ラジコンに関しては初心者です。
ラジコンの電波はある特定周波数
で個体を識別するため、同じ周波数の
同じチャンネルのプロポの電源が入ると
混信する可能性があるということなのですが、
受信機側にICチップを搭載し、電波の中に識別IDを
乗せたりすれば素人考えではかなりの数の
個体識別が可能なのでは?と思ったのですが、
そのような仕組みが現在ないということは、
どのような理由からなのでしょうか?

A 回答 (2件)

>電波に情報を乗せる方法をとればほとんどバッティングすることのない


>ラジコンを作成できると思うのですが、やはりコスト面の問題が大きい
>のでしょうか。それともこのような手法は不可能なのでしょうか。

いえ、コストとかの問題以前のことで、ラジコンの送信機と受信機間はデジタル通信しているわけではなくもっと原始的な方法を使っていますのでそういった機能を載せる努力をしていないのでしょう。

一部の製品ではデジタル送信を行うようになってきているようですので将来的には変わってくるかもしれませんが今の所それほど重要視されていないのですね。
それほど問題になるようなことでもありませんし、
新たに各メーカーが話し合って規格を作るのは結構大変ですのでコストの面とかんみしあって現状維持になっているのかな?と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
不可能なのではなく、やっていないだけということなんですね。
確かに新規格を作るのは大変だと思います。

お礼日時:2001/04/18 17:33

ラジコン用の送受信機にはバンドという物があって


それをおのおのがバッティングしないようにしてやれば誤動作は防げます。
競技会など場合は予めいくつかのバンド用の部品(クリスタル)を用意しておくと良いですね。

またどういったバンドを使っているかは送信機のアンテナに付けられているリボンの色で分かります。

参考URLに詳しく書いてあります。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/KNIGHTR/propos.html

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
クリスタルという部品を使用すれば周波数の微変更により、
ナローバンドで12チャンネル(27Mhz帯の場合)の識別が可能だということに
なりますが、それでも12種類の識別ということになりますね。
(ラジコンショップの店員さんに聞くと本当はもっと細かく分けられる
 らしいですが)
電波に情報を乗せる方法をとればほとんどバッティングすることのない
ラジコンを作成できると思うのですが、やはりコスト面の問題が大きい
のでしょうか。それともこのような手法は不可能なのでしょうか。

補足日時:2001/04/18 08:58
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセル内の文字列が日本語か英語かを厳密に識別したい

セル内(C3)にある文字列に、漢字・ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナのうち、1個でもあれば、その文字列すべてを、右隣のセル(C4)に移し、それ以外の場合はさらにその右隣(C5)に移したいのですが、


たとえば、

(C3)「AMERICA/JAPAN」の場合は、(C5)に「AMERICA/JAPAN」と移します。

(C3)「AMERICA/Japan」の場合は、(C5)に「AMERICA/Japan」と移します。

(C3)「AMERICA/JAPAN#$%?<>」の場合は、(C5)に「AMERICA/JAPAN#$%?<>」と移します。


しかし

(C3)「日本とアメリカ#$%?<>」の場合は、(C4)に「日本とアメリカ#$%?<>」と移します。

(C3)「日本/america」の場合は、(C4)に「日本/america」と移します。

(C3)「日本/アメリカ」の場合は、(C4)に「日本/アメリカ」と移します。

(C3)「Japanとamerica」の場合は、(C4)に「Japanとamerica」と移します。

VBAで処理する場合、文字コード、Chr関数、Mid関数を使えばいいと思ってプログラムを組むところです。

ところが、漢字のコード番号が何番から何番までか、よくわかりません。カタカナ・ひらがなは調べられます。

正確でなくとも<>=の数値処理の範囲指定ですので、漢字コードの範囲を教えてくださいませんか。

また、この処理目的のために、よりシンプルなプログラムがありましたら教えてくださいませんか。
よろしくお願いします。

※簡単に言いますと、セル内が日本語の文章か英語の文章かを識別する作業です。

セル内(C3)にある文字列に、漢字・ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナのうち、1個でもあれば、その文字列すべてを、右隣のセル(C4)に移し、それ以外の場合はさらにその右隣(C5)に移したいのですが、


