タイトルのまんまです。

先日、60代後半の方たちと話しをする機会があったのですが、
昔の思い出話の中で、誰かの口から「鼻くそ丸めて万金丹」という言葉が出ました。

やけに懐かしい気持ちになったので、私もいつかどこかで耳にした言葉なのだと思います。
でも、いつ頃、どんな場面で聞いたり(言ったり?)したのかは覚えていません。
当時の流行り言葉だったのでしょうか…?

皆さんはいかがですか?
聞いたり言ったりしたことはありますか?
いろいろと教えていただけませんか?
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

その昔(もう55年にもなるでしょうか)、母親から教わりましたね。


前の方がおっしゃっているように覚えている限りでは、
「越中富山の万金丹、それを飲むやつアンポンタン」
「鼻くそ丸めて万金丹、それを飲むやつアンポンタン」
でしたか。
どういう由来でそういう言葉になったかは知りませんが、
当時はうちには確か赤い引き出しがついた薬箱があって、富山の薬屋さんが定期的(半年に1回くらい?)に来て玄関で使った分の薬の補給や交換をしていました。
中には、なにやらあやしい袋入りの薬(熊の胆?)やら丸薬(それこそ鼻くそを丸めたような)やら赤チン・ヨーチン・包帯などが入っており、みんなやけに古めかしい包装で聞いたことのないような薬品名・会社だったような覚えはあります。漢方薬も多かったのではないでしょうかね。
薬屋さんが帰ってからよく上記のはやし言葉を大声で言っていた記憶はあります。
今も救心やら正露丸を見るたびにこの言葉を思い出してしまいますよ。(もしご利用ならゴメンナサイ!)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

あっ!
回答者様は、実際に子どもの頃に言っていたのですね!
富山の薬屋さんがご自宅に来ていたのですか?!
私は母方の祖父母宅で富山の薬屋さんが大きな箱を背負って来ていたのを見たことがあります。
確かに、回答者様がおっしゃるように、何やら怪しいような古めかしいような包装の薬だったと思います。
薬屋さんのオジサンが私と妹に紙風船・独楽・折り紙をくれました。
とっても嬉しかったですよ~。(^^♪

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろと調べていたんですよ。
どうやら、「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっていますが、
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だったそうですよ!

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
そんなことが言葉の由来のようですよ~。(^^)v

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたことからか、
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
随分とメチャクチャなことを言っていたものですよね。
でも、言葉のリズムや語呂が良いので、子どもたちは喜んで使いそうですよね。(^_^;)

>「越中富山の万金丹、それを飲むやつアンポンタン」
>「鼻くそ丸めて万金丹、それを飲むやつアンポンタン」

>薬屋さんが帰ってからよく上記のはやし言葉を大声で言っていた記憶はあります。
>今も救心やら正露丸を見るたびにこの言葉を思い出してしまいますよ。(もしご利用ならゴメンナサイ!)
きっと、回答者様も子どもの頃は意味もわからずに、ただ面白がって言っていたのでしょうね。(^_^;)
古き良き時代の思い出が懐かしいですよね!

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
手の痛みは随分と楽になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:23

すごく小さい頃、子どもたちをよく笑わせてくれる叔父から


それらしき言葉を聞いた記憶はあるのですが、
「鼻くそ丸めてマメキンタン」でした!

なんか、節もありましたよ。
「ハァナクッソ♪マァ~ルめって♪マァァ~~ァメ♪キィ~ン♪タンッ♪!」
みたいな。

叔父は子どもたちを笑わせようとして言って(唄って?)いた記憶です。
「マメ」のところで長く引っぱるので、そこで私たち子どもは大笑いしていました。
そして、「タンッ♪!」で、子どもたちのうち一人の鼻の頭を、人差し指で
ポンと軽く叩くように指すんです。
みんな、誰に当たるかワクワクでした。
でも何故「マン」の部分が「マメ」だったのでしょうね・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「鼻くそ丸めてマメキンタン」でした!
わ~!
マメキンタンでしたか~。

>なんか、節もありましたよ。
>「ハァナクッソ♪マァ~ルめって♪マァァ~~ァメ♪キィ~ン♪タンッ♪!」
>みたいな。
読んだだけなのに、私もすぐに唄えましたよ!(^^♪
初めて聞いた(見た?)のに不思議ですね。
きっと、回答者様の書き方と説明が上手だからなのでしょうね!(^^)v
ありがとうございます!

