利用規約の変更について

当方時々電気のケーブルを接続するのに絶縁テープ(ビニールテープ?)を使います。
そして、電気のケーブルを接続した後で、その部分にそのテープを巻くのですが、巻いた後の絶縁テープの最後の部分が時間と共に剥がれて来るのを何とか防ぎたいのですが、良い方法は有りませんでしょうか?
何か参考になるアイデアでも有り難いので教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自己融着テープがいいです。



ビニールテープと同様の絶縁性。
ビニールテープのように、のりがはみ出しません。
値段は、ビニールテープよりかなり高いですが。

巻き始めの、最初から使ってもいいですが、
値段が高いので、最初にビニールテープ、
最後に、自己融着テープで、ビニールテープの、
末端をかぶせるように巻く。
これで完璧。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。大変勉強になります。後は当方の経済力の問題だけになるかと思います。

お礼日時:2010/11/11 17:20

自己融着テープが良いとおもいますが、先の回答に有るように高いです、ビニールテープより若干高い電気絶縁テープと言う物があります、ホームセンターのビニールテープ売り場に無ければ、電工かカー用品の売り場にあると思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。大変勉強になります。
しかし、複数のご回答者様が高いと仰るからには高いのでしょうね。
正直なところ高価な物は困難なのですが、検討させてもらいます。

お礼日時:2010/11/11 17:21

どなたもお答にならないようなので。



1.安物はやめてメーカー品を使う。
2.接着面に手の汗・油やゴミなどがつかないように気をつける。
3.手で引っ張ってちぎると伸びた状態で接着してしまいはがれやすくなるので、最後だけはハサミかカッターで切り、伸びていない状態で接着する。

こんなとこでしょうか。参考程度に。
※VVFなどの単芯ケーブルのことなら差込形コネクタ(WAGOなど)を使ったらどうですか?

この回答への補足

補足です。
折角なのですが、当方の需要では単芯ケーブルは滅多にないのです。しかし、アドバイス有難うございます。単芯ケーブルを接続する場合には是非検討させてもらいます。

補足日時:2010/11/11 17:19
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。大変勉強になります。

お礼日時:2010/11/11 17:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電線をつないだ場合のテープは何でもいい?

乾電池(単4)8本になった電源からのコードを延長するために途中に電線を入れました。

 ・結線した後の銅線(?)がむき出しですのでテープで  覆うのですが
 ・普通のセロテープでもいいですか
 ・専用の絶縁テープでないと支障があるのですか
 ・この8本は直列か並列かはよく分かりません
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

セロテープも電気を通さないですが、あくまで、「乾電池程度なら」
と、思ってください。
セロテープだと数ヶ月で劣化して、べたべたしたりずれたりするでしょう。
100円ショップで3個100円で売っているビニールテープのほうが
耐久力がいいです。

接続が、銅線を指でよじっただけであるならば、いずれ接触不良が始まります
ので、理想的には圧着接続ですが、そこまで神経質になる必要もないと思われ
ます。

間違っても100Vの線にセロテープを巻いてはいけません。

Qビニールテープ=(イコール)絶縁テープ

最近、電気の線を繋ぎ合わせました。その際家にあったビニールテープで絶縁したのですが、ビニールテープでも絶縁効果のない、もしくは弱いものってあるのでしょうか?ちゃんとホームセンターで「絶縁テープ」と表示してあるものを買って使うべきでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
 絶縁テープとビニールテープは、使用方法や安全性の点で異なります。
 プロの世界では、電気製品取締法(だっけ?)とか電気設備設置基準(だっけ?)とか法令・規制事項を遵守するので。
 電気の線をつなぎ合わせたとのことですが、屋内配線でも国家資格が必要ですから無茶はしないようにしてね。火災の原因になりますから。

Qビニールテープが先か自己融着テープが先か?

屋外で既存のエアコンの室外機のアース線に別のエアコンの室外機のアース線を巻き付けてアースを取る予定です。
その場合、ケーブルの被覆を剥いた部分を雨水から保護するため、ビニールテープと自己融着テープを巻くつもりですが、どちらが先でしょうか?

