加藤知子の現在の使用楽器(ヴァイオリン)は?
加藤知子の使用楽器は2000年頃は日本音楽財団からストラド(ムンス)を貸与されていたと思いますが、現在の使用楽器が分かりません。どこを検索しても出てきません。現在の使用楽器は中低音が豊かなヴァイオリンですが、何方かご存じの方がおられましたらご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

加藤さんの若い頃からのファンです.


長らく入手困難だったポニーキャニオン時代のクライスラーアルバムが
1セットものとして近々出るみたいですね.

さて,最近の使用楽器ですが,私も興味があります.
最新作のブラームスのブックレットには,1728年製のストラディバリと書いてありました.
しかし,ニックネームは明確には書いてありませんでした.
録音のための一時的な貸与品でしょうか?
それとも,愛器なんでしょうか?

この回答への補足

ヴァイオリンの前板?はトウヒのようですね。アルプスカエデでなくアルプストウヒでしょうか。

補足日時:2010/10/17 15:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速に有り難うございます。「最新作のブラームス…」10/6発売のものですか。10/10の演奏会で売っていましたが、まさか発売直後のものとは知らずに買ってこなかったのです。現在注文中です。

1728年製のストラディバリならその使用されている材質は最盛期のものですね。それ以降の製作品の材質はヨーロッパ小氷河期で生育したアルプスカエデを切り尽くしてしまいましたからカエデ材が軽くなり音も軽くなったようです。

録音使用楽器は推測ですが愛機と思います。ただし、愛機とは言いましても貸与品なのではないかと思います。無償か有償かは知りませんが…「株を買ったようなもの…」とご本人が言っていましたから有償かも知れません。

お礼日時:2010/10/17 07:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在制作されている最高級ヴァイオリンの価格は?

この前テレビで、ストラディバリウスのコピーを作る試みをしている職人グループの番組がありました。

かなり良いものができているみたいでした。 現在の巨匠と呼ばれるような方のヴァイオリンは、いくら位で取引されているのでしょうか?

Aベストアンサー

現代製作家では件のTV番組に出ていたイタリア・クレモナのビソロッティ一家の製作したものと、同じくクレモナに工房を構えるモラッシー親子などの製作したものなどが人気があり現代製作家の双璧でしょう。
ちなみに価格(日本の専門店での販売価格の相場)は概ね250万位から300万位。製作年代によって出来のいいものは330~350万位ではないでしょうか。

参考までにどちらの楽器も実際に弾いたことがありますが、圧倒的にモラッシー(父G・バッタや息子シメオネ)の方が材料・作り・そして音も良いですね。特に息子シメオネの楽器は反応も良く、E線の伸びきった澄んだ高音はあたかもイタリアの明るい空を彷彿とさせていいな!と思いました。
ビソロッティの音はあの番組中でも案内役の女性のヴァイオリニストが彼らの工房で弾いていましたが彼女が弾き終わった後の特にこれといって褒めるでもない素っ気ない態度でお分かりのように音に輝きや魅力が無く、傑出したところのないどちらかというと鈍い感じの音です(あくまで私感)。
まあ、このあたりは好みの分かれるところでしょうが・・・

他にM.イーヴェというまだ比較的若い製作家の楽器は世界中からオーダーがあり、なかなか日本に入ってこないのですが評判が良くて日本のソリスト級の演奏家がCDのレコーディングに用いるほどです。価格も新作楽器ではG・B・モラッシーなどと並び最高ランクでしょうね。

現代製作家では件のTV番組に出ていたイタリア・クレモナのビソロッティ一家の製作したものと、同じくクレモナに工房を構えるモラッシー親子などの製作したものなどが人気があり現代製作家の双璧でしょう。
ちなみに価格(日本の専門店での販売価格の相場)は概ね250万位から300万位。製作年代によって出来のいいものは330~350万位ではないでしょうか。

