システムメンテナンスのお知らせ

ハリポタ・リリーとジェームズはどうしてくっついたのか?ブラック兄弟は不仲だったのか?

ハリポタを読み直しています。親世代のエピソードは総じて曖昧な描写で書かれていますが、ざっとみたところ


・どうしてリリーは死ぬほど嫌っていたジェームズとくっついたのか

・シリウス、レギュラス兄弟は不仲だったのか


と疑問が。わたしは原書は未読ですがリリーとジェームズの馴れ初めはルーピン氏がチラッと、傲慢だったジェームズが改心した・・・と言っていたような気がしますが・・・

ブラック兄弟は、レギュラスの描写が僅かしかないので・・・



回答お願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

まず、リリーとジェームズが結婚した理由ですがリリーが嫌がっていたのはジェームズの傲慢さです。


しかし、ジェームズが大人になっていく時にその傲慢さは改善され、幼馴染のセブルスはリリーがどんなに注意したにもかかわらず闇の魔術を使うようになったため結婚したのです。
また、セブルスが一番嫌っていたジェームズとくっつけば彼が闇の魔術を使わなくなるかも!というリリーの期待もあったのでしょうね。

次にシリウスとレギュラスがなぜ不仲だったか、ですがそれはレギュラスが母親のいう純血主義に賛成したからです。
シリウスは純血主義を嫌悪していました。
しかもレギュラスは大きくなると死喰い人にも加わりましたからなおさらです。
レギュラスは後にヴォルデモートを倒すためにホークラックス(分霊箱)を破壊しましたが、シリウスはそのことを知りません。

セブルスとレギュラスは両者ともヴォルデモートに立ち向かったのに、生きているあいだ評価もされず誤解され…可哀想ですよね。
    • good
    • 3

はじめまして。



私個人の解釈でもよろしいでしょうか。

・リリーとジェームズが一緒になったのは?

おそらく、ジェームズがリリーに振り向いてもらう為に、ルーピンにアドバイスをもらって傲慢な所を改めていき、かつ熱心にアプローチをかけたのではないでしょうか。
学生時代、自分はモテて当然と思っていたのにリリーだけは他の女の子達の様には見てくれない、という所から、振り向かせる為にあれこれしていたら・・・みたいな感じなんではないでしょうか。
純血VSハーフの観点からは、リリーとジェームズの意見は一致していたと思われますので、全く通じるものがなかったわけではないと思います。


・シリウスとレギュラスの関係について

決して仲が良かったとは思われません。
シリウスは一族の純血に関して否定的なスタンスを持っていた様ですし、純血を重んじるスタンスのレギュラスを両親は溺愛していた様です。その辺りでもシリウスは反発していたみたいです。
休みの時には自宅よりジェームズの家でお世話になっていたみたいですし。
シリウスは、純血を重んじる全てを忌み嫌っていたと思われます。

ハリーポッターのお話をどこまでご存知なのかがわからないので、これ以上書くと最終章のネタバレ範囲に入りそうなので、この辺りで終わらせていただきますが、どうでしょう?納得いただけたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

リリーとジェームズの馴れ初め、納得です。
すでに死の秘宝まで読了済みですが、全体的に親世代の話は消化不良で終わってしまったな・・・と思いました。
特にレギュラスは作中では重要人物だったことが発覚するので・・・
ブラック家の確執などまで話を掘り下げてしまったら物語が終わらない、と言うことなのでしょうね

お礼日時:2010/11/21 13:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング