タイトルのまんまです。

先日、60代後半の方たちと話しをする機会があったのですが、
昔の思い出話の中で、誰かの口から「鼻くそ丸めて万金丹」という言葉が出ました。

やけに懐かしい気持ちになったので、私もいつかどこかで耳にした言葉なのだと思います。
でも、いつ頃、どんな場面で聞いたり(言ったり?)したのかは覚えていません。
当時の流行り言葉だったのでしょうか…?

皆さんはいかがですか?
聞いたり言ったりしたことはありますか?
いろいろと教えていただけませんか?
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

その昔(もう55年にもなるでしょうか)、母親から教わりましたね。


前の方がおっしゃっているように覚えている限りでは、
「越中富山の万金丹、それを飲むやつアンポンタン」
「鼻くそ丸めて万金丹、それを飲むやつアンポンタン」
でしたか。
どういう由来でそういう言葉になったかは知りませんが、
当時はうちには確か赤い引き出しがついた薬箱があって、富山の薬屋さんが定期的(半年に1回くらい?)に来て玄関で使った分の薬の補給や交換をしていました。
中には、なにやらあやしい袋入りの薬(熊の胆?)やら丸薬(それこそ鼻くそを丸めたような)やら赤チン・ヨーチン・包帯などが入っており、みんなやけに古めかしい包装で聞いたことのないような薬品名・会社だったような覚えはあります。漢方薬も多かったのではないでしょうかね。
薬屋さんが帰ってからよく上記のはやし言葉を大声で言っていた記憶はあります。
今も救心やら正露丸を見るたびにこの言葉を思い出してしまいますよ。(もしご利用ならゴメンナサイ!)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

あっ!
回答者様は、実際に子どもの頃に言っていたのですね!
富山の薬屋さんがご自宅に来ていたのですか?!
私は母方の祖父母宅で富山の薬屋さんが大きな箱を背負って来ていたのを見たことがあります。
確かに、回答者様がおっしゃるように、何やら怪しいような古めかしいような包装の薬だったと思います。
薬屋さんのオジサンが私と妹に紙風船・独楽・折り紙をくれました。
とっても嬉しかったですよ~。(^^♪

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろと調べていたんですよ。
どうやら、「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっていますが、
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だったそうですよ!

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
そんなことが言葉の由来のようですよ~。(^^)v

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたことからか、
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
随分とメチャクチャなことを言っていたものですよね。
でも、言葉のリズムや語呂が良いので、子どもたちは喜んで使いそうですよね。(^_^;)

>「越中富山の万金丹、それを飲むやつアンポンタン」
>「鼻くそ丸めて万金丹、それを飲むやつアンポンタン」

>薬屋さんが帰ってからよく上記のはやし言葉を大声で言っていた記憶はあります。
>今も救心やら正露丸を見るたびにこの言葉を思い出してしまいますよ。(もしご利用ならゴメンナサイ!)
きっと、回答者様も子どもの頃は意味もわからずに、ただ面白がって言っていたのでしょうね。(^_^;)
古き良き時代の思い出が懐かしいですよね!

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
手の痛みは随分と楽になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:23

すごく小さい頃、子どもたちをよく笑わせてくれる叔父から


それらしき言葉を聞いた記憶はあるのですが、
「鼻くそ丸めてマメキンタン」でした!

なんか、節もありましたよ。
「ハァナクッソ♪マァ~ルめって♪マァァ~~ァメ♪キィ~ン♪タンッ♪!」
みたいな。

叔父は子どもたちを笑わせようとして言って(唄って?)いた記憶です。
「マメ」のところで長く引っぱるので、そこで私たち子どもは大笑いしていました。
そして、「タンッ♪!」で、子どもたちのうち一人の鼻の頭を、人差し指で
ポンと軽く叩くように指すんです。
みんな、誰に当たるかワクワクでした。
でも何故「マン」の部分が「マメ」だったのでしょうね・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「鼻くそ丸めてマメキンタン」でした!
わ~!
マメキンタンでしたか~。

>なんか、節もありましたよ。
>「ハァナクッソ♪マァ~ルめって♪マァァ~~ァメ♪キィ~ン♪タンッ♪!」
>みたいな。
読んだだけなのに、私もすぐに唄えましたよ!(^^♪
初めて聞いた(見た?)のに不思議ですね。
きっと、回答者様の書き方と説明が上手だからなのでしょうね!(^^)v
ありがとうございます!