参考までにどちらの楽器も実際に弾いたことがありますが、圧倒的にモラッシー(父G・バッタや息子シメオネ)の方が材料・作り・そして音も良い...続きを読む

Qラド・ルプーの椅子

ラド・ルプーのリサイタルを聴きに行きました。シューマンとシューベルトでした。彼が使ったピアノはハンブルクのDでしたが、大変奇妙だったのは彼が座っていた椅子が、スチール製の普通の会議室用事務椅子、そこに浅く腰掛けて背もたれにそっくり返るように寄りかかりながら、両腕を鍵盤に長く伸ばして弾く、彼のその演奏の姿でした。まるでこたつに入って、座椅子に寄りかかっているような、だらしの無い姿。聞こえてくる音楽もどうもだらしなく感じてしまいました。さて、どなたか教えていただきたいのですが、彼はいつからこんな弾き方になったのでしょうか。若い頃の写真を見ると普通の、背もたれの無い、グランドピアノ用の椅子(アーティストベンチ)に座っていますが。そしてどんな経緯、理由でこんなことになったのでしょうか。

Aベストアンサー

またまたしつこくお邪魔しますのをお許し下さい。
ルプーですが、彼は我々有象無象のピアニストとは
違います。彼くらいの世界的有名なピアニストは例外
なくすべての音楽、藝術に精通していると思います。
彼がどうしてそっくり返って演奏するのか。
我々はしたないピアニストでも、曲を演奏するのに
は、曲の構成、インスピレーション、又音色でどのく
らい自分イメージにあった表現ができるかとことん
突き詰めます。
又一番大事なことは自分からピアノの距離なのです。
人によって力が抜ける距離が違うのです。
私もどちらかと言うとそっくり返るほうですが。
いかに腕の力が抜けるか、それで音色がぐっと違って
きます。又指の力。
シューベルト、シューマンと聞いただけでどれほど
構築に心血傾けるか、それは大変なものです。
上を向いて弾くということは、自分の世界の音楽を
引き出すのにとてもで大事なことです。

私でさえ、毎日ピアノに向かいながら音色を出すテク
ニックをたえず考え、曲の全体像を考え、上を向いて
弾きますもの。(暗譜してから)
又椅子の高さは絶対条件です。
生徒が来ると高さが皆違うので、我家では椅子はくる
くるまわってばかりいます。
その程度のピアノ弾きでもそれほど神経質なのです。

私にとってルプーの独特の音色はとても魅力ありま
す。
しかしCDではその音色を100パーセントは聴けませ
ん。やはり平らな音楽になってしまいます。
やはり生演奏は別格です。

と言うことでルプーはパイプ椅子が一番あっていると
決めたのではないでしょうか。
あの腕の長さからいって、瞑想しながら弾くのにとて
も好都合なのだと思います。
そうでなければ日本で、アメリカで同じパイプ椅子
とはなりませんよね。
リストの演奏姿の絵もそっくり返っていますよね。

兎も角彼は容貌で損をしていると思っています。
もう少し清潔にすればいいのにと思うのが私の感想で
す。
長いことお邪魔しました。
言いたいこと書き連ねて失礼しました。

またまたしつこくお邪魔しますのをお許し下さい。
ルプーですが、彼は我々有象無象のピアニストとは
違います。彼くらいの世界的有名なピアニストは例外
なくすべての音楽、藝術に精通していると思います。
彼がどうしてそっくり返って演奏するのか。
我々はしたないピアニストでも、曲を演奏するのに
は、曲の構成、インスピレーション、又音色でどのく
らい自分イメージにあった表現ができるかとことん
突き詰めます。
又一番大事なことは自分からピアノの距離なのです。
人によって力が抜ける距離が...続きを読む

Qこの動画で使用されている楽器名を教えて頂きたいです

http://www.youtube.com/watch?v=keHk8RbXcAc
この軍艦マーチです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1。前列の男性達の黒い縦笛: クラリネット 