たとえば、

(C3)「AMERICA/JAPAN」の場合は、(C5)に「AMERICA/JAPAN」と移します。

(C3)「AMERICA/Japan」の場合は、(C5)に「AMERICA/Japan」と移します。

(C3)「AMERICA/JAPAN#$%?<>」の場合は、(C5)に「AMERICA/JAPAN#$%?<>」と移します。


しかし

(C3)「日本とアメリカ#$...続きを読む

Aベストアンサー

日本語かどうかの判定関数です。
引数の中身が日本語ならTrueをそれ以外ならFalseを返します。

------------------
Function IsJapan(Arg As String) As Boolean
IsJapan = Not (LenB(StrConv(StrConv(StrConv(StrConv(Arg, vbWide), vbHiragana), vbNarrow), vbFromUnicode)) = Len(Arg))
End Function

Qラジコン飛行機のプロポのことで...

僕はラジコン飛行機の送受信機を自作しようと思っています。赤外線送受信機は作れそうなのですが、電波送受信機は作れない(作らない方がいい)とのことで、ラジコン飛行機のプロポを買うことにしました。そこで、なるたけ安く手に入れるためにネットで探していたら、HobbyKing.com
http://www.hobbyking.com/hobbyking/store/index.asp
という海外のサイトで、2000円台の4chや6chのラジコン飛行機プロポが売っていました。
日本ではこんなに安く売っていますか?僕が知っている中で一番安いのは、ミニュームKT20(いま半額)
です。
出来れば2000円台で2.4Ghzで4CH以上のものがいいです!(HobbyKingではふつうに売っています)
ないのなら諦めます...僕自身、別にここで購入するのが嫌というわけではないので。
こういうことを言ってしまうと回答者さんにしっつれいだと思われますが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

このままだと、よく言う安もん買いの何とかですので(買いなおしが多い)、必ず各メーカーの中古が
お勧めです。1個の送信機で10年~15年は普通に持ちますので、いいのを買いましょうョ。

末長くラジコンするのでしょう?・・・・又、事故の時でも2流のメーカーでは保険がおりませんよ。
この間、ヘリを毎週飛ばしに来る人がエンジン始動して小さな溝1m位のを越えて広場に持って行こうと
したらヘリが急に暴れて、他の人のワゴン車の後方にぶつかり凄いダメージ受けましたが、
ちゃんと保険がおりたそうです(15万位)。そうですメーカーのフタバ・JR・サンワとかしか保険はおりません。
最初はオモチャみたいなのでも上手くなれば、絶対に大きいラジコンが欲しくなるのですから^ ^/

QWindowsで、システム上同じ言語と思えるものを識別するには?

GetLocaleInfoでロケール情報が取れますが、
ここから、言語とコードページを識別したいのですが
たとえば、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、韓国語、
タイ語、英語といった単位で識別したいのですが
LOCALE_SLANGUAGEなどで、言語を取ろうとすると、
同じ中国語(繁体字)でも台湾と香港が別言語として
識別されたりして、細かすぎて使えず
かといって、ANSIコードページで識別しようとすると
西欧言語がすべて1251となって英語とフランス語などの識別が
できません。
自分で、ロケールID<->自分で作った言語識別コードの
変換テーブルを作成すればできる気もしますが
すでに世の中に出回っているロジックがあれば
それを使いたいと思います。

なにか、よい方法をご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

> LOCALE_SLANGUAGEなどで、言語を取ろうとすると、
> 同じ中国語(繁体字)でも台湾と香港が別言語として
> 識別されたりして、細かすぎて使えず

言語 ID (LOCALE_ILANGUAGE) を丸ごと使おうとするからそうなります.
PRIMARYLANGID() マクロを使って言語 ID から primary language ID だけを
取り出せば同じ中国語 (LANG_CHINESE) として認識できます.

なお言語 ID は Windows 独自のものだと思うので (未確認),
Windows 以外のシステムとの互換性が必要ならば,言語 ID じゃなくて
ISO639 言語コード (LOCALE_SISO639LANGNAME) の方がいいかも.

ISO 639 (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_639


> ANSIコードページで識別しようとすると西欧言語がすべて
> 1251となって英語とフランス語などの識別ができません。

そりゃ Windows-1252 (1251 はキリル文字ね) は複数西欧言語対応の
符号化文字集合ですから….