叔父様のこの唄とアクションは、今の子どもたちも大喜びしそうですよね。
鼻の頭をチョンッ!と突いてもらうと嬉しいでしょうね!(*^_^*)

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろと調べていたんですよ。
どうやら、「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっていますが、
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だったそうですよ!

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
そんなことが言葉の由来のようですよ~。(^^)v

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたことからか、
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
随分とメチャクチャなことを言っていたものですよね。
でも、言葉のリズムや語呂が良いので、子どもたちは喜んで使いそうですよね。(^_^;)

他にも
NO9の回答者様からの情報では
ちびまる子ちゃんの映画の中で「豆ジンタン」と言っていたそうです。
回答者様の叔父様は「マメキンタン」(^^♪
いろいろとアレンジがあるようですね。


職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:31

私が知っているのは、万金丹、ではなくて


豆ジンタンなのですが・・・

“ちびまる子ちゃん”の一部で見ました。

元は“仔馬の歌”という歌で(名曲らしいのですが^^;)

濡れた仔馬のたてがみを
なでりゃ両手に朝のつゆ
呼べばこたえてめんこいぞ
オラ かけていこかよ丘のみち
ハイド ハイドウ丘の道

という歌詞です。

その替え歌で

山の奥のクスリ屋さん
ハクボク削って 粉グスリ
馬の小便 水グスリ
オラ 鼻くそ丸めて豆ジンタン
それを買うのはアンポンタン

というのが昔流行ったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>“ちびまる子ちゃん”の一部で見ました。
わ~!
私は知りませんでした~!

調べてみると…
「めんこい仔馬」の替え歌みたいですね。
まる子ちゃんは、父のヒロシから教わったらしいのですが、
なんとも悲しいような淋しいような複雑な心境になったみたいです…。(^_^;)

本物の囃子言葉のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっていますが、
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だったそうですよ!

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろと調べてみました!
中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
そんなことが言葉の由来のようですよ~。(^^)v

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたことからか、
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
お前のかぁちゃん…がイキナリ出てきます。
何ともメチャクチャですが、こどもが喜びそうなリズムと語呂合わせですね…(^_^;)

「萬金丹」の部分が、「豆きんたん」や「豆じんたん」といろいろなアレンジがあるようですね。

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:29

言ってましたねぇー


ただ、かなり昔です。小学校??でしょうか・・・
誰かがそれを丸めて言っていたような記憶があります。
マンキンタンですが、当時はどんな漢字や意味なのか分からずマンキンタンという何かの語呂合わせなのだろうな、という感じでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ!
回答者様も子どもの頃に言っていましたか~!
でも昔のことなので記憶が曖昧になっているようで…。

私は50代半ばのオバサンですが、
はっきりとした記憶はないのですが、何故か懐かしさを感じました。
なので、もしかしたら言ったり聞いたりしたのかも知れません。

質問文にも書きましたが、先日、年長者の方たちとの酒席で耳にしました。
懐かしい気持ちはあったのですが、意味もわからないし、
「まんきんたん」と言う言葉の響きから、ヘタすりゃ下ネタかも知れないし…(*_*;
でも、いくら酒席とはいえ馬鹿な話題を口にするような方たちではないし…(@_@;)
聞こえなかった振りをしてお隣の席の方と話をしていました。
そんなことからこの質問に相成りました。

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろと調べてみました!
下ネタかも知れない…なんて考えてしまったことを恥じています。(-_-;)
なんて不謹慎な私、どんだけ頭の中がおかしいのか、お恥ずかしい限りです。<m(__)m>

どうやら、「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっていますが、
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だったそうですよ!