叔父様のこの唄とアクションは、今の子どもたちも大喜びしそうですよね。
鼻の頭をチョンッ!と突いてもらうと嬉しいでしょうね!(*^_^*)

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろと調べていたんですよ。
どうやら、「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっていますが、
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だったそうですよ!

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
そんなことが言葉の由来のようですよ~。(^^)v

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたことからか、
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
随分とメチャクチャなことを言っていたものですよね。
でも、言葉のリズムや語呂が良いので、子どもたちは喜んで使いそうですよね。(^_^;)

他にも
NO9の回答者様からの情報では
ちびまる子ちゃんの映画の中で「豆ジンタン」と言っていたそうです。
回答者様の叔父様は「マメキンタン」(^^♪
いろいろとアレンジがあるようですね。


職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:31

私が知っているのは、万金丹、ではなくて


豆ジンタンなのですが・・・

“ちびまる子ちゃん”の一部で見ました。

元は“仔馬の歌”という歌で(名曲らしいのですが^^;)

濡れた仔馬のたてがみを
なでりゃ両手に朝のつゆ
呼べばこたえてめんこいぞ
オラ かけていこかよ丘のみち
ハイド ハイドウ丘の道

という歌詞です。

その替え歌で

山の奥のクスリ屋さん
ハクボク削って 粉グスリ
馬の小便 水グスリ
オラ 鼻くそ丸めて豆ジンタン
それを買うのはアンポンタン

というのが昔流行ったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>“ちびまる子ちゃん”の一部で見ました。
わ~!
私は知りませんでした~!

調べてみると…
「めんこい仔馬」の替え歌みたいですね。
まる子ちゃんは、父のヒロシから教わったらしいのですが、
なんとも悲しいような淋しいような複雑な心境になったみたいです…。(^_^;)

本物の囃子言葉のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっていますが、
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だったそうですよ!

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろと調べてみました!
中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
そんなことが言葉の由来のようですよ~。(^^)v

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたことからか、
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
お前のかぁちゃん…がイキナリ出てきます。
何ともメチャクチャですが、こどもが喜びそうなリズムと語呂合わせですね…(^_^;)

「萬金丹」の部分が、「豆きんたん」や「豆じんたん」といろいろなアレンジがあるようですね。

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:29

言ってましたねぇー


ただ、かなり昔です。小学校??でしょうか・・・
誰かがそれを丸めて言っていたような記憶があります。
マンキンタンですが、当時はどんな漢字や意味なのか分からずマンキンタンという何かの語呂合わせなのだろうな、という感じでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ!
回答者様も子どもの頃に言っていましたか~!
でも昔のことなので記憶が曖昧になっているようで…。

私は50代半ばのオバサンですが、
はっきりとした記憶はないのですが、何故か懐かしさを感じました。
なので、もしかしたら言ったり聞いたりしたのかも知れません。

質問文にも書きましたが、先日、年長者の方たちとの酒席で耳にしました。
懐かしい気持ちはあったのですが、意味もわからないし、
「まんきんたん」と言う言葉の響きから、ヘタすりゃ下ネタかも知れないし…(*_*;
でも、いくら酒席とはいえ馬鹿な話題を口にするような方たちではないし…(@_@;)
聞こえなかった振りをしてお隣の席の方と話をしていました。
そんなことからこの質問に相成りました。

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろと調べてみました!
下ネタかも知れない…なんて考えてしまったことを恥じています。(-_-;)
なんて不謹慎な私、どんだけ頭の中がおかしいのか、お恥ずかしい限りです。<m(__)m>

どうやら、「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっていますが、
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だったそうですよ!