Code Pages Supported by Windows (Microsoft)
http://www.microsoft.com/globaldev/reference/WinCP.mspx

コードページ (Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8



以下,2年ほど前に作った全ロケール情報取得テストプログラム
(GetLocaleInfoW() 使用) の出力から,言語とコードページに
関する部分だけ抜粋.
(元々 Unicode テキストなので一部文字化けしています.)

[4] Locale ID: 0x00000404
LOCALE_SSORTNAME: "画数" (2)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x0404 (LANG_CHINESE, SUBLANG_CHINESE_TRADITIONAL)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x0404 (LANG_CHINESE, SUBLANG_CHINESE_TRADITIONAL)
LOCALE_SLANGUAGE: "中国語 (台湾)" (8)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "CHT" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "中文(繁體)" (6)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "Chinese" (7)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "zh" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 886 (CTRY_TAIWAN)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 886 (CTRY_TAIWAN)
LOCALE_SCOUNTRY: "台湾" (2)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "TWN" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "台灣" (2)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "Taiwan" (6)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "TW" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 950 (ANSI/OEM - Traditional Chinese (Big5))
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 950 (ANSI/OEM - Traditional Chinese (Big5))
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 500 (IBM EBCDIC - International)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10002 (MAC - Traditional Chinese (Big5))

[68] Locale ID: 0x00000804
LOCALE_SSORTNAME: "発音" (2)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x0804 (LANG_CHINESE, SUBLANG_CHINESE_SIMPLIFIED)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x0804 (LANG_CHINESE, SUBLANG_CHINESE_SIMPLIFIED)
LOCALE_SLANGUAGE: "中国語 (中国)" (8)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "CHS" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "中文(简体)" (6)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "Chinese" (7)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "zh" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 86 (CTRY_PRCHINA)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 86 (CTRY_PRCHINA)
LOCALE_SCOUNTRY: "中華人民共和国" (7)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "CHN" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "中华人民共和国" (7)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "People's Republic of China" (26)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "CN" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 936 (ANSI/OEM - Simplified Chinese (GBK))
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 936 (ANSI/OEM - Simplified Chinese (GBK))
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 500 (IBM EBCDIC - International)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10008 (MAC - Simplified Chinese (GB2312))

[83] Locale ID: 0x00000C04
LOCALE_SSORTNAME: "画数" (2)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x0C04 (LANG_CHINESE, SUBLANG_CHINESE_HONGKONG)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x0C04 (LANG_CHINESE, SUBLANG_CHINESE_HONGKONG)
LOCALE_SLANGUAGE: "中国語 (香港)" (8)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "ZHH" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "中文(繁體)" (6)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "Chinese" (7)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "zh" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 852 (CTRY_HONG_KONG)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 852 (CTRY_HONG_KONG)
LOCALE_SCOUNTRY: "中華人民共和国香港特別行政区" (14)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "HKG" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "香港特别行政区" (7)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "Hong Kong S.A.R." (16)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "HK" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 950 (ANSI/OEM - Traditional Chinese (Big5))
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 950 (ANSI/OEM - Traditional Chinese (Big5))
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 500 (IBM EBCDIC - International)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10002 (MAC - Traditional Chinese (Big5))

[90] Locale ID: 0x00001004
LOCALE_SSORTNAME: "発音" (2)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x1004 (LANG_CHINESE, SUBLANG_CHINESE_SINGAPORE)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x1004 (LANG_CHINESE, SUBLANG_CHINESE_SINGAPORE)
LOCALE_SLANGUAGE: "中国語 (シンガポール)" (12)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "ZHI" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "中文(简体)" (6)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "Chinese" (7)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "zh" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 65 (CTRY_SINGAPORE)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 65 (CTRY_SINGAPORE)
LOCALE_SCOUNTRY: "シンガポール" (6)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "SGP" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "新加坡" (3)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "Singapore" (9)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "SG" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 936 (ANSI/OEM - Simplified Chinese (GBK))
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 936 (ANSI/OEM - Simplified Chinese (GBK))
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 500 (IBM EBCDIC - International)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10008 (MAC - Simplified Chinese (GB2312))