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
そんなことが言葉の由来のようですよ~。(^^)v

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたことからか、
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
随分とメチャクチャではありますが、子どもが喜びそうな言葉のリズムや語呂ですよね。(^_^;)

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:25

「萬金丹」は今でも売ってますので、あまり変なこと書かないでね(笑)。



萬金丹は胃腸の薬のようで、昔伊勢参りに行った客への「携帯薬」として話題になったようですね。
現在のものも、丁子やモッコウ、ケイヒなどが含まれていて「ああ、なるほどね」という感じでした。

見かけが確かにハナクソというか、似てますよね(笑)。
あ、俺も変なこと書いてるな…スイマセン(汗)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「萬金丹」は今でも売ってますので、あまり変なこと書かないでね(笑)。
はい…。
ごめんなさい…。<m(__)m>

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろ調べていました。
中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。

そんなことから出来たと思われるのですが、
「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)です。
NO4の回答者様もおっしゃっています。
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だそうですよ!

正露丸の様な物をイメージしたのですが、
NO3の回答者様からの情報によると、
>「石より硬い万金丹」と言ってました。
だそうです。
同じ富山の薬で「赤玉」と言うのがあったと思うのですが、そんな感じなのかなぁ…。
「反魂丹」も「萬金丹」も、気付け・解毒の妙薬だそうですね。
でも、成分から想像するに、苦そうです…(T_T)

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたそうです。

「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
語呂やリズムが良いので面白いのですが、随分とメチャクチャなことを言っていたものですよね。
あ、私も由緒正しい富山の薬のことを鼻くそ呼ばわりしちゃって…スイマセンでした。(*_*;

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:17

伝統的には「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて万金丹、それを飲むやつぁアンポンタン」と言う囃子言葉。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

>伝統的には「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて万金丹、それを飲むやつぁアンポンタン」と言う囃子言葉。

わ~!
そうです!
皆さんのご回答を拝見しながら、私もいろいろ調べていました。
回答者様のおっしゃる通りの言葉に辿り着きました。
回答者様はいろんなことをご存知なのですね!(いつも感心しています)
回答者様も、子どもの頃に言っていたのかなぁ?

皆さんからのご回答を拝見しながら、私も調べてみました。
中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたそうです。

「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
子どもの頃は、意味もわからずメチャクチャなことを言っていたのかも知れませんね。(^_^.)

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:12

神奈川県で育った40代半ばの主婦ですが、私は子供の頃から言った記憶も聞いた記憶もないです。



どこかの地域限定で言われていた言葉なのでしょうか。

どういう状況で言われた言葉なのか、とても興味が湧いているので私も一緒に回答を楽しみに見させていただきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

神奈川県の40代の回答者様は、言った記憶も聞いた記憶もありませんでしたか~。
私は50代半ばのオバサンですが、
はっきりとした記憶はないのですが、何故か懐かしさを感じました。
なので、もしかしたら言ったり聞いたりしたのかも知れません。

質問文にも書きましたが、先日、年長者の方たちとの酒席で耳にしました。
懐かしい気持ちはあったのですが、意味もわからないし、
「まんきんたん」と言う言葉の響きから、ヘタすりゃ下ネタかも知れないし…(*_*;
でも、いくら酒席とはいえ馬鹿な話題を口にするような方たちではないし…(@_@;)
聞こえなかった振りをしてお隣の席の方と話をしていました。

いろいろと調べてみました!
下ネタかも知れない…なんて考えてしまったことを恥じています。(-_-;)
なんて不謹慎な私、どんだけ頭の中がおかしいのか、お恥ずかしい限りです。<m(__)m>

>どういう状況で言われた言葉なのか、とても興味が湧いているので私も一緒に回答を楽しみに見させていただきますね。
「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)を報告しますね。
NO4の回答者様もおっしゃっています。
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だそうですよ!

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
でも、「反魂丹」も「萬金丹」も、気付け・解毒の妙薬だったそうですよ。

NO2の回答者様もおっしゃっていますが、
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたそうです。

「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
語呂合わせといい、リズムといい、何とも面白い言葉ですが、もうメチャクチャですよね。(^_^.)

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:04

追加情報です



「石より硬い万金丹」と言ってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ありがとうございます!

>「石より硬い万金丹」と言ってました。
え~?!
万金丹って、固い物だったのですか~?!
私はてっきり、正露丸のような物をイメージしていました…。
だって…、鼻くそだし…(^_^;)
ウサギのフンのような感じを想像していました…。
同じ富山の薬で「赤玉」(でしたっけ?)みたいな粒なのかなぁ…。

先のご回答に加え、貴重な情報も頂き感謝しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 12:43

薬の名前だったでしょう?



飲み薬は馬の小便。粉薬は何かの耳クソ。丸薬は鼻くそ。

子供のころは何かと色んな事を言って遊んだ覚えがあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>薬の名前だったでしょう?
中国伝来の「反魂丹」(はんごんたん)が元祖だそうです。

いろいろ調べてみました!
中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。

>飲み薬は馬の小便。粉薬は何かの耳クソ。丸薬は鼻くそ。
そうです!
今回、いろいろ調べているうちに、この言葉にも辿り着きました!
私は、鼻くそ丸めて…も、馬の小便…も、しっかりとした記憶は残っていなくて、
何となく懐かしい感じがした程度なのですが…。

「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっています。
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だそうです…。

「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
語呂合わせといい、リズムといい、何とも面白い言葉ですね。

>子供のころは何かと色んな事を言って遊んだ覚えがあります
そうですよね~。
私は50代半ばのオバサンですが、
子どもの頃は、意味もわからず結構メチャクチャなことを言っていたのですね…。(^_^.)
子どもの頃の古き良き時代が懐かしく思い出されます。

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 12:31

昔におちょくり言葉で使ったことがありますね。



お前のかーちゃんでべそなど・・・

ちなみに40代のおっさんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

40代の回答者様は、昔に使ったことがありましたか~!

>おちょくり言葉…
>お前のかーちゃんでべそなど・・・
懐かしいですね~(^_^;)
♪デ~ブ、デ~ブ、百貫デ~ブ、お前のかーちゃん、で・べ・そっ♪
子どもの頃に流行りました。
お恥ずかしいです…(-_-;)

さて…
私の質問の「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)ですが、
NO4の回答者様もおっしゃっています。
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だそうです…。

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。

NO2の回答者様もおっしゃっていますが、
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたそうです。
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
語呂合わせといい、リズムといい、何とも面白い言葉ですね。

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 12:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痰(たん)吸引

高齢者の入院時や寝たきりで、重度な方に良く行われている痰吸引。


コレらの知識に詳しい方や経験された方々へのご質問になります。


私の母ですが、やむを得ず痰吸引を免れない状態が続いておりまして……

その吸引に関して心配な事が一点あります。


痰吸引を始めて3日目に病室を覗くと吸引タンク内がピンク色で所々、血液が混ざっており。
口の周りも乾いた血が付着してました

喉と鼻からの両方から管を入れ吸引してます。


私なりに思ったのは管の先端が粘膜や壁にあたり傷つき、出血。


やはり、これは看護師さん個々の技術が問われるんでしょうか?


約5名のスタッフが交代で看護にあたられてます。


今後、出血させずに痰吸引するのは可能でしょうか?


何か良い方法が有れば、ご回答の程、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

現役病棟ナースです。
自分で痰を上手に出せない患者さんに喀痰吸引を行う場合、喀痰吸引の際に、口腔内出血・鼻腔内出血が起きてしまうのは、ナースの技術の有無に関係なく、残念ですが、できてしまう事象であります。

原因としては、まず、唾液分泌の低下・免疫力低下・もしくは薬剤性(血栓予防の薬を使用している患者さんは、出血しやすい状態です)などに伴う、出血を起こしやすい状態であることがあります。寝たきりの患者さんは、食べ物を口から食べたり、といった自然な行為が行われていない場合が多く、唾液の分泌能力が低下しており、口の中もカラカラで細菌が繁殖しやすい状態です。
定期的な口腔ケアを行っているはずですが、それだけではなかなか乾燥が追い付かないもので、歯科医による口腔ケアも追加して行ったり、口腔内の乾燥を防ぐ保湿剤なども売られているので、そういったものを口の中に塗るだけでも、出血を防ぐことにもつながります。口腔内の乾燥は、口腔内・鼻腔内の少しの刺激でも出血しやすくなってしまうのです。また、頻回にうがいなどを介助してあげることも乾燥を防いでよいです。