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
そんなことが言葉の由来のようですよ~。(^^)v

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたことからか、
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
随分とメチャクチャではありますが、子どもが喜びそうな言葉のリズムや語呂ですよね。(^_^;)

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:25

「萬金丹」は今でも売ってますので、あまり変なこと書かないでね(笑)。



萬金丹は胃腸の薬のようで、昔伊勢参りに行った客への「携帯薬」として話題になったようですね。
現在のものも、丁子やモッコウ、ケイヒなどが含まれていて「ああ、なるほどね」という感じでした。

見かけが確かにハナクソというか、似てますよね(笑)。
あ、俺も変なこと書いてるな…スイマセン(汗)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「萬金丹」は今でも売ってますので、あまり変なこと書かないでね(笑)。
はい…。
ごめんなさい…。<m(__)m>

皆さんからのご回答を拝見しながら、私もいろいろ調べていました。
中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。

そんなことから出来たと思われるのですが、
「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)です。
NO4の回答者様もおっしゃっています。
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だそうですよ!

正露丸の様な物をイメージしたのですが、
NO3の回答者様からの情報によると、
>「石より硬い万金丹」と言ってました。
だそうです。
同じ富山の薬で「赤玉」と言うのがあったと思うのですが、そんな感じなのかなぁ…。
「反魂丹」も「萬金丹」も、気付け・解毒の妙薬だそうですね。
でも、成分から想像するに、苦そうです…(T_T)

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたそうです。

「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
語呂やリズムが良いので面白いのですが、随分とメチャクチャなことを言っていたものですよね。
あ、私も由緒正しい富山の薬のことを鼻くそ呼ばわりしちゃって…スイマセンでした。(*_*;

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:17

伝統的には「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて万金丹、それを飲むやつぁアンポンタン」と言う囃子言葉。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

>伝統的には「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて万金丹、それを飲むやつぁアンポンタン」と言う囃子言葉。

わ~!
そうです!
皆さんのご回答を拝見しながら、私もいろいろ調べていました。
回答者様のおっしゃる通りの言葉に辿り着きました。
回答者様はいろんなことをご存知なのですね!(いつも感心しています)
回答者様も、子どもの頃に言っていたのかなぁ?

皆さんからのご回答を拝見しながら、私も調べてみました。
中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。

他にも
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたそうです。

「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
子どもの頃は、意味もわからずメチャクチャなことを言っていたのかも知れませんね。(^_^.)

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:12

神奈川県で育った40代半ばの主婦ですが、私は子供の頃から言った記憶も聞いた記憶もないです。



どこかの地域限定で言われていた言葉なのでしょうか。

どういう状況で言われた言葉なのか、とても興味が湧いているので私も一緒に回答を楽しみに見させていただきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

神奈川県の40代の回答者様は、言った記憶も聞いた記憶もありませんでしたか~。
私は50代半ばのオバサンですが、
はっきりとした記憶はないのですが、何故か懐かしさを感じました。
なので、もしかしたら言ったり聞いたりしたのかも知れません。

質問文にも書きましたが、先日、年長者の方たちとの酒席で耳にしました。
懐かしい気持ちはあったのですが、意味もわからないし、
「まんきんたん」と言う言葉の響きから、ヘタすりゃ下ネタかも知れないし…(*_*;
でも、いくら酒席とはいえ馬鹿な話題を口にするような方たちではないし…(@_@;)
聞こえなかった振りをしてお隣の席の方と話をしていました。

いろいろと調べてみました!
下ネタかも知れない…なんて考えてしまったことを恥じています。(-_-;)
なんて不謹慎な私、どんだけ頭の中がおかしいのか、お恥ずかしい限りです。<m(__)m>

>どういう状況で言われた言葉なのか、とても興味が湧いているので私も一緒に回答を楽しみに見させていただきますね。
「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)を報告しますね。
NO4の回答者様もおっしゃっています。
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だそうですよ!