[18] Locale ID: 0x00000412
LOCALE_SSORTNAME: "Dictionary" (10)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x0412 (LANG_KOREAN, SUBLANG_KOREAN)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x0412 (LANG_KOREAN, SUBLANG_KOREAN)
LOCALE_SLANGUAGE: "韓国語" (3)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "KOR" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "한국어" (3)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "Korean" (6)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "ko" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 82 (CTRY_SOUTH_KOREA)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 82 (CTRY_SOUTH_KOREA)
LOCALE_SCOUNTRY: "韓国" (2)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "KOR" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "대한민국" (4)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "Korea" (5)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "KR" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 949 (ANSI/OEM - Korean (Unified Hangeul Code))
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 949 (ANSI/OEM - Korean (Unified Hangeul Code))
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 20833 (IBM EBCDIC - Korean Extended)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10003 (MAC - Korean)

[29] Locale ID: 0x0000041E
LOCALE_SSORTNAME: "既定値" (3)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x041E (LANG_THAI)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x041E (LANG_THAI)
LOCALE_SLANGUAGE: "タイ語" (3)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "THA" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "ไทย" (3)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "Thai" (4)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "th" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 66 (CTRY_THAILAND)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 66 (CTRY_THAILAND)
LOCALE_SCOUNTRY: "タイ" (2)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "THA" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "ไทย" (3)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "Thailand" (8)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "TH" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 874 (ANSI/OEM - Thai (same as 28605, ISO 8859-15))
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 874 (ANSI/OEM - Thai (same as 28605, ISO 8859-15))
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 20838 (IBM EBCDIC - Thai)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10021 (MAC - Thai)

[9] Locale ID: 0x00000409
LOCALE_SSORTNAME: "既定値" (3)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x0409 (LANG_ENGLISH, SUBLANG_ENGLISH_US)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x0409 (LANG_ENGLISH, SUBLANG_ENGLISH_US)
LOCALE_SLANGUAGE: "英語 (米国)" (7)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "ENU" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "English" (7)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "English" (7)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "en" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 1 (CTRY_UNITED_STATES)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 1 (CTRY_UNITED_STATES)
LOCALE_SCOUNTRY: "米国" (2)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "USA" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "United States" (13)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "United States" (13)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "US" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 437 (OEM - U.S.)
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 1252 (ANSI - Latin I)
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 37 (IBM EBCDIC - U.S./Canada)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10000 (MAC - Roman)

[70] Locale ID: 0x00000809
LOCALE_SSORTNAME: "既定値" (3)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x0809 (LANG_ENGLISH, SUBLANG_ENGLISH_UK)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x0809 (LANG_ENGLISH, SUBLANG_ENGLISH_UK)
LOCALE_SLANGUAGE: "英語 (英国)" (7)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "ENG" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "English" (7)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "English" (7)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "en" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 44 (CTRY_UNITED_KINGDOM)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 44 (CTRY_UNITED_KINGDOM)
LOCALE_SCOUNTRY: "英国" (2)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "GBR" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "United Kingdom" (14)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "United Kingdom" (14)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "GB" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 850 (OEM - Multilingual Latin I)
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 1252 (ANSI - Latin I)
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 20285 (IBM EBCDIC - United Kingdom)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10000 (MAC - Roman)

[85] Locale ID: 0x00000C09
LOCALE_SSORTNAME: "既定値" (3)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x0C09 (LANG_ENGLISH, SUBLANG_ENGLISH_AUS)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x0C09 (LANG_ENGLISH, SUBLANG_ENGLISH_AUS)
LOCALE_SLANGUAGE: "英語 (オーストラリア)" (12)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "ENA" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "English" (7)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "English" (7)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "en" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 61 (CTRY_AUSTRALIA)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 61 (CTRY_AUSTRALIA)
LOCALE_SCOUNTRY: "オーストラリア" (7)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "AUS" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "Australia" (9)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "Australia" (9)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "AU" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 850 (OEM - Multilingual Latin I)
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 1252 (ANSI - Latin I)
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 500 (IBM EBCDIC - International)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10000 (MAC - Roman)

[12] Locale ID: 0x0000040C
LOCALE_SSORTNAME: "既定値" (3)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x040C (LANG_FRENCH, SUBLANG_FRENCH)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x040C (LANG_FRENCH, SUBLANG_FRENCH)
LOCALE_SLANGUAGE: "フランス語 (フランス)" (12)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "FRA" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "français" (8)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "French" (6)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "fr" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 33 (CTRY_FRANCE)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 33 (CTRY_FRANCE)
LOCALE_SCOUNTRY: "フランス" (4)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "FRA" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "France" (6)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "France" (6)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "FR" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 850 (OEM - Multilingual Latin I)
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 1252 (ANSI - Latin I)
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 20297 (IBM EBCDIC - France)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10000 (MAC - Roman)