当院では、喀痰吸引の刺激で、出血する患者さんには、細いタイプのチューブに変更したりもしています。通常は12Fr(フレンチ:チューブ内径を示す値です)のチューブを使用していますが、出血傾向が強かったり、鼻腔が小さいと思われる患者さんは体格におうじて、10~8Frなど小さめのチューブを選択しています。(しかし、病院の規模によっては、十分なチューブの在庫がない場合も多く難しいかもしれません)

喀痰吸引の一番の目的は、痰貯留による誤嚥性肺炎(痰が気管に落ち込むことによる肺炎)の予防と、無気肺(痰づまりによる肺の閉塞・呼吸困難)の予防にあります。
もちろん、喀痰吸引による出血の弊害は、防ぎたい事象ですが、喀痰吸引をやめることはできず、さまざまな原因で、ゼロにはできないというのが現状と思います。

現役病棟ナースです。
自分で痰を上手に出せない患者さんに喀痰吸引を行う場合、喀痰吸引の際に、口腔内出血・鼻腔内出血が起きてしまうのは、ナースの技術の有無に関係なく、残念ですが、できてしまう事象であります。

原因としては、まず、唾液分泌の低下・免疫力低下・もしくは薬剤性(血栓予防の薬を使用している患者さんは、出血しやすい状態です)などに伴う、出血を起こしやすい状態であることがあります。寝たきりの患者さんは、食べ物を口から食べたり、といった自然な行為が行われていない場合が多く、...続きを読む

Q10代、20代、30代、40代、50代、60代・・

例えば・・・
19歳から20歳になった瞬間
29歳から30歳になった瞬間
39歳から40歳になった瞬間
49歳から50歳になった瞬間
59歳から60歳になった瞬間・・・

皆さんは、どの瞬間がショックでしたか?
“あー、もう○○代突入かぁー”みたいに感じたのは、どの年代になった瞬間でしたか?

あるいは、これからその年代を迎えるとしたら、どの瞬間がショックですか?

Aベストアンサー

まだ1年と4ヶ月ほどありますが、60歳になった瞬間でしょう。
やはり「還暦」と名がつく節目はショック(というより感慨)でしょうね。
50代突入までは「あっという間」だったのでショックも実感もそれほど無かったのですがね。
*それにしても今年もショックでしたよ、小学校のクラス会は卒業45周年記念!!とうとう子供二人共は30歳を超えてしまいました!!これにも感慨はひとしおでしたね、それにくわえてあと大台まで1年4ヶ月ですか・・!!ああ~!!!

Q痰吸引の方法について

老人施設の介護士です。

ある日痰吸引をしていたら、その家族がきて「病院では看護婦さんは皆、ベッドをキャッヂアップして痰吸引していた」とご指摘を受けました。
ご存知かと思いますが痰吸引は医療行為なので、本来介護士はできないはずですが、やっているのが実情です。私もあまりきちんとした指導も受けず、みようみまねでずっと痰吸引をしていました。それでつい、「ここでは痰吸引するのにギャッヂアップして行うという風には聞いていないので」と言ったところ、そのご家族の方は大変機嫌を害してしまい、施設内でも大きな問題になってしまいました。

家族の方がいう痰吸引する時のギャッヂアップは角度が45度くらいにしてのようでした。私はそんなでやったら、痰がのどの奥の方に流れてあまりひけないのではないかと思います。私は痰吸引する時はギャッジが緩やかな方が取りやすいと思うのですが、痰が逆流して危険だという人もいます。しかし、それは目の前で吸引器でもってバキュームするのだからあまり危険だと思わないのですが。

実際後で聞くとギャッジアップして吸引している人が多かったのですが。。はっきり痰吸引はギャッヂアップして行うものだと決まっているのでしょうか?

施設で看護師さんの痰吸引をみても、そんなにギャッヂアップしていませんでした。今現在は施設の中でも「ギャッヂアップして痰吸引するのが基本だ」と言ってますが、今までそう聞いていなかったので、今ひとつスッキリしません。別にのけぞらせているわけでなく、ややフラット気味で痰吸引するのはまちがっていたんでしょうか?