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。
でも、「反魂丹」も「萬金丹」も、気付け・解毒の妙薬だったそうですよ。

NO2の回答者様もおっしゃっていますが、
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたそうです。

「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
語呂合わせといい、リズムといい、何とも面白い言葉ですが、もうメチャクチャですよね。(^_^.)

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 13:04

追加情報です



「石より硬い万金丹」と言ってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、ありがとうございます!

>「石より硬い万金丹」と言ってました。
え~?!
万金丹って、固い物だったのですか~?!
私はてっきり、正露丸のような物をイメージしていました…。
だって…、鼻くそだし…(^_^;)
ウサギのフンのような感じを想像していました…。
同じ富山の薬で「赤玉」(でしたっけ?)みたいな粒なのかなぁ…。

先のご回答に加え、貴重な情報も頂き感謝しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 12:43

薬の名前だったでしょう?



飲み薬は馬の小便。粉薬は何かの耳クソ。丸薬は鼻くそ。

子供のころは何かと色んな事を言って遊んだ覚えがあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>薬の名前だったでしょう?
中国伝来の「反魂丹」(はんごんたん)が元祖だそうです。

いろいろ調べてみました!
中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。

>飲み薬は馬の小便。粉薬は何かの耳クソ。丸薬は鼻くそ。
そうです!
今回、いろいろ調べているうちに、この言葉にも辿り着きました!
私は、鼻くそ丸めて…も、馬の小便…も、しっかりとした記憶は残っていなくて、
何となく懐かしい感じがした程度なのですが…。

「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)は、
NO4の回答者様もおっしゃっています。
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だそうです…。

「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
語呂合わせといい、リズムといい、何とも面白い言葉ですね。

>子供のころは何かと色んな事を言って遊んだ覚えがあります
そうですよね~。
私は50代半ばのオバサンですが、
子どもの頃は、意味もわからず結構メチャクチャなことを言っていたのですね…。(^_^.)
子どもの頃の古き良き時代が懐かしく思い出されます。

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 12:31

昔におちょくり言葉で使ったことがありますね。



お前のかーちゃんでべそなど・・・

ちなみに40代のおっさんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

40代の回答者様は、昔に使ったことがありましたか~!

>おちょくり言葉…
>お前のかーちゃんでべそなど・・・
懐かしいですね~(^_^;)
♪デ~ブ、デ~ブ、百貫デ~ブ、お前のかーちゃん、で・べ・そっ♪
子どもの頃に流行りました。
お恥ずかしいです…(-_-;)

さて…
私の質問の「鼻くそ丸めて万金丹」のフルフレーズ(?)ですが、
NO4の回答者様もおっしゃっています。
♪越中富山の 反魂丹(はんごんたん)
 鼻くそ丸めて 萬金丹(まんきんたん)
 それをのむ奴ぁ あんぽんたん
だそうです…。

中国伝来の処方で富山藩によって厳重に管理された「反魂丹」に比べ、
伊勢神宮参りでその効能が全国に知れ渡った万能薬「萬金丹」ですが、
当時はお土産屋でも販売していて気軽に庶民の手に入ったことから、
本物の「萬金丹」はほとんど皆無であり、土産屋の「萬金丹」は、
薬の原料はたいしたものを使っていない偽者だろう…と思われてしまったそうです。
薬の形状から、鼻くそを丸めて作っていてもわからない…とも言われたそうです。

NO2の回答者様もおっしゃっていますが、
馬の小便でも(水薬)、何かの耳クソでも(粉薬)、丸めた鼻くそでも(丸薬)、
効くと信じて飲めば(服用すれば)何でも薬になるもんだ…とも言われたそうです。
「越中富山の反魂丹、鼻くそ丸めて萬金丹、馬の小便水薬、お前のかぁちゃんアンポンタン」
こんな言い方もあったそうですよ!
語呂合わせといい、リズムといい、何とも面白い言葉ですね。