[72] Locale ID: 0x0000080C
LOCALE_SSORTNAME: "既定値" (3)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x080C (LANG_FRENCH, SUBLANG_FRENCH_BELGIAN)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x080C (LANG_FRENCH, SUBLANG_FRENCH_BELGIAN)
LOCALE_SLANGUAGE: "フランス語 (ベルギー)" (12)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "FRB" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "français" (8)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "French" (6)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "fr" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 32 (CTRY_BELGIUM)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 32 (CTRY_BELGIUM)
LOCALE_SCOUNTRY: "ベルギー" (4)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "BEL" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "Belgique" (8)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "Belgium" (7)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "BE" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 850 (OEM - Multilingual Latin I)
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 1252 (ANSI - Latin I)
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 20297 (IBM EBCDIC - France)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10000 (MAC - Roman)

[87] Locale ID: 0x00000C0C
LOCALE_SSORTNAME: "既定値" (3)
LOCALE_ILANGUAGE: 0x0C0C (LANG_FRENCH, SUBLANG_FRENCH_CANADIAN)
LOCALE_IDEFAULTLANGUAGE: 0x0C0C (LANG_FRENCH, SUBLANG_FRENCH_CANADIAN)
LOCALE_SLANGUAGE: "フランス語 (カナダ)" (11)
LOCALE_SABBREVLANGNAME: "FRC" (3)
LOCALE_SNATIVELANGNAME: "français" (8)
LOCALE_SENGLANGUAGE: "French" (6)
LOCALE_SISO639LANGNAME: "fr" (2)
LOCALE_ICOUNTRY: 2 (CTRY_CANADA)
LOCALE_IDEFAULTCOUNTRY: 2 (CTRY_CANADA)
LOCALE_SCOUNTRY: "カナダ" (3)
LOCALE_SABBREVCTRYNAME: "CAN" (3)
LOCALE_SNATIVECTRYNAME: "Canada" (6)
LOCALE_SENGCOUNTRY: "Canada" (6)
LOCALE_SISO3166CTRYNAME: "CA" (2)
LOCALE_IDEFAULTCODEPAGE: 850 (OEM - Multilingual Latin I)
LOCALE_IDEFAULTANSICODEPAGE: 1252 (ANSI - Latin I)
LOCALE_IDEFAULTEBCDICCODEPAGE: 20297 (IBM EBCDIC - France)
LOCALE_IDEFAULTMACCODEPAGE: 10000 (MAC - Roman)

> LOCALE_SLANGUAGEなどで、言語を取ろうとすると、
> 同じ中国語(繁体字)でも台湾と香港が別言語として
> 識別されたりして、細かすぎて使えず

言語 ID (LOCALE_ILANGUAGE) を丸ごと使おうとするからそうなります.
PRIMARYLANGID() マクロを使って言語 ID から primary language ID だけを
取り出せば同じ中国語 (LANG_CHINESE) として認識できます.

なお言語 ID は Windows 独自のものだと思うので (未確認),
Windows 以外のシステムとの互換性が必要ならば,言語 ID じゃなくて
ISO639 言語コ...続きを読む

Qラジコンのプロポのアンテナに色のついた旗

もう今はないのでしょうか? 周波数のバンドの種類を色分けしていたと思うのですが、1バンドは何色、2バンドは何色、と分かる方、どなたかいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

だいぶ以前の旧周波数帯の色分けですと、
27MHz、全6バンド
1)茶 2)赤 3)オレンジ 4)黄 5)緑 6)青
40MHz、AとBの2バンドのみ
A)ピンク B)白
となっていました。(ネット上では見つからなかったので酒井栄一著、
「ラジコンヘリコプター入門」昭和54年初版発行から転記しました。)

現在は区分が変わり、27MHzは旧1~6のバンドは2倍した番号のバンド
に相当し、旧バンド中間の周波数を足して増やしたナローバンドによる
全12バンドになっていますので、旧バンドの番号呼称と色分けは現在
使われておりません。
http://www.rck.or.jp/contents/anzen/anzen0101.html#kijun

