このカテゴリーで合ってるか分からないのですが、先日本棚を整理して不要な本・雑誌が100冊以上でたんです。そのまま古本屋さんに売ろうと思っていたんですが、もし欲しい方がいたら譲りたいなーと思いまして。
オークションというと売りたい人が出品して欲しい人が落札するんですよね?(すいません利用したことないので・・・)でも私の場合、欲しいものを探している人がいて、それを私が持っていたら譲りたいなということなので。分かりにくい説明ですみませんです・・・。
「なんでも鑑定団」の幻の一品買います!みたいなサイトってないんでしょうか?もしご存知の方いらっしゃったらURL教えて頂けませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「Easyseek」がいいんじゃないでしょうか。


ここは、欲しいものがある人がそのものを登録して、もっている人が連絡して取り引きするという、オークションではないちょっと変わったサイトです。
ぜひ実際に見てみてください。ユーザー登録すれば出品もできます。

参考URL:http://www.easyseek.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
これです~私の探していたのは!こんな便利なサイトがあったんですねー。
私の持ってる本、探してる人がいないかゆっくり見てみます。

お礼日時:2001/04/10 20:05

「古本いちば」


http://fichiba.jcross.com/cgi-bin/fichiba/index. …


ページとしては開かれたばかりですが、同様な趣旨ですので...

参考URL:http://fichiba.jcross.com/cgi-bin/fichiba/index. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見てみました。できたばかりのサイトなんですね~。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 19:13

イサイズの「じゃマール」というのもあります。


細かいジャンル分けで、「本・雑誌」や「コミック・マンガ」の「買いたい」情報があります。

参考URL:http://www.isize.com/jamar/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
下のサイトと比べてこちらは量が少ない分見やすいかも・・・。
それにしてもいろんなもの探してる人がいるんですね~ビックリです。

お礼日時:2001/04/10 20:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポーカー(テキサスホールデム)の勉強になる1冊

ポーカー(テキサスホールデム)の勉強になる1冊を探しています。

ぜひ、お勧めというのがあればお願いします。

まったくの初心者でパンローディングから出ている、「ポーカー教室」という超簡単なものだけ
読みました。

比較的初心者向けで、定番になっている本ってありませんか?

詳しい方がいらしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

今のところ日本語で出版されている入門者向けの良書は「フィルゴードンのポーカー攻略法」だけだと思います。
以下のサイトにも、ポーカー教室とフィルゴードンの本が紹介されていました。
http://www.holdem-guide.net/
入門編と実践編の2冊ありますが、実践編のほうが読みやすいです。実践編を読んで意味の分からないところを入門編で確認するのが良いと思います。

英語ならいろいろありますね。
もっと翻訳本がたくさん出版されて欲しいです。

Q青山七恵の作品で一冊お勧めください

 日本語を勉強中の中国人です。青山七恵の作品で一冊お勧めいただけないでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「あかりの湖畔」は良かったですよ。

http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20120116-OYT8T00332.htm

Q岩波書店発行「思想」を販売している古本屋さんを教えて下さい

大手のサイト日本の古本屋さんで検索してもなかなかここ最近の「思想」100冊以上の古本を販売している古本屋さんは見つかりませんでした。
高円寺や神保町の望みがありそうな古本屋に聞いてみたのですが
最近はどこでも「思想」は売っていないとの返事ばかりでした。
どなたか、過去の「思想」をまとめて販売している古本屋さんをご存知でしたら
サイト、サイトがない場合は古本屋さんの名前を教えて下さい。
私の検索能力では限界になってしまったので、ご覧になっている皆様、
回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

ご返答と#1の補足説明から察すると、2002年以前のものをお探しのようですね。

昨日ご紹介したサイトのリストに無い古本検索サイトをもう1つご紹介します。
↓「スーパー源氏」です(これも有名なので既にご存知かも)。
http://sgenji.jp/

「日本の古本屋」とダブっている古書店も多いですが、このサイトのみに登録しているお店も少なくないです。

やはり1軒の店で「100冊以上」というのはちょっと厳しいみたいですね。

#3の回答者さんの言うとおり月刊誌・雑誌などの定期刊行物は在庫があっても目録に載せない店も多いようです。
ただ『思想』の場合は専門誌のようですから、一般的な月刊誌・雑誌よりはweb検索でヒットする可能性は高いと思います(あくまで私の経験上の感覚ですが)。

「長期戦」覚悟でマメに検索していれば、結構見つかると思いますよ。

それから時々神保町や近隣のその分野の本を扱う古書店に実際に行ってみてはどうでしょうか。
目録に載せていないだけで在庫を置いている店もあるかもしれません。確率は極めて低いですが。