老人施設の介護士です。

ある日痰吸引をしていたら、その家族がきて「病院では看護婦さんは皆、ベッドをキャッヂアップして痰吸引していた」とご指摘を受けました。
ご存知かと思いますが痰吸引は医療行為なので、本来介護士はできないはずですが、やっているのが実情です。私もあまりきちんとした指導も受けず、みようみまねでずっと痰吸引をしていました。それでつい、「ここでは痰吸引するのにギャッヂアップして行うという風には聞いていないので」と言ったところ、そのご家族の方は大変機嫌を害してしま...続きを読む

Aベストアンサー

別にどちらが正しいという事はありません。
取り易い&ご本人が楽な姿勢で取ってあげてください。

病棟のやり方が正しい と盲目的に信じている方は多いですが、その時その時の状況によって「最適なやりかた」は変わります。

もしその方が、胃入口の閉じが悪くて、むせたりしてお腹に圧が加わるとしょっちゅう逆流を起こすような場合でしたら、それを少しでも抑制するためにベッドをギャッチアップする事には意味があります。

病院ですと、ベッドの高さが固定されている事が良くありますので、単にナースのやり易い高さに合わせるためにギャッジアップしていただけかも知れませんよ。

ちなみに、福祉関係者はむせる場合やたらと上体を起こしたがりますが(食道と気道の位置関係を理解していない証拠です。)、背臥位と較べギャッジアップすればするほど、痰は気管に入り易くなります。

その方は、どんな部位にどのような障害があることで嚥下困難な状態なのか、きちんとナースに教えてもらうと良いでしょう。(分らないナースしかいないとなると困っちゃいますね。)

以上、ご参考まで

別にどちらが正しいという事はありません。
取り易い&ご本人が楽な姿勢で取ってあげてください。

病棟のやり方が正しい と盲目的に信じている方は多いですが、その時その時の状況によって「最適なやりかた」は変わります。

もしその方が、胃入口の閉じが悪くて、むせたりしてお腹に圧が加わるとしょっちゅう逆流を起こすような場合でしたら、それを少しでも抑制するためにベッドをギャッチアップする事には意味があります。

病院ですと、ベッドの高さが固定されている事が良くありますので、単にナー...続きを読む

Q20代後半~30代前半(男女問わず)の人に聞きたい

年末から貯金始めました。少しずつ貯まります。そこで、もし貯金している人は 1.年齢(~代前半や後半という形で)2.性別 3.なぜ貯めるか?(~が欲しいから、に始まり将来のため(?)まで)を聞かせてください。(一応お金の問題ですからモラルを守ってください)

Aベストアンサー

もう一つ項目がないと、貯金額や理由が異なってきますよ。

既婚、未婚、子供の有無
です。
私、30前半
独身時代は、休日が友達と異なるため交際費それほどいらなかったし、ボーナスも手付かずに近いと、1年で100万ためました
一応、「車」と有給、振り休が貯まったら旅行したかったので、その費用にも使えれたらと。

結婚したら、家のローン返済を1日でも早く終わらせたい!という願いから貯金。でも、修理や家電、家具の追加購入、家以外の工事費でなかなか貯まらず。
子供ができれば、さらに。助成金といってもあっという間に使っちゃうし。
今、子供が成長し、なんとか家のローン返済と車を買い替えなくてはいけないので、その費用のために貯金中。でもねぇ~、子供の教育費が今春から跳ね上がるので、貯金切りくずしかなぁ~。

Q痰の吸引を強要されています

特養の介護職として勤務しています、夜勤帯看護師が不在の為、痰の吸引が必要な利用者の吸引をするように要請がありました。
今までも吸引行為自体は違法と分かっていて行っていたのが現状ですが、今回のケースは2時間毎に行わないと、窒息の危険性があり万が一のことが起きたとき責任を問われるのは介護職だと思います。
実情として痰の吸引が日常的に医療職以外の人によって行われていることも分かってるんですが、余りにも利用者の適切な医療を受ける権利が無視されているようでどう対応していいのか悩んでいます。
同様な問題に対応されているかたアドバイスをください。