職場の同僚が3人もインフルエンザで休んだため、今週は連日深夜までの残業になりました。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。
どうかお許しくださいませ。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 12:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q足の指の感覚が無い

左足の親指の外側の部分なのですが、皮膚表面の感覚が麻痺していて、ちょうど足がしびれたとき、触っても感覚が無いような感じです。
小さな範囲ですし、生活上困ることでは無いのですが、原因も分からず少し心配です。
このままほっておいても良いのでしょうか?
約一ヶ月前からの症状です。

Aベストアンサー

こんにちは。
定期的に健康診断はしてますか?
糖尿病や高血圧だと医師から言われていませんか?

糖尿病などが原因で起こる合併症で、「神経障害」という合併症があります。
特に足のつま先に起こりやすく、神経が麻痺して感覚を失うものです。
感覚を失うと、足の裏に何かが刺さったり、ケガをしても気が付きません。
その結果、壊疽を起こし(要するに腐ってしまう)、切断することになってしまいます。


糖尿病や高血圧は軽い場合はこれと言った自覚症状がないため、放っておく人が多いようです(これが一番恐ろしいことなのです)。
足の裏に壊疽が起こっている事に気づいたときには手遅れ・・ということになりかねません。
万が一、糖尿病だとしたら、足だけならまだしも(ということもないけれど・・)
、もっと恐ろしい合併症(網膜症、腎障害など。一度起こると完治できません)もありますので、生活習慣で心当たりがあるのなら内科に診てもらってください。

くれぐれも、足を怪我したりしないように、家でも靴下をはいたり、足の裏をこまめにチェックするようにしてください。

こんにちは。
定期的に健康診断はしてますか?
糖尿病や高血圧だと医師から言われていませんか?

糖尿病などが原因で起こる合併症で、「神経障害」という合併症があります。
特に足のつま先に起こりやすく、神経が麻痺して感覚を失うものです。
感覚を失うと、足の裏に何かが刺さったり、ケガをしても気が付きません。
その結果、壊疽を起こし(要するに腐ってしまう)、切断することになってしまいます。


糖尿病や高血圧は軽い場合はこれと言った自覚症状がないため、放っておく人が多いようです(...続きを読む

Q舌の先などにプツッとした痛いできもの

舌を噛んだり傷つけたわけでないわけではない時に、時々舌の先等に、小さい見えるか見えないか程度のプツッとした凄く痛いできものができます。あれはなんですか?

よく、食べ過ぎたりして胃が悪い時に出来る、と祖父母なんかに聞かされた気がしますが・・・。

実際、出来たときは、疲労時というか、心身どちらか一方でも過度に疲労したかな?少し食べ過ぎ?と思い当たることもあります、が、毎回ではありません。

あれは何で、どんな時に出きやすくなりますか?
また、予防策、出来てからの対処法など教えて下さい。
病院に行くほどひどくならないので、これまでそれで病院に行ったことはなく、だいたい1週間程度で治りますが、出来るととても痛いです。

Aベストアンサー

口内炎が舌にできたものだと思いますよ。私も子供のころからしょっちゅうできます。舌にできるとものすごく痛いんですよね(T_T)

原因はストレス、栄養の偏り(特にビタミンB不足)、睡眠不足、口の中の不衛生、胃の不調や風邪の時などの体調不良時などさまざまだと思います。
私はできてしまったら薬を塗って早めに就寝して睡眠を十分にとること、食事後や口の中が痛いときなどとにかくうがいをして口の中を清潔に保つこと、ビタミンBを取ることを心がけています。

よくできるならひどくないと思ってても一度医者に行ったほうがいいかもしれません。薬をくれるので次にできたときにも便利ですし原因もわかるかもしれませんよ。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

QFacebook メッセンジャー

メッセンジャーで、ウェーブが届きました。と来たのですが、これは何の意味でしょうか?
私を選択して送られてるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