とにかくあきらめずに根気良く探してください。
早く入手できるといいですね。がんばってください。

ご返答と#1の補足説明から察すると、2002年以前のものをお探しのようですね。

昨日ご紹介したサイトのリストに無い古本検索サイトをもう1つご紹介します。
↓「スーパー源氏」です(これも有名なので既にご存知かも)。
http://sgenji.jp/

「日本の古本屋」とダブっている古書店も多いですが、このサイトのみに登録しているお店も少なくないです。

やはり1軒の店で「100冊以上」というのはちょっと厳しいみたいですね。

#3の回答者さんの言うとおり月刊誌・雑誌などの定期刊行物は在庫があっても...続きを読む

Q今年発刊された本で、最高だと思った一冊をお願いします。

まだ7月になろうかという時期ですが、上半期のまとめという意味を兼ねて、今年発刊の作品で一番感銘を受けた一冊を紹介してください(ゼッタイに一冊だけにしてください)。フィクション、ノンフィクション、ジャンルは問いません。海外作品の場合、日本で発刊されたのが今年であればかまいません。

 紹介していただいた本は、必ず読ませていただきます。

Aベストアンサー

今年……ですか。
発行年月を気にしないので、あまり思い浮かばないのですが、最近だと「大江戸妖怪かわら版 異界から落ち来る者あり・下」でしょうか。
上巻もありますが、どちらか1冊と言われれば下巻を推します。下巻だけでも十分読めます。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31721866

前評判上々の本はどんなに面白くても「まぁ、そんなもんだろうな」程度にしか思わないのですが、この本は「タイトルからして面白くなさそうだ」(失礼!)と思って手にしたので、余計に面白く感じただけなのかもしれません。
妖怪たちの魔都・大江戸なんて胡散臭いことこの上ないのですが、話はしっかりしているし、大江戸の街並や自然の描写は美しいし、何より妖怪たちを通して人間の優しさや美しさを描こうというのが目を惹きました。

Q旅、家出、もしくわ自殺の本

主人公が旅、家出、もしくは自殺をする本はありませんか?

旅、家出はフィクションのものが望ましいですが、
自殺をする本はなるべくノンフィクションのものがいいです。
(とはいっても、フィクションでもかまいません)
自殺といっても、本当にしていなくても、
ただ自殺をしたいと考えていただけでもいいです。

希望といえば、

・明るい内容というより、少し暗い主人公の話
・昭和以前に書かれた話(最近の物語は苦手です)
・子供(未成年)が主人公の話
・今でも発売されている本

ですが、違っていてもかまいません。

何か分からない事、訊きたい事がありましたら仰って下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

<自殺>
フィクションだと太宰治『人間失格』がありますが、もう読んでますかね。有名だし。
主人公が未成年ではないですが。
未成年の主人公が不幸にあって思い悩み自殺未遂する話、というくくりなら、倉橋燿子さんがティーンズハートで書いていたシリーズ物はだいたいそんな感じなのですが……(一応昭和後期に販売されてますが質問者さん的には最近の物語でしょうか?)

<家出>
中堂利夫『薔薇の殺意』青樹社(1990年刊)
中学生で家出をし甘言に乗せられゲイ売春館に拉致された主人公が、青年になり脱走、殺人犯として指名手配される。
平成に入ってからの作品で出版社もちょっとマイナーですが、アマゾンに何件か出てますので現在でも購入可ということで。

津村 節子『春のかけら』講談社(1988年刊)
家出女子高生の同棲と売春生活。自殺志願者も出てきます。家出がキーワードというより奔放な愛と性かもしれませんね。

灰谷健次郎『子どもの隣り』新潮社(1985年刊)・角川書店(1998年刊)
短編集ですがうち一編が日曜日に家出を繰り返す少年の話「日曜日の反逆」

<旅>
主人公が子どもで旅、というとどうしても外国児童文学のファンタジーものがよぎるのですが、質問者さんはそのへんの好みはどうなのでしょうか?

<自殺>
フィクションだと太宰治『人間失格』がありますが、もう読んでますかね。有名だし。
主人公が未成年ではないですが。
未成年の主人公が不幸にあって思い悩み自殺未遂する話、というくくりなら、倉橋燿子さんがティーンズハートで書いていたシリーズ物はだいたいそんな感じなのですが……(一応昭和後期に販売されてますが質問者さん的には最近の物語でしょうか?)

<家出>
中堂利夫『薔薇の殺意』青樹社(1990年刊)
中学生で家出をし甘言に乗せられゲイ売春館に拉致された主人公が、青年になり脱...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報