Aベストアンサー

私は老健で介護職で働いています。私も普段から吸引のことについては、疑問を感じています。昨晩は夜勤で私の場合は2人の方の吸引業務があります。一人は口から行うので私たち介護の立場でも可能なのですが、もう一人の方は歯がそろっているため鼻からの為、夜勤看護師に連絡を取り痰をとってもらっています。ただ前者の方は約6時間毎、後者の方は明らかに痰がからんで苦しい状態のみです。で昨晩は二方ともよく寝てらっしゃてたので、止めました。で私たちの老健で問題になっているのはこの私の行為を認めてくれる看護師と認めない看護師が居るって事なのです。
私の場合は吸引することはためらいはないですが、あくまでもそれは本当に苦しんで自己喀痰できない利用者を助けるという前提の基においての事です。
kyochan32さんの場合の利用者は特養に居ていいのでしょうかと疑問を感じます。2時間毎の吸引を要している人はすぐにでも療養型医療施設に移ってもらうのがその利用者の為ではないのでしょうか!
以前私の父が気管支炎で救急車で運んだ時、痰絡みで苦しい時は吸引を適宜行ってましたが、入院当初の夜(私は付き添いで泊まった)の事ですが、貯留音を響かせ寝ている父に対し、一度も吸引を行わなかったのです。その事を疑問に感じ、仲のいい看護師に質問したのですが、痰を引いてもまた新たに痰が出てくるそうです。痰の引き過ぎ、間違った吸引は肺炎を招く危険性があるそうです。
父もあんな苦しいもんは無いぞって、いまだに吸引の辛さについて語ってくれます。

私は老健で介護職で働いています。私も普段から吸引のことについては、疑問を感じています。昨晩は夜勤で私の場合は2人の方の吸引業務があります。一人は口から行うので私たち介護の立場でも可能なのですが、もう一人の方は歯がそろっているため鼻からの為、夜勤看護師に連絡を取り痰をとってもらっています。ただ前者の方は約6時間毎、後者の方は明らかに痰がからんで苦しい状態のみです。で昨晩は二方ともよく寝てらっしゃてたので、止めました。で私たちの老健で問題になっているのはこの私の行為を認めてく...続きを読む

Q50代60代男性に聞きます。

食べる量はどのくらいですか?
私の伯父さん(54歳)は1食でご飯を2.5合食べるのですが大食いですか?

Aベストアンサー

2.5合って、山盛り2杯位ですよね
それは大食ですよ
最近は1合で十分です

Q気管カニューレのサイドチューブからの痰の吸引

気管切開患者の家族で、医療関係者ではありません。気管カニューレのサイドチューブからの痰の吸引は、看護師さんのやり方を見ているとサイドチューブの口を吸引器の接続管で完全に覆うようにされていますが、一度教えてもらった後に自分でやってみると、少し隙間を開けたほうが良く吸引できるように思いました。看護師さんのやり方のように、隙間を開けてはいけない医療的な理由が何かあるのでしょうか?

Aベストアンサー

特に理由はありません。
引きやすい引き方で問題無いです。
粘度の非常に高い分泌物が、カニューレ側の吸引口を塞いでいる場合は、少し隙間を開けて陰圧の具合を変化させたほうが引きやすくなると思います。
それか、空気を巻き込んで吸引することで、分泌物が泡立ち嵩増ししたのをみて、たくさん引けたと思われているだけかもしれません。

Q十代後半から二十代前半の女性に聞きます。

十代後半から二十代前半の女性に聞きます。

あなたの好きな男性の髪型を教えて下さい。

あと、僕は沢村一樹のもう少し幼いみたいな顔なんですが、どんな髪型が似合うでしょうか?

ちなみに高2です。


好きな髪型だけでも教えて下さい。

Aベストアンサー

http://matome.naver.jp/odai/2126146770010897801/2126336033842595702
おばさんの意見ですので。。。

Q痰の吸引器に詳しい方

教えて下さい。おじが病院から退院して、痰の吸引が必要なのですが、素人でも出来ますか?素人が吸引しても良いのでしょうか?
もしくは、訪問看護など利用した方が良いでしょうか?
詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

素人では、無理でしょうネ。
危ない、です。

Q20代後半~30代前半世代の特徴は?

