人気雑誌が読み放題♪

今ちょうど麦の海に沈む果実を読んでいます。
少し気になった部分があったのでネットで調べていたら、
この麦の~関連の書籍てか短編とかって結構出ているんですね。

なので、どこから読めばよかったのかなって疑問に思いまして。

この理瀬シリーズを読む場合の順番を教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


恩田陸さんの理瀬のシリーズはbest21さんが現在お読みになっている「麦の海に沈む果実」から読み始めて良いと思いますよ。
このシリーズは
麦海→睡蓮(「図書室の海」収載) or 水晶の夜、翡翠の朝(「朝日のようにさわやかに」等に収載)→黄昏の百合の骨
の順に読んでいくのが良いと、個人的には思っています。
また、今メフィストで連載しているのが理瀬シリーズの最新作です。

さらに言えば、理瀬シリーズは「三月は深き紅の淵を」という作品の作中作でもあります。
三月シリーズはあまりに壮大なので、理瀬シリーズだけでしたら上記の作品のみ読めば十分です。
恩田陸さんの作品をさらに楽しみたいのであれば、三月シリーズもお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2007/08/15 00:04

こんにちは。


私も恩田陸の麦の海から読んだ者です。
(というか知らなかったんですよね、シリーズだって)

麦の海にシリーズがあると聞いて、
麦の海→三月は深き紅の淵を→(黒と茶の幻想→)黄昏の百合の骨→睡蓮→水晶の夜、翡翠の朝

という順番で読みましたが・・・特に不自由はしなかったと思います。
麦の海をベースに広げてみたらどうでしょうか。

三月は深き~を読んだら、黒と茶の幻想を次に読むのがオススメです。
黒と茶、は三月の話の中で触れられている「三月~」の本の章の1つです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2007/08/15 00:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

恩田陸」に関するQ&A: 「昏い」の意味

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恩田陸作品の読む順番

以前から恩田作品に興味があるのですが
どこから読んでいいのかわかりません。
『ドミノ』はシリーズに関係ないということで
以前読みました。が、面白かったのですが
逆にシリーズに手を出すきっかけを逃しました。

同じようなスレッドを探したのですが見つからず

御講授願います!

Aベストアンサー

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
「六番目の小夜子」→「図書室の海」の表題作or「象と耳鳴り」or「puzzle」
「六番目の小夜子」の登場人物である、関根秋(高校生)の家族の話です。「象と耳鳴り」は秋の父で退職した判事である関根多佳雄が主人公の短編集、「puzzle」は秋の兄で検事の春の話です。

恵弥シリーズ
「MAZE」→「クレオパトラの夢」

とりあえず思いつく限りシリーズ物をあげてみました。
シリーズ名は私が勝手につけてしまいましたが・・。
三月シリーズがとても複雑です。私は上記の順番で読むといいと思いますが、人によって違うと思います。
たくさんあるので読むのが大変ですが、微妙なつながりを発見したとき、わかったときはとても嬉しいですよ。ぜひ読んでみてください。

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
...続きを読む


人気Q&Aランキング