このサイトはビニールテープ → 自己融着テープの順
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4325584.html
注意、自己融着テープを使用する際は必ずビニールテープで絶縁を取った上に防水対策として融着テープを使用しましょう。


このサイトは自己融着テープ → ビニールテープの順
http://www.interq.or.jp/japan/sakura/kurasi6-2.htm
(2)紫外線に弱い「自己融着テープ」を保護するため、その上から「ビニールテープ」を巻き付ける。

Aベストアンサー

それぞれの目的を理解していれば、悩むことはないはずです。
 自己融着テープは、お互いが溶け合って一体化して水や空気が進入しないように密封するためですね。ビニールテープは電気絶縁性の高いPVCが主成分で絶縁が目的です。
 電気配線を接続する場合、通常はビニールテープでしっかり絶縁します。それでも、水がかかるなどの場合には、重ね合わせが悪いと水が浸入する恐れがあり絶縁が破壊されますから、その周囲を融着テープで防水します。物や人が接触したりする場合は、さらにその上をビニールテープで覆うことがあります。

 今回はアース線ですから、正直なところ絶縁も防水も必要ないはずですよね。浸水が気になれば融着テープで軽く覆っても良いという程度です。

Qむき出しになった電気コードの補修

何年か前ですが、電気製品のコードをペットがかじって、中の銅線がむき出しになってしまいました。
被害にあったコードはテレビやヒーターなどさまざまですが、幸いにも銅線自体は無傷だったので、絶縁テープで巻いていました。
しかしこのテープ、年月が経つとべたついてズレたりします。
最近、グルーガンの樹脂が絶縁性を持つと知りました。(真偽は不明)
もし本当なら、これをかじられた場所にくっつけてもいいでしょうか?
また、他に手軽でいい方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

粘着剤がゴム系のテープは、時間の経過で粘着剤がベトベトになりますから、粘着剤にアクリル系などのテープをおすすめします。

単線ならともかく電源コードのように複数のラインがある場合、自己融着テープはそれ単体での利用は避けた方が無難です。
なおかつ、ベースがゴムのため、表面のベタつくきは避けられません。

ビニールテープで2~3巻きした後、アセテートクロスのテープを巻きます。
 ↓のアクリル系粘着剤のもの
http://www.nitto.co.jp/product/datasheet/e_parts/044/

Q電気スタンドのコードがむき出しに・・・(中の導線が見える状態)

少々高価な電気スタンドのコードの上を、子供がイスを何回も何回も移動させたため、導線を覆っているコードのゴム?の部分が複数箇所破けてしまいました。その結果、中の導線が若干見えます。
コード自体が切断されているわけでもなく、中の導線が見えているといっても少し見えているという程度なので、使おうと思えば普通に使えるのですが、やはり危険を感じてしまいます。

この場合、

1、絶縁テープでグルグル巻くやり方で修理可能でしょうか?
http://www.rakuten.co.jp/sinwa/445412/447829/#413024

2、もし1のやり方が危険なら、コードを交換ということになるのですが、コードはスタンドからはずすことができません。はずすためにはスタンドを分解する必要があります。このような場合でも、電気屋さんに持って行けば修理受付してくれますか?
(電気スタンドは、日本のメーカーではありません)

Aベストアンサー

電源コード屋です!
今スグに使用を中止してコンセントからプラグを外してください。  導体が露出している状態で使用するなんて、我々が,見たら卒倒ものです!
危険ですので、絶対に止めてください。
ビニールテープで巻く事により絶縁は出来ますが、万一両方の線が触れた場合は大変な事になります。
ショート→スパークや熱により絶縁破壊→絶縁体が炭化し導体になる→完全にショート→発火 となります。

電気に心得のある方でしたらキズ着いたせんは完全に除去して(切断・廃棄)キズのない部分にホームセンターで売っている組立プラグの取り付けが可能ですが、なれていないのであれば止めたほうが良いでしょう。

高くつきますがメーカーでの修理が望ましいと思います。
とにかく、コンセントからプラグを抜いてください。

Q電気の線の結線の方法

単純に電線と電線を結びつける方法なのですが
自分が思いつく方法は
(1)ビニール部分を剥いてねじってビニールテープを
巻く
(2)はんだ付けをする←普通しないですかね?
(3)圧着端子を使う。

上記の他に簡単にできる方法ってありますか?
(1)の方法が簡単かと思うんですが
 ビニールテープがはがれてきそうで・・・・

Aベストアンサー

その電線が、何に使われているかによります。

電話やリモコンなどの信号配線なら、(1)のやり方でも問題ないですが、最近のデジタル機器の場合、不具合を起こす可能性があります。

電源配線、いわゆる100V以上の電圧がかかる配線の場合、(1)(2)は絶対におやめください。(よっぽどの応急処置なら、とりあえず(1)をしておくこともありますが、早急に(3)に切り替える必要があります。ちなみに、正確には「圧着端子」ではなく「圧着スリーブ」です。これには専用の工具が必要ですが、専門職の方で無いとお持ちではないのでしょうか・・・
No,2の回答の方がおっしゃる「差し込むだけのジョイント」は、一般的に「わごう」もしくは「ワゴ」と呼ばれている物です。最近はちょっと大きなホームセンターに行けばあるのでは・・・
ただ、電気配線は電気工事士の資格の無いヒトはやっちゃいけません。
出来れば専門家に依頼してくださいね。

Qアース対応コンセントコード 絶縁体を紛失してしまいました。

アース対応のコンセントコードがあります。
でも、自宅で使うコンセントのプラグにはアースが無いので、普通のコンセントとして使うのですが‥‥アースの部分に付いている透明ゴム?の絶縁体を無くしてしまいました。
なので、アースむき出しです。
電気店の人は「ピリピリ来るだけだから平気ですよ」と言いますが、大丈夫といわれてもピリピリは嫌だし、犬が全盲なので、ピリピリ来ると怖がってしまうと思うので、なんとかしたいと思います。
他のコードを買えば良いのですが、良いコードですので、何とかこれを使えればと思っています。

どうすれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

我が家ではアース端子をコンセントにつけてあります。
このアースは地面にアース棒を差し込んでそこから出ている被服付銅線が家の中のコンセントのアース端子につながっています。

電気屋でアース本を購入してくるか、何が太目のアルミか銅の棒を地面に差し込んでそこから被服銅線で家の中に引き込めばアースになります。

>アースの部分に付いている透明ゴム?の絶縁体を無くしてしまいました。なので、アースむき出しです。
ホームセンターか電気屋か大手スーパーで売っているカラーのビニールテープを巻いておけばいいですね。

犬のことが気になるなら、アースを取っておいた方がいいかもしれませんね。

感電とアース(接地)について
http://www.car-e.net/~dai/earth.htm
http://www.1101.com/dictionary/hobojisyo/earth.html
アース棒
http://www.tanaka-sangyo.co.jp/kata/kata66.htm

Qビニールテープの巻き方

電工使用のビニールテープの巻き方についてです。
以前の勤務先の先輩が、電工の職人さんに聞いたことによると、ビニールテープはテンションを掛けて巻いてはいけないとの事でした。
突き合わせ圧着端子の上に直に、あるいは自己融着を巻いた上にビニールテープを巻く時、引っ張って巻いた方が凹凸に密着して仕上がりが綺麗だと思うのですが。
実際の所はどうなのでしょうか?
明確に正しい巻き方があるのでしょうか?

Aベストアンサー

テンションを掛けた部分が縮むんですよ。
で、接着剤が剥がれてくる。
自己融着テープは完全に伸ばし切って下地に溶け込ませるように巻くなら問題は無い。
しかしテンションをかけずに巻いて上から強く抑え込んだほうが処理は早く終わる。

テンションを掛けて巻くと、後から糊の部分がはみ出してきて汚くなるしね。

Q絶縁テープの種類

絶縁テープの種類が、Nテープ、Sテープ、ゆうちゃく?テープ、イノテープを知っています。それぞれの用途を教えてください。ほかの種類のテープがあれば教えてください

Aベストアンサー

電気絶縁テープのことなら、↓こちらをご覧ください。

参考URL:http://www.mmm.co.jp/electrical/material/index.html

Q電子工作で使う 耐熱/絶縁テープでおすすめは?

電子工作をするときに、表面実装部品(ICなど)の下に絶縁するためのテープを貼りたいのですが、どういった種類のテープがよいのか分かりません。
テープの上に部品を置いてそこで半田付け作業も行いたいので、耐熱性も要求されます。お薦めのテープを教えて下さい。

Aベストアンサー

回路実装でのニーズが高く、各社から出ています。
一般には、テープ材として耐熱ポリマーのポリイミド(耐熱温度約250~280℃、製造元によって異なる)が使われているのが多く、他にPTFEなどが使われています。接着剤も、次々に新しい材料が開発され、今はシリコーン系が多いようです。
はんだ付け温度は、高温はんだでも200~250℃で、十分持ちます。
通常、公表資料には耐熱温度は明示されていませんが、3Mの資料には明示されています。両面テープの方には耐熱温度が明示されていませんが、同じ程度と考えていいでしょう。
http://www.mmm.co.jp/tape-adh/single/polyimid/index.html

なお、カプトンとはデュポンの商品名で、ポリイミド材の代表的なものです。これを使ったテープが各社からカプトンテープの名称で出されています(接着剤の耐熱を確認する必要がありますが)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報