こんにちわ。
私は今20代後半で入社5年目を迎えました。まだまだ未熟ですが、少しだけ周りの状況も見ながら仕事が出来るようになってきたと思います(^^;)
よく上司や上の世代の人から、「最近の若い人は使えない」とか「人間関係がドライでとっつき難い」などの声(殆ど批判)をちらほら聞こえてきます。
会社ではバブル後の不況で人員整理を行い、年齢構成は40代以上が多く、その下の世代が激減していて中核となる世代が少なくバランスが悪いように思います。最近では07年問題対策で20代前半が増えてきたように思います。
私から見ると昔は従業員の人数もゆとりがあって、同じ仕事量でも1人当たりに換算すると現在よりもずっと少ないし、社内教育も行き届いていたし、教育する余裕もあったように思いますが、バブル後の不況時に新規採用を控え、リストラを進めてた結果、人手不足で計画的に人材を育てていくゆとりがないように思えます。
なので、上の世代から「使えない」と言われるとちょっと反発したい気分になります。

40代の世代の方からは下の世代がするような仕事と上の世代がするべき仕事を両方しなくてはならないという意見も聞いたことがあります。
(私たち世代がしっかりしろ!と言いたかったようです)

厳しいご意見もあると思いますし、一概に答えにくい質問だと思いますが、他の世代の方はこの世代についてどんな印象を持っているのかお聞きしたいのです。

回答者の年代も表記の上、ご意見よろしくお願いします。

こんにちわ。
私は今20代後半で入社5年目を迎えました。まだまだ未熟ですが、少しだけ周りの状況も見ながら仕事が出来るようになってきたと思います(^^;)
よく上司や上の世代の人から、「最近の若い人は使えない」とか「人間関係がドライでとっつき難い」などの声(殆ど批判)をちらほら聞こえてきます。
会社ではバブル後の不況で人員整理を行い、年齢構成は40代以上が多く、その下の世代が激減していて中核となる世代が少なくバランスが悪いように思います。最近では07年問題対策で20代前半が増えてきた...続きを読む

Aベストアンサー

30代前半から、ちょっと外れてしまった世代です。
「最近の若い人は使えない」とかって言い方は確かにちょっとカチンと来ますよね。
ただ、人生五十年といわれた時代の書物にも、「近頃の若いもんは」的な記述は結構出てくるそうなので、相も変らぬオヤジの愚痴と言えなくもないかな?
それに、上の世代の人たちも、若いうちから「使える」だの「優秀」だのと言われた人は、ほとんど居ないだろうし・・・。

で、質問の答えですが、
人それぞれの個性があって、世代でまとめるのは無理がある!という正論は置いといて・・・・
上の世代に比べると「年長者に対する無条件の敬意」みたいなモノが薄まっているような印象をもっています。硬く言えば儒教的精神?
それから、学校教育で「自由」「平等」「権利」とかって言葉を、骨の髄まで叩き込まれていて、それらを行使することは躊躇わないが、行使する為になすべきコトには目がいかないってカンジ。

昨年「他人を見下す若者たち」という本が話題になって、かなり売れたみたいです。
私も読んで見て、内容的には疑問も多く論理も少々強引ですが、上の世代がどの様に見ているか?の参考になると思います。興味があったらどうぞ。

30代前半から、ちょっと外れてしまった世代です。
「最近の若い人は使えない」とかって言い方は確かにちょっとカチンと来ますよね。
ただ、人生五十年といわれた時代の書物にも、「近頃の若いもんは」的な記述は結構出てくるそうなので、相も変らぬオヤジの愚痴と言えなくもないかな?
それに、上の世代の人たちも、若いうちから「使える」だの「優秀」だのと言われた人は、ほとんど居ないだろうし・・・。

で、質問の答えですが、
人それぞれの個性があって、世代でまとめるのは無理がある!という正論...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング