出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%94 …

「耳をすませば」もよくわかりません。ただし関連するTHE ART OFシリーズはあります。
「バロンのくれた物語」の物語―映画『耳をすませば』より (ジブリ THE ARTシリーズ)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%83%90%E3%83 …

スタジオジブリ作品関連資料編〈5〉 (ジブリ THE ARTシリーズ)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
http://www.ghibli-freak.net/index.html
このようなサイトを見つけました。
どうやら両方とも出版されてないみたいです。残念。

お礼日時:2010/05/03 07:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qart-food

・食品を使ってアートを作っている
・料理、食品をモチーフにしている
そんな作家、本、サイトなど情報源があれば教えてください。自分でも調べているつもりですが、なかなか出会えません。

分かりにくい質問ですがお願いいたします。

〔コンバルゼロ、エルブリ、ryo-ri gentenなどのレストランの料理に興味があります。アートと言っても知識はありませんが、絵画には興味がなく、近代的なものや建築や空間や立体に興味があります。〕

Aベストアンサー

ちょっと違うと思いますが、
「食と現代美術 Vol.1」という展覧会が以前ありました。
ちょっと現代アートが強すぎる感じがしますが、、、

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~bankart/finish/shokutogendaibijyutu.html

Qイラストスタジオについての質問

イラストスタジオについての質問

私はコミックイラストをよく描きます。

(1)SAIのように線がスラスラ描けますか?
(2)メリット・デメリットを教えてください。
(3)ほかにおすすめのイラストソフトがあったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体験版があります。
ご自分で試してみてはいかがでしょうか?
http://www.illuststudio.net/

私としてはSAIよりはやや書き味が悪いというか、滑りやすいと感じましたが、
SAIには無い定規機能などは慣れるとかなりいいと思います。

SAIとはツールやキャンバスの仕様が異なっているので、
混乱したり戸惑うこともあります。

カラーイラストならPainterです。
どちらかというとプロ向けですが・・・値段もそれなりですが、
廉価版(Painter Essentials)もありますよ。

Q絵本を出版したいのですが・・・

こんにちは。みなさんに質問させてください。

私の妹は絵を描くことが好きでこんど絵本を書いて出版したいと考えています。しかし、どのように素人が絵本の出版までたどり着けるのか彼女はわからずに悩んでいます。

彼女は絵本を一応全部書いてそれを出版社にもっていこうとしていますが、それは効果的な方法でしょうか?もし、それがよい方法ならば、出版社の誰に話せばいいのでしょうか?

また、ほかにもっと効果的な方法がありましたらぜひ教えてもらいたいと願っております。

絵本の出版ついてなにかアドバイスなどありましたら何でもよいので教えてくれませんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。妹さん、素敵な夢を持っているんですね!
無事出版が実現されるよう祈っています。

で、絵本作家として、自分が出版費用を出すことなくプロとして出版したいのなら、まぁ出版社に行っても良いとは思いますが、大手出版社ではなかなかきちんと見てもらえるかわかりませんので、公募の絵本コンクールに応募しましょう。

公募ガイドなどで探せば、いつも何かしらのコンクールが募集をしています。
もちろん枚数の規定などもありますが、そう大幅にオーバーすることもないだろうし。。。

あと、自費出版でしたら、直接出版社に持ち込んでOKと思いますよ。
自費出版の会社は、随時作品を募集していますから。。。(これも、良く公募ガイドに広告が載っています)
お勧めは、文芸社と、新風舎あたりでしょうか。
それなりに名前が知られていて、大手書店などにも流通させることが可能で、またよい作品なら自費出版ではなく出版社負担で出版するケースもあるそうです。

愛子様のお気に入りだとかで取り上げられた「うしろにいるのだあれ?」という絵本はたしか文芸社から出版されていました。

以上、何か参考になれば良いのですが。

はじめまして。妹さん、素敵な夢を持っているんですね!
無事出版が実現されるよう祈っています。

で、絵本作家として、自分が出版費用を出すことなくプロとして出版したいのなら、まぁ出版社に行っても良いとは思いますが、大手出版社ではなかなかきちんと見てもらえるかわかりませんので、公募の絵本コンクールに応募しましょう。

公募ガイドなどで探せば、いつも何かしらのコンクールが募集をしています。
もちろん枚数の規定などもありますが、そう大幅にオーバーすることもないだろうし。。。

あ...続きを読む

Q都内で飲食可のGピアノのある貸しスタジオ

今年5月頃、ピアノのミニ発表会(コンサート)を予定しています。

都内で、飲食可、

またはレストラン等で

グランドピアノが置いてあって使わせてもらえる

レンタルスペースをさがしています。

レストランで、料理も出してもらえるところが理想的なのですが、、、

もしご存知でしたらおしえてください。

人数は30~40人ぐらいの予定です。

Aベストアンサー

使ったことはありませんが下の店をよく耳にします。
http://www.blue-t.jp/index.html
場所は確か京王線下高井戸、キャパシティーは最大56名と書いています。

Q出版社による楽譜の質について

室内楽曲の楽譜を購入しようとして、いろんな出版社から同じ曲の楽譜がでており、迷っています。値段も倍くらいに違うので、安い方がいいのですが、見にくかったり間違ってたりすると困るので、高い方にした方がよいのだろうか、と・・
ネットで買おうとしていますが、いずれも「海外取り寄せ品」となっていて、写真もないものがあり。
出版社にやめた方がいい、おすすめなどがありますでしょか?
ちなみに今候補にあがっている(やりたい曲がある)出版社は
『ムジカ・ララ社』、『インターナショナル・ミュージック社』、『ブライトコップ & ヘルテル社』、『ヘンレ社』などです。

Aベストアンサー

こんにちは。音楽を専業としている者です。

楽譜の選択はそう簡単なことではなく、作曲者、曲によって検討しなければなりません。プロの場合は、しばしば複数の楽譜を購入して、違いを調べることも多いです。楽譜には、誤植はつきものですし、指使いの校訂なども、作品により担当者が違いますので、どうしても複数の版が必要になります。
まず『ムジカ・ララ社』というのは聞いたことがなかったので調べてみましたが、『ブライトコプフ&ヘルテル社』の楽譜をもとに製作しているようで、表紙にもそれが明記されているので、内容的には一応問題はないと考えられます。ただ、海外のサイトにこの出版社の楽譜の一部がサンプルとして閲覧できるところがあったので見てみたところ、『ブライトコプフ&ヘルテル社』の楽譜のリプリントではなく、新たにコンピューターで浄書し直したもののように見えます。こういう場合少し不安なのが、新たに浄書した時に誤植が発生していないかという問題です。また、『ムジカ・ララ社』で出している作品は、比較的マイナーな作品が多いようですし、指使いの指示もないように見受けられます。それから、昔の楽譜は、原版がすべて手書きで、温かみがありますが、パソコンで製作した楽譜は、従来の楽譜を見慣れていると、見た目に冷たさを感じるかもしれません。以上はしかし、あくまでも推測です。
『インターナショナル・ミュージック社』というのは、ニューヨークの『International Music Company』のことでしょうか。この出版社のものは、ものによって印刷の質が悪かったり、誤植があったりします。価格が安いので、私も持ってはいますが、実際に演奏会で取り上げるとなると、ほかの版を買い直すと思います。モーツァルトやベートーヴェンなどの古典なら、ドイツ、オーストリアの出版社がよいでしょう。モーツァルトなら、新モーツァルト全集を出している『ベーレンライター社』が最も信頼できます。ベートーヴェンなどの古典派、ロマン派の作曲家のものなら、『ヘンレ社』や『ブライトコプフ&ヘルテル社』、オーストリアの『ウニヴェルザル(ユニヴァーサル)社』の原典版なども信頼できます。
少し古い時代の印刷でよければ、著作権の切れた楽譜を閲覧できるサイトで、それぞれの出版社の楽譜がどのようなものか、参考に見てから購入するのもよいでしょう。

http://imslp.org/wiki/Category:Composers

以上、御参考になれば幸いです。

こんにちは。音楽を専業としている者です。

楽譜の選択はそう簡単なことではなく、作曲者、曲によって検討しなければなりません。プロの場合は、しばしば複数の楽譜を購入して、違いを調べることも多いです。楽譜には、誤植はつきものですし、指使いの校訂なども、作品により担当者が違いますので、どうしても複数の版が必要になります。
まず『ムジカ・ララ社』というのは聞いたことがなかったので調べてみましたが、『ブライトコプフ&ヘルテル社』の楽譜をもとに製作しているようで、表紙にもそれが明記されて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報