2。 その後ろの銀色の横笛:フルート

3。真鍮色の丸いパイプとバルブの金管楽器:フレンチホルン

4。鍋の蓋を2つ会わせたような打楽器: シンバル

   などではないでしょうかまだ金管楽器が聞こえたような気がしますが、、、多分トランペットやコルネットでしょう。

Q和楽器とオーケストラ 和楽器とジャズ

和楽器と西洋の楽器の組み合わせに興味があるんです。

今のところ、ノヴェンバーステップスくらいしか知りません。

そこでみなさんに教えていただきたいと思います。

これはいい!っていうものを教えてください。

参考URLでもYoutubeでもいいです。

お願いします。

Aベストアンサー

>和楽器と西洋の楽器の組み合わせに興味があるんです。
>今のところ、ノヴェンバーステップスくらいしか知りません。

冒頭から小理屈を述べますが、以下のことをよく理解して和楽器と西洋の楽器の世界に入らないと混乱してしまうような気がします。和楽器であろうと西洋楽器であろうとどの音を出すかで楽曲自体が、西洋楽曲になるが、和楽曲になるか、折衷的な楽曲になるか決まってしまいます。

1)音律の性質上、和楽器のペンタトニック(5つの音からなる音階)という音階と、西洋楽器の平均律(ピアノの鍵盤のように12の音からなる音階)とういう音階をそれぞれ勝手に演奏すれば、調和のとれた楽曲は作れませんから、どちらかに合わせなければなりません。打楽器の場合は音律とあまり関係ありませんから、和太鼓などは使いやすいと思います。

2)武満徹の場合は"November Steps"もそうですが、和楽器のペンタトニックの音に西洋楽器から出る音を合わせています。合わせられない時は西洋楽器のみ。武満徹は最初は現代音楽の12音階主義にも挑戦したようですが、雅楽に興味を持つようになってから最後はペンタトニックを多用したようです。武満の場合は特に和楽器を使わなくても、曲自体が西洋楽器を使った和楽曲(雅楽)になっていることが多いです。

→「石井真木」氏の名前でYouTube検索してみて下さい。この方は結構和楽器と西洋楽器を用いた楽曲を作曲しておられます。私が知っているのは「<遭遇II番>雅楽とオーケストラのための(18'31")」ですが、興味深い曲ばかり作曲されています。

3)ジャズの場合、、バップやクールやファンキーなどを和楽器で弾いている人もいますが、これはその和楽器を12音階用に特別あつらえたか、弦楽器(三味線)や和笛のように技術的に12音階の音を出せる人ならできるでしょうが、私としては何となくあまり心に響きません。

4)ジャズでも、フリージャズのような演奏には和楽器であろうと何であろうと合うと思います。このような試みはまだ知りませんが、おそらくクラシックの現代音楽風な響きを持つものと思います。

→「東京民族音楽」演奏の曲は、和楽器が入っている楽曲も入っていない楽曲もジャズとしては両者の楽器がうまく成立基盤を共有しています。YouTubeで「東京民族音楽」で検索してみて下さい。

楽器という視点でお尋ねでしたが、音律という視点でお答えしましたのであまり参考にはならなかったかもしれませんね。いい音楽をお聴き下さい。

>和楽器と西洋の楽器の組み合わせに興味があるんです。
>今のところ、ノヴェンバーステップスくらいしか知りません。

冒頭から小理屈を述べますが、以下のことをよく理解して和楽器と西洋の楽器の世界に入らないと混乱してしまうような気がします。和楽器であろうと西洋楽器であろうとどの音を出すかで楽曲自体が、西洋楽曲になるが、和楽曲になるか、折衷的な楽曲になるか決まってしまいます。

1)音律の性質上、和楽器のペンタトニック(5つの音からなる音階)という音階と、西洋楽器の平均律(ピアノの鍵...続きを読む

Q鍵盤楽器と撥楽器は原理的に同じと思いますが

違う点を列挙願います。
文字通りの鍵盤使用と指だけとの違いは除いて。

Aベストアンサー

音が出る原理に注目するなら鍵盤自体はインターフェースに過ぎません。
そしてそのなかにピアノのような打弦、チェンバロのような撥弦、オルガンのような気鳴、さらに電子オルガン、シンセサイザーのような電鳴がある、と考えます。

質問者様がおっしゃる鍵盤が木琴や鉄琴などの意味であるなら上の数行はお忘れください。

打弦と撥弦の意味論的な違いについては、質問者様が同じものであるとお考えならばそれでよろしいのではないでしょうか。
一般的には弦と膜と鍵盤(木琴などの)は別物、はじくと叩くとこするは別物、と考えられています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報