Poke機能というのはわかりますか? 肩をちょっちょっとつついて「元気?」みたいに簡単な挨拶をする機能です。
Wave(ウエーブ)とは、このpokeと携帯のGPS機能の合わせ技で、時間的に近い距離にいる友達に対して「近くだよ。元気?」みたいな挨拶をする機能です。Waveが来ることで、じゃあ、今から合おうかみたいなこともできるのではと言われています。

>私を選択して送られてるものなのでしょうか?
個人ではなく、物理的な距離の近さによって出てくるようです。どのぐらいの距離の近さに設定しているか詳細はわかりませんが。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q煩悩ってどういう意味ですか?

煩悩(ぼんのう)ってどういう意味ですか?
辞書で調べても難しくて理解できません。
具体的に、わかりやすく教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
 
  煩悩とは、わずらわしく、悩みになることだ、ということになります。しかし、そんなに煩わしく悩む、困ったことなのかというと、日常の用法では、ちょっとニュアンスが違います。ここは、仏教のお坊様に出てもらって、具体的な使い方の説明をしましょう。
 
  仏教では、覚りを開くため、修行する人が、元々「坊様」だった訳です。従って、元の仏教の「戒め」では、修行者は、例えば女性となれなれしく口をきいてはならないとか、女性の姿もまともに見てはならないなどとなっていました。女性の美しさなどは、「迷い」の元だというのです。
 
  しかし、坊様がすべてそうではないでしょうが、すけべな坊様もいる訳で、道で通りがかりの、和服の美人を見て、ほわ、と口を開けて見とれ、なんちゅう、綺麗なべっぴんさんや、いや目の毒じゃ、これも「煩悩、煩悩」などと云いながら、女性の後ろ姿を見送ったりします。別に和服でなく、洋装でも構わないのです。また、坊様も、そんな女を見るとすぐ見とれるような人は珍しいでしょうが、やはり、坊様も男ですから、美人と道ですれ違うと、ふと、心が動くこともあるのです。
 
  あるいは、仏教では、イスラム教と同様、精神の安定や、日常の心の状態を興奮させたり、おかしくする飲み物などは禁じています。例えば、麻薬などは無論駄目ですし、煙草やお酒も駄目なはずです。しかし、日本の坊様は、何時頃からか、「般若湯(はんにゃとう)」と称して、酒を店で買って飲んでいたりします。坊様が、良い酒を味わいながら飲みつつ、何という味わい、この酔い心地、さすがに銘酒は違う。極楽じゃ。しかし、考えてみれば、これも「煩悩、煩悩……仏様よ、お許しあれ、南無阿弥陀仏、いやもう一杯、何ともうまい」などと云っていると、どこが、煩い、悩みの煩悩か分からないでしょう。
 
  また仏教では、生き物のいのちを大切にせよと教え、殺生を禁じ、従って、動物の肉は無論、鳥の肉も、魚も食べてはならないことになっているのですが、それも何のことかです。酒のさかなに、コイのあらいを食べつつ、いい気分になって来て、坊様が、いや、浮き世もまた楽しいぞよ、酒はうまいし、ねえちゃんは綺麗だ……などと歌っていると、「生臭坊主」ということになるのですが、以上は極端に戯画化しているので、日本では、昔から、坊様が、妻帯し、子供がおり、酒は飲み、魚も食べ、それで別に社会から糾弾などされていません。
 
  大酒を飲み、酔っぱらって、寺の本堂で乱交パーティを開くような坊様は、それは別に坊様でなくとも、普通の人でも社会から糾弾されます。
 
  仏教の坊様にとっては、女性と触れたり、メイクラヴすること、酒を飲んだり魚を食べたりすることは、仏教の教えに反することで、こういう「欲望」を、修行の妨げになる「煩悩」と呼ぶのですが、煩悩というのは、多くの坊様の日常生活から云うと、自然なことのようです。
 
  もう一つ、坊様ではありませんが、一般に、「子煩悩」という言葉があります。これは、別に、子供が煩わしく悩みの種で、何かの邪魔になるのかと云えば、そうではなく、子供が可愛く、何時も子供のことを考え、細かいことにも、子どものためにと、あれこれ気も身も使う親のことを、こう呼びます。別に、子どもが、何かの「妨げ」になっているのではないのです。親にしてみれば、ふと、思うと、「ああ、おれは、何と子どものことばかり思っているのか。これも煩悩か」などとなります。
 
  「煩悩」というのは、仏教の教えとか、人間の生き方はいかにあるか、などということの前では、何か安楽な、気持ちよい、楽しい方にばかり気が向くようで、困ったことだという考えもある他方、「自然な欲求」「自然な望みのおもむく方向」であって、煩悩だが、しかし、これもまた良しなどというものです。
 
  これは、仏教の教義として、煩悩に迷う人の姿こそ、すなわち、仏の姿に他ならないという考えもあるのです。
 
  煙草をやめないと、肺ガン確実と云われていて、それでも吸いたいという人の場合、煩悩とは云いません。また、大学受験中なのに、異性のことに意識が向いて勉強に集中できない高校生も、それを煩悩とは云いません。(ただし、高校生の親が、寺の住職だったりして、子どもに、そんな煩悩は振り払え、と説教するかも知れません)。
 
  煩悩というのは、本来の仏教の教えでは、たいへん厳しい、覚りの道にあって、克服せねばならない誘惑や欲望だったのですが、「煩悩すなわち仏」というような考えは、人間は自然に振るまい、自然に生きるのがやはり一番であるという考え方でしょう。
 
  肺ガン寸前の喫煙者や、受験勉強に必死な高校生にとっては、喫煙や、恋愛は、自然のままを楽しもうなどということではないのです。
 
  人間は、欲望が強すぎると、色々不都合なことが起こることが、或る程度分かっているともいえます。分からない人、自制がきかない人は、酒に溺れて身を滅ぼすとか、守銭奴になって、世人の顰蹙を買うなどとなり、そういう人自身は、煩悩も何もないでしょう。しかし、そういう人を横目で見ていると、酒を飲み、恋愛をし、ギャンブルで小銭を失い、自堕落な生活を少々しても、歯止めがかかっていて、ああ、これが煩悩というものか……で片が付きます。
 
  「わかっちゃいるけどやめられない」というのは、確か古い歌の言葉ですが、そういう心境の「分かっている」のが、煩悩だと分かっているということで、度を超さなければ、やめる必要もない訳です。本格的な修行をしている坊様にとっては、厳しいことでまた別ですが、普通には、煩悩はまた楽しいことなのです。本来しない方がよい、というのをするのは何とも楽しいことなのでしょう。
 
  世界中の文化がそうだとは分かりませんが、日本は、煩悩を楽しむ文化です。
 

 
  煩悩は、仏教の用語で、元々、かなり難しい思想的意味を持っていましたし、煩悩とは何かというので、色々な議論もありました。
 
  しかし、それはともかく、具体的な例の話で、日常語での「煩悩」の使い方というか、意味を考えてみましょう。
  「煩悩」は、「煩」と「悩」から出来ています。「煩」は、「わずらわしい」という意味で、「わずらわしい」と入れて変換すると、「煩わしい」と出てきます。また「悩」は、「なやみ」のことで、「なやみ」と入れて変換すると、「悩み」と出てきます。
...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qのぞみは自由席もありますか?

今度万博を行くのみ新大阪→名古屋間を新幹線で行きます。
ところでのぞみは指定席しかないと聞いたのですがどうなのでしょうか?
なにぶん親が言っているのであてになりません。
回答のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 昔は全席指定でしたが、今は自由席ありますよ。
ただし、ひかりは1~5号車の5両ですが、
のぞみの自由席は1~3号車の3両だけです。

 のぞみの自由席の料金は、こだま・ひかりの自由席と
同額です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報