現在2.4GHz主流でバンドの概念もなくなりつつありますが、27/40/72
のバンド表示はここのフタバのサイトの「バンド区分表」の周波数の文字
の色のプレートかリボンに数字を入れて表示する方法になっています。
http://www.rc.futaba.co.jp/module/index.html
例として72MHzでは青ベースに数字でバンド表示します。
http://www.jrpropo.co.jp/jpn/products/propo/details.php?hen=03966&db_flg=jp_db1

だいぶ以前の旧周波数帯の色分けですと、
27MHz、全6バンド
1)茶 2)赤 3)オレンジ 4)黄 5)緑 6)青
40MHz、AとBの2バンドのみ
A)ピンク B)白
となっていました。(ネット上では見つからなかったので酒井栄一著、
「ラジコンヘリコプター入門」昭和54年初版発行から転記しました。)

現在は区分が変わり、27MHzは旧1~6のバンドは2倍した番号のバンド
に相当し、旧バンド中間の周波数を足して増やしたナローバンドによる
全12バンドになっていますので、旧バンドの番号呼称と色分けは...続きを読む

Q迷惑メールドメインの識別について

私の利用しているプロバイダーは、スパムメール対策として、迷惑メールのメールアドレスの登録とドメインの登録が出来ます。

メールアドレスがいっぱいになったため、ドメインの登録をしたいのですが、
なかに、
yahoo.com
docomo.com
などの大手プロバイダーのドメインもあります。

それで、一般のプロバイダーでなく、個人のドメインとか、偽のドメインを識別したいのですが、いい方法がありましたら教えてください。

すでに、次のサイトなどを使ってみましたが、英語で表示せれ、識別ができません。

------

WHOIS IPドメインサーチ アドレス検索

http://www.cc.rim.or.jp/~gabura/webup/ip.html

------

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずドメインとはなにか、ですが、インターネット上でIPアドレスを人間に理解しやすい形にするために、そのIPアドレスを利用している組織ごとに識別するための文字列を設定し、登録したものです。その登録はレジストリと呼ばれる業者(国によっては非営利団体)がその国ごとに担当しており、日本ではJPNIC(日本インターネットインフォーメーションセンター)、JPRS(日本レジストリサービス)の2つの組織が知られています。これらの日本のレジストリに許されているのは、一番最後がjpで終わるドメインだけであり、それ以外のドメインは別な国で使用され、その国のレジストリが登録業務を行っています。例えばkrで終わるドメインは韓国のドメインであり、krnicと呼ばれる組織が管轄しています。comやnetで終わるドメインはアメリカのドメインであり、ネットワークソリューションズ社など複数の組織が知られていますね。

で、ドメインの管理がもともとこのように国ごとに分かれていますので、海外のドメインについての登録情報が英語で(もしくは現地の言葉で)行われているのは仕方のないことです。日々、登録や抹消が行われているドメイン名全体について、いちいち登録情報を日本語に訳して提供することは現実的に不可能です。
よって、英語で表示された情報を元に、その正体を何とか探る努力は、やむを得ないと言わざるを得ないのです。

現時点ではドメイン名ベースの迷惑メール対策は既に時代遅れであって、プロバイダが学習型の迷惑メールフィルターサービス(迷惑メールによく使われるような単語を統計処理し、そのメールが迷惑メールかどうかをチェックするシステム)を提供しているのであればそちらに乗り換えたり、PCにインストールするタイプの迷惑メール対策ソフト(ノートンインターネットセキュリティやウィルスバスターなど)に乗り換えるのも良いかもしれません。

役に立たない回答で申し訳ありませんが…。

まずドメインとはなにか、ですが、インターネット上でIPアドレスを人間に理解しやすい形にするために、そのIPアドレスを利用している組織ごとに識別するための文字列を設定し、登録したものです。その登録はレジストリと呼ばれる業者(国によっては非営利団体)がその国ごとに担当しており、日本ではJPNIC(日本インターネットインフォーメーションセンター)、JPRS(日本レジストリサービス)の2つの組織が知られています。これらの日本のレジストリに許されているのは、一番最後がjpで終わるドメインだけであり...続きを読む

Qラジコンのプロポ設定

初心者です。新しくドリフトラジコンを始めたんですが…バックの時うまく高回転してくれません!ゆっくり徐々には回りだすんですが…何を設定していいかもわからずてんてこまいです。誰か教えて下さい!フタバの4PL-2・4G s-FHSSですそれとも故障!

Aベストアンサー

先にコメントさせて頂いた者です。

その後どうなったか気になってたりします。

判ってしまえば簡単な事って良くありますよね。

もしアンプ側の設定だったとすれば、今回の問題をクリアした時点で自分の経験値を上げる事に。

その積み重ねは大変かもしれませんが、初心者卒業へ大きな一歩を体験できたと喜んで頂ければ私も嬉しいです。

楽しきRCライフを♪

QVBAの文字列で「"」を識別したい。

何度もすみません。
日本語、英語の文字列をソートしています。
最後に"○○"という表示で「"」の識別と抽出・削除ができません。
"""となってしまい、エラーになります。
解決方法を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お世話になります。

Replace 関数が便利です。


Dim text As String
text = """" & "hage" & """" & "hoge" & """"

' イミディエイトウィンドウに出力
Debug.Print text

' 取り除く
Dim removedText As String
removedText = Replace(text, """", "")

' 取り除いた結果をイミディエイトウィンドウに出力
Debug.Print removedText

参考URL:http://www.geocities.jp/cbc_vbnet/function/mojireyu_function.html#replace

Qラジコンのプロポなど

ラジコン始めようとしているのですが、よくわからないのでどうかご教授願います。まず1/10スープラのボディがあるので流用します。そこまではいいのですが、プロポとかわからないもので、、、まず最低2chが必要ですよね?そこにギミックを色々つけたいのでまずほとつめとして電装したいのと電動ガルウィング化などで計10こほどのモーターが必要なのですが、それに対応しているモデルなどはありますか?またリアルタイムカメラでFPVの様な感じで操縦したいのですが、そのような場合はどれを買ったりすればいいのかご教授願います。

Aベストアンサー

趣味でヘリや飛行機で飛ばしていて車の方は強風時のお遊びでしかやっていませんが、車用の送受信機を空用に使うのは問題があるが、その逆は問題ないとされています。ただしこれは電波の到達性の問題に関してであり使い勝手ではありません。

空用も車用も受信機から出る信号は同じです。
空用の送信機はスイッチがたくさんついていますが、スイッチがそれぞれのチャンネルに割り当てられているというよりも、もっと深雑な用途に使う場合を想定しています。
直接操作するのは飛行機などであは、スロットル、エルロン、ラダー、エレベーター、フラップ、引込脚、スポイラーなどですが、引込脚などを除いて飛行機は速度や離着陸時などの状態に応じて、舵の効きを複合して調整するためのモードスイッチとして使用することが多いです。
このため各チャンネルを同時に操作する複雑な設定ができるようになっています(ミキシングと呼んでいます)。

このあたりは複雑なのでNo1の方も模型屋さんなどで聞くことを勧めているのだと思います。

空用の送受信機としては日本のフタバ産業とJRプロポが世界的にも定評がありましたがJRプロポはほとんど倒産に近い状態ですのでフタバ産業のホームページを紹介します。

空用プロポセット
https://www.rc.futaba.co.jp/propo/index.html

その取扱説明書
https://rc.futaba.co.jp/dl_manual/index.html

見ていただければわかりますが、かなり複雑です。実際に飛ばしている人も必要なところだけ理解してわからないところは仲間に聞く場合が多いです。

受信機からの信号はPWMという一定時間内のパルス幅を調整することでアナログ的な値としています(今は実際にはデジタル処理です)。

モーターのコントローラーやライトのコントローラーなどはこのPWM信号を元に必要な出力に変換するものを介して制御することになります(昔はこれをチャンネル分つなげて送りましたが今は、デジタルなのでもう少し賢い方法も使われています)。

複雑なミキシングはあまり使う必要が無ければ送信機側はチャンネルをどのスイッチやレバーに割り当てるかの単純なことになります。

後は受信機からの信号で制御できるようにすれば良いのでしょう。
車の本体関係の値段は良くわかりませんが、PWMの信号からマーたーの速度に変換したりLEDなどの出力をオンオフするものは結構あるはずです。
マイコンを使えるなら自作した方が早いでしょう。

わかれば簡単ですが、システムが理解できないと、また理解できても必要なものがあるのか無いのか調べるのは結構大変なのでやはり相談できる模型屋さんを見つけることが早道だと思います

趣味でヘリや飛行機で飛ばしていて車の方は強風時のお遊びでしかやっていませんが、車用の送受信機を空用に使うのは問題があるが、その逆は問題ないとされています。ただしこれは電波の到達性の問題に関してであり使い勝手ではありません。

空用も車用も受信機から出る信号は同じです。
空用の送信機はスイッチがたくさんついていますが、スイッチがそれぞれのチャンネルに割り当てられているというよりも、もっと深雑な用途に使う場合を想定しています。
直接操作するのは飛行機などであは、スロットル、エルロ...続きを読む

QDTDにおける公開識別子について

DTDにおいて、公開識別子を使用して外部DTDの参照、もしくはエンティティ宣言を行う場合、公開識別子からその内容をXMLパーサが解析可能である場合システム識別子は省略可能です。
質問なのですが、これはパーサがどういった挙動をとっているのでしょうか。XMLパーサにシステム識別子と公開識別子のマッピングが定義してあるのでしょうか??
ご存知の方ご教示ください。

Aベストアンサー

まず,XMLではシステム識別子を省略できません。

http://www.w3.org/TR/REC-xml/#NT-doctypedecl

おそらく公開識別子のみでできる、というのはSGMLの話です。
僕はSGMLについて詳しくありませんが,
どうやら
http://www.kanzaki.com/docs/html/doctype.html#fpi
にあるような
「SGML Open catalog」という定義用のファイルを書くことができるようです。

#俺の予想だけど,当時は常時接続って稀で文書インスタンスのシステム識別子としてファイルパスを与えるのが一般的だったのかもしれない。マシンを移動する度に毎回システム識別子を書き換えるのは面倒だから外部にあるのも解らんでもない気がする。相対URIで書いて二つのファイルを持ち歩けばよかったんじゃないかと思うと,何か違うような気もするが。いずれにしても俺の予想だから当てにしてはいかんぞ。

Qラジコンのプロポは日本で作られている?

特に機能に関する質問ではないのですが,フタバやJRが販売しているプロポは
日本にある工場で製造されているのですか?プロポの裏面にはmade in japanと
書いてあるものなのでしょうか.
ご存知の方がいらっしゃったら一言教えて頂きたいです.

Aベストアンサー

No.2・3&4です。
No.5回答者様の仰るとおり、成る程KOは「全ての設計製造は日本国内」を
アピールしていますね。カタログ末尾にも堂々記載されています。
http://www.kopropo.co.jp/pdf/05_06KOCatalogue_LOW.pdf
ラジコンカーについてはは全く疎いので知りませんでした。勉強に
なります。

この「海外生産」については、確かに過去パソコンで国内企業が価格と
開発期間で太刀打ち出来なくなり、海外生産品ばかりになったところ、
約5%、すなわち20台に1台は購入時初期不良という状況になりました。
また、今日でも中国製の安定化電源では「中国製なので記載の最大W数
の70%を最大とする様に」と「中国製だから」スペックどおりではない、
という免罪符が通用する状況も疑問ではありますが、フタバ・JRに
限って言えば(サンワは飛行機・ヘリで使用を見る事はまず無いので
解りませんが)、初期不良、いわゆる「外れに当たった」という話は
経験上まず無いので大丈夫だと思います。

機体等で海外製では未だに品質が完璧でないところがあるのも事実
ですが、「国内ブランド」で供給されるものは現在信頼性は十分です。

No.2・3&4です。
No.5回答者様の仰るとおり、成る程KOは「全ての設計製造は日本国内」を
アピールしていますね。カタログ末尾にも堂々記載されています。
http://www.kopropo.co.jp/pdf/05_06KOCatalogue_LOW.pdf
ラジコンカーについてはは全く疎いので知りませんでした。勉強に
なります。

この「海外生産」については、確かに過去パソコンで国内企業が価格と
開発期間で太刀打ち出来なくなり、海外生産品ばかりになったところ、
約5%、すなわち20台に1台は購入時初期不良という状況になりました。
また、今...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報